必要とされてるかも?転職スカウトが受けられる転職サービスを知ろう!

必要とされてるかも?転職スカウトが受けられる転職サービスを知ろう!

求職者が経験やスキルを登録すると、それに興味を持った企業から直接オファーをもらえるというサービスが転職サービスでのスカウト機能です。今回は転職サービスの違いや選び方、使い方、特にスカウトが受けられる転職サービスについて紹介します。

転職を成功させるために

人生の岐路

転職は、人生を左右する重大な決定です。

理由は様々あるかもしれませんが、だれしも慎重にかつ迅速に決定を下したいと思うものです。

また、大きなストレスや不安を抱える時期でもあるかもしれません。

一般的に、転職適齢期は30代前半、タイムリミットは35歳が限界であるとも言われています。つまり、年齢がどんどん上がるにつれ、採用される確率もどんどん低くなっていくということです。

実際、転職したものの職場の環境や仕事内容に不満を感じ、「失敗した」と感じている人もいるのが事実です。

では後悔のない転職のために、どんなポイントを押さえておくと良いでしょうか。転職が成功する確率を少しでも上げるのに役立つ、いくつかの秘訣をご紹介したいと思います。

以下の秘訣を実践するようにしましょう。

1.転職する理由や目的を明確にしておく

2.転職を希望する会社の社風や環境を事前にチェックしておく

3.自己分析をして、自分をよく知る

4.いまの仕事を続けながら転職活動をする

5.転職サービスを活用する

では、上記内容について一つずつ詳しく考えてみましょう。

<秘訣① 転職する理由や目的を明確にしておく>

目的のない行動には成果が伴わないものです。

また、理由付けが弱いと目的へと自分を動かす気持ちが弱まってしまうということもあります。 それで、転職活動を開始する前に、自分の現状と行きたい方向をよく考えておくことが必要になるでしょう。

転職はチャンスである反面、慣れ親しんだ仕事を失ってしまうリスクともなりますので、現状の中で解決できない問題かどうかということも分析する価値がある行為だからです。

この理由付けがしっかりできていないと、せっかく転職できたのに次のところでも満足感が得られないという結果にもなりかねません。

そのようにして目的を決定したとしてもすべてを欲張って叶えようとすると、転職がうまくいかないこともあるかもしれません。

「キャリアアップ」「やりがい」「待遇」「収入アップ」「社内の人間関係」など、すべてを満たしてくれる会社や企業を探すことはまず難しいです。

すべてを欲張ろうとすると、それだけ転職にかかる時間やエネルギーを無駄に費やしてしまう事にもなりかねません。転職しなければよかった、と逆に後悔だけが残ってしまう事もあり得るのです。

転職したい優先順位を明確にし、ほんとうに自分が求める条件を明確にしぼって見きわめることが大切になります。

<秘訣② 転職を希望する会社の社風や環境を事前にチェックしておく>

チェックポイント

これまでに働いていた職場とは、まったく社風や環境が違い過ぎて馴染めなかったという失敗パターンがあります。

それぞれの会社や企業によって、社風やモットーとしていること、働いている人が違うということを忘れてはいけません。

転職を決める前に、口コミサイトなどで希望する転職先の社風や環境をチェックしておきましょう。

いま現在その企業で働いている人や、以前に働いていた人が載せている情報なので、リアルな評価や実態を聞くことができます。その会社の評判や社風、人間関係なども分かりますし、自分のスキルや経験を活かせるところかどうかをチェックすることもできます。

<秘訣③ 自己分析をする>

自己分析をすることは、転職活動をスムーズに進めていく助けになります。

自分に「何ができるのか」、「何をしたいのか」、ということがはっきりしていないと、見つけた転職先が本当に自分に合っているのかの確信が持てないからです。

転職先を探すときには、ある程度条件を絞って探していくことになりますが、条件に合うという転職先は一件だけということはなく、何件も見つかることでしょう。

その際に、同じような条件の中から自分に本当にあったものを見つけ出すためには、自分自身の人間性やキャリア、仕事に何を求めるかということをはっきりさせておく必要があります。

たとえば、収入が同程度で雇用形態や勤務時間などの条件も同程度であるときに、決め手となるのは、自分自身が幸福感を感じられるか?会社にどのように貢献できるか?といったことの違いでしょう。

自分の過去のキャリアや仕事をしてきた内容、達成感を感じた瞬間や、仕事が大変だと思った時の経験などを書き出して考えていくなら、思考を整理して自分自身を見つめなおすきっかけになるかもしれません。

