【グラフィックデザイナーの仕事】求人の探し方や給料・資格も解説!

【グラフィックデザイナーの仕事】求人の探し方や給料・資格も解説!

グラフィックデザイナーは、雑誌や新聞、広告などのチラシやポスター、また商品のパッケージなどのデザインを手がける人のことを言います。グラフィックデザイナーは、デザイン能力だけでなく、発想力や想像力、忍耐力や根気強さ、さらにはコミュニケーション能力など、さまざまなスキルや能力が求められる職業といえるでしょう。この記事ではグラフィックデザイナーの仕事の内容をさらに掘り下げ、特徴と就職方法を紹介していきます。

グラフィックデザイナーとは

Artist Creative Designer Illustrator Graphic Skill Concept

グラフィックデザイナーは、雑誌や新聞、広告などのチラシやポスター、また商品のパッケージなどのデザインを手がける人のことを言います。

クライアントが求めるコンセプトに沿って、写真やイラストなどデザインのヒントとなる素材を集め、デザインを考えます。さらに、集めた素材を元にしてカラーや文字などの加工を加えていき、レイアウトや編集を行なっていきます。

仕事の内容にもよりますが、カメラマンやコピーライター、ディレクター、プロデューサーなどとチームを組みながら一つの作品を作り上げていくことが多いです。

グラフィックデザイナーになるためには

Designer drawing a light bulb, concept for brainstorming and inspiration

グラフィックデザイナーは、特に資格や学歴が求められる職業ではありません。しかしデザインの基礎的な知識や、グラフィックを作成する上でのソフトの使い方などを知っておくと、就職に有利になっていきます。

それで、グラフィックデザイナーを目指していきたいと考えているのであれば、デザイン学科がある専門学校や、芸術系の短大や大学に入って必要な知識を学んでおくと良いでしょう。

また就職活動において採用に有利になるために、スキルを証明する検定や資格を取っておくことも役立ちます。いくつか挙げてみると、

・フォトショップクリエイター能力認定試験 ・イラストレータークリエイター能力認定試験 ・アドビ認定エキスパート ・DTP検定 ・DTPエキスパート認証試験 ・色彩検定

などがあります。グラフィックデザイナーとして働くために必要な資格というわけではありませんが、その人のスキルを判断する目安や材料となりますし、自分の力試しにもなりますから、取っておいてまず損はしない検定や試験であると言えるでしょう。

グラフィックデザイナーに求められることとは

きっとこの仕事を目指す人は、もともとデザインに興味があるとか、デザインを考えることが好きだったり得意だという方が多いと思います。

しかしデザインを趣味や特技としてではなく、仕事にして食べていくためには、ただ単にデザイン能力やセンスが良いというだけではこの業界を生き残っていくのは難しいでしょう。

クライアントが求めているものを引き出したり、そのニーズに合わせたデザインを考える必要がありますし、どんどん新しいデザインを考案していく必要もあります。

いつも同じワンパターンのデザインだけだと見る人を飽きさせてしまいますから、時代の流れやトレンドに敏感であることや、それに合わせて新しいデザインを考えられる柔軟性もこの仕事には求められていくことでしょう。

またグローバル化により、広告の媒体も紙面だけでなく、インターネットやモバイル機器、電子版書籍などと広がってきています。

時代に合わせて、そうした新しい媒体でのデザインを手がけるための知識や技術も習得していくことも、この世界でずっと働いていくためには必要なことと言えます。

グラフィックデザイナーはこんな人に向いている

Graphic Designer working with interactive pen display, digital Drawing tablet and Pen on a computer. Smooth tracking shot with nice backlit lensflare.

ではグラフィックデザイナーとして活躍していくためには、どんな素質や要素が必要になってくるでしょうか。いくつか取りあげてみたいと思います。

デザイン能力やセンスがある人

当たり前のことですが、デザインの仕事に就くためにいちばん必要な素質は「美的センス」です。

こうした美的センスは、勉強したから誰でも習得できるものではなく、もともと持っているデザイン感覚やセンスが重要な要素を占めることが多いです。

たとえば子どもの頃から絵を描くのが得意だったという人や、ファッションのセンスがあったり、お部屋のインテリアを考えることが得意な人などに特に向いている仕事と言えるかもしれません。

発想力や想像力の豊かな人

どんなにデザインの技術や知識をたくさん持っていたとしても、この世界で活躍していくためにはそれだけでは不十分です。

他のクリエイターとは違った発想の転換ができるとか、人とは違った個性をいかに活かせるかが大切になっていく仕事です。

身近なものからヒントを得て、どんどん新しいデザインを発想したり想像できる能力に優れている人に向いていると言えそうです。

コミュニケーション能力がある人

グラフィックデザイナーは一人だけでする仕事ではありません。特に重要になってくるのは、クライアントの意図やニーズを引き出してそれを形にしなければならない、ということです。

また一つの作品を完成させるために、カメラマンやコピーライター、プロデューサーなどとチームで働くことがほとんどです。色んな人と関わり合いながら仕事をしていきますから、コミュニケーション能力はとても大切になってくるといえます。

忍耐力や根気強さがある人

企画から完成に至るまでに、必ずしもすべてが順調に進んでいくとは限りません。むしろ何度も修正させられたり、やり直しを命じられることも多いことでしょう。

自分としては納得がいくデザインで、時間をかけて一生懸命考案したものでもダメ出しを食らって、一からやり直しさせられるなんてこともあるのです。

ですから忍耐力や我慢強さ、根気強さもグラフィックデザイナーに必要な素質であると考えます。

グラフィックデザイナーの収入ってどれくらい?

