シナリオライターってどんな仕事?特徴と求人の探し方を解説!

シナリオライターってどんな仕事?特徴と求人の探し方を解説!

シナリオライターというのは、映画やテレビドラマ、またはゲームなどを映像化するにあたって、土台となる脚本を執筆する人のことを言います。いわゆるストーリーを書いていく小説家のようなものです。シナリオライターはストーリーの構成や演出、企画や制作に至るまで関わることが多いということや、シナリオを映像化することを目的として書くという特徴があります。シナリオライターという職業について特徴をいくつか挙げてみましょう。さらに求人はどうやって探せばいいのかも調べてましょう。

シナリオライターってどんな仕事?

Female scriptwriter working at table, top view

シナリオライターというのは、映画やテレビドラマ、またはゲームなどを映像化するにあたって、土台となる脚本を執筆する人のことを言います。いわゆるストーリーを書いていく小説家のようなものです。

しかし、小説家と異なる点は、シナリオライターはストーリーの構成や演出、企画や制作に至るまで関わることが多いということや、シナリオを映像化することを目的として書くという特徴があります。

これまであまり知られていない「シナリオライター」という職業ですが、実は近年のネット環境の普及や、パソコンやタブレット、スマートフォンなどが気軽に使えるようになったことにより、このシナリオライターの需要がとても増えてきているようです。

特にゲームのシナリオ制作の需要はとても増えてきており、ストーリーを描く文章力だけでなく、構成や演出に関しても大きな役割を担い、またスキルが求められる重要な仕事でもあります。

では、このシナリオライターという職業についてもう少し詳しく掘り下げて取り上げてみましょう。

シナリオライターに求められること

シナリオライターになるために、資格や学歴が求められるということはありません。完全実力の業界であり、「人の心を掴めるような」脚本やシナリオを書けることがもっとも大切になってきます。

「人の心を掴むような」脚本、あるいはシナリオを書くために必要なスキルはあるでしょうか。

大まかに分けて考えるなら、シナリオライターには「文章力」「構成力」「コミュニケーション能力」「忍耐力や精神力」「幅広い知識力」の5つのスキルや能力が求められるようです。一つ一つ取り上げてみましょう。

○文章力

映画やテレビ、ゲームなどどの世界においても、たくさんの人の興味や関心を引くかどうかはたいていの場合、シナリオやストーリーがどう展開していくかに大きくかかっています。

特に映像化しているものは、セリフ回しを考える必要もありますから、いかに人の心を惹きつける表現や言い回しを考えられるかは大切になってきます。そのためには豊富な語彙力を培い、また表現力を身に着けることも必要でしょう。

文章力を培うためにどんな努力ができるでしょうか。まずはとにかくたくさんの本を読んで、文章の構成の仕方や語彙を身に着けましょう。人気の映画に接したり、成功したシナリオライターの脚本にたくさん接して、表現や言い回しを学ぶこともできます。

あるいは、シナリオの書き方の基礎を学べる本なども出ていますし、脚本を学べるスクールで経験を積むといった方法もあります。

○構成力

シナリオライターは、ただ単に文章を書いていれば良い職業ではありません。書き上げたシナリオを元に企画や制作に携わることもあれば、演出や構成に加わるのもシナリオライターの行なう事柄です。

ゲームの世界であれば、フローチャートを使って流れや結末を作るといった構成力も求められるようです。

○コミュニケーション能力

映画であれゲームであれ、一つのものを作り上げていくために重要なのはチームワークです。シナリオライターは自身でディレクターの役割を果たすこともありますし、期日まで仕上げるためには、制作に関わるすべての人と連携を図っていかなければなりません。

自分の書いたシナリオ、そして求める構成を、他の人にも理解してもらう必要があるのです。そのためには、どんな人とでも上手にコミュニケーションを取れる能力がないと難しいでしょう。

○忍耐力や精神力

シナリオを書く時は基本ひとりです。制作に行き詰まることもあれば、やる気が出ない時もあることでしょう。

それでも最後まできちんと書き上げないと、制作に関わる他の人たちに迷惑をかけることになりますし、仕事としても成り立たなくなってしまいます。

ですから、どんなに辛いことでもそれを一人で耐えて、乗り切る精神力が求められる仕事と言えます。

必ずしもみんなとワイワイやれるような、華やかな仕事ばかりではないこと、むしろコツコツと、また淡々と書き上げていく地道な職業であることを覚えておきましょう。

○幅広い知識力

シナリオを書く上で特に必要なのは、幅広いジャンルの知識を持っていることです。それはシナリオ作成に関する知識というだけでなく、作品の内容に関わる知識が含まれます。

そのためには、自分がまだ知らないことに対する興味や関心を抱くことが大切になってきます。

幅広い知識を養うためには、さまざまなジャンルの本を読んで知識を得ることが役立つことでしょう。

さらには、普段自分が見聞きする事柄や経験するさまざまな状況、それに基づき感じる気持ちや感性すべてを大切にすることです。それらはすべてシナリオを書き上げるのに結びついていく糧になることでしょう。

シナリオライターはどんな人におすすめ?

young man sitting on theater seat.

