【ウェディング関連の仕事】職種や求人の探し方や給料・待遇なども解説!

【ウェディング関連の仕事】職種や求人の探し方や給料・待遇なども解説!

ウェディング関連の仕事は、人生の中でももっとも節目とも言える結婚式、本人も周囲の人々も幸せや喜びに満たされる瞬間となります。ですから結婚式をサポートするウェディングの仕事は、とても華やかであると共に、責任ややりがいを感じる職業とも言えることでしょう。

ウェディングに関わる仕事の種類や特徴

Happy groom and bride exchanging rings at aisle during ceremony sea and mountains

ではウェディングに関連した仕事にはどんなものがあるでしょうか。それぞれどんな特徴があるでしょうか。

ブライダルコーディネーター

ブライダルコーディネーターは、結婚を考えるカップルが希望する結婚式を実現するために、式の手配から演出に至るまで全般をサポートする、大切な役割を担う仕事です。他にも、「ブライダルプランナー」とか「ウェディングプランナー」といった呼び方をすることもあります。

最近は結婚式のスタイルも多様化する時代になっています。ホテルや結婚式場だけでなく、レストランや料亭を貸し切って行なわれたり、海外や自然の中で行なうカップルもいます。

そうした式場や会場の手配から、衣装やヘアメイク、料理やお花の準備、招待状や引き出物の手配に至るまで、細やかにサポートしていきます。

一人ひとりの要望や希望に沿うような結婚式を叶えるためにブライダルコーディネーターが果たす役割は大きいと言えるでしょう。

アテンダー

アテンダーとは挙式や披露宴の最中に、花嫁のそばにいて身の回りの世話やサポートをする人のことを言います。他にも「介添え人」とか「アテンド」という言い方がされることもあります。

花嫁がより美しく見えるように、ドレスや着物の裾の乱れがあれば直したりなど、一日花嫁のさまざまなサポートを行ないます。

ドレスコーディネーター

結婚するカップルにとっていちばん大切で時間をかけて決めたい分野とも言えるのは、結婚式での衣装でしょう。

挙式や披露宴のスタイルによって、和装にするか洋装にするかも変わってきますし、式場や二人の予算によってもどんな衣装にするか違ってきます。

ドレスコーディネーターは、そうした新郎新婦の衣装をプロの視点からアドバイスする職業です。着る衣装だけでなく、ヘアスタイルやメイク、アクセサリー、ブーケに至るまでアドバイスを行ないますの。

新郎新婦の希望や要望になるべく沿うためにコミュニケーション能力も欠かせませんし、ファッションに関する知識やセンスを持ち合わせることも重要になる、大切な職業です。

ビューティーアドバイザーメイクアップアーティスト

結婚式当日に花嫁がより美しく輝けるようにするために、どんなメイクやヘアスタイルをするかはとても重要です。

花嫁が着るコスチュームデザインやカラーに合わせて、より引き立つメイクやネイルを施したり、ヘアスタイルを仕上げる職業です。

ブライダルエスティシャン

最近の花嫁さんのほとんどは、結婚式までにブライダルエステを施してもらうことと思います。それにより、当日よりきれいで輝ける花嫁になれるからです。

ブライダルエスティシャンは、フェイシャルトリートメントを施したり、ドレスを着た時に見える背中や腕を美しく見せるためにボディケアなどを行ないます。

結婚式は事前の準備が何かと忙しいので、花嫁も疲れたりストレスを感じています。そうした中で、晴れの日までに万全の体調やお肌のコンディションを保てるようにするのが、ブライダルエスティシャンとしての役割です。

ジュエリーコーディネーター

結婚した時の気持ちを忘れずに、ずっとお互いが身につけていられるものはエンゲージリングやマリッジリングといったブライダルジュエリーでしょう。

これから結婚するカップルの気持ちに寄り添いつつ、一生の思い出や記念を形に残すためにジュエリーコーディネーターの果たす役割もとても大切なものとなります。

それぞれの方の希望や予算をお聞きしながら、よりイメージに合うデザインのリングを探すことが必要になります。また、ほとんどが高価なものを扱う仕事ですから、丁寧な仕事をすることも求められます。

気品のある言葉遣いや立ち居振舞いができること、身だしなみや服装もきちんとしていることも大切です。また結婚式にまつわる知識や、扱うブランドやジュエリーに関する知識、また確かなセンスを持ち合わせていることも必要な職業といえます。

カメラマン、映像コーディネーター

一生の記念に残る結婚式を写真や映像として残しておきたいと、結婚する誰もが思うものです。そのためにカメラマンや映像コーディネーターは大切な役目を果たします。

結婚式当日は花嫁のメイクから始まり、挙式披露宴と一日中動きます。たくさんのカメラや機材を運びながらなので、重労働ともいえる仕事です。その後の映像の編集も仕事です。

当日結婚する二人は喜びと共に、緊張にも包まれていることでしょう。そんな二人の自然な笑顔をいかに上手に引き出すことができるか、また参列する家族や友人の祝福に満ちた様子を上手に引き出せるかが腕の見せ所となります。

