【ドローン関連の仕事】求人の探し方や給料・待遇を解説!

【ドローン関連の仕事】求人の探し方や給料・待遇を解説!

モバイル技術の進歩が進んだことにより、ドローンの活用方法もさまざまなジャンルに広がってきています。ドローン操作を趣味として楽しんでおられる方もいらっしゃることでしょう。ドローン操作は誰でもうまくできるわけではないですし、せっかく好きで楽しんでいるのならいっそのこと、ドローンを仕事にできないか…と考える方もいるかもしれません。近年注目されてきているドローンに焦点を当てて、いま現在ドローンを使ったどんな仕事があるのか、ドローン操作をするにあたって何らかの資格が求められるのか、ドローンを使った仕事をどうやって探せるか、取り上げていきたいと思います。

ドローンを仕事にできる?

drone quadcopter with digital camera

モバイル技術の進歩が進んだことにより、ドローンの活用方法もさまざまなジャンルに広がってきています。ドローン操作を趣味として楽しんでおられる方もいらっしゃることでしょう。

ドローン操作は誰でもうまくできるわけではないですし、せっかく好きで楽しんでいるのならいっそのこと、ドローンを仕事にできないか…と考える方もいるかもしれません。

近年注目されてきているドローンに焦点を当てて、いま現在ドローンを使ったどんな仕事があるのか、ドローン操作をするにあたって何らかの資格が求められるのか、ドローンを使った仕事をどうやって探せるか、取り上げていきたいと思います。

ドローンを使った仕事4選

<映像・空撮関連>

drone aerial photography concept - reviewing aerial pictures of Fort Collins downtown on a digital tablet with a drone rotor and radio control transmitter,

○空撮カメラマン

ドローンを使った仕事として真っ先に思いつくのは、空撮カメラマンではないでしょうか。映像を撮影する新たな撮影方法として、近年では定着しつつあります。

ドローンを使用した撮影は、たとえばCM作成やプロモーションビデオの制作、イベントや番組制作の際に用いられています。

特に広大な大自然を撮影するにはドローンはもってこいですし、自動車やバイクなど、移動する被写体を空中から撮るのにも使われることがあります。

他にも大規模な災害や事故が起きて、近くまで人が近寄れない場合でも、ドローンを使って空中から撮影することができます。ドローンを使うことで、現場の緊迫した状況や被害の様子を鮮明に視聴者に見てもらうことが可能となっています。

海上で行なわれるスポーツの映像や、観光地やテーマパークなどを、どんな角度からも撮れるドローン撮影法は人々の心を掴む最高の映像になるので、これからますます需要は増えていくのではないでしょうか。

<企業での使用>

smart agriculture concept, farmer use infrared in drone with high definition soil mapping while planting,conduct deep soil scan during a tillage pass include organic, ec, om, Nitrogen,seed rate

○測量士

建設現場や土地開発の際の調査などで測量を行なう際に、ドローンを使用する企業は増えています。

ドローンを使うことで、地形を立体的に撮影することができますし、人間が測量を行なうよりも短時間で済むことから、時間や人件費を大幅に少なくすることが可能となっているのです。

今後ドローンの活用の仕方がさらに増えていくことで、ドローンによる測量のニーズはさらに高まっていくと考えられています。

○警備

警備範囲が広い施設やイベントの際に、ドローンを使って警備を行なうことには、かなり有効性があると言われています。

たとえばマラソン大会や大きなイベントの際の不審者の監視や、大きい工場やビル、倉庫などの警備を24時間体制で行なうためにはかなりの警備員を必要としますから、それだけ人件費もかさんできます。

しかしドローンを使用することで、そうした問題の解決を図れる事から、これから警備の分野におけるドローンの開発はさらに高まっていくと考えられているようです。

○農薬散布

農業は高齢化や働き手不足といった問題を抱えています。農作物を害虫から守るうえで必要なのが農薬の散布ですが、農家の人がこれを行ない続けることで健康被害が及ぶ可能性もあります。

最近ではそうしたさまざまな問題を解決するために、農薬散布をドローン操作で行なうケースが増えています。農薬散布のための確かな操縦技術と、高性能に対応できるドローンも開発されています。