自分自身に本当に大切な点を見失ったまま転職に踏み切ることがないよう、まずは自分自身を見つめなおしてみることをおすすめします。

<秘訣④ いまの仕事を続けながら転職活動をする>

仕事中

先に仕事を辞めてから転職活動をしたほうが、気持ちを落ち着けてゆっくりと探せると思うかもしれませんが、ほとんどの人はいまの仕事を続けながら転職を進めています。

すぐに条件に合うところが見つかって採用してもらえるかどうか分かりません。その間にも生活にかかる費用はかかっていくわけですし、なかなか決まらないと焦りも出てくることでしょう。

そのように、金銭的にも精神的にも余裕が無い中で焦って転職先を決めようとすると、妥協してしまったり、自分の条件を満たしていない企業でも手を打ってしまったりすることとになりかねません。

余裕のある転職活動を行なうためにも、いまの仕事は続けながら行なうことをおすすめしたいと思います。

<秘訣⑤ 転職サービスを利用する>

いざ転職に踏み切ったとしても、幾多ある企業の中から、自分のような人材を探している企業を探すのは大変なことです。

さらに、その企業が自分の求めている条件に合う企業なのかを見極めるのも容易ではありません。

ひとつひとつ目ぼしいところに連絡して確認していくというような手間を省き、自分の条件に合った転職先を見つけるために役立つのは、「転職サイト」と「転職エージェント」といった、転職支援サービスを使って求人を探す方法です。

前述した内容でもすこし触れましたが、転職時期を逃さないことで条件の良い転職先を見つけやすくなります。

人生をかけて転職するうえで、条件に合う先を探すだけで膨大な時間を使ってしまうよりも、見つけたいくつかの転職先の中からどれが一番自分にとってベストな転職先となり得るのかを考えたり、調べたりするのに時間をかけるほうが勝っています。

そのような点で、条件に合う企業を見つけやすくなる「転職サービス」を上手に活用することが後悔のない転職をするために必要であるということができます。

転職サイトと転職エージェントの違い

違い

「転職サービス」は大きく分けて「転職サイト」と「転職エージェント」の二種類になります。

では「転職サイト」や「転職エージェント」、この二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分の条件や希望にかなった職業や企業を見つけることができます。

一定の職業に特化している転職サイトもあります。働きたい職種内容が決まっているのであれば、特定の職に特化しているサイトを利用したほうが転職への近道になります。

もし自分のやりたい仕事の業種や職種がはっきりしている場合や、早く就職先を決めたい場合、転職のやり方はよく分かっているから大丈夫といった方は、転職サイトの利用だけで十分かもしれません。

一方で「転職エージェント」は、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくことのできるサービスです。

何らかの専門的なスキルや資格をすでに持っていれば、それを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

自分の資格や経験を必要としてくれる会社を独自で見つけるのはなかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時には「転職エージェント」を活用することができます。

転職サイトとエージェント両方を一緒に展開している会社も多いので、自分に合ったほうを活用しましょう。

転職サイトで受けられるサービス

転職サービス

自分で求人を探すとは言え、転職サイトの中には就職に役立つたくさんのサービスがあります。そうしたサービスを積極的に利用しながら、スマートな求人探しを目指しましょう。

各転職サイトによってそれぞれ多少の違いはあるものの、大まかにどんなサービスを提供してくれることがあるかを取り上げてみたいと思います。

<その①WEB履歴書の添削を無料で受けられる>

転職専任のキャリアアドバイザーがWEB履歴書を無料で添削してくれるところもあります。具体的な改善点などをアドバイスしてもらうことで、就職をスムーズに進められることでしょう。

<その②条件にマッチする求人の情報をすぐに見つけることが可能>

希望する条件を設定しておくだけで、条件に合った最新の求人情報が、週に1日か2日メールで更新されて届くので、求人情報を逃すことが無くなります。

<その③検索リストにリマインドしておける>

検索リストに気になった求人をリマインドしておくだけで、忘れずにチャンスをモノにすることができます。それにより、円滑かつスピーディーな応募が可能となります。

<その④スカウトサービスを利用できる>

WEB履歴書を登録しておくと、あなたのスキルや経歴、キャリアを必要とする企業から、直接スカウトのオファーが届くのが「スカウトサービス」と呼ばれるものです。

匿名で利用できるので安心ですし、うまくいけば条件の良い企業に就職できる可能性も開けるので、積極的に活用しましょう。

<その⑤セミナーなど転職に役立つサービスが満載>

転職するのに役立つセミナーを随時開催している支援会社がたくさんあります。転職に役立つノウハウを、転職のプロから無料で直接伝授してもらうことができます。

転職エージェントの利用方法

仕事探し

では、プロのコンサルタントにサポートをお願いできる「転職エージェント」の利用方法についても簡単にご紹介しましょう。

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験、スキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらいます。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい企業が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職スカウトサービスについて知る