シナリオライターが行なう仕事内容や、求められるスキルについて考えてきましたが、そうするとどんなタイプ、あるいは性格の人に向いている職業であると言えるでしょうか。

・その①書くことが好きな人

これは当然のことですよね。書くことが好きでなければ、シナリオライターの仕事は務まりません。特に、ストーリーを作ったり生み出すことが好きな人に向いていると言えます。

書くことが好きということは、本を読むことが好きである人ということにもなります。たくさんの本を読んで、文章の構成や語彙のヒントを得る必要があるからです。

または映画やドラマ、アニメやゲームなど、シナリオ制作に関わるようなものを観ることが好きだという人にも向いていることでしょう。

・その②好奇心が旺盛な人

シナリオライターというのは、さまざまな作品を生み出してく重要な職業です。自分の興味のあるジャンルだけでなく、いろんな情報に通じていなければなりませんし、知識も必要になります。

そのためには、いろんなことに興味や関心をもってリサーチしたい、さらに勉強して知識を増やしたいという好奇心がないと難しいでしょう。

どんなことにも関心をもって取り組もうとする、積極性や好奇心によって得られた経験すべてが、シナリオの制作に活かしていくことができるのです。

・その③我慢強い人

シナリオを書いていて行き詰まることもあれば、何度も書き直しを命じられるようなこともあるでしょう。

また、シナリオを書く時には長時間の作業が求められます。とにかく一人でコツコツと行なわないといけないですし、集中力や持続性が求められる仕事でもあります。

そう考えると、ずっとデスクに座っていることが苦手だとか、飽きやすく長続きがしない人、気が短い人、集中力に欠けているようなタイプの人にはまず向いていない職業だと言えるかもしれません。

・その④コミュニケーション能力が高い人

先ほども取り上げましたが、シナリオライターはただ脚本を書いていれば良いわけではなく、チームで一つの作品を作り上げていくのが仕事です。

自分の意図することを、チームとして働く他の人にも理解してもらう必要がありますし、監督やテレビ局、制作会社の人たちと連携を図って協力して作り上げていかなければなりません。

また人脈によって仕事をもらえるチャンスが増えていく職業でもあります。そのためには日頃から人との関わりを大切にできるような人、コミュニケーションを取ることが上手なタイプの人だと、仕事が回ってきやすいと言えます。

シナリオライターとして得られる収入は?

Women hand hold a money bag with clipping path and copy space on white background, a loan or saving money for future investment concept.

自分の好きなことや、得意とする分野を職業としてずっと行なえるのは素晴らしいことですが、やはり気になるのは、仕事にする以上それで食べていけるか、ということではないでしょうか。

シナリオライターの収入は、どこかの会社に正社員として勤めるのか、あるいはフリーランスとして働くのかによっても変わってきます。

また、完全に実力の世界でもありますから、どれだけ仕事をもらえるか、大きな収入を得られるかは、自分の能力が大きく関係してくることでしょう。作品がヒットして名が売れれば、それだけ収入もアップしていきます。

シナリオライターのジャンルによっても違いがあるので、はっきりとしたことは言えませんが、年齢がまだ若い人だと年収250万から400万円くらいが平均のようです。しかし、実力を付けてフリーでやっている人の中には、数千万円の報酬を得ている人もいます。

まずシナリオライターとして始めたいなら、どこかの会社に所属して実力や経験を積んでいったほうが、低くても収入は安定してもらえますから、フリーで最初からやるよりは良いでしょう。経験や実績を積んだ後に、フリーとして活躍している人がほとんどのようです。

シナリオライターになりたいなら

Educational process. Group of young people studying in university sitting in auditorium during lecture education students college university studying youth campus friendship teenager teens concept

資格も学歴も特に必要ではありませんが、シナリオライターの基礎をきちんと学びたいなら、シナリオライターを育成する学校に通うのがいちばん良い方法です。

シナリオを作る上での基本から、その業界の知識を身に着けることもできるでしょう。また、その業界の人たちとのコネクションを作りやすいメリットもあるかもしれません。

または、ネットで調べると、定期的にコンテストやコンクールなどが開催されているので、実力を見るために、あるいはスキルを磨くために積極的に応募していくのも良い方法と言えます。

