ハローワークは転職活動に有効か?メリットとデメリットを解説!

ハローワークは転職活動に有効か?メリットとデメリットを解説!

公共職業安定所の愛称と知られているハローワークは、厚生労働省が管轄をしている機関です。主に仕事に関する事務を扱っています。もちろん転職活動にも有効に活用できます。その仕組み、メリット・デメリットを解説します!

ハローワークで転職活動はできる?

転職サポート

公共職業安定所の愛称と知られているハローワークは、厚生労働省が管轄をしている機関です。主に仕事に関する事務を扱っています。

それには仕事を探している方に仕事を紹介したり、仕事に就くために相談をしたり、失業保険の交付をするなどさまざまなサービスを提供しています。また企業に対しては、人材募集の求人を受け付けたり、人材募集をサポートしたりしています。

ハローワークと聞くと、失業している人が行く場所、と思われている方もいますが、仕事を探している転職活動中の方でも利用することができます。

では、ハローワークを利用して転職活動を成功へと導くことができるのでしょうか?

ハローワークを利用した転職のメリットとは?

ハローワークを利用した転職にマイナス印象を持っている方もいますが、ハローワークには転職エージェントや転職サイトにはない魅力があります。なので、ハローワークのメリットを知って上手に利用するなら、転職を成功させることができます。

では、ハローワークにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ハローワークは地元の求人案件に強い。

ハローワークは、地元の求人案件に強いというメリットがあります。なぜなら、ハローワークが職業安定法に基づいて運用されているからです。それは、”求職者が就職をする際に、住所の変更を必要としない職業を紹介しなければならない”というものです。

そのため、自分の住んでいる場所を管轄しているハローワークを利用するなら、基本的に今の住所から近い場所にある企業を紹介してくれます。

ハローワークは全国にあるので、全国の求人をチェックすることも可能です。地元で就職したい方や、特定の地域で転職したいという方にとって、求人を見つけやすいと言えるでしょう。

採用されやすい。

ハローワークの求人案件は、比較的競争率の低い求人が多い傾向にあります。

そのため、転職サイトや転職エージェントを利用するよりも採用される確率が高いと言えるでしょう。

求人案件数が豊富。

ハローワークは、転職エージェントや転職サイトとは異なり、企業側は無料で求人案件を出すことができます。

またハローワークは全国に540ヵ所以上の拠点を持っているため、求人案件数が転職エージェントや転職サイトと比較するとかなり豊富に扱っています。

無料で職業訓練の相談や自己分析相談など受けることができる。

ハローワークは求人を紹介するだけでなく、職業訓練のあっせんや自己分析なども無料でサービスを提供しています。

なので、職業訓練を受けてから転職先を見つけることもできますし、自分の強みが分からない方は自己分析の方法を教えてもらうことができるでしょう。

転職に関して相談することができる。

ハローワークには、さまざまなタイプの相談員が在籍しています。転職エージェントを利用する際にも同様のことが言えますが、在籍している相談員の質がすべて良いという保証はありません。自分との相性という問題もあります。

しかし、自分と気の合う相談員に会うことができれば、転職やキャリアに関する相談を本音ですることができるでしょう。また相談員の多くは地元の企業に精通していますので、他では得ることができない情報を収集することもできるでしょう。

一方、質の悪い相談員もいるので、自分と相性が合わない・・と感じるなら、相談員を変更してもらうことができるでしょう。

パソコンやスマホがなくても転職活動ができる。

転職サイトや転職エージェントでは、パソコンやスマホを利用することが転職活動には欠かすことができません。

しかし、ハローワークの場合、ハローワーク内に設置されている端末を利用して自分に合った求人を探し、応募することができます。なので、パソコンやスマホを持っていない方でも転職活動をすることができます。

合否を必ず知ることができる。

ハローワークで応募した求人案件は、必ず合否を通知してくれます。転職エージェントや転職サイトの場合、応募してもその結果が通知されない・・ということもよくありますが、ハローワークではそのようなことはありません。

なので、気持ちの切り替えがしやすく、効率よく転職活動を進めていくことができるでしょう。

女性専用のハローワークがある。

女性のカウンセラーに相談したいという方は、女性専用のハローワーク「マザーズ(レディース)ハローワーク」を利用することができます。子育て中の方でも安心して利用することができるよう、キッズコーナーや授乳室などが設けられています。

また専任カウンセラーとは完全予約制で相談をすることが可能となっています。

子育て中の方はもちろん、仕事を探している女性の方なら誰でも利用することができます。

ハローワークを利用した転職のデメリットとは?

