【トラックを使った仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格を解説!

【トラックを使った仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格を解説!

トラックの仕事は、日本の物流を支えている大切な仕事です。トラックの仕事のおかげで、私たちはガソリンや、ネットショッピングで依頼した商品、スーパーやコンビニで食品などを入手することができるからです。そのため、トラックの仕事は目立つ仕事ではないかもしれませんが、私たちの生活になくてはならない仕事と言えるでしょう。この記事ではトラックの運転手はどんな仕事なのか?どんな種類があるのか?どうしたらなることができるのか?などの素朴な疑問に答えていきたいと思います。

トラックの仕事とは?

Front-View of Semi-Truck with Cargo Trailer Driving on a Highway. Hes Speeding Through Industrial Warehouse Area with Sunset in the Background.

トラックの仕事は、日本の物流を支えている大切な仕事です。トラックの仕事のおかげで、私たちはガソリンや、ネットショッピングで依頼した商品、スーパーやコンビニで食品などを入手することができるからです。そのため、トラックの仕事は目立つ仕事ではないかもしれませんが、私たちの生活になくてはならない仕事と言えるでしょう。

トラックの仕事は、車の運転が好きな人や、多くの時間一人であったとしても、時間が苦にならない人に向いています。安全運転で、決められた時間に荷物を配送すれば、休憩も自由にできますし、運転中は一人で自由に過ごすことが可能です。また、日本全国色々なところに行くことができるので、楽しみもあることでしょう。トラックの仕事に就く人の中には、転職してきた方たちもいます。その理由の一つは、自動車運転免許を持っているならば、仕事をすることが可能なことが挙げられます。

また、トラックの仕事は、学歴を求められることはありませんので、体力に自信がある方であれば、仕事を始めやすいことでしょう。事務作業よりも体を動かすことが好きな方であれば、仕事をしやすい職業です。さらに、トラックの仕事は、一人の時間が長いため、人間関係のストレスがあまりありません。このような理由からトラックの仕事に就職、転職している方が多いと言えるでしょう。

トラックは、大型・中型・小型の種類に分けることができます。小型トラックの軽トラック、大型トラックのミキサー車、タンクローリーなど色々な種類があり、運転するトラックの大きさによって必要な免許が違います。トラックの仕事の流れとしてはまず、荷物を荷揚げ場所から荷卸しをし、トラックを運転し、荷物を運ぶのが仕事です。トラック運転手は、運転するだけが仕事ではありません。荷物をトラックへ積むことから始まります。

積み込んだ後、運転中に荷物が落ちないように荷物を固定しなければなりません。荷物を目的地まで運び、到着すると荷卸し作業もします。通常、一人で運転をしますが、お客さんから依頼を受け、荷物を引き取りに行くといったトラックの仕事もあります。トラックで運ぶ荷物も、色々多岐にわたることでしょう。食品や生活用品などの商品を運ぶ宅配便もありますし、木材や危険物に指定されている高圧ガス、そして、危険物に指定されているガソリン、薬品などがあります。

大型トラックの運転手は、高速道路など日本全国を走ることが多く、日本の物流を支えてくれています。それに比べ小型トラックは、集配所から別の集配所の配送などの近距離の運転の仕事が多いようです。ですから、トラック運転手と一言で言っても、トラックの大きさにより、走る距離も違いますし、運ぶものも違うということが分かることでしょう。

小型トラックの仕事

小型トラックは、最大積載量が2,3トンのトラックのことで、2トントラックとも言われています。小型トラックは、小型の荷物を輸送する時に使用されており、大型トラックよりコストが抑えられる利点があります。走行距離も大型トラックに比べ、300㎞ほどなので短いと言えるでしょう。

コンビニエンスストア商品の納品や、個人宅の荷物宅配、集配所間のルート配送、会社や施設などの荷物でよく使用されます。小型トラックは、日中の時間に配送する仕事が多く、一日で完結するケースが多いようです。小型トラックは、普通自動車免許で問題ありませんが、運転経験がない人はまず、助手として車両に慣れることや、配送ルート、業務の流れを把握する必要があるでしょう。

大型トラックや中型トラックで配送されてきた商品を各エリアに分配するために小型トラックが使用されることもあり、ニーズの高い業務とされています。小回りが利くため、都心部は小型トラックをよく見かけることがあることでしょう。

中型トラックの仕事

中型トラックは、4トントラックとも言われており、小型トラックよりも大きいトラックです。中型トラックは、楽器や美術品、割れやすいものなど、壊れやすい商品を輸送するのに適しています。

小型トラックは、普通自動車運転免許で運転することが可能ですが、車両総重量が7.5トン以上11トン未満、最大積載量4.5トン以上6.5トン未満の車を運転する際は、中型自動車免許が必要になります。中型トラックは、荷揚げ場所から荷卸し場所まで荷物を搬送しますが、中距離の搬送になるため、ほとんどが日帰りでできるきる仕事です。

しかし、勤務時間は日中だけでなく、夜勤になるケースもあります。集荷したり、荷卸しの作業をする時には、フォークリフトを使うこともありますが、その場合はフォークリフトの免許が必要になります。

