キャリアのことや転職すべきかで悩む。解決策をまとめました!

キャリアのことや転職すべきかで悩む。解決策をまとめました!

誰もが一度は現在の職場やキャリアに不満や不安を抱え、転職したいと悩むものです。しかし、いざ転職活動をしよう!となると、何から始めればよいか分からずにモヤモヤした気持ちと葛藤している方も少なくありません。

目次

誰もが転職やキャリアに関しては悩むもの

転職の悩み

誰もが一度は現在の職場やキャリアに不満や不安を抱え、転職したいと悩むものです。しかし、いざ転職活動をしよう!となると、何から始めればよいか分からずにモヤモヤした気持ちと葛藤している方も少なくありません。実際、転職は人生の転機ともなるので、簡単に即決できるものではありません。そのため、何の行動もとれずに月日だけが経過し、悩みが解決されないで過ごしている方もいます。では、多くの方は転職やキャリアに関してどのような悩みを抱えているのでしょうか?その悩みを解決することができる方法はあるのでしょうか?ではまず多くの方が抱えている悩みからみてみましょう。

多くの方が抱えている転職やキャリアの悩みとは?

その1:年収に関する悩み

年収の悩みを抱えている方は多くいます。それには入社してから一度も給与や年収が上がっていない、どんなに成果を出しても給与に反映されないなどさまざまな給与や年収の悩みを抱え、転職を考え始めるようです。

その2:仕事内容・やりがいに関する悩み

自分が本当に就きたい仕事ではなかったため、憧れていた職種や業界に転職したい、と考えている方も少なくありません。それには、今の仕事が自分に合っていないということも関係しています。

その3:会社の将来性に関する悩み

社内で”会社の経営状態が危ない””倒産するらしい”という噂を聞き、転職活動を始める方もいます。また、会社自体に何の将来性も感じることができずに不安を抱え悩んでいる方もいます。

その4:人間関係の悩み

上司や先輩、同僚などどの人間関係がぎこちなくなると転職を考える方は多くいます。

その5:転職のタイミングに関する悩み

どの時期に転職をしたらよいのか悩んでいる方も少なくありません。20代で悩んでいる多くの方は、若いうちから転職をして大丈夫なのだろうか・・と悩んでいるようです。30代になると、転職に適した時期があるのだろうか、今転職すべき時期なのだろうかと悩んでいる方が少なくありません。

その6:転職活動の方法や転職先に関する悩み

何からどのように始めたらよいのか分からず悩んでいるだけで、行動を起こせない方もいます。

ではこれら6つの悩みをどのように解決することができるでしょうか?ひとつづつ解決方法をみてみましょう。

多くの方が抱えている転職やキャリアの悩みの解決方法とは?

その1:年収に関する悩みの解決策

年収が少なくて悩んでいるということは、年収アップを望んでいるということでしょう。そのために、まず自分がどの程度の年収なのかしっかり把握することはとても大切です。年収には、口座に振り込まれる金額だけではなく、天引きされている税金や住宅手当などをすべて含んだ金額のことです。口座に振り込まれている金額が少なくても、福利厚生が充実しているかもしれません。ですから、まずは額面金額をしっかり把握することができます。それでも満足することができない収入なら、転職を考えることができるでしょう。その際には手取り金額の条件が良くでも、差し引かれる税金が考慮されていない場合もあるので注意が必要です。現職よりも年収が高い企業転職を希望するなら、年収はもちろん、給与規定や評価水準、福利厚生などもしっかり確認することが大切です。

その2:仕事内容・やりがいに関する悩みの解決策

仕事に内容ややりがいに関しての悩みを抱えているなら、今の仕事で感じることができている仕事の楽しさや達成感を具体的に思い出してみてみましょう。それを参考にするなら、自分が本当に今の仕事内容に満足しているかどうか、どのような仕事が向いているのかを客観的に知ることができます。そうすることで、転職先の業種や業界をより具体的に考えることができ、転職を成功させることができるでしょう。

その3:会社の将来性に関する悩みの解決策

会社の将来性に関する悩みは、主に30代の方が抱える傾向があります。この悩みを解決するために、もう一度会社の実績や財務状況などを確認してみることができるかもしれません。もし現場で働いており不安を感じているようなら、そこの1部だけがそのような状況である可能性もあります。なので、自分が勤務している会社の現在の状況をしっかり調べて把握することができるでしょう。その結果次第で、転職をする必要があるかどうかを判断することができます。