待遇の良い求人案件が少ない。

採用されやすいというメリットがある反面、競争率の低い求人案件が多い、つまり、待遇の良い求人が少ない傾向にあります。大手企業の求人はほとんど扱っておらず。ほとんどが中小企業の求人となっています。

なので、もし大手企業の転職や、待遇の良い企業への転職を希望するなら、転職サイトや転職エージェントを利用することができるかもしれません。

募集要項と求人内容に差がある。

ハローワークは無料で求人を掲載することができます。そのため、募集要項と実際の業務内容が異なっている、ということもよくあるようです。

これは、ハローワークが採用している求人票掲載システムにより、異なった情報となってしまうと言われています。その理由は、ハローワークの求人掲載はブラック企業を阻止するため労働基準法違反の企業は掲載することができないため、募集要項と求人内容に差がでているようです。

質の悪い相談員がいる。

ハローワークには質の良い相談員がいる一方、質の悪い相談員もいます。つまり、相談員によって対応が異なる、ということです。

なので、もし相談員と相性が合わないと感じるなら、担当を変えてもらうことができるでしょう。

自分で転職活動をする必要がある。

転職サイトや転職エージェントでは、スカウトメールなど自分に合った求人をメールで連絡してくれるサービスがありますが、ハローワークではそのようなサービスを提供していません。なので、自分で求人を探す必要があります。

画像による情報が少ない。

ハローワークの求人情報は転職サイトや転職エージェントと比較すると、比較的写真などの画像による情報が少ない傾向にあります。なので、会社の雰囲気を知ることが難しく感じるかもしれません。

ハローワークに利用の流れとは?

ハローワークを利用して転職活動を行う場合、どのような流れで進めていくことができるでしょうか?

1、総合窓口で相談する。

初めてハローワークを利用する方にとってハローワークは未知の世界です。

まず最初に総合受付へ行くことができます。ハローワークは、多くの方がさまざまな目的で訪問しています。それには仕事を探しに来た方、雇用保険の手続きにきた方、カウンセラー相談にきた方、人材募集の申し込みに来た企業の方などがいることでしょう。

なので、まずは総合窓口に行き、来た目的を伝えるなら、どの窓口に行けばよいか教えてくれます。

2、求職申し込み書を記入する。

ハローワークで転職活動を行う際には、「求職申込書」という申請書を記入して提出することが求められています。受付でもらうことができます。これには氏名、住所、性別、今までの職歴、希望する職種、希望条件などを細かく記入する必要があります。

それに基づいて、転職活動を進めていく大切な情報となるので、正しく丁寧に正確な情報を記入するようにしましょう。

3、ハローワークカードを受け取る。

記入した「求職申込書」を窓口に提出すると、ハローワークカードが発行されます。このカードは、ハローワーク全国で使用することができる、自分の情報が入っている証明書です。

ハローワークを訪問する際には、いつも持参します。

4、自分に合ったサービスを選ぶ。

ハローワークは、公共機関なので、すべてのサービスを無料で利用することができます。

それには希望する職種は業界のコーナー、応募者の年齢や状況に合わせたコーナー、若い人向けのコーナー、シングルマザー向けのコーナーなどあります。

5、自分に合った求人を探す。

ハローワークに設置してある”求人検索機”を1人1台利用することができます。それを利用し、自分に合った求人を自由に探すことができます。。

6、職業を紹介してもらう。

自分に合った求人を探すことができたら、職業相談窓口で、その求人を紹介してもらいます。

職業相談窓口では、相談員が応募先企業へ連絡をし、面接日や条件の確認などをしてくれます。企業によっては、求人票に連絡先が掲載されているので自分で直接連絡することが可能な場合もありますが、ハローワークを介して応募する方が確実な手段と言えるでしょう。

7、職業相談をする。

職業相談では、相談員は履歴書や職務経歴書の内容をチェックしてくれます。また仕事探しをしている段階の方は、どのような仕事があるか相談することもできます。

ハローワークで提供している無料の転職サービス

ハローワークではさまざまなサービスを提供しているので、自分に合ったものを見つけて積極的に利用することが出来るでしょう。

提供しているサービスには以下のようなものがあります。

適性診断

ハローワークの中には、予約をすることで適性診断をしてくれるところもあります。それを受けることで、結果を見ながら専門のカウンセラーが、自分に合った適切な仕事を探してくれます。

職業訓練

ハローワークは仕事を探している方を対象に、無料の職業訓練を実施しています。失業中に資格を取得したり、専門的な知識を身につけておくなら、応募したい企業の選択肢を増やすことができるでしょう。

