【ディベロッパーの仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【ディベロッパーの仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

基本設計にも取り組みます。建築上の法規制を調べてどれくらいの規模の建物にするかなどを考えます。そしてプランを描いて行きます。施工監理も行います。事業主として品質が確保されるよう、現場の担当者と定期的にコミュニケーションを図ります。ディベロッパーの平均年収は大体600万円前後になります。平均年収としては高いと考えられます。

ディベロッパーの仕事の種類や特徴とは?

Handsome Male and Beautiful Female Mobile Application Designers Test and Discuss New App Features. They Work on a Personal Computer, in a Creative Office Space they Share with Other Talented People.

ディベロッパーとは、簡単に言うと「開発業者」のことです。再開発事業、大規模な宅地造成やリゾート開発、マンションの分譲、オフィスビルの建設といった事業の主体となる企業や団体のことをディベロッパーや、デベロッパーと言います。

ディベロッパーの仕事ですが、例えば、物件情報の取得を行います。質の良い事業用地を確保することが大切になりますので、街を良く調べて行きます。実際に物件の取得も行います。事業計画を固めて条件を売主に提示して行きます。交渉力が必要となるでしょう。

ディベロッパー業界の転職事情はどうなっているの?

他業界出身者の20代から30代のような人材が、転職において有利な状況にあると考えられています。20代から30代はリーマンショック前後に採用数が減った世代です。

ディベロッパーの会社にはどのような会社があるのでしょうか。

幾つかのディベロッパーの会社に注目してみましょう。

三井不動産

三井不動産

www.mitsuifudosan.co.jp

商業施設事業、ホテル・リゾート事業、不動産ソリューションサービス事業、オフィスビル事業などが行われています。安定的な事業基盤があります。新エリアの開発を積極的に行ってきました。

三菱地所

三菱地所

www.mec.co.jp

収益用不動産の開発、資産運用、余暇施設等の運営、不動産の売買、仲介、コンサルティングなどが行われています。丸の内のオフィスビスマネジメントを強みとしています。海外事業にも積極的に進出し、事業を拡大しています。

東急不動産

東急不動産

www.tokyu-land.co.jp

商業施設事業、住宅事業、商業施設事業などに取り組んでいます。東急東横線、東急田園都市線が乗り入れる渋谷地区、さらには銀座地区の開発が中核の事業となっています。都市部のタウンマネジメントに強みを持っています。

ディベロッパー業界の求人を探すには

ディベロッパー関連業界の求人を探す際に、求人誌などで仕事を探してみるのも確かに1つの方法であると言えるしょう。しかし、もし、インターネットを活用できる環境にあるとすれば、仕事を探す場合に大変便利です。次のようなサイトを活用して、ディベロッパー業界の求人を探してみることもできます。

タウンワーク

タウンワークのサイトも活用できます。タウンワークは、リクルートグループが運営しているサイトとなっています。検索方法ですが、エリアや職種から探すことができる検索機能も用意されています。

例えば、東京でディベロッパー関連の仕事をしたい場合には、関東の「東京」という項目を選びます。すると、東京での仕事を検索できるページに移ります。それから、検索欄に「不動産」とか「ディベロッパー」と入力すれば、東京でのディベロッパー事務所関連の求人を見つけられるかもしれません。タウンワークの情報が更新されるのは毎日朝7時ですので、その頃にアクセスすれば、新鮮度の高い求人を見つけられる可能性があります。こまめにチェックできるでしょう。

BIZREACH

BIZREACH(ビズリーチ)

通常の求人サイトと同じ機能に加え、登録することでヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる年収600万円以上のハイクラス転職に必須の転職サイト!

BIZREACH(ビズリーチ)とは、株式会社ビズリーチが運営しています。

即戦力人材と企業をつなぐ転職サイトです。選ばれた人だけの会員制転職サイト、国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスとなっています。グローバル人材や管理職の可能性を広げて選択肢を増やすことができるようになっています。グローバル人材、次世代リーダー、管理職や専門職などのハイクラス、即戦力に特化した転職サイトです。

BIZREACHは2009年から運営しています。経営幹部、次期社長、幹部候補などの募集の求人を扱っています。年収1,000万円以上の公開求人が10,000件以上ある時もあります。BIZREACHを利用すれば、国内外の一流のヘッドハンターや優良企業が職務経歴書を見て、直接スカウトするということもあり得ます。

BIZREACHは、専門性の高いスキルを持っている方、大手企業などの転職を目指す方、管理職経験者向けの転職サイトであると考えられます。経験を積んでいる方や、キャリアアップを目指す方には良いでしょう。短期的な転職を検討している方よりも、中長期的に転職を考えている方向けの転職サイトであるとも考えられるでしょう。

