【葬儀関連の仕事】職種や求人の探し方や給料・待遇なども解説!

【葬儀関連の仕事】職種や求人の探し方や給料・待遇なども解説!

葬儀関連の仕事は、人が亡くなった場合には葬式を執り行うことになります。葬儀に関連した仕事は遺体の納棺から火葬、納骨まで様々なものがあります。エンディングプランナーや納棺師、エンバーミング、司会、ドライバーなど葬式に関連した職業の種類や特徴を記載しております。転職事情はどのようなものなのかもご紹介していきたいと思います。

葬式に関連した職業の種類や特徴

funeral procession and coffin

人が亡くなった場合には葬式を執り行うことになります。葬儀に関連した仕事は遺体の納棺から火葬、納骨までいろいろとあります。

エンディングプランナー

エンディングプランナーとは、葬儀に関わる全般の手配や演出を執り行う職業です。他にも「葬祭ディレクター」とか「葬儀プロデューサー」などと呼ばれることもあります。

結婚式とは違って、葬式は大切な人を亡くして悲しみに満ちる時となります。特に予想もしていない状況で大切な人を亡くした家族や親族にとっては、突然のことに何からどう手をつけていいか分からないということもあるでしょう。

エンディングプランナーはそうした遺族の悲しみや不安に寄り添いながら、代わりに葬儀全般の動きを把握し進めていくことになります。

葬儀の規模や予算、遺族の要望を考慮しながら葬儀の演出を考えたり、斎場や葬儀場の手配を行ないます。また、火葬場を押さえたり、祭壇の手配、役所での手続きなどにも対応します。

故人にとって人生の最後の催しとなる行事だからこそ、大切に執り行ってあげたいと考える遺族の希望や要望に応える重要な責任を担う職業です。

僧侶、神主、牧師、神父

故人や遺族の宗教によって、誰に執り行ってもらうかが変わってきます。「仏式」であれば僧侶、「神式」であれば神主、「キリスト教葬儀」であれば牧師や神父、といった具合にです。

冠婚葬祭のさまざまな行事や催しに宗教は必ずと言っていいほど関わってきます。僧侶や神主、牧師や神父は誰でもなれるものではないとは思いますが、関連する大学や神学部で学んだり、修行を積むことが近道になるに違いありません。

納棺師

納棺師は亡くなった人を棺に納める時に、必要とされる作業を行なう人です。

たとえばドライアイスなどを使ってご遺体の腐敗が進まないようにしたり、含み綿で表情を整えたり、体を拭いたりひげをそったり、メイクを施してきれいに見えるようにします。

葬儀社から依頼があって連携して作業を行なっていきます。葬儀が終わるまでご遺体の状態保全や管理を行ない、遺族や友人たちが故人と悔いのない別れができるように見守るのが、納棺師の大切な役割です。

エンバーミング

エンバーミングとは、故人のご遺体をなるべく生きていたころの姿に近づけるように処置を施す職業です。

納棺師も遺体の保全や管理を行ない、体を拭いたりメイクを施すことをしますが、エンバーミングはもっと踏み込んだ処置を行ないます。

たとえば、遺体に防腐剤を直接注入し消毒したり、血液や体液を体内から取り除くことで衛生状態を保ちます。また事故などにより体の損傷が激しい場合には、そうした損傷の修復を施します。

ご遺体を土葬する習慣のある西洋の国では、以前から一般的にエンバーミングが施されてきました。

日本では火葬がほとんどなので、このエンバーミングという処置についてはあまり知られていませんが、近年になって故人をきれいな状態に戻し、きちんとお別れしたいというニーズや動きが日本でも広まり、注目されている職業です。

葬儀の司会者

葬儀の司会は葬祭ディレクターが行なうところもありますが、葬儀社によっては葬儀の司会だけを専門に行なうスタッフを置いているところもあります。

葬祭ディレクターやご遺族の方との打ち合わせや、式中の司会の進行や案内アナウンス、焼香の際の呼び出しや弔電を読むことなどが仕事内容に含まれます。

葬儀の際の専門用語に通じていることや、立ち居振る舞いやマナー、その場に合った言葉遣いを身につけること、また宗教別の作法などに通じていることなどが求められるでしょう。

生花スタッフ

通夜や葬儀、告別式の時に必要な生花を準備する仕事です。資材の搬入から、葬祭ディレクターやご遺族との打ち合わせなどに関わります。

故人の好きな花や、ご遺族の希望する式の雰囲気をよく汲み取って、ふさわしい空間を演出する必要があります。また葬儀も宗教によってやり方や内容が変わってくるので、花だけでなく葬儀に関連する知識を有していることも求められることでしょう。

ドライバー

ご遺体を運ぶ際に使われる霊柩車の運転や、参列者を乗せるマイクロバスのドライバーを務める仕事です。

病院や警察署からの搬送や引き取りや、ご遺族や参列する人を自宅から葬儀会場まで送迎することなどが仕事内容の中心となります。

普通免許だけではこの仕事はできません。中型免許もしくは大型自動車二種免許を有している必要があります。

ただドライバーを努めれば良いわけではなく、やはり葬儀に関わる仕事ですから、悲しみに暮れているご遺族や参列者の気持ちを逆なでしないように、ふさわしい服装や言葉遣い、マナーを知っておくことは大切です。

葬儀業界のおもな企業ランキング

ランキング

①サン(燦)ホールディングス

大阪市に本社を置いている企業で、葬儀業界ではトップの売上高を誇っています。

持株会社であるサンホールディングスの他に、葬祭サービスを提供する「公益社」「葬仙」「タルイ」と、葬祭関連サービスを提供する「エクセル・サポートサービス」の合計5社から成る大企業です。

