【ゲーム会社の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

【ゲーム会社の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

ゲーム会社とは、ゲームを遊びのために制作している会社のことを言います。「コンシューマーゲーム」である家庭用のゲーム専用の機械で遊ぶゲームや、スマホなどでゲームをする「ソーシャルゲーム」があります。ゲーム作るには、専門的な知識や技術が必要になり、プログラマーや、開発エンジニアはプログラミングの経験が求められます。ゲームデザイナーは、デザインの経験などが必要になり、仕事内容によって求められることも異なってくるでしょう。そんなゲーム会社での仕事の特徴と求人の探し方を紹介していきます。

ゲーム会社の仕事とは?仕事の特徴を見てみよう!

Eight businessmen planning a strategy in business advancement each holding  different but equally important metaphorical element - compass,  puzzle pieces, pegs, cubes, key and one making notes.

ゲーム会社とは、ゲームを遊びのために制作している会社のことを言います。「コンシューマーゲーム」である家庭用のゲーム専用の機械で遊ぶゲームや、スマホなどでゲームをする「ソーシャルゲーム」があります。

ゲーム会社は、ゲームの企画を考え、それをプログラミング言語を使用してキャラクターのデザインやセリフ、動き、音楽などをシステム構築していきます。それらの作業を終え、何度もチェックを繰り返し、一つのゲームがやっと完成します。

ゲームを作るには、専門的な知識や技術が必要になり、プログラマーや、開発エンジニアはプログラミングの経験が求められます。ゲームデザイナーは、デザインの経験などが必要になり、仕事内容によって求められることも異なってくるでしょう。

大きく分けると、ゲームプランナー、ゲームデザイナー、ゲームプログラマーなどがあります。ゲーム業界は、流れが速く、少し前までは、2Dゲームだったものが、3Dゲームが主流になっています。

そのため、ゲーム業界は、新しい技術や知識が求められる業界と言うことができるでしょう。日々、ゲームに関する新しい技術や知識を身に付け、スキルアップすることにより、ゲーム業界で成功を収めることができます。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは、名前の通り、ゲームを企画する人のことですが、「ゲームクリエイター」や、「ゲーム企画」と呼ばれることもあります。

ゲームを企画立案し、ゲームプロジェクトを進行し、集計や分析、改善の作業を行います。プレゼンテーションや、プログラマー、デザイナーとの橋渡しするなどの役割も担うことでしょう。

ゲームを企画立案する際は、市場のニーズや、クライアント・プロデューサーなどの要望を把握して、新しいゲームの企画を立てていきます。そして、テーマや概要をプロデューサーや、ディレクターなどと一緒に作成していきます。

概要が決定した場合、企画書を作成します。その後、プレゼンテーションや会議を行いますが、企画の良さを周りにアピールする必要があるでしょう。企画が通るならば、会社によっては、ゲームプランナーがスケジュールを決め、製作準備を始めます。

自分のゲームに関するものを分かりやすく、文章や図で説明していくことが求められるでしょう。その後、ゲームを製作していくことになります。製作途中で分からない部分が生じた場合は、ゲームプランナーが詳しく指示を出す必要があるでしょう。

試作品が出来上がったら検証し、改善点や修正点を見つけ、さらに完成度を増していくことになります。ゲームが完成して市場に出した後は、ユーザーの反応を見ながら集計し、分析、改善点を見定めていきます。

このように、ゲームプランナーの仕事は、発想力や企画力、コミュニケーション能力などが求められることでしょう。女性も活躍している職業の一つです。

近年のゲームは、音楽やグラフィック、ストーリーがしっかりしているなど、高度な技術が求められています。そのため、チームで一段となってゲームを作り上げていくことになるでしょう。

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは、ゲームの背景やキャラクター、アイテム、作品に登場する絵など、作品のグラフィックを作成する仕事のことです。

ゲームのデザインはCGのため、ゲームデザイナーになるためには、専門学校や大学でプログラミングや、デッサンなどができる人でなければなりません。最近は、3Dゲームが流行しており、3Dに関するツールやグラフィックの技術が求められています。

ゲームアプリを製作している会社も急増しているため、ゲームデザイナーの求人をよく見かけることでしょう。実力次第では、会社で働くだけでなく、フリーランスで働くことも可能です。

デザイナーの仕事は、センスが大切ですし、ゲームデザイナーは、日々新しい技術を身に付けていくことが求められるでしょう。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、企画書に沿ってゲームを作成する際、C++・C言語、Javaなどのプログラム言語でプログラミングしていき、一つのゲームを完成させていく仕事です。

ゲームのシナリオをゲームクリエイターが考えますし、キャラクターなどはゲームデザイナーが考えていくことになりますが、出来上がったデザインをプログラミングしてゲームを作成していくのがゲームプログラマーです。

大規模なゲーム制作になると、複数のプログラマーがチームを組んでゲームを作り上げていきますが、大規模・小規模関わらず、ゲームデザイナーや、ゲームプランナーのスタッフとコミュニケーションを図っていくことが必要になるでしょう。

ゲーム会社に適している人は?

