【ビルメンテナンスの仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格を解説!

【ビルメンテナンスの仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格を解説!

ビルメンテナンスの求人募集をよく見かけますね。しかし、漠然とは分かっていても実際にはどのような仕事なのでしょうか?求人では「安定した仕事です」とか「比較的簡単な仕事です」などのうたい文句が書かれていますが、果たして本当なのでしょうか? どんな仕事で、給料はどのくらいなのか。どのような人が向いているのか、どうしたらなれるのかなどを詳しく見ていきましょう。

ビルメンテナンスとはどのような仕事か

Plumber equipment on light background

ビルメンテナンスは主に、百貨店や映画館、複数の事務所が入っているようなオフィスビルなどの大型の建物の管理です。そうしたビルを利用する方が快適に利用できるようにビルの 設備などを管理、メンテナンスするのが仕事となります。

ビルには様々な施設があり、それらを安全に衛生的に使用してもらう為には的確な管理が欠かせません。電気設備、ボイラー設備、動力設備など専門分野としてメンテナンス作業を実施する業者の方もおられます。以前までは、ビル管理というのは故障が見つかるとメンテナンス業者に連絡することが仕事の一つでしたが、最近では管理者自身も資格を持って日常的な点検やメンテナンスを行なうようになっています。

では、具体的な仕事内容をご紹介します。

ビル設備の保守点検

先ほども取り上げたように主な仕事は、ビルの点検やメンテナンスをすることです。それには、電気や水道、空調などが含まれます。また、排水口のつまり、蛍光灯が切れた、空調の効きが悪い、水が出ないなど使用者から来た要望に応じて、点検したり修理を行ないます。管理者が行なう時もありますし、専門の業者を呼んで対応することもあります。

また、ビル管理法に指定されているビルであれば、定期的な水や空気の調査、貯水槽の掃除、害虫駆除なども行います。自分で行なうというよりも、こうした部分は専門業者に依頼し検査したり、立ち会ったりします。定期的な見回りも欠かせません。

テナントや業者との折り合いをつける

ビルの一部を貸りている店舗やお店などをテナントと言います。そうしたテナントがビルに対して要望があればビルを管理している人に申し出ます。要望を聞いたビル管理者は自分で対応できるところは応じたり、またはビルのオーナーに伝えて指示を仰ぎます。しかし、中には難しい要望もありますので、そうした時にはオーナーとテナントとの間に入って折り合いをつける必要があります。そのため、相当のコミュニケーション能力が求められます。

他にも、ビルの大掛かりな修繕や清掃などは業者に依頼しますが、その折り合いもビル管理者が行ないます。立ち会っているだけでよいところもありますが、交渉したり、必要であれば他の業者に依頼したりすることもあります。

主な仕事を取り上げました。では、なぜビルメンテナンスが就職先としておススメなのでしょうか?見てみましょう。

ビルメンテナンスの仕事がオススメできる点

Young optimistic man isolated on grey background showing thump up with positive emotions of content and happiness. Concept of satisfaction with quality and recommendation

ビルメンテナンスの職業がなぜオススメできるのか、3つのメリットについて考えてみましょう!

安泰の職業

今は安泰だと思われていた職業でも、コスト削減の為にリストラにあってしまったり、会社自体が潰れてしまったりと安泰な職業と言えるものはあまりありません。しかし、ビルメンテナンスという職業はビルがある限り仕事や職場がなくなるということはありません。全国的に見て、ビル建設は増える一方です。また、劣化し補修が必要なビルも相当ありますし、建て替えや増設するビルもあります。

ですから、物件も作業も途切れることなくあり、そうしたビル管理という仕事は、安定した職業と言えるでしょう。

肉体労働が比較的少ない

ビルメンテナンスの仕事というのは、管理会社やオーナーからビルの清掃、修復、水道や電気などの依頼を受けて、専門の業者へと発注する仕事です。ですから、橋渡しの様な仕事ですね。実際に作業には立ち会う必要がある時もありますが、自分で作業するということはほとんどありません。

ですから、力仕事ではないので年齢問わずどの年代でも働ける仕事となっています。そのため、年配の方や体力に自身のない方、また女性でもできる人気の仕事です。

定時で帰れること

ビルメンテナンスは管理会社、オーナーなどと業者の間に入っての仕事がほとんどですので、業者の業務時間外に就業時間になることはほとんどありません。ですから、夜中まで残って仕事というのはないでしょう。

また、ビル自体のトラブルが少ない所なら、作業することも比較的少ないので残業してまで仕事をするということもないでしょう。

メリットを書いてきましたが、注意すべき点もあります。どんなことでしょうか?

ビルメンテナンスの職業で気をつけるべきこと

Top view of a man stands on industrial striped asphalt floor with warning yellow black caution pattern.

