カメラマンってどんな仕事?特徴と求人の探し方を解説!

カメラマンってどんな仕事?特徴と求人の探し方を解説!

カメラマンとは、インターネットや、広告、雑誌、報道、芸能など様々な印刷物や展示などのため、それぞれの仕事の内容によって写真を撮影をする仕事です。カメラマンは撮影する時に被写体をどのように撮るかだけを考えるのではなく、どのように見せるのかを考えて撮影します。カメラマンとして撮影する仕事をすることによって世界を広げ、自分自身を高めることが可能な職業と言えるでしょう。そんなカメラマン関連の職業の特徴をいくつか挙げてみましょう。さらに求人はどうやって探せばいいのかも調べてましょう。

カメラマン関連の仕事の種類や特徴について教えてください。

Modern photo studio with professional equipment

カメラマンとは、インターネットや、広告、雑誌、報道、芸能など様々な印刷物や展示などのため、それぞれの仕事の内容によって写真を撮影をする仕事です。カメラマンは撮影する時に被写体をどのように撮るかだけを考えるのではなく、どのように見せるのかを考えて撮影します。

カメラマンとして撮影する仕事をすることによって世界を広げ、自分自身を高めることが可能な職業と言えるでしょう。

しかし、カメラマンになることは簡単ではありません。基本的な事としてカメラマンはカメラの機材の使用方法を覚えなければなりません。さらに、撮影時の光の当て方、被写体を良く見せるための構図などの知識を学ばなければなりません。カメラマンになるためにはアシスタントとして下積みをするだけでなく、カメラマンとしてのノウハウを勉強しなければなりません。また、カメラマンとしてのセンスも求められます。

さらに、ただやみくもに撮影するというわけではなく、カメラマンは写真の使用される目的を考え、それに合った写真を撮るようにします。カメラマンは、その時のもっとも良い瞬間を写真や、映像で撮ることが求められることでしょう。カメラマンの技術を向上させるためには、まずアシスタントとなって自分で学ぶ努力をしなければなりません。カメラの基本的なことを上司のカメラマンに教えてもらったとしても、自分なりに貪欲に学ぶ努力が求められることでしょう。

アシスタントの頃は、色々な状況で撮影するという貴重な経験をします。モデルやタレントのコンディションが悪い時の撮影や、機材などの問題などの撮影のトラブルです。そんなトラブルに直面する時、カメラマンはその場で問題に対処する必要性が生じます。トラブルの数々を乗り越えて場数を踏むことにより、カメラマンは柔軟性や判断力が身についていくことになるでしょう。

アシスタントからカメラマンとして仕事をする上で必要なものは何でしょうか?カメラマンとしてお金をもらって仕事をするわけですから、最低限の機材を揃える必要があります。ストロボや三脚、デジタル一眼レフ、単焦点レンズ、ズームレンズなどです。機材を揃えるために最初はかなりの金額がかかりますが、雇う側としては機材が揃っているカメラマンにお願いしたいものです。ですから、きちんと機材を揃えるようにしたほうが良いと考えられます。

カメラの性能や機材はどんどん進歩していますから、新しい機材の勉強をする必要もあります。また、モデルやタレントの撮影の場合、積極的に笑顔で撮影の仕事をするならば、周りの雰囲気が明るくなり、被写体も気持ちよくこちらの要望に沿って取り組んで仕事をしてもらえるものですから、いつでも積極的な姿勢は大切です。

仕事場によっては、写真の加工をする仕事もして欲しい、と頼まれることもあります。ですから、写真の画像をパソコンに取り込み、ソフトを使って写真を加工する技術も身に付ける必要もあることでしょう。

カメラマンになるために例えば、プロのカメラマンのアシスタントになり、技術を学ぶ人もいれば、カメラマンの養成学校で学ぶ人もいます。さらに、写真のコンクールに自分の作品を応募する人もいます。カメラマンとして仕事を依頼されるためには、日ごろから自分の作品をいつも持ち歩くようにしましょう。クライアントは、その人が撮影した写真などを見てから仕事を依頼するか決めるからです。インターネットで自分の作品を公開しておくならば、クライアントの目に留まり、仕事の依頼が来ることもあります。

ですから、自分の作品をネットで公開するようにしましょう。働き口も色々ありますが、カメラマンとして実力を認められれば、フリーランスで働くことも可能でしょう。フリーランスのカメラマンになったとしたならば、仕事をとるために営業活動をしたり、スケジュール調整、価格表を作成し、請求書を作らなければなりません。また、確定申告も自分でやる必要があることでしょう。カメラマンとひとまとめに言っても、カメラマンが活躍する専門分野がそれぞれ異なってきます。

さらに、カメラマンの仕事場所も様々です。例えば、新聞社や出版社、広告代理店など勤務するカメラマンがいます。さらに、フリーランスで働いているカメラマンがいますが、フリーランスのカメラマンはホームページを作成し、カメラマンとしての仕事の実績を記載したり、撮影した写真を掲載している場合が多く見られます。ホームページに問い合わせを作などしてクライアントからの連絡を待つことがあります。クライアントとの条件が合うならば、すぐ仕事に直結する良い方法です。

