【オフィス用品関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【オフィス用品関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

オフィス用品関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、オフィス用品関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。オフィス用品関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

オフィス用品関連の業界について知ろう

School office supplies on a desk

私たちが毎日オフィスで使用するグッズや事務用品にはさまざまなものがあります。シャープペンやボールペン、消しゴムや鉛筆、ハサミやクリップ、ノートなど、個人で使用する文房具類もあれば、デスクや椅子といった家具用品も含まれるでしょう。

オフィス用品・文房具業界

オフィスで使用するたくさんの用品を作り出し、生産・販売に携わっています。

時代の変化と共に、仕事の在り方や消費者のニーズも多様化してきているため、オフィス用品を取り扱うメーカー業界も次々と新しい商品を提案したり、生み出していくことが求められています。

ではオフィス用品関連の業界で働く人たちは実際にどんな仕事に携わっているのでしょうか。ここでは、オフィス用品メーカー関連の仕事内容や特徴、平均年収、さらには主な企業についてご紹介していきたいと思います。

オフィス用品関連企業の仕事内容や特徴について

文房具に関わる仕事は、おもに「企画」「生産」「営業」の3種類に分けることができます。それぞれの部署が自分たちの役割を担い、協力し合って文房具の販売まで導いています。では、それぞれどのような仕事をしているのか、業務内容を見ていきましょう。

企画する

Hispanic businessman holding papers hands and smiling.Young team of coworkers making great business discussion in modern coworking office.Teamwork people concept.Horizontal, blurred background, flares

「企画」という名の通り、この部門で働く人たちが行なう主な仕事は「新しい商品を企画・開発し、立案を行なう」ことです。

オフィスで使用するグッズ類はただ使えればそれで良いというわけではありません。使いやすいもの、なじみやすいもの、消費者の目に留まる商品でなければ売れないのです。つまり、売れなければ商品としても意味が無くなってしまう、ともいえます。

それで企画を担当する人は市場をよく調査して、いまオフィスで働く人たちが求めるものは何か、その「ニーズ」を汲み取って、新たな製品の制作に生かしていくことが求められます。

今まで市場に出ている製品のバージョンアップを考えたり、リニューアルするなど、企画のし直しをすることも仕事内容に含まれます。自社企業の売上げを上げるために非常に大切な責任を担っている部門である、と言えるでしょう。

生産する

企画部門で立案された製品を実際にカタチにして、生産していくのがおもな仕事内容となってきます。

新しい商品を作るのに必要な材料の仕入れを行なったり、低コストでありながらも安全性の高い高品質の商品に仕上げるための工夫を考えるなど、幅広い業務を担っています。

特に材料の仕入れは、なるべく生産コストを抑えられるようにしないと利益につながらないため、専門業者との価格の交渉が重要となります。

他にも、在庫の管理や、設計や配線、保守といった工場設備に関わる仕事を担ったり、スケジュールをきちんと組んで量産体制を整えることも、生産部門の大切な役目となります。

営業する

Image of two young businessmen using touchpad at meeting

どんなに良い商品を作り出しても、それを実際にたくさんのオフィスで使ってもらえなければ企業の利益にはつながりません。より多くの企業に商品を購入してもらい、自社製品をよりたくさんのオフィスで使ってもらえるよう交渉する必要があります。

営業部門では、これまでにつながりがあるクライアントに加えて、新規のクライアントを探したり開拓する仕事を行なっています。

法人企業を相手に営業をかけたり、さらにはオフィス内の空間をより快適なものとするための提案やアドバイスをすることも、営業の大切な役割となります。

オフィス用品業界の平均年収はどれくらい?

business man writing question about 2014 on graph

オフィス用品メーカーで働く人の平均年収はどれくらいでしょうか。大手の企業か、中小企業に勤めるかによっても違いはありますし、年齢やキャリアによっても差は出てくるものの、業界全体で見るとおよそ「500万円~600万円」が平均のようです。

安定した収入を見込める業界

この平均は他業界と比較しても特別高くも低くもない数字です。

オフィス用品業界の中でも大手の企業にもなると、700万円~800万円前後をもらえる企業もあります。しかし規模の小さな企業だと、400万円台かそれ以下の年収のところもあるようなので、自分の求める条件や待遇に見合った企業を探すようにしましょう。