農業という仕事が無くなることはないですから、それに対応したドローン技術もますます必要とされていくのではないでしょうか。

ドローン操作に資格は必要か

man playing with the drone. silhouette against the sunset sky

ドローンそのものが近年主流になってきた技術のため、現時点において必要とされる資格や免許はないようです。

しかし、趣味でドローンを飛ばすだけなら資格も免許もいらないとはいえ、ドローンを仕事にするとなれば、雇用主側からしてもどれほどの操縦技術を持っているのか、判断材料となるものが欲しいところではないでしょうか。

それでドローンを仕事にしたいと思っている方におすすめしたいのは、民間の団体によって行なわれているドローンの資格を取得することや、ドローン養成スクールで学ぶことです。

民間の資格なので、資格そのものが効力を発揮するわけではありませんが、何らかのドローンを使った仕事に就く際にどれほどの技術や知識を有しているかを示すものとなります。

ドローンの正確な操作方法を学べるのはもちろんのこと、ドローンを飛ばす際に関わってくる航空法や道路交通法など、さまざまな法律について知ることもできるでしょう。

空撮の技術や、編集のノウハウをオンライン講座で学べる養成スクールもありますから、真剣に仕事にしていきたい人は積極的に習得しておくと良いに違いありません。

ドローンを使った仕事の年収や給与ってどれくらい?

Saudi man counting thousands Saudi Riyal (500 Saudi Riyals)

ドローンは確かに最新の技術法ですし、ドローン操作ができる人もそう多いわけではないので、確かに現時点ではドローンを使えるということはビジネスにおいても役立つかもしれません。

業種や職種によっても年収には違いが出てきます。有名カメラマンだと何千万と稼いでいる人もいるようですが、一般的には年収300万円~600万円と一般的な社会人と同じ程度の年収です。

つまり、ドローンを使えることが高収入につながっているわけではない、ということが見て取れると思います。

さらに言えるのは、ドローンの需要が増えていくことで、これからドローンを使える人も増えてくるでしょうし、そうなるとドローンを操作できるということが、とりたててすごい資格や免許にはならなくなってくるということです。

現在でも、確かに空撮で使われることは多いですが、農薬散布や警備においてはそれほど需要が大きいわけではないというのが現状です。

そう考えると、ドローン一本で仕事をするというよりは、ドローン操作の需要がある企業に就職して、スキルの一つとして活用することが良いと言えるかもしれません。

ドローン関連の求人の探し方

Searching Browsing Internet Data Information Networking Concept / soft focus picture / Vintage concept

ドローンを使った仕事を探したいと思ったなら、どのようにして求人情報を得ることができるでしょうか。

ドローンの仕事といっても業種や職種も様々ですから、いろいろな求人情報を比較して検討したいと思う方も多いことでしょう。

求人を探す方法には下記のようなものを使うと便利です。

・その①クラウドソーシングサービス

このサービスは、仕事を依頼したい側と仕事を請けたい側を、効率よくつないでくれるネット上を利用したサービスのことを言います。

クライアントが依頼したい仕事内容や情報をネット上に掲載し、応募してきた人の中から依頼する人を選んで、業務を委託するのです。誰でも無料で登録できるので、安心して利用できます。

ドローン専門のクラウドソーシングサービスとして人気なのが、「ドローンマスター」と呼ばれる株式会社ディレックが運営するサービスです。

ドローンを使った仕事を探したいと考えている人にとっては、より近道の求人サービスと言えるでしょう。

・その②人材紹介サービス

求人の探し方としてよく利用されているのは、「転職サイト」や「転職エージェント」と呼ばれる人材支援サービスを使う方法です。

「転職サイト」とは、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なう方法です。

転職サイトを見れば、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。また、全国規模で展開している大手の転職サイトもたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一方で転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

何らかの専門的なスキルや資格を持っているなら、せっかくならそうした資格やスキルを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれません。

自分が持っている資格やスキルを役立てられて、なおかつキャリアアップできる会社を独自で見つけるのはなかなか難しい方もいることでしょう。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用なさってください。