どんな訓練を受けることができるかは、各ハローワークにて内容が異なっていますので、興味がある方は相談してみることができるでしょう。

就職セミナーや合同説明会への参加

ハローワークでは、就職セミナーや合同説明会を開催しており、誰でも自由に参加することができます。

就職セミナーでは、応募書類として必要な履歴書や職務経歴書の書き方を学ぶことができたり、コミュニケーション能力スキルをアップさせる講座や、パソコン講座などさまざまなセミナーが開催されています。

また複数の企業が同時に集まり、説明を受けることができる合同面接会も開催されています。

ハローワークで良い求人を探す方法

ハローワークに求人には、いわゆるブラック企業と言われる求人もある、という噂もあります。

では、ハローワークを利用して転職活動を行う場合、どのように質の良い求人を探すことができるでしょうか?

毎回、募集が掲載されている求人案件は要注意

数多くある求人案件の中で、毎回同じ内容で募集をし掲載している企業もあります。このような求人案件は、人の出入りが激しく、何らかの理由が考えられます。

ですから、何度も掲載されている求人は避けるようにしましょう。

優秀で質の良い相談員を見極めること。

ハローワークの相談員の質はピンキリです。熱心に相談にのってくれる人もいれば、悪質な対応をする人もいます。なので、しっかりと対応してくれる相談員を見極め利用しましょう。

譲れない条件は面接で必ず確認すること。

ハローワークの求人案件は、募集要項と実際の業務内容が異なっている、ということがよくあります。入社後、後悔することがないように、面接の際には募集要項の内容についてしっかり確認することを忘れないようにしましょう。

しかし、面接の限られた時間内ですべてを確認することは難しいので、自分がどうしても譲ることができない条件だけに絞って確認することができるかもしれません。

口コミサイトを利用してみる。

WEB上の口コミサイトで、応募したい企業を検索し、情報を収集することができます。企業のリアルな口コミが良さられているサイトは、たいてい登録をする必要がありますが、元社員などが寄せている口コミなので、信ぴょう性のあるものとして受け止めることができます。

企業内の雰囲気やリアルな実態を知ることができるので、口コミサイトを利用し情報を収集することができるでしょう。

ハローワークの求人でホワイト企業を見極める方法

上記の点にも少し関連がありますが、ホワイト企業の特徴を念頭にいれておくなら、質の良い求人を探すことも容易となるでしょう。

ホワイト企業には、以下のような特徴があります。

年間休日が120日以上

ハローワークを利用して質の良いホワイト求人を見つけるために、ヒントとなるのが「年間休日」と「完全週休二日制」という2つのキーワードです。

年間休日が120日以上と記載されているなら、ホワイト企業である可能性が高くなります。年間120日以上の休日には、土日祝日の休みと大型連休や年末年始などの休みが含まれることでしょう。(サービス業の場合は、土日ではなく平日2日休みになります。)

賞与額

ホワイト企業かどうかを見極めるために、賞与額を確認してみましょう。4か月以上の賞与額がでるならホワイト企業である可能性が高いです。特に中小企業で4ヶ月以上の賞与額がでるということは、親会社が大きいという証拠なので安心することができるでしょう。

4ヶ月まではでなくても、2ヶ月以上でるなら、ブラック企業の可能性は低いでしょう。

ホームページ

ハローワークの求人票だけでは、どのような企業なのかを知ることができません。ですから、必ずホームページで確認するようにしましょう。

そうすることで、会社の概要や扱っている商品なども確認することができるでしょう。特に扱っている商品が、特許などを取得しているなら、安心して応募することができる要素となるでしょう。

また会社の幹部の名前もホームページで確認してみましょう。もし幹部の名前に同じ苗字が連続しているなら、身内の可能性がとても高く、家族で経営していることが予想されます。家族経営は、トラブルを引き起こしやすいのでもし可能なら控えることができるでしょう。

取引先

応募先企業の取引先を確認するなら、その会社の状況をある程度、判断することができます。

社風や雰囲気

ホワイト企業かブラック企業か見極めるうえで、働いている社員の雰囲気を見抜くことが一番難しいと言えるでしょう。

なので、面接の際に接する採用担当者の雰囲気や居心地の良さなどから感じとることができるかもしれません。

まとめ

ハローワークを利用した転職活動には、転職サイトや転職エージェントにはないメリットを得ることもできますが、デメリットもありますので、注意しながら上手に活用する必要があります。

ハローワークだけを利用して転職活動を進めることももちろんできますが、もし可能なら転職サイトや転職エージェントを利用するなど他の方法も取り入れながらハローワークとバランスを保って併用し、活用していくことができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事