メリットが多いので楽な職業かも!と思われる方も多いかもしれません。しかし、注意するべき点もあります。

相当のコミュニケーション能力、交渉力が必要

橋渡しの仕事と言えますので、すんなり交渉が進む時には比較的順調かもしれませんが、時にはオーナーと業者の間で板挟みとなってしまうということもあるかもしれません。オーナーや管理者からの要望を業者にお願いしても、業者の方が難色を示すかもしれません。そうなった場合には交渉しなければなりませんし、時には新しい提案などをする必要もあります。

こうした場面で必要となってくるのが、コミュニケーション能力、つまり交渉力です。こうした力がないとそのまま業者の言いなりになってしまったりして、オーナーや管理者の要望に応えられないという問題も出てきてしまうかもしれません。

時には無理難題を押し付けられることもあります。マニュアル通りにいかないこともたくさんあります。頼んだ業者で解決できなければ他の業者を探して依頼するということもあるでしょう。

また、スケジュール調整も行わなければいけませんので、スケジュール管理能力も必要です。

このように自分の仕事だけでなく、業者などのマネージメントも行ないますから、問題をいち早く察知して、対応する為に的確な指示を与えられる人でなければなりません。

資格が必要な場合もある

企業によっては、ビルメンテナンス業務を行なうための資格が必要となる場合があります。例えば、電気や水道に関するトラブルには業者でなく自分で直すように言われる所もあります。

詳しい資格については後で取り上げたいと思いますが、資格を保有していないと作業できない仕事もありますので、就職する前にどのような資格が必要なのか確認しておく必要があります。そうしないと、もともと資格を取る気は無かったのに、資格を取らなくてはいけない立場になってしまったという事にもなり得ます。

残業が増えることもある

先程、ビルメンテナンスの仕事がオススメの理由に「定時で帰れる」とあったのに、何で?と思われるかもしれません。それは、あくまでも必要な作業は業者が行ない、それに立ち会う仕事内容のみを求められているのであればです。

自分で修理したり何かの作業をしたりする場合には、それが業者の営業時間外のトラブルであれば、自分で解決しなければならなくなります。そうなってしまうと、定時では帰れず遅くまで作業…ということにもなってしまうかもしれません。

では、ビルメンテナンスの仕事につく為にはどのような資格が必要なのでしょうか?詳しく見てみましょう。

ビルメンテナンスに必要な資格とは

基本的にビルメンテナンスの仕事に資格はいりません。無資格でも就業することができます。しかし、無資格の場合には行なうことのできる仕事が限られてしまう為に資格を取得した方が有利と言えます。

ビルメンテナンスの仕事につく為に必要な資格は「ビルメン4点セット」と「ビルメン上位資格」があります。

まずは、比較的優しく取得できる「ビルメン4点セット」をみてみましょう。

ビルメン4点セット

Young adult electrician builder engineer screwing equipment in fuse box

「第二種電気工事士」

電気設備の工事や保守点検には資格がないと作業できません。蛍光灯を変えたり、家電を設置したりするだけでなく、修理などもビルメンテナンスに求める企業もありますので、電気関係の資格を取得しておくことは有利となります。この資格を取得すると一般家庭、小規模商店、600v以下で受電する電気設備の電気工事をすることができます

この資格は実務経験がなくても、誰でも受験できますので取得していくことをオススメします。

「二級ボイラー技士」

ビルに使われている熱源はボイラーがほとんどです。ですから、ボイラー技士の資格を取得しておくならば、取り扱いや点検、安全管理などを行なうことができます。ボイラーを使っていない企業でも、ボイラー技士の免許を持っている人を積極的に採用するというところも多いようです。

「危険物取扱者乙種4類」

この資格はガソリンや軽油などの引火性液体を取り扱うことのできる資格です。引火性液体というのは一歩間違えれば大きな事故につながってしまうため、正しく使用し管理することが大切となってきます。そのため、ビルメンテナンスの仕事では、ボイラーの燃料に重油が使用されていますので、資格を取得することが求められている資格です。

「第三種冷凍機械責任者」

この資格は1日の冷凍能力が100トン未満の製造施設で製造に関わる保守点検を行なうものです。高圧ガスを安全に使用し、管理し、安全を守ることが主な仕事です。

最近ではこの資格を不要とする企業が増えています。しかし、空調設備の不具合で業者にみてもらったとき説明を受けても意味が分からなければ恥ずかしいですよね。ですから、ビルメンテナンス者としては少しでも知識をつける為にこの資格を取る必要があるのかもしれません。

ビルメン上位資格

Electrical and instrument technician maintenance electric system at oil and gas processing platform