では「転職サイト」と「転職エージェント」、それぞれで受けられるサービスや活用方法を取り上げてみたいと思います。

転職サイトで受けられるさまざまなサービス

SEO Internet marketing e-commerce, online banking payment, and VOIP voice over internet protocol technology on mobile smart phone device all app via digital computer communication business service

大手の転職サイトであるなら特に、全国規模で支社を持っていたり、各地の優良求人の情報もたくさん保有しています。

自分で求人を探す方法とは言え、転職サイトの中には就職に役立つたくさんのサービスがありますから、そうしたサービスを積極的に利用しながら、スマートな求人探しを目指しましょう。

各転職サイトによってそれぞれ多少の違いはあるものの、大まかにどんなサービスを提供しているかを取り上げてみます。

<その①WEB履歴書の添削を無料で受けられる>

転職専任のキャリアアドバイザーがWEB履歴書を無料で添削してくれるところもあります。具体的な改善点などをアドバイスしてもらうことで、就職をスムーズに進められることでしょう。

<その②条件にマッチする求人の情報をすぐに見つけることが可能>

希望する条件を設定しておくだけで、条件に合った最新の求人情報が、週に1日か2日メールで更新されて届くので、求人情報を逃すことが無くなります。

<その③検索リストにリマインドしておける>

検索リストに気になった求人をリマインドしておくだけで、忘れずにチャンスをモノにすることができます。それにより、円滑かつスピーディーな応募が可能となります。

<その④スカウトサービスを利用できる>

WEB履歴書を登録しておくと、あなたのスキルや経歴、キャリアを必要とする企業から、直接スカウトのオファーが届くのが「スカウトサービス」と呼ばれるものです。

匿名で利用できるので安心ですし、うまくいけば条件の良い企業に就職できる可能性も開けるので、積極的に活用しましょう。

<その⑤セミナーなど転職に役立つサービスが満載>

転職するのに役立つセミナーを随時開催している支援会社がたくさんあります。転職に役立つノウハウを、転職のプロから無料で直接伝授してもらうことができます。

転職サイトを有効活用するために

○気になる求人にはどんどんアプローチしよう

ドローン関連の仕事の求人も、転職サイトには多数掲載されています。

たとえ経験が少ないとしても、自分で気になる求人があるなら積極的にアプローチしてみてください。

求人情報は気軽に検索できますし、会員登録も手軽にできるようになっています。サイト上に職務経歴や、自己PR、志望動機などを登録することで、複数の気になる求人にすぐにアプローチできます。

○ウエブから転職ノウハウに役立つ情報を得よう

転職エージェントのように、キャリアアドバイザーと直接対面してアドバイスをもらうことはできませんが、履歴書の添削や面接対策に役立つノウハウを、ウエブサイトから知ることができます。

ノウハウを知ったうえで、自分で就職対策ができますし、書類選考の通過率アップにもつながるので、積極的に活用してみてください。

転職エージェントの利用方法とは

Above, top view of successful contract, owners of flat celebrate ownership, sitting in workplace, workstation, wearing suits, men shaking hands, woman congrats, applaud to them, it is successful deal

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

地方に支店を置いているエージェントはなかなか少ないですが、今は電話やメールでやり取りができますし、都市部で個別相談会を開催してくれるエージェントも多いので、そうした情報をチェックしておくようにしましょう。

面談では、現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験やスキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらうことになります。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい求人が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、ドローンの仕事に特化したエージェントに登録すれば、その道に詳しいコンサルタントのサポートを受けられるので、自分の希望や条件に見合う企業に関する情報を入手できる近道になります。

ドローンビジネスに特化しているエージェントには、「スカイエージェント」や「ドローンエージェント」などがあります。ぜひ利用なさってみてください。

まとめ

Construction worker piloting drone at building site. video surveillance or industrial inspection

ドローンを使った仕事のジャンルは、技術の進歩や開発と共にますます広がっていくと考えられます。自分の好きなことを仕事にできたらなおのこと、やりがいがありますよね。

ドローンの仕事に興味がある、自分の持っている技術を仕事に活かしたいと考えているのであれば、さまざまな求人サービスを活用するなどして、新しい仕事にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事