Finding best business solutions and teamwork concept, multiracial team assembling puzzle on office desk engaging in decision making and teambuilding, close up view of diverse hands connecting pieces

ゲーム会社のゲームプランナーの仕事の場合、プレゼンテーションなどを行いますので、コミュニケーション能力が必要です。自分の企画の良さを周りの人にアピールしたり、市場ニーズに合致しているなどを説明していく必要があることでしょう。

さらに、ゲーム会社のそれぞれの担当者と共同で作業するため、人と関わる仕事になってきます。さらに、ゲームデザイナーは、やってみて面白いゲームを考えて企画するため、色々なアイデアを考える必要があります。そのため、発想力が必要になるでしょう。

ゲームデザイナーは、日ごろから映画を見たり、小説を読んだりすることが好きな人ならば、アイデアが出やすいですし、ゲームが好きな人が適していると言えるでしょう。ゲームをやっているうちに、自分だったらこうするのに、といったアイデアが必要だからです。

さらに、様々な人と一緒にゲームを作り上げていくことになるため、チームワークが求められることでしょう。ゲームプログラマーは、常に新しい技術が求められるため、向上心が求められます。

また、ゲームを作り上げていくには、アイデアが必要です。そのため、発想力のある人もゲーム会社に適していると言えるでしょう。そして、ゲーム制作の納期が近くなると、仕事がかなり忙しくなりますので、体力や精神力がある人が適しています。

ゲーム会社で働くためには?

Beautiful Female Mobile Gaming Application Developer Talks With Her Male Colleague, They Discuss Creative Design. Stylishly Lit Office.

ゲーム会社の応募条件には、一般的に専門学校卒業以上である場合が多く見られます。初心者でもOKなゲーム会社もありますが、ゲームのプログラマーやゲームデザイナーの仕事は、専門的な技術や知識が求められます。

そのため、大学を出ている必要はなく、ゲーム制作などの専門学校で学んだ人が就職するケースが多いと言えるでしょう。ゲームデザイナーの場合、その後ゲームプログラマーやデザイナーとして実績を積んでスキルアップすることができるでしょう。

そして、ゲームの全てのデザインを任せてもらえるようになると一人前のゲームデザイナーになることができます。ゲームデザイナーの求人募集は、増加傾向にあるため、目指してみる価値はあるでしょう。

ゲームプログラマーは、プログラミングの知識や技術を身に付けておくならば、就職に有利になります。専門学校や大学に行き、プログラミング言語を習得することは大切でしょう。ゲームプログラマーの求人情報は増加傾向にあります。就職してゲーム会社で働き、ゲームプログラマーとしてスキルを磨いていくことになります。

しかし、独学でプログラミングを勉強し、作品を制作する人もいますので、自分の作品を見てもらうなどをして、ゲーム会社に働く人もいます。ただ、大手のゲーム会社になると、大学卒業以上の学歴が求められることがあるようです。熱意があれば採用されることもありますので、応募条件を事前に確認したほうが良いでしょう。

#ゲーム会社の仕事の平均年収は? ゲームプランナーの平均年収は、実務経験がある方であれば、約350万円~500万円ですが、未経験者である場合、約250万円~350万円になります。

ゲーム会社の給与は、実務経験のある人が強いため、実績があれば、年収600万円になる人もいることでしょう。そのため、実務実績を積み重ねることにより、年収がアップすると考えられます。また、ゲームがヒットすれば、臨時でボーナスがもらえたりするため、年収1,000万円も夢ではなく、やりがいのあるゲームプランナーの仕事をすることが可能です。

また、ゲームデザイナーの平均年収は、約400万円~500万円になります。ゲームの評価やデザインの良さによって年収も変化してきます。ボーナスも会社によって異なり、能力や経験、年齢を考えて支給されると考えられます。

さらに、ゲームプログラマーの平均年収は、中小企業の場合、年収約300万円~500万円になります。高卒であっても大卒だとしても、初任給は約20万円代なため、コンピューター関係の仕事と比較すると若干少なめになります。

しかし、能力やスキル、役職によって収入は増えますし、残業することによって、残業代で収入が高くなることも考えることが可能です。そのため、残業することにより、残業代で収入が高くなることが考えられます。

残業代がきちんと出るかどうかが年収に大きく左右されますので、就職する前にきちんと確認すると良いでしょう。

求人や求人の探し方を見てみよう!