大型トラックの仕事

Big red semi truck on highway

車両総重量が11トン以上になると大型自動車免許を取得する必要があります。大型トラックは、10トントラックとも言われています。大型トラックは、車体も大きく、重量も増えるため、運転する際は、それなりの技術が求められることでしょう。大型トラックは、通常積載できないような長さの商品や、特殊な荷物を運ぶのに適しています。

大型トラックの仕事は、まず依頼をされた荷物を、荷揚げ場所から荷卸し場所まで輸送します。荷卸し場所は遠距離が多く、長距離を走ることになります。往復に数日かかることが多いため、拘束時間は長くなり、仮眠や食事をトラックの中ですることがあります。そのため、車の中で仮眠を取り、サービスエリアなどで休憩を取るなどして、体調を整えながら仕事をこなしていくことになることでしょう。

仕事の特徴や種類を見てみよう!

大型・中型・小型トラックの仕事の中でも、特徴のあるトラックを道路で見かけることがあります。それらの幾つかを見てみましょう。

トレーラーの仕事

Contemporary big rig blue semi truck with high day cab and covered semi trailer for delivery bulk cargo moving on the wide highway with blue sky and little clouds on background

トレーラーは、荷台と運転席の部分が分かれているため、牽引自動車と言われています。トレーラーを運転する際は、大型自動車免許だけでなく、けん引貨物自動車の免許が必要です。トラクタ1台で複数のトレーラーや、形が異なるトレーラーとセットにすることが可能ですから、輸送効率を良くすることが可能です。

海上コンテナを輸送するケースが多く、港から荷物を運び、長距離を運転します。荷台が大きいトレーラーは、トラクターが分離できるようになっているため、一つのトラックでは運ぶことが出来ない大きな荷物や重い荷物をたくさん積み、長距離を走る仕事ができる車のため、高速道路を深夜に走らせることがあります。さらに、危険物を運ぶ仕事もありますので、事故にならないよう、慎重に、安全に運ぶ必要があるでしょう。

ダンプの仕事

大型トラックは、車体の長さがある程度ありますが、ダンプの車体の長さは、それほど長くなく、8mほどです。アスファルトやコンクリート片、砂や砂利などを運ぶ仕事が多く、道路工事や建設現場に荷物を運ぶことが多いでしょう。

荷物の積み込みは、タイヤショベルやユンボで積み込まれます。荷卸しは、荷台が傾いて荷物を滑り落とすため、簡単にできます。ただ、工事中の場所に荷物を出し入れする仕事のため、狭い道にバックで走行するなど、難しい運転技術が求められることでしょう。

クレーン付きトラックの仕事

商品を積み込む際は、フォークリフト・クレーンで摘むことが多く、背の高い荷物を運ぶことが可能です。しかし、高さ制限がありますので、運転する時は気を付けましょう。荷物の中には、建材や石材、木材や銅材などが多く、雨に濡れないようにシートをかぶせて運ぶことがあります。

クレーン操作があるため、移動式クレーンや玉掛けといった資格を取得する必要があります。

宅配運転手の仕事

Woman Signing For Package From Courier At Home

宅配運転手の仕事は、集荷希望の連絡を受け、荷物を引き取りに行ったり、集配所から会社や個人宅に荷物を届けたりします。大手スーパーなどの即日搬送サービスやコンビニエンスストアのルート配送を引き受ける仕事もあります。決まったエリアを担当して仕事をするケースが多く、エリア内で密着して運転する仕事になります。

冷蔵・冷凍車の仕事

冷凍・冷蔵装置が付いており、トラックの荷台が冷蔵庫や冷凍庫のようになっているトラックを運転する仕事です。スーパーやコンビニの冷凍食品や冷蔵食品を運ぶため、工場の倉庫などから搬送し、商品を移動させる仕事が多くみられ、生鮮食品を新鮮のまま運ぶことが可能です。

他にも、魚市場の鮮魚を運ぶ仕事もあります。鮮魚を扱う仕事は、鮮度が大切なため、手早く積み込み、トラックで早く届けるといったスピードが求められることでしょう。

タンクローリーの仕事

タンクローリーは、荷台が液体を運ぶタンクになっており、灯油やガソリン、ガスといった危険物を運ぶ仕事です。危険物を運ぶため、危険物を扱う資格が必要になります。液体を積み込むため、体力を使いませんが、タンクの中を清掃する際は、体力が求められることでしょう。

キャリアカーの仕事

キャリアカーの仕事はトラックで車を運ぶ仕事です。主に、中古車を運びます。オークション会場から落札された車を販売会社にキャリアカーで運んでいきます。車を積み込んだり、荷卸す際は、注意が必要です。

なぜなら、キャリアカーの荷台が車の幅キッチリに作られているので、車にキズを付けないため、積み込みは神経を使うことでしょう。

トラックの仕事に就くための資格

Attractive black guy proudly showing his driver license. All on white background.

