【アウトドア業界の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【アウトドア業界の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

アウトドア業界はスポーツや自然とのふれあいが好きだという人に特にオススメの業界です。とはいえ働き方は様々です。アウトドアの定義は広義では幅広い職業に当てはまり、スポーツ用品店での販売の仕事から、森林官などの専門的な職務まで選択肢は多い。職業によっては特別なスキルや資格が必要ないものもあり、インストラクターのようにライセンスを要するものもあります。人にものを教えることが目標なのか、自ら自然を楽しむことが目標なのか、あるいは自然を保護する事が目的かなどによって転職希望先も変わってくるでしょう。統計ではアウトドアへの関心が高まっているため、屋外アクティビティが好きな人には魅力的な転職市場となりえます

アウトドアとは

Man traveler with backpack hiking Travel Lifestyle concept adventure active  summer vacations outdoor rocky mountains on background

アウトドアとは直訳すると「屋外」という意味ですが、名前の通り屋外で様々なアクティビティやスポーツなどに参加することを指します。

例えばスキーやスノボなどのウィンタースポーツ、サーフィンなどのサマースポーツ、登山、スキューバダイビング、ハイキング、キャンピングなどはどれもアウトドアの例です。東京オリンピックが2020年に開催される事や昨今の健康志向などが手伝って、アウトドアに興味を持つようになった人は少なくないでしょう。

頻繁にメディアでオリンピックの話題を見聞きしていると、自然と自分も身体を動かしたくなるかもしれません。

日本では欧米ほどアウトドアは盛んではありませんでしたが、これらの要素やグローバル化社会もあってアウトドアへの関心が高まってきていると言えます。

中には自分がアウトドアに参加するだけでなく、それを仕事として始めたいと思う様になった人もいるでしょう。本記事ではアウトドア業界の仕事の内容や、特徴、転職に役立つ情報などをご紹介します。

アウトドア業界の仕事内容

一口にアウトドア業界と言ってもその仕事内容は様々なことについてきます。例えばアウトドアに関連した用品を開発したり販売したりするのもアウトドア業界の一つの仕事です。また登山ガイドやスキューバダイビングのインストラクターなど、他の人にアウトドアの魅力を教えたり教授したりするのもアウトドア業界の仕事といえます。 具体的な例をいくつかあげてみましょう。

インストラクター

ウィンタースポーツやマリンスポーツ、山関連のアクティビティなどのインストラクターとして働く仕事です。専門の団体に所属するほか、個人としても活動できるでしょう。例えばキャンプ・インストラクターという仕事があります。テントの張り方はもちろん食事やその他の役立つ知識についてレクチャーする仕事です。自然は時に危険な場所ともなるため、安全確保などに関して教える大切な仕事です。

自然ガイド

Man Traveler with backpack mountaineering Travel Lifestyle concept lake and mountains on background Summer expedition vacations outdoor

自然ガイドという仕事もあります。普段なかなかいく事の出来ない自然の奥地などを巡って、一般の人に深い自然体験をしてもらうという仕事です。こちらも安全確保が大事なツアーなどで働くため、有意義な仕事です。 自然を楽しむだけでなく保護するという仕事もあります。

自然保護系の仕事

自然保護官という仕事ですが、限りある自然を守るために建設計画や土地開発計画などをしっかり管理する仕事です。実はこれは国家公務員の仕事のため、国家試験に合格する必要があります。

実際はオフィス系の仕事が多いですが、もちろん自然と触れ合う事も行ないます。似た様な仕事として森林官というものもあります。こちらは国有の森林を保護する仕事です。自然災害への対策や過剰伐採の防止、不法投棄調査なども行ないます。

スポーツ用品製造・販売

スポーツに関連したグッズを開発したり製造したり販売する仕事です。小売店で働くという身近なものから、スポーツシューズやウェアの開発など専門性の高いものまで仕事内容は多岐にわたります。

アウトドア業界のデータ

Businessman press on digital screen, digital layer effect, business strategy concept

「矢野経済研究所」の推計によると、2016年度の国内アウトドア市場規模は約4,274億円ほど です。内訳としては登山が17.2%、ライトアウトドアが54.3%、アウトドアスポーツが9.9%、ライフスタイルが18.5%となっています。一番市場規模が大きかったのはライトアウトドアでした。

これはハイキングやキャンプ、フィッシング、野外フェスなどを含む分野です。特にキャンプの人気が最近高まっています。キャンプがしばしばメディアで取りざたされるようになっていて、youtubeなどの人気動画サイトでもグッズなどを紹介したものが多く見られます。

今後も自然への関心の高まりや健康志向、欧米文化などの流入が続くにつれキャンプ人気が高まると言えます。また最近では車中泊人気も過熱しています。車中泊関連グッズは多岐にわたってあるため、市場が盛り上がる可能性があります。

「公益財団法人日本生産性本部」が2016年に発刊したデータでは、日本の余暇市場ではスポーツ部門が回復基調を示しています。観光や行楽部門が4年連続で拡大して、フィットネスクラブは史上最大規模を更新しました。スポーツ用品全般も堅調であり、アウトドア業界が引き続き熱くなると予想されています。

「山の日」という新しい祝日が加わった事もあり、休日を利用したアウトドアへの参加がますます期待されます。

役立つ資格は?

