【アクセサリー関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【アクセサリー関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

アクセサリー関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、アクセサリー関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。初めてアクセサリーという言葉を聞かれた方も、アクセサリー関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

アクセサリー業界について知る

Fashion And Beauty. Woman With Makeup In Jewelry. Portrait Of Sexy Young Female With Stylish Hairstyle Wearing Beautiful Accessories Such As Diamond Earrings, Gold Bracelets And Rings. High Quality

世界中にはたくさんのアクセサリーまたはジュエリーメーカーがあります。雑誌やコマーシャルで大々的に宣伝されることも多いですし、華やかなアクセサリーやジュエリー業界への転職や就職を考えてみたい方もいることでしょう。

日本のアクセサリー・ジュエリー業界の現状や動向などを見てみると、現時点での業界規模は3144億円となっています。5年前くらいまでは横ばい、もしくは減少の状態が見られましたが、近年また拡大や増加の傾向にあります。

貴金属の原材料価格によって左右される

Pyrite mineral isolated on white background

拡大の傾向が見られた背景には、貴金属の相場が下落したことや円安により、消費者が買い求めやすくなったことが挙げられます。

さらには、平成24年以降から、日本を訪れる中国や韓国、台湾人などアジア圏の人々が増え、高級ブランドメーカーのジュエリーや貴金属、アクセサリー類をいわゆる『爆買い』していった、という社会現象もあります。

しかし現在国内では、若年層を中心に節約志向が見られるため、ジュエリーやアクセサリーにお金をかけない人が増えているようです。消費者のニーズも多様化してきているアクセサリー業界ですが、アクセサリーに関わる仕事にはどんなものがあるでしょうか。

アクセサリー業界の仕事の種類や特徴

アクセサリーが好きで、アクセサリーやジュエリーに関わる仕事に就きたいとお考えの方もいらっしゃることでしょう。

自動車などの機械で使用する付属部品類も「アクセサリー」の類に含まれますが、ここで取り上げる「アクセサリー」は、ジュエリー類のことに限定して進めていきますのでご了承ください。

アクセサリーに関わる仕事には、おもにデザインを手がける「クリエイター」としての業務と、お客さまに商品を提案・提供する「販売」の業務に分けることができます。それぞれどんな仕事内容かを見ていきたいと思います。

販売業務

Sales Assistant With Credit Card Reader On Digital Tablet

百貨店や量販店に入っている各メーカーで、実際にアクセサリーを販売していく業務もあります。

お客様一人ひとりのニーズや好み、予算に合った商品を提案し販売することだけでなく、お客様がすでに購入したアクセサリーのメンテナンスや修理、リフォームを手がけることも、販売業務の一環です。

高いコミュニケーション能力はもちろんのこと、店内で販売するアクセサリーすべての知識を身につけておく必要もあります。その中には、宝石や加工部品の特徴や性質に関する専門的な知識も含まれます。

一つの商品を通して、そのメーカーやブランドについてさらに知ってもらい、顧客を増やしていく重要な役割を担う仕事なので、その分やりがいを見いだせるとも言えるでしょう。

デザイナー業務

Close-up Of A Female Designer Working On Multiple Computer At Workplace

アクセサリーの中には、指輪やネックレス、ブレスレット、ピアス、アンクレット、ブローチ、髪飾りやベルトなど、身につけるさまざまなアイテムが含まれます。

それらさまざまなアイテムのデザインを手がけるのが「クリエイター」としてのおもな仕事です。就職先はおもに宝飾店ブランドのデザイン部門であったり、宝石加工業務を行なう会社になりますが、作品が認められてフリーランスとして活躍している人もいます。

特定のブランドメーカーに勤めるのであれば、そのブランドのイメージや方向性、さらには顧客層に合わせたデザインを手がけること、またはトレンドに合ったアクセサリーをデザインすることが必要となります。

さらにはデザイナーとしての発想力やひらめき、想像力だけでなく、アクセサリーに使用するさまざまな宝石類や加工品の特徴や性質に関する専門的な知識と高い技術力も求められる仕事になります。

<デザイン業務の大まかな流れ>

①デザインするアクセサリーの方向性やイメージを決める

Profile of adorable little boy looking up and smiling. Planet Earth in space, polygons. Global world and ai future concept. Toned image double exposure mock up Elements of this image furnished by NASA

