【システムインテグレーターの仕事】求人の探し方や業界事情も解説!

【システムインテグレーターの仕事】求人の探し方や業界事情も解説!

システムインテグレーターはシステムの構築を行なう会社そのものを指すのに対し、システムエンジニアというのはその企業でITソリューションの業務を行なう人を指す、という違いです。つまり簡単に言えば、「会社組織」か「人」かの違いであると言えます。では、システムインテグレーター業界の種類やおもな業務内容について次に取り上げてみることにしましょう。

システムインテグレーターについて知る

システムインテグレーター(sior)

システムインテグレーターとは、企業を顧客にして、ビジネスにおけるさまざまな課題や問題を解決するための情報システム(ソリューション)を請け負う職業です。

【System Integrator】の(S)(I)(or)をもじって「エスアイアー」という和製英語で略して呼ばれたり、「SI企業」と表現されることもあります。

よく同じ業務をすると間違われる職業に「システムエンジニア」(SE)がありますが、システムエンジニアとシステムインテグレーターにははっきりとした違いがあります。

それは、システムインテグレーターはシステムの構築を行なう会社そのものを指すのに対し、システムエンジニアというのはその企業でITソリューションの業務を行なう人を指す、という違いです。つまり簡単に言えば、「会社組織」か「人」かの違いであると言えます。

では、システムインテグレーター業界の種類やおもな業務内容について次に取り上げてみることにしましょう。

システムインテグレーターの種類

システム分類

システムインテグレーターといっても企業によって違いがあり、分類分けされています。簡単にですが、一般的にどのように分類分けされているかご紹介します。

メーカー系

システムインテグレーターの代表的なもので、ハードウェアを製造しているメーカーのソフトウェア部門が独立して業務を果たします。基本的には親会社から依頼を受けて仕事をすることが多く、製品と組み合わせたソリューションを行ないます。

代表的な企業の中には、NECや富士通、東芝、三菱電機、キャノン、日立といった有名企業があります。

ユーザー系

ユーザー系は大企業の情報システム部門から独立・分離した組織で、グループ会社や親会社から仕事を請け負う子会社のことを言います。

ユーザー系はさらに細かく金融系や商社系などに分類されていくこともあります。代表的な企業の中には、NTTデータ、新日鉄住金ソリューションズ、日本総合研究所、SCSK、野村総合研究所、KDDIなどが挙げられます。

独立系

独立系とは、特定の親会社から派生して作られた組織ではない、システムインテグレーション事業のためだけに作られた会社のことを言います。

たとえば代表的な会社として挙げられるの会社には、大塚商会、CSK、富士ソフトABC、トランスコスモスなどがあります。

コンサル系

コンサル系は、技術を中心にするのではなく、経営戦略に主眼を置いています。たとえば、野村総合研究所や日本総合研究所、アクセンチュアなどがその中に含まれるかもしれません。

外資系

外資系はアメリカやインドなど、グローバルに活躍しているシステムインテグレーターです。OracleやSAP、アクセンチュアなどが含まれます。

システムインテグレーターのおもな仕事の特徴

システム導入

システムインテグレーターの仕事は、企業に対してシステムを導入するというのが役割です。しかし会社の規模やプロジェクトの大きさによって、業務内容には違いが出てきます。

もしSEとしてのキャリアをさらにアップさせていきたいと考えているなら、会社の大きさやプロジェクト規模、仕事内容をよく確認してから転職や就職を考えないと、自分が目指していたり思い描いていた仕事ができないということにもなりかねないので、入社する前に必ずチェックしておくようにしましょう。

ここではシステムインテグレーターの作業内容を大きく3つに分けて取り上げてみます。

<戦略立案・要件定義>

まずクライアントによって提出される課題を調査し、分析していく業務を行ないます。良く分析することで課題を解決し、役に立つシステムを完成させることにつながるので、重要な分野であるといえます。

そして対応すべきシステムの機能や性能をはっきりさせることが“要件定義”になります。これをいかにしっかり行なうかでシステム構築の受注規模に大きく影響を与えるものとなります。

<システム設計業務・プログラム開発>

設計業務がシステムインテグレーターとしてのおもな作業となります。企業やプロジェクトの規模によって外部設計、内部設計と分けることもあり、担当する業務内容も変わってきます。

システムの設計プランを作り、骨組みやディティールを明らかにしていきます。設計業務までをシステムエンジニアが担当していくことが多いですが、高いスキルが求められる分野になります。

プログラムの開発の開発は、基本的にはプログラマーの担当になることが多いようです。

<システムの運用とサポート業務>

設計そして開発を行ない、テストをクリアすればあとはシステムの運用です。クライアントがシステムをきちんと使いこなすことができるように、マニュアル作成をしたり現場での操作を見守っていきます。

必要な時にはシステムの修理や調整を行なったり、トラブルが生じた時にはいつでも対応できるようにサポートすることでシステムを大切に守っていきます。

システムインテグレーター業界で働くために必要なスキルとは

コミュニケーション能力

システムインテグレーター業界での仕事内容は多岐に及びますし、完全に実力がモノを言う世界になります。ですからこの業界で働くことを決めているなら、早いうちに身につけられる技術や資格は持っていた方が良いでしょう。