会員登録は簡単です。現在の年収、メールアドレス、パスワードを入力するだけです。しようと思えば、1分もかけずに登録することができるでしょう。

BIZREACHは国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスではあるものの、登録自体に年収による制限はありません。しかしながら、現在の年収を選択するところでは、一番低い年収の選択肢が、200万円未満とか、300万円未満とかではなく、500万円未満になっています。ハイクラスな感じがこういう部分からも伝わってきます。

探せる職種は、例えば、管理、コンサルタント、IT、経営、営業、マーケティング、電気、化学、機械、金融、化粧品、メディカル、ゲーム、電子など多岐に渡ります。

BIZREACHでは、初期費用、入会金、転職が決まった場合の成約料は支払う必要がありません。年収750万円以上のハイクラス会員と年収750万円未満のタレント会員が用意されており、それぞれに有料会員と無料会員があります。ハイクラス会員の有料会員と無料会員、タレント会員の有料会員と無料会員の4種類です。

ハイクラス会員とタレント会員との違いですが、ハイクラス会員は年収1,000万円以上の求人に応募することができますが、タレント会員は申し込むことができない仕組みになっています。また、タレント会員は、一部のハイクラス専門のヘッドハンターに相談することができないことになっています。

登録段階では無料プランとなっています。会員登録が終わりましたら、希望条件や職務経歴を登録して行きます。これまでの経歴、年収、希望の業種などの登録を行います。この情報を見て、ヘッドハンターなどがスカウトの連絡を入れてくれる場合がありますので、丁寧に作成しておくことができるでしょう。

希望年収については、あまりに高く設定しすぎると、スカウトが減ってしまうこともあり得ます。気をつけたいと思います。もちろん、本当に年収が高い案件があった時だけ、時々スカウトが来れば良いというような状況ならば希望年収を高く設定することもでるでしょう。職務経歴書は審査にかけられて、審査が完了すると、BIZREACH内の求人を閲覧できるようになります。

無料プランでもある程度活用できます。しかしながら、全てのスカウトメッセージを閲覧するためには、有料プランであるプレミアム会員にアップグレードする必要があります。

プレミアム会員になるためには、年収750万円未満のタレント会員の場合、30日間で2,980円(税抜)、90日間で6,980円(税抜)、180日間で9,880円(税抜)の費用がかかります。年収750万円以上のハイクラス会員の場合には、30日間で4,980円(税抜)、90日間で12,940円(税抜)、180日間で19,880円(税抜)となります。

BIZREACHでは、次のような方法で、求人企業とコンタクトをとることができます。1番目の方法は、こちらからコンタクトを取る方法です。BIZREACHでは「あなたと同じ希望職種の人が多く応募している厳選求人」のような求人案内が届くことがありますし、求人情報を検索する機能が使えるので、関心ある求人があれば応募することができます。

さらに、BIZREACHに登録しているヘッドハンターを探すための機能もあります。BIZREACHに求人の掲載は無いものの、そのヘッドハンター自身が企業から預かっている求人があるかもしれません。ヘッドハンターとコンタクトを取り、面談してもらうという方法もあります。

求人企業とコンタクトをとる2番目の方法は、スカウトの連絡を待つという方法です。登録した希望条件や職務経歴は採用側からも閲覧が可能ですので、スカウトの連絡が入る場合もあり得ます。当社の選考に進んでいただきたいという趣旨の連絡となります。このスカウトの連絡は、企業の採用担当者から来ることもあれば、企業から委託を受けたヘッドハンターから来ることもあります。もし関心があれば返信をすることになります。

さらに、時に、興味深い点として、特別なスカウトメッセージ、つまり、面談もしくは面接などが確約されているプラチナスカウトが届くこともあります。プラチナスカウトメールが来るようであれば、自分の市場価値について、職務経歴書上において自信を持つことができるでしょう。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

リクナビNEXTは、リクルートを母体とする「リクルートキャリア」が運営する社会人向けの転職サイトとなっています。無料登録も簡単に行えます。登録の時間は5分ほどになります。

ちょっとした空き時間に登録できてしまうので、便利です。登録内容ですが、例えば、経験した職務やスキル、過去の職歴、氏名、希望条件などを登録することになります。リクナビNEXTは、転職希望者の約8割が利用していると言われています。人気の秘密として、魅力的なサービス内容、そして業界最大級の求人数を挙げることができるでしょう。