トラックの仕事に就くためには、資格が必要です。トラックの大きさによっても違ってきます。中型自動車免許は、普通自動車免許または、大型特殊免許の取得から2年以上経過していなければなりません。

大型自動車免許は、ダンプカーやタンクローリーなど、大型自動車を運転する時に必要です。大型自動車免許を取得するには、普通自動車免許、中型自動車免許、大型特殊免許のいずれかを取得して3年以上経過していなければなりません。適性検査を受け、実技講習を受けます。教官が模範的な運転を教えてくれるので、アドバイスを受けながら車両感覚坂道発進や、S字、クランクなどの訓練を受けます。それから、路上教習に進み、検定を受けます。

教習所の卒業証書を持っていき、試験場で大型免許が交付されることでしょう。普通自動車免許からいきなり、大型免許を取得しようとするのは難しいと思われます。中型自動車免許を取得している方で、数年運転している方であれば、難しくはないでしょう。けん引免許は、車両総重量が750キロを超えるトレーラーなどに必要な免許で、大型免許取得より難しいと思われます。

他にも、運ぶものによって免許が必要になるものがあります。毒物を運ぶには「毒物劇物取扱責任者免許」が必要ですし、ガソリン・軽油などを運ぶには、「危険物取扱者免許」が必要です。高圧ガスを運ぶには、「高圧ガス移動監視者講習の修了」か、「高圧ガス製造保安責任者免状」が必要です。

トラックの仕事が人出不足

トラックの仕事をする運送会社や物流会社は、現在人手不足に陥っています。その理由は、インターネットの通信販売の急成長が挙げられます。商品が家に居ながら手軽に注文できるため、通販を利用する人が増えてきていますので、荷物が増えてきています。

そして、荷物の受け取りもお客様の都合の良い時間に届けるようになってきており、注文翌日の配達や不在時の再配達サービス、時間指定サービスが設けられるようになりました。そのため、ドライバーの仕事量を増やすことになってしまったのです。ですから、ドライバーの労働環境が苛酷になり、人出不足に陥って、新たなドライバーの人材が必要とされてきていると言えるでしょう。

他の理由は、運転手が高齢化になり、ベテラン運転手が退職するケースが増加していることにあります。そのため、若手の運転手の採用や育成に取り組んでいます。学校を卒業した人たちなど未経験者であっても、会社で研修をしたり、免許取得の支援をしてくれるところも増加しています。トラックの運転の仕事が見つけやすく、これからは、男性だけでなく、女性ドライバーも増えてくることでしょう。

トラックの仕事は、運転するトラックの種類によって免許が必要となりますが、必要な免許を取得すれば、その後も取得した免許を活用することができます。さらに、トラックの仕事を長年、安全運転で活躍することにより、転職したとしても良い条件で採用されるなど優遇されることでしょう。

トラックの仕事の平均年収

Dollar bills in glass jar on wooden table. Saving money concept.

トラックの仕事の平均年収は、約393万円となっており、毎月の給料は約25万円~30万円でした。長距離トラックの仕事の年収は、約400万円~750万円、大型トラックの仕事の年収は、約450万円~650万円、中型トラックの仕事の年収は、約450万円~550万円ほどになり、小型トラックの仕事は、年収約300万円~400万円ほどになります。

運送会社や物流会社などによっても年収が異なることでしょう。トラック運転手の給与は、基本的に固定給になりますが、固定給に歩合のケースや、完全歩合制の会社もあります。たくさん荷物を運ぶ場合は歩合制でも問題はありませんが、荷物が少ない場合、収入が減ってしまいます。会社によって年収は異なりますが、トラックの仕事の年収は、普通のサラリーマンの年収と比較して少し下回るのが現状のようです。

トラックの仕事を探すには

Businessman Internet Online Job Search application Concept

労働環境が苛酷なため、トラックの運転手の仕事の待遇を向上させようという動きになってきています。そのため、勤務時間を見直す傾向に傾いてきています。しかし、トラックの仕事は、長距離を運転するなど不規則な生活になりやすいため、楽な仕事ではありません。体が資本ですから、劣悪な環境ではない会社を選ぶことが求められます。

給料だけでなく、待遇や、働きやすさなどもきちんと確認しましょう。トラックの仕事は、万が一事故を起こしてしまう可能性があるため、補償内容も確認します。事故を起こした場合は、補償を会社がきちんとしてくれたり、サポートしてくれるのかを調べておく方が良いでしょう。トラック運転手の仕事を見つけるには、ハローワークで探すことができます。また、運送業のホームページなどで募集がされていますので、見つけやすいでしょう。

良い仕事を探す

自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用することもできます。

まとめ

CDL Commercial Driver Inside of His Truck. Transportation Industry Theme.

トラックの仕事は、日本の物流を支える大切な役割を果たしています。トラックで運ぶ商品や、仕事の業務形態によってトラックの仕事の給料が違ってきます。しかし、トラックの仕事は運転免許を持っていれば、経験がなくても仕事をすることが可能です。

さらに、経験が豊富であれば、給料アップも夢ではないでしょう。人出不足になっている現状で、トラック運転手の待遇が見直されています。転職を考えている方であれば、福利厚生や資格取得援助をしてくれるなど、安心して働ける会社をよく選ぶことは大切です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事