プログラミングを習得したり、ITに関する知識を身につけておくのはもちろん必須となります。ではほかにどんなスキルが要求されるでしょうか。この業界を目指す人が持っておくと役立つスキルを3つ取り上げます。

その① コミュニケーション能力

システムを構築するためにただただパソコンに向かって、黙々と作業をするのがイメージとして思い浮かべるかもしれませんが、実は人と意思を通わせることも多いのがこの仕事の特徴です。

クライアントの課題をよく聞いて、どんな問題点や課題をクリアすべきかを見定めなければなりません。そうしないとこれから行おうとするシステム設計や開発の工程が上手くいかなくなってしまいます。

その② マネージメント能力

一つの仕事をたった一人で仕上げるわけではありません。大きなプロジェクトであればなおのこと、チームを組んでシステム開発を行なっていきます。

そうした際に、チームをまとめあげられるリーダー的なスキルや能力を持っていたり、プロジェクトに携わるメンバーのスキルや長所を良く見抜いて仕事を手配できる能力があれば、作業はよりスムーズに進んでいきます。

プロジェクト全体としての成功にも関わるマネージメント能力を持っていることは、この業界で必要とされる人材になるために欠かせません。

その③ 柔軟性や視野の広さ

IT業界は日々進化しています。その波に乗りつつ、従来通りのシステムではなく、さらに新しいシステムであったり、クライアントの利益につながるサービスを生み出すことがこの業界では重要になります。

そのためには自分のやり方やこれまでの価値観にとらわれず、常に新しいスキルを身につけていこうとする柔軟さや、価値あるシステムを生み出すために役立つ知識を広げようとする貪欲さが大切になります。

また、次にどんなものが必要とされるか、常に視野を広げて研究する気持ちを持つことも優秀なSEになるためには欠かせないスキルと言えることでしょう。

システムインテグレーター業界の年収や動向、転職事情

IT業界は年々飛躍している一方で、エンジニアが少ないというのが現在の実状です。ですからスキルや資格を持っているなら転職しやすい業界と言えます。

システムインテグレーター業界で働く人の平均年収を見てみると、およそ650万円前後と他の業界より高めになっています。より専門的な知識やスキルを求められる業界なので、この年収も妥当と言えるでしょう。

システムエンジニアとしてキャリアを積んでいる人や、大手の企業に勤めているならさらに年収は上がり、約1000万円前後が平均のようです。

システムインテグレーター業界の中でも就職しやすいのは中小企業です。やはり大手の企業だと、同じシステムインテグレーターでも作業内容も求められるスキルも大きく異なるというのが理由です。

それで、最初は中小企業に就職してキャリアやスキルを積み、30代後半から40代になって大手の企業に転職するという人が多いようです。

システムインテグレーター業界の求人探しに役立つサービス

ITがどんどん進歩する世の中で、システムインテグレーター業界の需要はさらに大きくなると言えますが、上記で取り上げたようにどこでも同じような条件で働けるというわけではありません。

企業やプロジェクトの規模によっても違いますし、自分がそれに見合ったスキルや能力を持っているかによっても変わってきます。

それで自分の求める条件や希望に見合っているか、資格を本当に活かせる企業かどうかをよく見きわめることは大切です。

ではたくさんある求人の中から、比較検討する場合にはどうしたら良いでしょうか。

そんな時に役立つのは、「転職サイト」と「転職エージェント」という二つのどちらか、あるいは両方の転職支援サービスを使って求人を探す方法です。

では「転職サイト」と「転職エージェント」はそれぞれどのようなサポートを受けられるのでしょうか。またどんな人におすすめのサービスなのでしょうか。

転職サイトと転職エージェントの違い

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一方で転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

何らかの専門的なスキルや資格を持っているなら、せっかくならそうした資格やスキルを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

しかし、自分の持つ資格や経験を必要としてくれる就職先を独自で見つけるのは、なかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいながら、求人探しを進めていくことができます。

転職サイトを使った方が良いタイプ

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

転職エージェントが合っているタイプ

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

・異業界への転職にチャレンジしようと考えている人

転職エージェントの利用の仕方

カウンセリング

ではプロのコンサルタントにサポートをお願いできる「転職エージェント」の利用方法を簡単にご紹介しましょう。

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験、スキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらいます。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい企業が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、システムインテグレーター関連の職業に特化しているエージェントや、ハイクラス案件だけを取り扱うエージェントに登録することで、自分の希望や条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できるので、より転職への近道となるに違いありません。

まとめ

システムインテグレーターといっても、さまざまな働き方があります。自分のスキルや能力に合った企業を上手に選んでいくようにしましょう。

「資格や技術を持っているのだけれど、自分の適性やスキルに合っているか決めかねている」という人や、「どこの会社が良いか判断に迷う」「キャリアアップできる企業を見つけたい」という方は、自分だけで決めるのではなく、その道のプロであるコンサルタントにアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事