各ブランドによってイメージや方向性、戦略は違ってきます。そうした会社の方針に沿ったアクセサリーの提案をし、企画部や経営戦略部の人の意向を聞きながらデザインのイメージや方向性を決めていきます。

②デザイン画・設計図の作成

実際にイメージしたものをデザインとして形にしていきます。スケッチしたものをジュエリー専用の3D-CADソフトを使って、設計図を起こしていきます。

③発注する

設計図が出来上がったなら、まずサンプルを作成します。そのサンプルを確認しながら、最終的な完成形に近づけていきます。完成したなら工場や工房に発注して制作します。

アクセサリー業界の平均年収

business man writing question about 2014 on graph

どの企業に属して働くかによっても年収は違いますし、キャリアやスキルによっても異なってきますが、アクセサリーのデザイナーとして働く人の平均年収はおよそ「300万円~500万円」が相場のようです。

経験や勤続年数の度合いによって、最初のうちは200万円~300万円、経験者になると400万円~500万円程度と変わっていきます。

販売員として働く場合でも、年収はおよそ「300万~500万円」が相場となります。基本給はそれほど高くなくても、接客の売り上げによって歩合制で上がっていくという会社も多いようです。

アクセサリー会社関連の求人探しに役立つサービス

アクセサリー関連の業界に興味を持ち、転職を考えた時に、どのように効率的に求人を探していくと良いでしょうか。

アクセサリー関連の会社といっても、企業によって仕事内容や働き方が違いますし、給与や待遇も含め、どこでも同じような条件で働けるというわけではありません。

企業の規模によっても違いますし、自分がそれに見合ったスキルや能力を持っているかによってもどこが合っているかは変わってきます。

それで自分の求める条件や希望に見合っているか、資格やキャリアを本当に活かせる企業かどうかをよく見きわめることは大切です。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

転職サイトを使った方が良いタイプ

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の総合転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人 一定の職業に特化している転職サイトもあります。働きたい職種内容が決まっているのであれば、特定の職に特化しているサイトを利用したほうが転職への近道になります。

もし自分のやりたい仕事の業種や職種がはっきりしている場合や、早く就職先を決めたい、転職のやり方はよく分かっているから大丈夫といった方は、転職サイトの利用だけで十分かもしれません。

転職エージェントが合っているタイプ

一方で「転職エージェント」は、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくことになります。

何らかの専門的なスキルや資格をすでに持っていれば、それを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

自分の資格や経験を必要としてくれる会社を独自で見つけるのはなかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職サイトとエージェント両方を一緒に展開している会社も多いので、自分に合ったほうを活用しましょう。

転職サイトを有効活用するために

Female hands touching tablet with white cloud concept

気になる求人にはどんどんアプローチしよう

たとえ未経験の業種や職種でも、あるいは特に資格を持っていないとしても、自分で気になる求人があるなら積極的にアプローチしてみてください。

求人情報は気軽に検索できますし、会員登録も手軽にできるようになっています。サイト上に職務経歴や、自己PR、志望動機などを登録することで、複数の気になる求人にすぐにアプローチできます。

ウエブから転職ノウハウに役立つ情報を得よう

転職エージェントのように、キャリアコンサルタントと直接対面してアドバイスをもらうことはできませんが、履歴書の添削や面接対策に役立つノウハウを、ウエブサイトから知ることができます。

ノウハウを知ったうえで、自分で就職対策ができますし、書類選考の通過率アップにもつながるので、積極的に活用してみてください。

転職エージェントの賢い選び方

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、アクセサリー関連の業界に特化しているエージェントや、ハイクラス案件だけを取り扱うエージェントに登録することで、自分のキャリアや条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できるので、より転職への近道となるに違いありません。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

まとめ

企業によって働き方や求める人材はそれぞれ違います。自分の今持っているスキルや能力、キャリアに応じて、最大限に活かせる企業を上手に選んでいくようにしましょう。

「資格や技術を持っているのだけれど、自分の適性やスキルに合っているか決めかねている」「どこの会社が良いか判断に迷う」「キャリアアップできる企業を見つけたい」こうした方は、自分だけで決めるのではなく、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事