カメラマンの仕事は様々な専門家が集まり作り上げていく創造力が求められます。カメラマンの仕事は華やかな業界のように感じますが、勤務時間が流動的になりますし、撮影だけでなく、編集もするなど、地味な作業もたくさんしなければなりません。写真や動画を撮ることが好きという気持ちを忘れずに、日々努力する人がカメラマンとして成功するようです。

そして、カメラマンの仕事は、成果となるものがすべて形となるため、やりがいがあります。また、様々な人に出会ったりするなど自分自身を磨くこともできるので、魅力的な仕事となっています。では、カメラマンの種類を見てみましょう。

「報道カメラマン」

Covering an event with a video camera

報道カメラマンとは、テレビ放送の番組を撮影する仕事です。報道カメラマンは、雑誌社や新聞社に所属しているケースもあります。ドキュメンタリー番組やドラマの長期撮影の仕事もありますし、ニュース番組に使用される事故現場に出向いて撮影する仕事もあります。

報道カメラマンは、報道する内容をスピーディーに鮮明な撮影や写真を撮ることが必要です。

報道カメラマンが撮影する映像によって視聴者に伝わるメッセージが異なってくるので、自分の仕事にやりがいを感じることが出来るでしょう。報道カメラマンは、雑誌社や新聞社に所属しているケースもあります。

「雑誌・広告カメラマン」

Photographer working with model in studio

雑誌カメラマンは、ファッション雑誌などに掲載する広告用の写真を撮影する仕事です。モデルなどの人物を中心に撮影するカメラマンや、車や洋服などの商品(物撮り)を中心に撮影するカメラマンがいます。商業カメラマンと呼ばれることもあります。

モデルやタレントの撮影の場合、人物を撮影しますが、撮影対象になっているものをどのようにしたら魅力的に魅せられるかが大切です。

雑誌や広告のカメラマンは、スタジオの中で編集者と確認しながら撮影することが求められます。他にも、CDジャケットを撮影することもあります。デザイナーが考えた絵をベースに打ち合わせをしつつ、撮影をすることでしょう。

「スポーツカメラマン」

野球やサッカーなどの試合に参加しているスポーツ選手を写真で撮影する仕事です。スポーツ選手の動きは早いので、瞬間を見逃さずに撮影する能力が求められます。

「戦場カメラマン」

戦場カメラマンは、戦場においてカメラやビデオカメラで撮影する仕事です。この仕事は死と隣り合わせなので、仕事中に命を落とす可能性もあります。自分の身に起こるリスクを少なくし、目の前の出来事を客観的に伝えられる能力が求められます。

「動物・風景カメラマン」

動物や風景を撮るカメラマンは、基本的に外を歩き回り撮影します。自然を感じながら自分の撮影センスを磨くことができます。動物はたいてい動いていますので、角度やタイミングを考えて見逃さない努力が求められます。

「ブライダルカメラマン」

a wedding photographer takes pictures of the bride and groom in nature, the photographer in action

ブライダルカメラマンは、結婚式専門のカメラマンのことです。一生に一度の大事な一日を写真に収めるので、責任のある仕事になることでしょう。ブライダルカメラマンは、カメラマンとしての経験と技術が必要です。

結婚式の流れを良く知り、特別な場面をきちんと把握していなければなりません。近年では、デジタルカメラ撮影が増えてきたため、カメラマンは撮影だけにとどまらず、パソコンを使用し修正作業もすることがあります。

カメラマン関連の仕事に就くために特別な資格や学歴が必要ですか。

Professional photographer. Portrait of confident young man in shirt holding hand on camera on tripod while standing against grey background

カメラマンになるために必要な特別な資格や学歴はないのでカメラマンを目指すための道は1つではありません。その点は安心できます。しかしながら、高度な専門技術は必要です。仕事として求められている写真の被写体が何か、動物なのか人物なのか、建物なのかなどによって撮り方も異なってくるからです。

カメラマンを目指すための一つの方法として、学校に通うという方法もあります。専門学校、美術系や芸術系の短期大学や大学で写真について学べるコースをとって、必要な技術や知識を身につけるわけです。学校には、写真を専門とする学科や写真コースなどが存在しています。それらの学校では、プロのカメラマンとして活動している人から撮影技術をじかに学べることができます。

さらに、撮影理論や芸術論などの知識を学校で学ぶことができます。さらに、学校の先生の人脈で写真関連の仕事を紹介してもらえる可能性もあることでしょう。しかし、こうした学校を卒業したからといって、カメラマンとしての道が保証されているわけではありません。

カメラマンという職についてお金を稼ぐようになるために、卒業後も努力を続けて行く必要があります。中には活躍しているフリーランスのカメラマンのアシスタントとなり、プロの道を目指す人もいるようです。その機会に人脈を広げ、独立に向けての力を養うというわけです。アシスタントですから仕事はきつい部分もあるかもしれません。でも、活躍しているカメラマンの仕事を直に見ることができるのは貴重な経験となります。