その4:人間関係の悩みの解決策

人間関係に関するトラブルの悩みは、残念ながらどこの職場でも起こるものです。どうしても現状にいることが辛いなら退職することができるでしょう。しかし、転職先での新たな人間関係でトラブルがないという保証はありません。転職することを決め、転職先が決まりそこの人間関係について知りたいなら、すでにその職場で働いている知り合いがいるなら様子を聞いてみることができるかもしれません。もしそれが難しいようなら、面接の際に会社の雰囲気について聞いてみることもできるでしょう。また、インターネット上で口コミの評判を見るのも一つの方法です。その際には、信ぴょう性が高いサイトを利用するようにしましょう。

その5:転職のタイミングに関する悩みの解決策

この悩みは年齢によってベストなタイミング時期が異なっています。20代で転職を希望している場合、企業側は求職者にキャリアは求めていません。20代で重視されていることは、最低限のビジネスマナーと業務を遂行していくうえでの能力です。なので、まずはしっかり自己分析をしましょう。そして、今の自分にできることと、将来どのように活躍することができるのか明確な目的を持ち転職に臨むなら、いつでも転職することができるでしょう。つまり、20代だからといって、転職が早すぎるということはありません。むしろ、その若さを高く評価してくれる企業も多いことでしょう。では、30代の転職のタイミングはいつでしょうか?30代以上の方が転職を希望する場合は、特に明確なベストタイミングはありません。しかし、企業側は求職者に対して、今までの経験や実績、スキル、管理職経験などを重視してきます。ですから、30代以上の方で転職時期に悩んでいる方は、今現在の自分のキャリア状況などをよく判断しながら、ベストタイミングを考えることができるでしょう。

その6:転職活動の方法や転職先に関する悩みの解決策

転職活動の方法を知ることもとても大切なことですが、まず自分が転職に関して優先したいことは何なのか、と自己分析をすることで、転職時期や活動に関して具体化することが容易となります。その逆で、転職の理由や目的が明確に定まっていないなら、転職活動がダラダラと長引き、転職が失敗してしまう可能性が高くなります。なので、まずはしっかり自己分析をしたうえで、進みたい方向性を決定し、転職活動を進めていきましょう。

女性が抱えるキャリアの悩み

ケース1:長く働けるかどうか不安

女性の場合、男性と違い、長く働きたいと思っていても結婚や出産を機に、職場を離れることがあります。働く女性をサポートする環境が制度として整っている企業もあれば、残念ながらサポート制度がない企業もあるのが現実です。そのような現状のため、福利厚生制度を目当てに転職先を選び女性も少なくありません。そのため、向いていない職種や業界に勤務しているため、転職を考え始める人もいます。実際のとこと、企業側からしてみると、福利厚生制度だけを目当てで入社されても困るようです。なので、具体的な結婚の予定や出産の予定がないなら、福利厚生制度だけにとらわれず、自分が仕事で何を目指したいのかよく考えてから転職先を選ぶことができるでしょう。

ケース2:キャリアプランは意味がないのでは?

また、女性の中には、キャリアプランを考えても結婚や出産で状況が変わるのだから意味がないのでは?と考える方もいます。確かに、結婚や出産で状況が大きく変わり、中にはそれを機に社会から離れる場合もあるかもしれません。しかし、転職する際に、しっかりとしたキャリアプランがあり、それを達成するために努力しているかどうか、ビジネスパーソンとして活躍できる人材かどうかという点を企業側は知りたいと思っています。なので、結婚や出産でキャリアが中断され、一時的に優先順位が変わったとしても、しっかりとしたキャリアプランを持っていることには意味があります。

ケース3:管理職へのキャリアアップに自信がない

女性の場合、管理職への昇格に不安を抱える方は少なくありません。女性なら将来的には結婚をし、子育てもしたいと考えていることでしょう。もしまだ結婚や出産の予定が具体的にないなら、管理職を経験する価値はあります。特に、子育て前、つまり、産休を取る前に管理職を経験しておくなら、キャリアの幅を広げることができ、復帰した時にもそのキャリアを活かすことができるでしょう。

ケース4:子育てをしながらのキャリアアップは無理?

子育てをしながらキャリアアップすることは可能です。実際、多くの女性が子育てをしながらキャリアを積んでいます。家族に協力してもらったり、働く女性をサポートしてくれる保育園、ベビーシッター、家事代行などを利用することもできるでしょう。しかし、それでも難しいなら、すでに多くの女性が働いている実績のある企業への転職を考えることができるでしょう。その際には、自分がどのようなキャリアの方向性で進みたいのかよく考え、転職先を探すことができます。

ケース5:結婚や出産があると転職は不利になる?