カメラや映像技術やセンスを持っていることはもちろん、周囲の人を笑顔にするコミュニケーション能力も求められる仕事です。

ウェディング業界のおもな企業ランキング

Miniature people: Small businessmen figures standing on wooden podium 1, 2, 3 with cityscape background

①テイクアンドギブ・ニーズ

東京を拠点にしてウェディング関連の事業を行なっている、国内では売上高が第一位を誇る企業です。

一軒家をまるごと貸し切って行なう「ゲストハウスウェディング」に定評があり、他にも高級ホテルでの式、レストランやチャペルでのアットホームな式など、カップルのニーズに合わせた式を行なっています。

②ツカダ・グローバルホールディング

時代のニーズを先取りし、これまでにない時間と空間を演出することで、生涯人々の心に残り続ける最高のプロのおもてなしをモットーとした企業です。

③ワタベウェディング

京都に本社を置いている企業で、特に海外での挙式やリゾートウェディングなど、海外挙式サービス事業を展開しています。

国内・海外合わせて100以上の拠点を持ち、グローバルなネットワークを強みとしています。

ウェディング業界の動きや転職事情を知る

Handsome Waiter Looking At Wedding Table Arrangement At Restaurant

ウェディング関連の業界は近年どんな動向や売り上げを見せているでしょうか。また平均の年収はどれくらいでしょうか。ウェディング関連への企業への転職や就職を考えている方は注目です。

まずウェディング業界の規模を見てみると、1年間の主要対象企業11社の売上高の合計は2888億円でした。過去10年間の動きを見てみると増加傾向にあるようです。

近年では結婚式のスタイルも多様化する傾向にあります。ホテルやチャペル、結婚式会場だけでなく、海外でのリゾートウェディングや、レストランや一軒家を貸し切って行なうハウスウェディングなどがブームとなっています。

また、少子化や晩婚化の影響もあり、一人あたりが結婚式に使えるお金も高くなっている傾向もあるようです。そうした傾向を見ると、これからも伸び行きがある業界と言えることでしょう。

ウェディング業界での仕事はとても人気があります。しかし働く人のほとんどは女性なので、自身の結婚や出産によって入れ替わりも多い業界のようです。

この業界はプロフェッショナルなスキルや知識が求められるので、同じ業界内で転職する人が多いですし、経験者は戦力になるとして歓迎されます。

ウェディング関連の職業といっても仕事内容はさまざまなので、平均年収や収入には差があります。一般的な平均年収は、およそ489万円前後と言われています。初任給は月18万円前後、経験を積んだ人で月35万円程度となります。

この年収だけ見れば、それほど低くはないと感じるかもしれませんが、ウェディング業界の仕事量や時間はとてもハードだと言われているので、そのことを考えると仕事に見合った賃金ではないかもしれません。

特にこの業界は中小企業が多い傾向にあるので、各会社同士の競争も激しくなっています。結婚式での演出や多様性で、他社とは違うサービスを提供しようとしています。

ということは、その分スタッフに求められる仕事内容やスキル、量も多くなるわけですから、それに見合う賃金をもらえるかが転職する際の考慮すべき要素と言えるかもしれません。

ウェディング業界での求人探しに役立つサービス

ウェディング業界は人々の生活に関わる職業なので、それだけ需要も大きいと言えますが、だからといってどこでも同じように働けるというわけではありません。

自分が働きやすい環境かどうか、求める条件や希望に見合っているか、資格を本当に活かせる職場かどうかをよく見きわめることは大切です。

ではたくさんある求人情報の中から、比較検討する場合にはどうしたら良いでしょうか。

そんな時に役立つのは、「転職サイト」と「転職エージェント」という二つのどちらか、あるいは両方の転職支援サービスを使って求人を探す方法です。

では「転職サイト」と「転職エージェント」はそれぞれどのようなサポートを受けられるのでしょうか。またどんな人におすすめのサービスなのでしょうか。

転職サイトと転職エージェントの違い

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一方で転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

何らかの専門的なスキルや資格を持っているなら、せっかくならそうした資格やスキルを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

しかし、自分の持つ資格や経験を必要としてくれる就職先を独自で見つけるのは、なかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいながら、求人探しを進めていくことができます。

転職サイトを使った方が良いタイプ

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

転職エージェントが合っているタイプ

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

・異業界への転職にチャレンジしようと考えている人

転職エージェントの利用の仕方

Great news for you! Cheerful mature man in shirt and tie holding digital tablet and gesturing while young couple sitting in front of him at the desk

ではプロのコンサルタントにサポートをお願いできる「転職エージェント」の利用方法を簡単にご紹介しましょう。

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験、スキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらいます。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい企業が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、ウェディング関連の職業に特化しているエージェントにも登録しておくことで、自分の希望や条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できるので、より就職への近道となるに違いありません。

まとめ

ウェディング業界といっても、さまざまな働き方があります。自分のスキルや性格に合った職業を上手に選んでいくようにしましょう。

「役立ちそうな資格を持っているのだけれど、自分の適性に合っているか決めかねている」という人や、「どこの会社が良いか判断に迷う」といった方がいるなら、一人で悩まずに、就職のプロにもアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事