採用試験に合格して、新聞社やフォトスタジオ、出版社などの専属カメラマンとして仕事をする道もあります。ただ最近の傾向として、新聞社や出版社が専属カメラマンを持たずに、フリーランスとして活動しているカメラマンと契約して撮影を依頼するということも多いようです。

フリーランスのカメラマンになるために、レンタルスタジオで仕事をするという方法もあります。当初から自分で撮影をするというわけにはゆきませんが、スタジオに訪れるプロのカメラマンの撮影技術を間近で見て学んだりする機会にはなります。カメラマンとの人脈を築き、上手くゆけばカメラマンの目にかない、そのカメラマンのアシスタントになれる可能性もあります。

カメラマンを目指すための道は1つではありません。大学や短大、専門学校に行かなくとも、独学で学び、カメラマンの道を目指す方もいます。独学の場合、動画や教本などで写真の技術を身に付ける必要があります。さらに、マーケティングの手法についても勉強すると良いでしょう。独学で学んだ後、写真展などで賞を受賞して、そこからカメラマンの道が開けて行く可能性もあります。

カメラマンを目指し、フリーランスになったならば自由に仕事を選んで働くことができます。写真や映像など良い作品を作り上げ、それが用いられるならば、やりがいを感じることでしょう。しかし、仕事をまず獲得しなければなりません。まず、クライアントからの求人を探します。クライアントの求人に応募し、打ち合わせをした後、クライアントの希望に沿った写真や動画を撮影します。それを納期までに納品することによって収入を得ることができます。

やりたい仕事を見つけて、仕事をもらえるようにキャリアを積む必要があるでしょう。フリーランスカメラマンは、このように仕事を請け負うことでカメラマンとして働くことができます。フリーランスでも一人では難しいケースもあります。その場合は、スタッフを集めることにより事務所を作り、仕事をすることもできることでしょう。

カメラマンの求人や求人情報を見てみよう

Job Search, Business Concept

カメラマンの求人情報をどのように見つけることができるのでしょうか?カメラマンの求人は、求人情報誌または、求人情報サイトなどで探すことができます。

さらに、事務所などのホームページに「カメラマン募集」の求人掲載をしているところもありますので、日々カメラマンの募集がないかインターネットで調査することができるでしょう。もし、自分が働いてみたい事務所があるならば、電話などで直接聞くこともできます。

カメラマンとしてのあまり経験がない人や経験がなくフリーランスのカメラマンになった人は、クラウドワークスやLancersといったクラウドソーシングで求人情報を探すことも可能です。報酬金額はそれぞれ違ってきますが、自分の都合が合う求人募集には積極的に申し込むようにしましょう。

そうするならば、現場の撮影経験を体験してキャリアアップすることができます。また、フリーランスのカメラマンは、日々営業活動をすることにより、急ぎでカメラマンが必要になった時に依頼がくることがあります。その依頼を通じて次回の仕事に繋がることもあるでしょう。カメラマンの求人の多くは契約社員の募集です。写真スタジオといった全国展開している企業においては、新人教育がきちんとしており、未経験者でも求人応募できるケースがあります。

カメラマンとしての実務経験が必要なケースは、広告代理店や広告制作会社などです。すぐ即戦力として働く人材が欲しいからです。中小企業は正社員としてではなく、フリーランスのカメラマンに外注する傾向があります。しかし、報道や出版業界の大手であれば、写真を学んだ学生を新卒で採用し、育成してくれる企業もたくさんあることでしょう。

カメラマンの収入はどれくらい?

Women hand hold a money bag with clipping path and copy space on white background, a loan or saving money for future investment concept.

カメラマンの収入はどれくらいなのでしょうか?カメラマンの収入は働き方や勤務先によってかなり変わってきます。フォトスタジオや出版社や新聞社の正社員で働く場合は、社内規定に沿って給料をもらうことができます。

アシスタントとして働く場合は、1か月の給料が10万円台という場合が多く、経験を積み修行していると考えて仕事をすると良いでしょう。

フリーランスのカメラマンの年収は、100万円~数千万円まで様々です。収入を増やすには、専門性を高めて知名度を上げていく必要があります。近年、スマホやタブレットのカメラの精度が上がってきています。そのため、カメラマンの撮影単価が低くなる傾向がありますが、ぜひあなたに頼みたいと思われるような技術を磨いたり、専門分野を作るならば、カメラマンとして仕事を継続して頼まれるようになることでしょう。

まとめ

Professional photographer concentrate and continue his passion for photography.
(Vintage Style)

カメラマンの仕事は、年齢に左右されることがないので、元気であればいつまでも仕事をすることが可能な仕事です。カメラマンの仕事は、カメラを使って自分を表現することができる、とても魅力的な職業です。広告や雑誌に自分が撮影した写真が掲載されるならば、やりがいを感じるものです。

そんなやりがいを感じることができるカメラマンの仕事に就くことを考えてみるのはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事