他にも「ビルメン上位資格」というものもあります。

これは、一般的なレベルよりも難易度が高く、取得するのが難しい資格のことです。資格を取るのは難しいですが、取得してしまえば扱うことのできる仕事内容が増える為に、企業から見れば重宝する人物となることができます。また、待遇アップにもつながりますので、有利と言えます。

ビルメン上位資格には「消防設備士」というものがあります。

消防設備士とは消化設備の設置工事、保守点検などを行なう事のできる資格です。例えば、スプリンクラー、消化器、自動火災報知器などが正常に作動しているか管理します。災害時には、消化活動を行ない、建物の被害を最小限に止めるようにする事も仕事の一部です。

他にも「建築環境衛生管理技術者」があります。

これは、通称ビル管理士と言われている資格です。この資格は建物の環境衛生の維持管理を行なうものです。ビルの環境衛生を保ち、快適に過ごせるようにするのが仕事です。

面積が3000平方メートル以上あるビルはこの資格保持者を一人専任しなければいけません。この資格を取得している人はビル管理の責任者になることもあります。

ですから、ビルメンテナンスの仕事をずっと続けていきたいと思われている方は、この資格を取得なさることをオススメします。この資格を受験するには2年以上の実務経験が必要となってくるために、まずは電気や熱源に感する資格を取得してから、ビルメンテナンスの仕事をして、それからこの建築物環境衛生管理技術者の資格の取得を目指してみるといいでしょう。

「第三種電気主任技術者」

この資格は50,000v未満の自家用電気工作物のの保安管理を行う時に必要なものです。電気工作物の安全な使用と維持や管理に努めること、啓発活動を行なうことが主な仕事です。

この資格は企業からの需要が高く、就職に有利になります。

「エネルギー管理士」

エネルギーの使用の合理化を推進するための資格です。エネルギーを消費する設備の維持管理、エネルギーの使用方法の改善と監視が主な仕事です。企業は常にエネルギーの効率を高めたり安全に管理することを求めていますので、この資格も転職や就職に有利なものと言えます。

こうした資格は取得しておいた方が勿論良いのですが、先ほども述べたよう資格がなくてもビルメンテナンスの仕事に就くことは可能です。ビルメンテナンスの仕事に就いた後に少しずつ学び必要な資格を取得するということもいいと思います。

では、実際にビルメンテナンスの職に就職したり転職する際、面接でどのようにアピールできるかを考えていきましょう。

アピールする方法

ビルメンテナンス業界で働いてみたいと思った時にやるべきことは、まずは書類選考を通過する為に志望動機を考え、必要な資格を取得する為の手順を把握すること、コミュニケーション能力があることを伝えること、この3つが必要です。一つずつ考えてみましょう。

「志望動機」

どのような志望動機を記載すれば目に止まるでしょうか?志望動機をパッと言えるということはあまりないかもしれません。仕事が楽そうとか、仕事が安定性があるから…では志望動機としてはあまり良いとは言えないでしょう。

手に職をつけたいからという動機であれば良いかもしれません。手に職をつけたい=長期で働けるということになるからです。多くの経験を積んで、ビルメンテナンスのプロフェッショナルになりたいというなら、好印象を与える志望動機だと言えます。

「資格を取得する手順を考える」

先ほども、資格について書きました。資格が必要でない企業であっても、資格を持っているということでアピールにもなりますし、資格手当がつくところもあります。一つでもビルメンテナンスに役立つ資格を取得しておくと、就職に対する本気度が伝わります。

その為にはいつまでにどの資格を取るのか、就職する前か、または就職後かなど考えて順序よく取得する必要があるでしょう。

「コミュニケーション力、交渉力」

先ほども、ビルメンテナンスの業務にはコミュニケーション力、交渉力が必要と書きました。ビルメンテナンスの経験がなかったり、資格を持っていないならコミュニケーション力と交渉力があることをアピールしていく必要があります。

例えば、人と話している時に相手を不快にさせない言葉選びができるとか、相手を納得させる交渉術があるなど最大限にアピールしましょう。営業職などの経験がある人は重宝されますので、履歴書にその経歴を書いて面接で説明できるようにしておきましょう。

営業職に就いたことのない人でも、他の仕事場でスケジュール管理を任されていたとか、接客業の時にお客様とのコミュニケーションをよくとっていたなど、しっかりと自分をアピールできるように準備しましょう。

まとめ

Portrait of an industrial worker in a factory

ビルメンテナンスがどのような業種で、どのように就業できるかお分りいただけたでしょうか?

決して華やかな職業ではありませんが、建物の中にいる多くの人たちの福祉を図り、ひとびとが快適に過ごせるための大切な職業だということが分かりましたね。ビルメンテナンスは非常にやりがいの多い仕事だと言えますから、是非興味のある方は目指していただきたいと思います。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事