ヘッドハンティング

では転職会社が展開するさまざまなサービスの中で、「スカウトサービス」を行なっている会社を、それぞれの特徴や違いも比較しながら取り上げてみましょう。

そもそも、スカウトサービスとは何でしょうか。それは求職者が経験やスキルを登録すると、それに興味を持った企業から直接オファーをもらえるというサービスです。

「自分に市場価値があるかを知りたい」人や「効率的な転職活動を行いたい」人などに向いています。そうしたスカウトサービスは、非公開の優良案件も多く、転職を有利に進めることができます。

また、自分が仕事を探していない間にも企業側が自分を見つけてくれるという、双方向でのマッチングができるという面も、仕事を続けながら転職活動を行っていく点でのメリットといえるでしょう。

ではスカウト機能を備えた、おすすめの転職サービスをいくつかご紹介していきましょう。

転職スカウトが受けられる転職サービス

ヘッドハンティング

転職サービスは大まかに分けると、「スカウト機能を備えたサービス」と、「スカウトサービスをメインに行なっているサービス」の2種類に分けることができます。

年齢やキャリア、業界や年収など問わず、誰でも手軽に利用できるものもあれば、ハイクラス・エグゼクティブ層向けのものまでさまざまです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

株式会社リクルートキャリアが運営している、転職決定数ナンバーワンを誇るリクナビネクストはさまざまな年代の人が利用し、全国の求人に対応しています。転職者のおよそ8割が利用し、非常に満足度の高いところです。

スカウトサービスも充実しており、会員の2人に1人は利用しています。2万社以上の企業や400社以上の転職エージェントから、スカウトオファーが届きます。

匿名で登録できるので、いま働いている会社に自分のことがバレてしまうという心配がないので、安心して利用することが可能です。

doda(デューダ)

DODA

業界最大手のリクルートエージェントに次ぐ、第2位の実績を誇るエージェント。求人の数の多さや質の高さ、エージェントの細かい対応と情報量の多さに加え、スピード感のある転職活動が可能な転職エージェント!

パーソルキャリアが運営するデューダのスカウトサービスの特徴は、企業からスカウトメールが直接届くのはもちろんのこと、書類選考がない「面接確約オファー」を受けることもできるという点です。

面接が確約されているので必ず面接を受けることができます。これはスカウト限定のサービスと言えます。

他にもデューダのサイトでは公開されていない非公開求人のオファーが届くこともあるので、スキルや経験に見合った求人を見つけやすいメリットがあります。

ビズリーチ

BIZREACH(ビズリーチ)

通常の求人サイトと同じ機能に加え、登録することでヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる年収600万円以上のハイクラス転職に必須の転職サイト!

ビズリーチは、年収600万円以上の方、また管理職や専門職などの選ばれたハイクラス向けの人の求人に特化した転職エージェントです。

年収1000万円以上の高案件や、高い役職やポジションを確約する非公開求人も多数保有しており、公開求人数だけでも10万件を超えています。

企業だけでなく、およそ2700名の厳選された実績を持つヘッドハンターからのスカウトオファーが受けられます。

受け取れるスカウトは、一般的なスカウトに加えて「プラチナスカウト」と呼ばれる、面談や面接が確約された特別なスカウトもあります。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

リクルートキャリアが運営するハイキャリア層向けの転職サイト。優良なヘッドハンターと連携し、将来を見据えたキャリア形成の支援が受けられる、大幅な年収アップを狙う人向けの転職サービス!

キャリアカーバーは特にITやコンサル・メーカー業界に強く、管理職や役職にすでに就いていて、年収600万円以上のハイキャリア層のビジネスマンにおすすめのエージェントです。

スカウトサービスをメインに行なっているのが特徴で、経歴を登録しておくだけで実績豊富な800名を超えるヘッドハンターからのオファーをもらうことができます。

最近では「顧問求人スカウト」と呼ばれるサービスもスタートし、長年培ってきた知識や経験をフルに生かしながら、副業として他企業で働ける求人を紹介しています。

まとめ

スカウト

今はネットで簡単に求人を探せるたいへん便利な時代になりました。

転職サービス会社では、スカウトサービスを始めとした転職に役立つさまざまなサービスが充実しています。そうしたサービスを上手に活用しながら、効率の良い転職活動を行ないましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事