インストラクターとして働くためには、インストラクター認定団体などが主催する認定試験に合格する必要があるでしょう。また当然専門知識が必要になります。例えばスキーインストラクターとして働くためには用具の使い方や滑り方などに精通している必要があります。

取得すべき資格としては「SAJ認定スキー指導員」、「SAJ(公認)スキー(準)指導員」、「SAJ(公認)スキー指導員」などが挙げられます。各分野でのライセンスの必要性などを確認するようにしましょう。また前述の森林官や自然保護官などの仕事は国家公務員試験に合格する必要があります。

さらに資格ではありませんが、やはり自然への愛やスポーツが好きだという事も大切な要素となります。愛着は仕事へのモチベーションを高めることにもなりますし、転職時にアピールポイントとなります。他に学ぶべき点としては、危険を察知する能力や判断能力、防災知識などが挙げられるでしょう。

さらには体力も必要です。オフィス仕事の多い森林官などは別としてもインストラクターやガイドなどはそれなりに身体を使う仕事のため、普段から運動している人でないと難しいかもしれません。

アウトドア業界の代表的企業

アウトドア業界の主要な企業を簡単に紹介して、企業に関する口コミ情報も合わせて参照したいと思います(参照サイト:https://doda.jp/,https://en-hyouban.com/)。

株式会社ロゴスコーポレーション

株式会社ロゴスコーポレーション

www.logos-co.com

株式会社ロゴスコーポレーションは「LOGOS」というアウトドアブランドで知られています。アウトドアのカルチャーは日本ではそれほどなじみがないものでしたが、ヨーロッパから流入してきたアウトドア文化を国内に持ち込んでいる会社です。社員の口コミ情報を見てみましょう。

「パート、アルバイトは残業は基本的にありません。接客中でもどうしても離れられない場合を除いて、時間が来たら上がります。なので、比較的予定はたてやすいです。ただ、商材が単価が高いものが多いので、時間ギリギリに接客に入ってしまうと、なかなか帰れない場合もあります。」

「主力となるキャンプ用品はブランド創設30年を迎えた今も、アウトドアブームを受け着実に成長しております。その中で当社は「世のの中にないものを創りだす」のコンセプトのもと、毎年数多くの新商品をリリースし、高評価を得ています。競合他社のない商品開発力、ブランド力が当社の強みになっていると思う。」

「「有言実行」という言葉を世間でよく使いますので、まさにそれを実践している会社だと思います。自分で考えたうえでいいと思ったことはすぐに実行する。そういった姿勢が評価されます。私も当社に来て10年になりますが、自分でどうすればよくなるかを考える、そんな習慣が身に付きました。よく考えたうえで自分がいいと思ったことはやらないよりやった方がいい。ダメだった場合はみんなでフォローする。そんな環境がロゴスにはありますね。」

「月の残業時間はほぼ0。接客業なので接客で多少の残業があるものの、月に30分程度。早番遅番があり、店の開店時間から二交代制で勤務しているため、残業をする必要がない。社員はシフトの関係で一日の勤務時間が4~10時間と変わることがあるが、月でみるとほぼ一日に8時間勤務している計算になる。」

株式会社スノーピーク

株式会社スノーピーク

www.snowpeak.co.jp

株式会社スノーピークは、アウトドアライフスタイル用品の開発や製造および販売を手掛けています。

キャンプ用品メーカーとして有名で商品数も数百あります。国内だけでなく、アメリカや台湾など海外にも事業を展開しています。2018年12月期の連結売上高は118億円を予想されています。過去5年間の平均年収は437万円でした。社員の口コミ情報を見てみましょう。

「興味のある商材について詳しくなれる為他社との比較や勉強になる事ばかり。お客様も初心者からベテランまで様々で売ると買うだけの内容ではない、お客様との信頼関係を築けるのが他には無いと感じた。実際に売っている物を使える機会も与えて貰え接客トークにも活かせて自身もそこで休暇がとれる。」

「特別年収が良い会社でなく、また手当等も一切なかったが、賞与とは別に管理職への株の支給があった点については満足している。」

「残業はほぼなし、ですが部署や担当する店舗によって異なる。店舗勤務で多い人で20時間、本社勤務はその倍だと思います。」

「一般的なものは整備されており、特に欲張らなければ不満はありません。大手企業の制度を見ると差を感じるかもしれません。」

「入社した頃受けたキャンプ研修はとても楽しかったです。好きなことが仕事にできると感じました。その他研修もあり、それほど多くありませんが、eラーニングなどで会社員として必須なことは学べます」

株式会社スペースキー

株式会社スペースキー

www.spacekey.co.jp

株式会社スペースキーは2007年設立の比較的新しい会社です。観光地のポータルサイトの製作を手掛けたりするWebサービスを手掛けています。月間利用者1,000万超のアウトドア業界最大級のWebサービスを展開していて、ITとアウトドアとのコラボを意識した事業を経営しています。他にもリユース事業としてキャンプ用品店や釣具店、登山用品店などを運営しています。社員の口コミも見てみましょう。