シナリオライターとして働きたいと思う人のほとんどは、どこかの制作会社などに在籍して働きたいと思われることでしょう。

ではどのようにして、自分に合った会社や働き口を見つけることができるのでしょうか。次に、シナリオライターの求人の探し方に注目していきたいと思います。

シナリオライターの求人探しに役立つサービス

Job Search Hiring Website Word Concept

今は求人も転職サイトなどを利用すれば、簡単に情報を見つけられる時代になってきました。そうした転職サイトを通して求人を探す方は多いことと思います。

転職サイトを利用すれば、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

しかし、シナリオライターとして働ける制作会社といってもたくさんありますし、自分の適性に合った会社を独自で見つけるのはなかなか難しいでしょう。自分能力やスキルを客観的に見つめるのが難しいこともあります。

そんな方にぜひおすすめしたいのは、「転職エージェント」と呼ばれるサービスを利用する方法です。

転職サイトの場合だと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでを、すべて自力で行なわなければなりませんが、転職エージェントだと、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいながら、求人探しを進めていくことができます。

では簡単に、転職エージェントを利用するメリットを3つご紹介していきましょう。

転職エージェントを活用するメリット

・その①無料でサポートを受けられる

いちばん気になるのは、相談料がどれくらいかかるのかということかもしれません。でも安心してください、転職エージェント会社はどこでも、最初から最後まで無料でサポートを受けることができます。

エージェントは、さまざまな業界の企業や会社と契約をしています。企業が求める条件にかなった人材を探し、紹介することで、いわば企業と求職者を取り持つ、“仲介役”のような役割を果たしているわけです。

企業としては、人材を募集し採用するには、たくさんの時間やコストがかかってしまいます。そうした問題を解消するために、企業はエージェントに依頼し、採用の手間を最小限に抑えながら、最良の人材を探してもらっています。

ですから、エージェントはそれぞれの企業が求める人材を探して紹介し、もし内定や採用が決定すれば、紹介料という形で企業側から多額の報酬をもらうシステムになっています。ですから、求職者側に報酬が要求されるということは絶対にないのです。

・その②質の良い求人を探してもらえる

自分だけで求人を探すというのは、なかなか大変です。一人で就職活動をするとそれだけ時間もかかる可能性もあります。

転職エージェントに登録すれば、担当のアドバイザーと面接を行ない、条件などをきちんと明確にしたうえで、アドバイザーが代わりに求人を探してくれます。

その中には、一般の転職サイトや求人情報には載せられていない、いわゆる「非公開求人」と呼ばれる企業情報もたくさんあります。実際、エージェントで保有している求人情報の実に80パーセント近くは「非公開」のものであると言われているほどです。

非公開求人というのは、企業が求めている条件を満たす人を厳選して採用したい場合に、一般には公開せずにエージェントに人材を探してもらうものです。

スキルや経験によっては、大手の会社を紹介してもらえる可能性もありますし、約束されているポジションや年収が高いものもあるので、自分で転職サイトだけで探していたら見つからない、条件の良い企業や会社に転職できる可能性もあるというわけです。

・その③採用してもらいやすい

雇用する側としても、信頼できる人材に働いてもらいたいと願うことでしょう。色んな人が応募してくる中で、自分を採用してもらえる確率は、そう高いものではありません。

しかしエージェントを利用することで、担当するアドバイザーががあなたのことを企業側に推薦してくれるので、採用してもらいやすいというメリットがあります。

エージェント側としても、その企業に紹介した人を採用してもらえれば、報酬が自分たちに入ってくるわけですし、熱心に推薦してくれることを期待できると言えるでしょう。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

シナリオライターは専門分野に特化した職業でもあるので、大手の総合エージェントに加えて、ITやWeb業界、エンジニアやクリエイター専門に特化しているエージェントに依頼することをお勧めしたいと思います。

まとめ

A stylishly dressed man sits in a cafe, drinks coffee and reflects on his life. He thinks about the passing year, about love and plans for the next year.

シナリオライターは、文章力だけでなく、構成や演出力、忍耐力やコミュニケーション能力、知識量など、さまざまなスキルや能力が求められる職業でもあります。

「この業界での仕事に進んでいってみたいけれど、自分の適性に合っているか分からない」という人や、「どこの会社が良いか判断に迷う」といった方がいるなら、一人で悩まずに、就職のプロにアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事