Portrait of a joyful young man in t-shirt holding bunch of money banknotes and celebrating while jumping isolated over yellow background

グラフィックデザイナーの収入は、企業で一会社員として働くかあるいはフリーランスとして独立して働くかによって違ってきます。どこの会社や企業で働くかによっても変わってきますし、どれほどのキャリアを積んでいるかによっても差が出てきます。

ある調査によれば、グラフィックデザイナーの年収は「300万円~500万円」が相場だと言われています。華々しく見える職業としてはちょっと少ないなと感じるかもしれません。

中には大手の広告代理店で働いている場合だと、30代で1000万円という年収を得ている人もいるようです。会社員としてのキャリアや、デザイナーとして活躍していくことで年収が上がっていくということも期待できるでしょう。

しかし仕事内容によっては残業が続いたり、徹夜で作業しなければならないことも多く、そうした大変さから考えると、もらえる給料が見合っていないという厳しさも現実としてあるようです。

企業で経験やスキル、キャリアを積んで実績を持てた人の中には独立してフリーランスとして働く人もいますが、独立してからの収入はどれほど見込めるでしょうか。

確かに独立するとなれば、仕事をして得た報酬はすべて自分のものにできますから、収入アップも見込めることでしょう。しかしその反面、会社員として働いていた時のような安定は期待できなくなる可能性もあります。

特に独立したばかりの頃はクライアントも少ないですし、仕事がコンスタントに入るまでには、年収が300万円を切ってしまうという人もいるようです。

地道な営業を続けること、人脈づくりをしてクライアントからの信頼を得られるまでに多少時間はかかることを覚悟しておいた方が良いといえます。

フリーランスのグラフィックデザイナーとして仕事がコンスタントに入るようになれば、年収が700万円~800万円も可能になるでしょう。

また、他にコピーライターやイラストレーターとしての仕事も合わせて行なったり、ディレクターやプロデューサーとしても働くことで年収が数千万円になっているグラフィックデザイナーもいるようです。

グラフィックデザイナーの就職先や働き方

Portrait of smiling female graphic designer working in creative office

グラフィックデザイナーとしての仕事は、フリーランスとして行なうこともできますが、そのためにはまず人脈づくりや実績が不可欠になってきます。

そのために、まず最初は広告代理店やデザイン事務所といった企業に勤めて、たくさんの経験やスキルを積んだり、デザイナーとしての信頼をクライアントから得て確かな実力を付けた上で、独立してフリーのグラフィックデザイナーとして活躍する人は少なくありません。

グラフィックデザイナーとして働ける仕事先や働き方をいくつかご紹介しておきます。

その① 広告代理店

広告代理店は、雑誌や新聞、テレビやインターネットといった広告を掲載する広告主と、広告を載せたり出したい企業をつなぐ仲介役のような役割を果たしている会社です。

広告掲載主から広告制作の依頼を受けて、企画や制作を行なっています。大手の広告代理店に勤めることができれば、グラフィックデザイナーとしての将来や安定は期待できるに違いありません。

その② 広告制作会社

デザイン事務所や制作プロダクションといった呼ばれ方をすることもありますが、いずれにしても業務内容はみな同じです。大手の広告代理店はほとんどが、こうした広告制作会社を傘下として持っているようです。

それで、広告代理店やメーカーなどから依頼を受けて広告の企画から制作までに携わります。

各メーカーの広告宣伝部

商品を提供するメーカーであれば、独自に広告宣伝部を設けてクリエイターやデザイナーを雇用していることがあります。

そのメーカーで出している商品のパッケージやロゴなどを作成するのが主な業務となります。一般企業に勤めるので、会社員としては安定や保証をきちんと得られながら働くことができるでしょう。

グラフィックデザイナーの仕事の求人探しに役立つサービス

Digital lifestyle blog writer or business person using smart device working on internet communication technology

グラフィックデザイナーは完全実力主義の業界です。さらにはどこの企業や会社で働くかによって、仕事内容もやりがいも収入も変わってきます。

それで自分の条件や希望に合った就職先を見つけていきたいと思われる方も多いことでしょう。しかし働き口はたくさんありますし、どこが自分に合っているか見きわめるのは難しい時もあります。いろいろな求人情報を比較して検討したいと思うこともあるでしょう。

そんな時に役立つのは、「転職サイト」と「転職エージェント」のどちらか、あるいは両方の転職支援サービスを使って求人を探す方法です。

では「転職サイト」と「転職エージェント」はそれぞれどのようなサポートを受けられるのでしょうか。またどんな人におすすめのサービスなのでしょうか。

転職サイトと転職エージェントの違い

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一方で転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

何らかの専門的なスキルや資格を持っているなら、せっかくならそうした資格やスキルを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

しかし、自分の持つ資格や経験を必要としてくれる就職先を独自で見つけるのは、なかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいながら、求人探しを進めていくことができます。

転職サイトを使った方が良いタイプ

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

転職エージェントが合っているタイプ

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

転職エージェントの利用方法

Happy business people talking on meeting at office

ではプロのコンサルタントにサポートをお願いできる「転職エージェント」の利用方法を簡単にご紹介しましょう。

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験、スキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらいます。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい企業が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、デザイナーやクリエイターといった職業に特化しているエージェントにも登録しておくことで、自分の希望や条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できるので、より就職への近道となるに違いありません。

まとめ

High angle view of an artist drawing something on graphic tablet at the office

グラフィックデザイナーは、デザイン能力だけでなく、発想力や想像力、忍耐力や根気強さ、さらにはコミュニケーション能力など、さまざまなスキルや能力が求められる職業です。

「この業界での仕事に進んでいってみたいけれど、自分の適性に合っているか分からない」という人や、「どこの会社が良いか判断に迷う」といった方がいるなら、一人で悩まずに、就職のプロにアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事