リクナビNEXTを運営するリクルートキャリアは、人材紹介のリクルートエージェントや新卒採用に関連したリクナビ就職情報が掲載された「就職ジャーナル」など、人材関係のサービスを提供している大きな企業ですので、リクナビNEXTには、小さな転職サイトではかなわないほどの充実したサービスが提供されています。

リクナビNEXTでは、例えばWeb上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや、便利な機能が充実しています。掲載求人数は約10,000件です。新着や更新の求人は週で考えると毎週1,000件を超えることもあると考えられています。これは、国内の転職サイトの中でもトップクラスに入る数字となっています。

掲載されているバリエーションも、リクナビNEXTの強みであると言えます。様々な業種の求人があり、企業の規模も上場企業、ベンチャー企業、中小企業もあります。気になる求人を開くと、仕事内容などが詳しく書かれています。

リクナビNEXTで求人を探す際には、求人を絞り込むができるようにもなっていますので大変便利です。掲載求人数が多いサイトですと、たくさんありすぎてかえって見るのが大変になってしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、リクナビNEXTは絞込みができるので安心です。例えば、派遣社員か正社員なのかなどの雇用形態、そして希望年収、未経験でも歓迎か、学歴不問かなどのこだわりに沿って、絞り込み可能となっています。

求人を見ていると、この企業は気になるのだけれど、もう少し時間をかけて検討してみたい、まずは、他の企業の情報も吟味したいと思うような時もあることでしょう。リクナビNEXTでは、そのような時に役立つ、「気になるボタン」というボタンもあります。気になるボタンを活用して、情報を保存することができます。

気に入った求人が見つかったなら、ボタンから簡単に応募可能です。応募した後、数日から1週間ほどで書類選考の結果はその企業から届くことになります。もし、事前の断りなくあまりにも書類選考の結果が届くのが遅い場合は、例えば1週間以上届かないような場合には、その企業に問い合わせてみましょう。

さらに、リクナビNEXTには、会社への応募、求人検索ができるだけでなく、スカウトサービスという機能もあります。転職サイトは一般的には自分で仕事を探し、自分から企業に応募して行きますが、このスカウトサービス機能とは、企業の方から登録した人にスカウトが届くサービスです。スカウトサービスを利用するためには、自分の経歴や転職時の希望条件を登録しておきます。企業の担当者がそれを見て、興味を持てば、スカウトメールが届くことになります。

リクナビNEXTから届くスカウトメールには、次の2種類があります。はじめにプライベートオファーです。これは非公開求人です。スキルや職歴に興味を持った企業から送られてくる個別の面接の案内となります。プライベートオファーを受け取ると、書類選考なしで面接を受けることができます。

次にオープンオファーがあります。これは公開求人で、企業から求人情報や会社説明会の案内が届きます。案内された求人に応募すると、そこで、書類選考が行われることになります。いずれにしても、企業の側から興味を持ち、スカウトメールを送付するわけですから、内定の可能性は高いと考えられます。

このスカウトサービスですが、登録内容によっては次々と連絡が届く場合があり得ます。そうなりますと、自分が望んでいるのと違う職種のスカウトメールが次々と届くこともあり得るわけです。その種のスカウトメールを連日のように確認しなければならないとすれば、もしかると、期待外れで面倒だと感じてしまうかもしれません。

逆に、自分が希望していた職種のスカウトメールが見事に届くならやはりとても嬉しいですし、中には希望している職種と異なるスカウトメールがたくさん混ざっていても、たくさんの企業からスカウトメールをもらうことにより自信が湧いてくるということもあり得ます。

たとえ自分が望んでいるのと違う職種のスカウトメールが次々と届いても、それにより新たな自分の可能性について考え、実はその職種が自分に合っていることに気づかされる機会もあり得ることでしょう。

とりわけ、自分が希望していなかった業種の企業から、プライベートオファーが届いた場合、真剣に一考してみることもできるかもしれません。なぜなら、そのプライベートオファーは、企業側が職を探している人へ一斉送信で送ったメールではなくて、自分の経歴などに魅力を感じた企業の人事担当者が個別に送信したメッセージだからです。

その企業にとって、自分が必要とされている人材であることの証拠とも言えるでしょう。自分では真剣に考えたことのない業種であったとしても、考慮してみる価値は十分にあることでしょう。自分自身がわかっていなかった可能性や市場価値に気づく貴重な機会になるかもしれません。

さらに、リクナビNEXTでは、こうした全てのサービスを無料で利用できるので安心です。

こうしたサイトを活用すれば、インターネットでディベロッパー関連業界の求人を見つけることは難しくないと考えられます。サイトを活用し、ディベロッパー関連業界の仕事を見つけてみることができるでしょう。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事