Searching Browsing Internet Data Information Networking Concept / soft focus picture / Vintage concept

ゲーム会社で働くためには、求人情報を収集する必要があります。その幾つかを見てみましょう。

「ハローワーク」

ハローワークは、厚生労働省が管轄している職業安定局のことです。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。

ハローワークの窓口に行くならば、相談にも対応してくれます。ハローワークの求人広告料は無料のため、たくさんの求人が集まります。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、ゲーム会社で働きたい正社員の仕事を探している人に最適でしょう。現在では、ハローワークインターネットサービスを行っており、家にいながらハローワークの求人情報を検索することが可能です。

indeed

indeedは2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンです。2012年にはリクルートに完全子会社化されました。indeedは登録せずとも各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することが可能です。

indeedは掲示板の役割を果たしてくれます。掲載日から何日が経過したかも記載されていますので、情報の鮮度のチェックをすることもができますから、ゲーム会社の仕事も日々チェックすると良いでしょう。

「転職エージェント」で仕事を探す方法

successful business ideas concept with shakehand of business people meeting

ゲーム会社に就職するためには、「転職エージェント」をうまく活用するのがおすすめです。「転職エージェント」とは、厚生労働大臣から認可を受けた斡旋を目的とした会社のことです。

「転職エージェント」は、人材紹介会社と呼ばれることもあります。転職エージェントに登録するならば、求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートし、アドバイスしてくれます。

また、転職エージェントは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。ですから、面接以外の相手企業との直接なやりとりはほとんどありません。転職エージェントを活用することにより、客観的に自分のアピールポイントを見極めることも可能になるでしょう。

転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在します。非公開求人は、少人数の人しか知ることができないため、良い条件・良いポジションであっても競争倍率が高くなりすぎないメリットがあります。ですから、「転職エージェント」を利用することにより、自分一人で転職活動をするよりもより満足した転職活動をすることができます。

ゲーム会社専門の転職エージェントだけでなく、ゲーム会社の求人に強い転職エージェントもあるため、ゲーム会社に転職を考えている方は、転職エージェントを利用することにより転職を有利にすることが可能です。しかし、転職エージェントはそれぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することが大切です。

転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録することがポイントです。転職エージェントに登録するのに必要な所要時間は、3分ほどです。3社を登録するには、10分かかりませんので、すぐ登録してみると良いでしょう。

「マイナビエージェント×IT」

ITに特化した転職エージェントの一つは、「マイナビエージェント」です。「マイナビエージェント」は、就職情報サイトのマイナビ、転職情報サイトのマイナビ転職などを運営するマイナビの人材紹介サービスです。

国内最大級の転職エージェントになり、登録者の約70%が20代~30代のIT・WEBエンジニアです。転職支援実績も豊富で、非公開求人や独占案件も多く扱っており、求人情報の80%が非公開求人です。キャリアアドバイザーからのサポートを受けながら転職活動をすることが可能です。平日が忙しい方向けの個別キャリア相談会を実施しており、土曜日に個別キャリア相談会を申し込むことが可能です。

「リクルートエージェント」

「リクルートエージェント」は、リクルートグループが運営している転職エージェントです。

「リクルートエージェント」は、1977年に創業しましたが、2016年の3月期迄に既に約37万人の転職支援実績があり、転職成功実績はNo.1です。年間2万3,000人以上の転職支援によって成功事例を積み上げ、そのノウハウが活かされており、相談拠点数業界でもNo.1になります。

「リクルートエージェント」は、選考の進捗管理・求人のチェックができる「Personal Desktop」を活用することが可能です。スマホ専用アプリもあるため、外出先で求人をチェックすることもできます。さらに、企業の社風について知ることができる「AGENT REPORT」のサービスがありますので、転職後に後悔することはあまりないことでしょう。

さらに、職務経歴書を作る時に役立つ「レジュメNavi」が利用できます。「リクルートエージェント」では、約470名のキャリアアドバイザーが在籍しており、アドバイスの質の向上やのために研修や勉強会が開催されています。「リクルートエージェント」は、多くの仕事の種類を扱っており、ゲーム会社の求人も見つけることが出来ることでしょう。

専任のアドバイザーがきちんとサポートしてくれますし、企業の内部情報・職場の雰囲気などの情報も教えてくれますから、安心して就職することが可能です。

「ギークリー」

ギークリーは、ITやゲーム会社専門の転職エージェントになります。ギークリーは、紹介求人満足度アンケートナンバーワンの転職エージェントです。大手企業や、中小企業の求人などゲーム会社の転職をサポートしてくれる転職エージェントです。ギークリーは、非公開求人も豊富に扱っているため、求人活動も有利に進めることが可能です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事