「場合によって、休日に広告記事の取材やイベント取材等もあります。他の人との業務バランスを見ながら、自らの裁量で代休を取ることもできますので、自分でコントロールすることが今のところは必須です。」

「自由な社風のため、社内ルールがしっかり整備されていない部分があります。働き方や労働環境の整備は今まさに整えているところです。個々の裁量に任せる部分が大きいため、自由にできるメリットを活かしながら最適な制度を今後整えていきます。」

「実際に事業の立上げから、成長に至るまで幅広く業務に関わることができています。結果や数字に厳しい面もありながら、裁量を持ちながら仕事ができる環境です。自ら望むことで挑戦できる環境にあり、常に環境が変わるうえでスキル・技術を習得する姿勢が求められることは、サービスと自らの成長に密接に繋がっていることが実感でき、身近な人が自分たちが作ったサービスを使ってくれていると、とても嬉しくやりがいを感じます。」

「好きなこと、趣味を仕事にできることが何よりのやりがいです。しかし、広く業界の知識をつけなくてはいけなかったり、常に新しい情報を収集する必要があったりと、「好き」を極める努力も重要です。アウトドア業界の活性化に貢献するという意味でも、やりがいを感じます。」

「給料水準は低いです。経営陣が会社の成長とともに給料も上がると自信を持って言うのはいいですが、蓋を開けば給料は亀のスピードで微妙に上がる程度。アウトドアという趣味嗜好を仕事にできると給料を下げて入る人も多いですが、家庭を持ってる人には厳しい給料です」

アウトドア業界への転職事情

アウトドア業界に転職したい場合は、知り合いなどのつてを通して転職先を探してもよいですが、より簡単なのは転職サポートサイトを使う事です。

転職サポートサイトでは非公開求人や独占求人などを取り扱っているため、一般の公開求人票などを見るよりも希望条件に合った案件を見つけやすいでしょう。

また求人紹介だけでなく、応募書類の作成や面接対策なども手伝ってくれます。さらには年収などの条件面についても交渉を代行してくれます。それでいて利用料は無料のため積極的に登録しておくといいでしょう。いくつかのオススメ転職サポートサービスサイトをご紹介します。

DODAエージェントサービス

DODA

3位以下を大きく引き離した国内規模第2位で、多数の案件数・転職実績決定数を誇っている。優良で質の良い求人が多数を占める非公開求人を13万件以上保有していると言われている登録必須のエージェント!

DODAエージェントサービスは、非公開求人を含む十万件以上の求人を紹介してくれます。さらに面倒な手続きを全て代行してくれます。応募書類を添削してくれる他、面接日程の調整や対策もしっかりやってくれます。利用者の口コミを見てみましょう。

「社会に出て20年、初めての転職活動で正しい履歴書の書き方すら覚えていないという状況で困っていました。そんな時に転職エージェントの存在を知り、DODAのお世話になりました。昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり教えていただきましたよ。」

「他業種への転職を希望していたため履歴書の書き方などわからないことが多々あり、当初自分で転職活動をしてみたが情報が乏しくプロに相談したほうがよいと思った。転職エージェンシー他社と比べて専任の担当者がとても親身になって相談に乗ってくれ、履歴書、筆記、面接のたびに相談や足りない部分など添削してくれたので志望している会社のほしい人材像を深く理解でき、自分の志望動機と職務経歴をぴったり合わせることができた。」

リクルートエージェント

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは非公開求人が十万件以上ある大手サイトです。業界最大級の非公開求人数を持ち、キャリアアドバイザーが転職希望者の希望に沿った求人を紹介してくれます。年収交渉や入社日の調整、さらに円満退社など細やかな配慮をしてくれるため登録しておきましょう。ユーザーの口コミには以下の様なものがあります。

「転職エージェントはサイトによって癖があることが多く、使い方が分かるまで上手く仕事を探せなかったりします。自分は二三のサイトを利用したのですが、一番使い勝手が良かったのがクルートエージェントでした。 まず、最初に使い方の説明を見たのですが、シンプルなインターフェースなので説明無くても全然利用出来ます。時期、場所、職種等々、大雑把な条件から仕事を探して、徐々に贅沢していく感じの使い方で自分好みの仕事が探せるのでかなりオススメです。」

「転職活動をする暇が無く、中々前職から離れられない状況でした。そんな中でネットを利用しての転職を視野に入れたのですが、かなり良かったです。職業案内所などでは手続きをしたり、待ち時間が合ったり、そもそも施設に行かなくてはダメだったりと手間が掛かっていたのですが、ネットの転職エージェントならそれらが入りません。家から簡単に利用出来るので楽です。しかも、私が利用したリクルートは仕事の幅が広く豊富で、自分庫のみの職場が探しやすかったです。なるべく、次回が無い事を祈りますが、もし転職をしたいときには再度利用したいと思います。」

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事