【アミューズメント関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【アミューズメント関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

アミューズメント・エンタメ関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、アミューズメント・エンタメ関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。初めてアミューズメント・エンタメ関連いう言葉を聞かれた方も、アミューズメント・エンタメ関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

アミューズメント・エンタメ関連の仕事の種類や特徴とは?

Amusement park at night - ferris wheel and rollercoaster in motion

アミューズメント・エンタメ関連の仕事には、スポーツ、コンサート、映画、アニメーション、テレビ、演劇、落語、漫才、コント、サーカス、ゲーム、遊園地など、人を楽しませる仕事が関係しています。

幅広い業種を持ち多くの人数で楽しませる華やかなお仕事

そのための編集、制作、宣伝、広報、販売、接客などが関係します。幅広い業態を持つ業界であると言えます。全体としてかなり大きな業界です。人を楽しませる仕事ですので、華やかですし、自分も楽しめる仕事になり得ます。人を楽しませると、お客様の笑顔が見られます。やり甲斐のある業種であると考えられます。

さらに、日本のアミューズメント・エンタメ関連の仕事は、海外からも注目されるほどのレベルの高い仕事です。仕事の種類によっては、国内のみならず、海外でも活躍できる可能性があります。

アミューズメント・エンタメのビジネスは古くから存在しています。例えば、100年以上前に登場した娯楽として映画について考えてみましょう。娯楽の王様のような存在となりましたが、新たな娯楽が増えるに連れて徐々に衰退してきました。しかしながら1980年には制作委員会方式が登場します。

制作委員会方式

参加企業が資金を出し合って、映画を製作して行く方式のことです。作品の権利や損益は参加する企業で分け合うことになります。

これにより出資リスクを分散することができるという方式です。出資した放送局、新聞社などによって大掛かりな宣伝をすることもできます。この制作委員会方式によって資金調達がしやすくなって、近年、封切りの本数は増加している状況です。

コンサートスタッフの1日の流れは?給料はどのくらいなの?

cameraman live streaming event production concert blurry defocus bokeh background

はじめに、コンサートスタッフについて考えてみましょう。舞台演出に関わるステージエンジニア(映像、照明、音響エンジニアなど)は専門の知識や経験を持つ技術職です。そのため、コンサートスタッフの中でも給料は高めとなっています。

会場の規模、アーティストの知名度、所属会社やクライアント、その人の能力にもよりますが、年収300万円〜1,000万円が相場と言われています。

スキルや実績が上がってゆくと、給料も上がって行く傾向があります。そのため、最初から高い給料がもらえるわけではありません。場合によっては就職してから数ヶ月から数年間はアシスタントとしての下積み期間になることもあります。日給5,000円前後になったり、アルバイトして時給800円〜1,200円ほどで働くこともあるようです。

では、ローディーはどれ位の給料をもらえるのでしょうか。条件により開きはあるものの、平均年収は300万円〜400万円になると言われています。ステージエンジニアより低めのようです。新人としては月給15万円ほどからはじまり、ベテランともなると月給50万円ほどになることもあります。楽器や機材の運搬のみのローディーの場合には時給850円前後とあまり高くはないようです。

続いて、映画配給会社社員について考えてみましょう。大手の会社と中小の会社によって差はあるものの、映画配給会社社員の給料は年収ですと400万円〜500万円程度となることが多いようです。大手の映画会社は福利厚生もしっかりとしていて、安定した良い給料が得られる可能性があります。他方、小さな配給会社の場合には、最初の数年間は年収200万円〜300万円程度になることもあるようです。

中小の映画配給会社の場合には、アルバイトからスタートするというケースもあります。アルバイトの状態ですと、給料も時給となり、高い収入は望めないでしょう。

コンサートスタッフの1日は、どのような流れなのでしょうか。

Concert staff

ここで、コンサートスタッフ(音響の技術者)のコンサート当日の仕事の流れを見てみましょう。既に開催日の前日迄に、音響機材や舞台装置のセッティングは済ませていますが、当日もなすべきことがあります。

・当日朝 早めに起きて、耳を使う仕事ですので、コンディションを整えます。

・午前11時頃 会場に入ります。音響機材など、必要なものを立ち上げて、セッティングに問題がないかどうかを確認して行きます。お昼頃には打ち合わせがあります。出演アーティストも会場入りしますので、ディレクターも交えて注意点などを打ち合わせします。

・午後1時頃 リハーサルです。当日は本番のような通しのリハーサルを実施します。会場内に響く音を聴きつつ音量や音質を整えます。スピーカーの位置とか向きも大切ですので、必要とあらば調整を行います。会場内のどこにいても、良い音が届くようにと留意します。