オフィス用品業界のおもな企業

オフィス用品関連の業界の中でも特によく知られている、大手の企業を平均年収の高い順番にランキング形式でご紹介していきたいと思います。転職や就職を考える際の参考になさってみて下さい☆

第1位:アスクル株式会社(平均年収→769万円)

第2位:三菱鉛筆株式会社(737万円)

第3位:マックス株式会社(721万円)

第4位:コクヨ株式会社(708万円)

第5位:セメダイン株式会社(696万円)

第6位:岡村製作所(679万円)

第7位:内田洋行(652万円)

第8位:株式会社パイロットコーポレーション(634万円)

第9位:株式会社キングジム(615万円)

第10位:株式会社イトーキ(612万円)

オフィス用品関連業界の求人探しに役立つサービス

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

Businessman pressing button on touch screen interface and select service. busines concept.

オフィス用品関連の業界に興味を持ち転職を考えた時に、どのように効率的に求人を探していくと良いでしょうか。

オフィス用品関連企業といっても、企業によって仕事内容や働き方が違いますし、給与や待遇も含め、どこでも同じような条件で働けるというわけではありません。

企業の規模によっても違いますし、自分がそれに見合ったスキルや能力を持っているかによってもどこが合っているかは変わってきます。

それで自分の求める条件や希望に見合っているか、資格やキャリアを本当に活かせる企業かどうかをよく見きわめることは大切です。

ではたくさんある求人の中から、比較検討する場合にはどうしたら良いでしょうか。

そんな時に役立つのは、「転職サイト」と「転職エージェント」という二つのどちらか、あるいは両方の転職支援サービスを使って求人を探す方法です。

転職サイトを使った方が良いタイプ

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の総合転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一定の職業に特化している転職サイトもあります。働きたい職種内容が決まっているのであれば、特定の職に特化しているサイトを利用したほうが転職への近道になります。

もし自分のやりたい仕事の業種や職種がはっきりしている場合や、早く就職先を決めたい、転職のやり方はよく分かっているから大丈夫といった方は、転職サイトの利用だけで十分かもしれません。

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人

転職エージェントが合っているタイプ

一方で「転職エージェント」は、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくことになります。

何らかの専門的なスキルや資格をすでに持っていれば、それを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

自分の資格や経験を必要としてくれる会社を独自で見つけるのはなかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職サイトとエージェント両方を一緒に展開している会社も多いので、自分に合ったほうを活用しましょう。

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

転職サイトを有効活用するために

気になる求人にはどんどんアプローチしよう

Idea for successful progress and promotion

たとえ未経験の業種や職種でも、あるいは特に資格を持っていないとしても、自分で気になる求人があるなら積極的にアプローチしてみてください。

求人情報は気軽に検索できますし、会員登録も手軽にできるようになっています。サイト上に職務経歴や、自己PR、志望動機などを登録することで、複数の気になる求人にすぐにアプローチできます。

ウェブから転職ノウハウに役立つ情報を得よう

people use notebook and holding credit card for shopping online on office desk with serching browser for backgroud

転職エージェントのように、キャリアコンサルタントと直接対面してアドバイスをもらうことはできませんが、履歴書の添削や面接対策に役立つノウハウを、ウエブサイトから知ることができます。

ノウハウを知ったうえで、自分で就職対策ができますし、書類選考の通過率アップにもつながるので、積極的に活用してみてください。

転職エージェントの賢い選び方

Male real estate agent with clipboard on grey background

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、

・求人量と質 ・アドバイザーの評価 ・サポート体制の口コミ

は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、オフィス用品関連の業界に特化しているエージェントや、ハイクラス案件だけを取り扱うエージェントに登録することで、自分のキャリアや条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できるので、より転職への近道となるに違いありません。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

まとめ

企業によって働き方や求める人材はそれぞれ違います。自分の今持っているスキルや能力、キャリアに応じて、最大限に活かせる企業を上手に選んでいくようにしましょう。

・資格や技術を持っているのだけれど、自分の適性やスキルに合っているか決めかねている ・どこの会社が良いか判断に迷う ・キャリアアップできる企業を見つけたい

上記のような方は、自分だけで決めるのではなく、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事