結婚や出産の予定があると転職活動で不利になると一般的に言われています。なぜなら、入社してすぐに辞めてしまったり、長期休暇になってしまう可能性があるからです。なので、面接の際には、企業側に安心感を与えるような伝え方をするなら不利になるということはないでしょう。たとえば、結婚や出産後でもどのような働きをすることができるか、残業がどの程度できるか、家族のサポートがどの程度あるかなどを具体的に伝えることができるでしょう。

転職先を選ぶ上で参考にしたい基準

転職先を決定する際には、さまざまな検討要素があることでしょう。それは価値観の違いから、人それぞれ異なっているはずです。たとえば、このような職種・業界で働きたい、こんな仕事がしたい、給与はこれくらいほしい、勤務時間は定時で帰りたいなどのさまざまな要素や条件があることでしょう。もちろん、これらも転職先を決定する上で大事な要素です。しかし、これらを基本と考えながら、自分は仕事で何をしている時に喜びを感じたか、何をしている時が楽しかったのか、という点を考え、それを仕事選びの基準とすることができます。たとえば、現在は事務職に就いているけど、学生時代にしていた接客業が楽しかったと感じているなら、接客業などの営業職が向いているかもしれません。また、サークルで楽しいイベントを企画するのが楽しかったと感じているなら、イベント会社や企業のマーケティングセクションが向いているかもしれません。このように仕事からくる満足や喜びは、労働時間が気にならないほど集中することができる楽しいものです。ですから、転職先を選ぶ際には、今までの自分を分析し、自分が何から喜びや満足を得ることができるのか考えてみるようにしましょう。

転職活動を始める前に自己分析をしよう!

転職やキャリアに関する悩みを抱えている方や、すでに転職をすると決めている方でも、まず自己分析をしてみましょう。自己分析をするなら、今の自分を客観的に分析することができ、転職の時期や方向性などを具体化させることができます。それにより、抱えていた悩みも解決することができるでしょう。では、転職を成功させるために、どんな点を自己分析することができるかみてみましょう。

転職を成功に導く自己分析とは?

自己分析、つまり、自分を知ることは転職を成功へと導くために欠かすことができません。しかし、多くの方が、自分のことは自分が一番分かっている、と思われることでしょう。では、どの程度自分のことを客観的に分析することができているでしょうか?転職活動のための自己分析は4つの段階で分析を進めていくことができます。

段階1、今までの経験を振り返る。

まず初めに、自分の経験などのキャリアを振り返ることができます。これができるなら、次の段階の分析もスムーズに行うことができるでしょう。

段階2、何がしたいのか分析する。

転職を成功させるために、自分は何をしたいのか、何のために転職をするのか、を考えましょう。それには仕事の分野だけでなく、家族との関係や自分の時間の使い方など何を優先したいのか、という点も含まれます。

段階3、何ができるのか分析する。

次に、自分は何が出来るのか、得意な分野は何なのかを考えてみましょう。

段階4、何は求められているのか分析する。

転職したい企業では何を求めているのか、分析してみましょう。

自己分析が出来たら行動しよう!

ここまで転職やキャリアに関して悩んでいるなら、まず自己分析をする大切さについてみてきました。では、次に何をすることができるでしょうか?転職サイトや転職エージェントに登録をするなどして、実際に行動してみることができます。転職活動を始めたとしても、必ず転職をする必要があるというわけではありません。転職活動中に、自分のキャリアや、現在勤めている会社の良さを改めて知ることができ、今の仕事を続けよう!という気持ちへ変わる場合もあります。中には自己分析をしっかりしても、悩みが解決されない方もいるかもしれません。そのような方は、自分が希望する職種や業界ですでに活躍している人に話を聞いてみることができるでしょう。

W転職エージェントを利用しよう!

転職エージェントは無料で利用することができます。そして、担当者がつきますので、何でも気軽に転職やキャリアに関する悩みを相談してみることができるでしょう。しかし、転職エージェントは、利用者が内定・転職をすることで企業側から多額の報酬を受け取ることができるため、言葉巧みな営業トークで転職へと誘導してくるので、気を付ける必要があります。もちろん、親身になって相談にのってくれますが、自分が転職の方向性がしっかり定まっていないなら、そのまま誘導されてしまう可能性があるので注意が必要です。

#まとめ 転職やキャリアに関する悩みは、抱えているだけでは解決することはできません。悩みを解決させるためにも、まずは自己分析をしっかりしましょう。そして、行動へと移すことで悩みを解決へと導くことができます。転職やキャリアに関する悩みを抱えている方は、転職活動を始めてみませんか?早ければ早いほど転職を成功させる確率を高めることができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事