・午後4時30分頃 休憩し、軽めの食事を取ったり、段取りの確認をしたりします。そして、午後6時頃から開場です。お客さんたちが次々と会場に入ります。緊張が高まってきます。午後7時事には開演です。リハーサル通りの音ができるよう努力します。観客でいっぱいになると、音の響き方が変わることもあります。必要に応じて臨機応変に調整します。

・午後10時 スタッフが集合し、翌日の公演に向けて改善点などを話し合います。場合によっては食事会などが行われることもあり、就寝するのは翌日になる場合もあります。

映画配給の仕事の具体的な内容はどのようなものでしょうか。

映画配給会社の仕事の1つにブッキングという仕事があります。これは買い付けた映画を映画館に提供する仕事のことです。どの映画館で映画を上演するのかを交渉し、決めて行きます。

他にも、買い付けの仕事があります。映画を映画館で上映する権利やテレビで放送する権利などを買う仕事です。何でも買えば良いというわけでは決してありませんので、どの映画なら見てくれそうか、見分けることが必要になる場合があります。そして、宣伝の仕事もあります。

アミューズメント・エンタメ関連の会社にはどのような会社があるのでしょうか。

これから、幾つかアミューズメント・エンタメ関連の会社に注目してみましょう。

エイベックス株式会社

avex株式会社

avex.com

エイベックス株式会社の本社は東京都港区にあります。デジタル、音楽、アニメ、マネジメントなど、エンタテインメントを軸としつつ、様々なビジネス展開を行っている会社です。既存の概念にとらわれない考え方や、柔軟性が強みと考えられています。

エンタテインメントを通して世界に驚きを与える会社を目指してチャレンジが続けられています。旅行事業やエンタテインメントに関わる技術や人に対する投資など、新たな事業への積極的な取り組みもなされています。

東宝株式会社

東宝株式会社

www.toho.co.jp

東宝株式会社は、映像事業、不動産経営、映画制作などを柱とする事業を展開しています。設立は1932年です。主立った事業の中には、映画の企画、製作、営業、テレビ番組の制作や販売、映画パンフレット、ビデオソフトの販売、演劇の企画、製作、土地や建物の賃貸借、アニメ作品の企画、製作、宣伝などがあります。

東宝では、若いうちから責任ある業務に携われる可能性があります。そして、そのための育てる制度も準備されています。

入社から2ヶ月は集合研修期間です。ビジネスマナーの研修や部門ごとの事業内容レクチャーが行われ、部門への仮の配属なども行われます。3ヵ月目から2年目は、研修終了後に、入社後2年の間に、管理系、営業系、劇場部門のうち2つの部門を1年ずつ経験することができます。この、ローテーション人事制度により、多様な職務経験を積むことができます。3年目からは階層別の集合研修も実施されます。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

www.sme.co.jp

ソニーミュージックグループ全社の管理や経営を行う会社です。本社は東京都千代田区にあります。クリエイターやタレントなどの発掘や育成、海外事業推進、マーケティングなどを行っています。

スポーツエンタテインメント事業、デジタルコンテンツ事業、電子書籍事業、エデュケーション事業などなど、グループ全体、グループ各社の事業との連携を図り、エンタテインメントビジネスの創出に挑戦しています。

アミューズメント・エンタメ関連の転職事情はどうなっていますか?

アミューズメント・エンタメ関連の転職事情について考えてみましょう。例えば、コンサートスタッフへの転職事情はどうなっているでしょうか。コンサートスタッフの中でも、音響や映像を扱うステージエンジニアは経験が重宝される技術職なので、同業種からの転職はわりとスムーズです。

さらに、同業種でなくとも、ミュージシャンやレコーディングエンジニアからの転職など専門分野に通じている場合も転職できる可能性があります。経験者の場合には学歴が問われないことがありますので、場合によっては大手の会社に転職するチャンスともなり得ます。

完全に異業種からの場合には、転職できたとしても、下積みからのスタートとなる可能性がありますので、若い時に転職しておかないと成功することは難しいかもしれません。

コンサートスタッフの中でも、ローディーの職務には、運搬やセッティングをメインに行う場合と、それに加えて機材や楽器のメンテナンスやチューニングを行う場合があります。このうち運搬やセッティングをメインに行うローディーは、前職がどんな仕事であっても、丁寧に荷物を扱えて、腕力、体力があれば問題はありませんので、転職しやすいと言えます。