②ティア

愛知県に本社を置き、名古屋、愛知、東京、大阪などを中心に、家族葬から一般葬まで希望に沿った会館での葬儀や法要を請け負っています。

③平安レイサービス

葬祭事業だけでなく、冠婚事業や介護事業も行なっている企業です。神奈川県に本社を置き、家族葬、自宅や寺院・教会・市営斎場や集会所など、希望に沿ったさまざまな葬儀に対応している大企業です。

④東京博善

東京都千代田区に本社を置く東京博善は、都内で6つの斎場を営んでいる会社です。

これまでの斎場のイメージを覆した明るく近代的な建物や空間で、故人の人生の最後の時を有終の美で飾れるように、安らぎの時を提供することをモットーとしています。

お通夜から葬儀、告別式、火葬、初七日法要までの儀式を執り行うことができます。格調高いおごそかな雰囲気と、気品ある空間がとても評価されている企業です。

⑤サン・ライフ

株式会社サン・ライフは80年に渡って葬儀関連の事業を展開してきた、実績と信頼を集めている老舗の葬儀会社です。

神奈川県平塚市に本社を置き、神奈川県と東京都で葬儀に関連した催しや行事を執り行っています。

お客様満足度98%という確かな実績を残し、幅広い知識と経験を持ち合わせた葬祭ディレクターが満足のいくサービスを提供してくれることでよく知られています。

葬儀業界の動きや転職事情を知る

葬儀業界

葬儀業界は近年どんな動向や売り上げを見せているでしょうか。また平均の年収はどれくらいでしょうか。葬儀関連の企業への転職や就職を考えている方は注目です。

まず葬儀業界の規模を見てみると、1年間の主要対象企業の売上高の合計は611億円でした。他の業界の動きと比べてみると、わずかながら上昇は見られるものの、過去10年間の葬儀業界の規模はほとんど変わっていません。

これは業界の動きとして期待を見込めないというわけではなく、ずっと変わっていないということは、極端に増減することがなく、安定が見込める業界でもあるということです。

ますます高齢化社会が広がるということもあり、葬儀関連の業界はますますニーズが高まると思われます。しかしその分、企業の間での競争が激しくなるということも考えられます。

それに加えて、消費者の生活スタイルの変化や簡素化により、一件当たりの葬儀単価は低くなってきている現状があります。大企業なのか中小企業の葬儀社かによっても就職事情は変わってくると言えるかもしれません。

現時点での葬儀業界で働く人の平均年収は、およそ575万円前後となっています。しかしこれは企業の大きさや規模、売り上げなどによって違いがあります。

平均月収はおよそ26万円前後、アルバイトは時給800~1600円前後です。葬儀業界といっても仕事内容によって給料や時給に差が大きく出るものと思われます。

葬儀業界に向いているのはこんな人

仕事の内容によっても変わりますが、葬儀関連の仕事は基本24時間体制で行ないます。真夜中に電話が来て仕事しなければならないことも多々ありますし、予測できない職業でもあります。

ですから柔軟に対応できる人や、体力がある人に向いている仕事といえるかもしれません。

また葬儀は悲しみの時となりますから、突然のことに途方に暮れているご遺族の気持ちを汲み取って代わりに希望を叶えるためには、コミュニケーション能力も欠かせない職業と言えるでしょう。

葬儀業界での求人探しに役立つサービス

葬儀関連の事業は人々の生活に関わる職業ですから、それだけ需要も大きいと言えますが、だからといってどこでも同じように働けるというわけではありません。

自分が働きやすい環境かどうか、求める条件や希望に見合っているか、資格を本当に活かせる職場かどうかをよく見きわめることは大切です。

ではたくさんある求人情報の中から、比較検討する場合にはどうしたら良いでしょうか。

そんな時に役立つのは、「転職サイト」と「転職エージェント」という二つのどちらか、あるいは両方の転職支援サービスを使って求人を探す方法です。

では「転職サイト」と「転職エージェント」はそれぞれどのようなサポートを受けられるのでしょうか。またどんな人におすすめのサービスなのでしょうか。

転職サイトと転職エージェントの違い

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一方で転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

何らかの専門的なスキルや資格を持っているなら、せっかくならそうした資格やスキルを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

しかし、自分の持つ資格や経験を必要としてくれる就職先を独自で見つけるのは、なかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいながら、求人探しを進めていくことができます。

転職サイトを使った方が良いタイプ

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

転職エージェントが合っているタイプ

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

・異業界への転職にチャレンジしようと考えている人

転職エージェントの利用の仕方

Great news for you! Cheerful mature man in shirt and tie holding digital tablet and gesturing while young couple sitting in front of him at the desk

ではプロのコンサルタントにサポートをお願いできる「転職エージェント」の利用方法を簡単にご紹介しましょう。

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験、スキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらいます。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい企業が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、葬儀関連の職業に特化しているエージェントにも登録しておくことで、自分の希望や条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できるので、より就職への近道となるに違いありません。

まとめ

葬儀関連の仕事といっても、さまざまな働き方があります。自分のスキルや性格に合った職業を上手に選んでいくようにしましょう。

「役立ちそうな資格を持っているのだけれど、自分の適性に合っているか決めかねている」という人や、「どこの会社が良いか判断に迷う」といった方がいるなら、一人で悩まずに、就職のプロにもアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事