一方、運搬やセッティングに加えて機材や楽器のメンテナンスやチューニングを行うローディーに転職するためには、楽器の手入れの知識が必要だったり、楽器の演奏の知識が必要だったりする場合がありますので、仮に転職ができたとしても、転職後にすぐに活躍するというのは簡単ではないと思われます。

次に、映画配給会社社員への転職事情はどうなっているでしょうか。映画業界は採用が活発には行われていないようです。映画配給会社の求人があるとしても、募集人数は1,2名程度から若干名ということも珍しくないようです。狭き門であると言えるでしょう。それで、地道に企業のホームページなどをチェックする努力が求められるでしょう。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

アミューズメント・エンタメ関連の業界の求人を探すには

求人誌などでアミューズメント・エンタメ関連の業界の仕事を探してみるのも1つの方法であると言えるでしょう。しかし、インターネットを活用できる環境にあるならば、仕事を探す場合に大変便利です。次のようなサイトを活用して、求人を探してみることもできるでしょう。

indeed

indeed

求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しているので圧倒的な求人数を保有する求人サイト!

例えば、indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用する方法を挙げることができます。indeedとは、2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンです。

indeedは登録しなくても、各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することができるので手軽であると言えるでしょう。indeedは、2012年にはリクルートに完全子会社化されました。

indeedは掲示板のような役割を果たしてくれるサイトとなっています。掲載日から何日が経過したかも記載されますので、情報の鮮度のチェックをできるという点でも便利です。アミューズメント・エンタメ関連の仕事についても、日々チェックするなら、鮮度の高いものを見つけることができるかもしれません。

「マイナビ転職」

マイナビ転職

非常に質の高い求人が10,000件近く掲載されており、新着・更新求人が毎週2,000件以上ある上に、マイナビが主催する転職イベントで採用担当者や先輩社員から詳しい仕事内容や社風などのリアルな情報を得ることも出来る、登録必須な転職サイト!

マイナビ転職は、掲載料金が比較的安いので、たくさんの求人が集まります。常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトとなっていますので便利です。第三者機構評価NO.1に選ばれるほどの正社員の転職情報を持っています。それで、マイナビ転職でしか見ることができない求人情報を見つけることができるかもしれません。

マイナビ転職の求人検索で自分の希望条件を複数登録して、検索結果を表示することができるようになっています。家電メーカーの仕事の求人も探すことができるでしょう。

マイナビ転職の転職サポートにも注目できます。例えば、「転職MYコーチ」というサポートが準備されています。これは、職務経歴書や履歴書を徹底的に添削してくれて、書類選考に通過する資料作りをサポートしてくれるという便利なシステムになっています。面談を繰り返し行って、取り入れた方が良い情報を書類に盛り込んだり、転職を目指す企業に特化したアプローチをすることも可能となっています。

この「転職MYコーチ」の面接の練習では、転職希望先に合わせた質問対策を行ってくれます。とても親切なサービスです。各種セミナーも豊富に準備されています。それで、自分にぴったりのセミナーが見つかるかもしれません。

役立つコンテンツが載せられています。例えば、面接におけるマナー、NG志望動動機、就職活動中にやってしまいがちなルール違反など、参考となる情報が収められています。動画やイラストも組み込まれていますので、わかりやすい内容になっています。こうした有益なコンテンツも参考にできるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは、取り扱っている求人数が業界トップクラスです。転職希望者に嬉しい幾つもの特徴があります。登録すれば、有用なサービスを活用できます。例えば、非公開求人が約10万件もある時もあります。

非公開求人の中には、公開すれば人事担当が対応できない位の応募が殺到するような案件などもありますので、魅力的な非公開求人を探してチェックしておきたいものです。

「レジュメNavi」を活用して、職務経歴書を作成することもできます。職種を選択すると、その職種に関連したテンプレートが選択されますので便利な機能です。応募書類の添削をしてもらうこともできるようになっています。

さらに、「AGENTREPORT」があります。求人の見方やポイント、仕事の環境や、現在活躍されている人材のスペックや選考基準、企業の内情や業界動向などの有益な情報をチェックすることができます。他にも、面接力向上セミナーに参加することによって、どんな人が不採用になっているか、面接官がどんなところを見ているのかなどについても学ぶことができます。

エージェントサービスを受けることもできるようになっています。キャリアアドバイザーが要望に合わせて転職活動をサポートしてくれるので安心です。条件などの交渉、面接日程もキャリアアドバイザーが行ってくれますのでとても助かります。

こうしたサイトを活用すれば、インターネットでアミューズメント・エンタメ関連の業界の求人を見つけることは難しくないでしょう。自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーの支援を受けることもできるようになっています。こうしたサイトを活用しつつ、検討してみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事