【ファッション関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【ファッション関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

ファッション関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、ファッション関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。初めてファッション・アパレルという言葉を聞かれた方も、ファッション関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

ファッション関連の仕事の種類や特徴とは?

Cool hipster student woman wearing eyewear glasses . Caucasian female university student looking at camera smiling happy.

ファッション関連の仕事は多岐に渡ります。ファッションデザイナー、ファッションコーディネーター、和裁士、着付け師など様々です。衣食住は人が生きていくために欠かせないものですが、その中の「衣」に関係するのがファッション業界です。

生活の中で「衣」がなくなるということはないと思われますので、ファッションの仕事が一切なくなるということは考えにくいです。では、多岐に渡る仕事の中で、例えば、ファッションデザイナーはどのような仕事をするのでしょうか。ファッションデザイナーは、洋服や靴、バックなどをデザインする仕事をします。そこからヒットする商品が生み出される場合があります。市場の動向を把握して、必要としているファッションを提案していくことが必要になってきます。

コミュニケーションの高さが鍵となるケースが多い

Communication concept. Hand with marker writing

どんな服が必要か、マーケティングを行い、その情報をもとにして、色や素材を考慮したデザイン画を作成します。それから、裁断、縫製を経て完成へと近づいてゆくことになります。

ファッションデザイナーのほとんどは、繊維メーカーやアパレルメーカーに勤務し、勤務しいている会社の製品作りを担っています。多くのファッションデザイナーは企業の中で契約社員や会社員として働いています。実際のところ、自分のブランドを立ち上げ成功するファッションデザイナーはごく一部なのです。

デザイナーセンスがあればキャリアアップが可能

なかなか人気商品を生み出せないなら、ファッションデザイナーとしての能力を評価してもらえず、ある時点でキャリアが止まってしまうということもあり得ます。一方、最初は下積みからですが、頭角を現して大きな仕事に取り組むようになれば、世界的に有名なファッションデザイナーになれる可能性もあります。

次に、アパレル店員はどのような仕事をしているのでしょうか。アパレル店員は、アパレルショップでお客様に洋服を販売する仕事をしています。そして、仕事の一環として、レジ業務、試着のサポート、洋服選びをしているお客様へのアドバイスなども行います。さらには、快適に洋服選びを行っていただくために、洋服をたたみ直したり、店内の掃除をしたりと商品を整理することも欠かすことができません。在庫を管理したり、ディスプレイを管理したり、検品作業やタグ付けなども行います。

最初は店員としてスタートするとしても、経験を積んで行く中で、店長やマネージャーになることもあります。そうした立場になると、商品の管理や接客のみならず、スタッフを教育し、毎月の売り上げ目標を立てたりと、店舗運営に直接関わる仕事に携わることもあります。

心地よくお客様に買い物をしていただくために、コミュニケーション能力を磨いたり、お店で扱っている商品の知識を十分に取り入れたりする努力が必要となります。

ファッション関連の仕事では、どの位の給料をもらえるのでしょうか。

A man and a women hands hold a money bags in the public park for loans to planned investment in the future concept.

ファッションデザイナーの給料

憧れの職業のわりには、それほど待遇が良いわけではありません。例えばファッションデザイナーで、20代ですと、平均的な年収は300から400万円ほどとなります。時間が不規則であったり、就業時間が長いわりには、それほど年収が高いわけではないと言えるでしょう。

そして、ファッション業界の関係者と対等に付き合って行くためには、ある程度のブランドの服も揃える必要が生じるかもしれません。それで、給料の割には、出てゆく出費が多くなる場合がありますので、その点も留意しておく必要があります。

企業勤めのファッションデザイナーではなく、フリーで活躍しているファッションデザイナーの中には、年収が数千万円以上になる方もいます。実力が認められ、ブランドが大成功すれば数億円の年収になる可能性もあります。

アパレル店員の給料

他の業界と比べて高くはありません。首都圏の人気ショップでも時給900円程度、首都圏以外ではもっと額が低くなることもあります。正社員の初任給は月給17万円から20万円程度が一般的です。ただし、売上の成績が良いと特別なボーナスが出たり、基本給にインセンティブが付いてくる場合もあります。

年収ですと、アパレル店員の平均年収は300万円から400万円が相場と考えられています。店長やエリアマネージャになると年収500万円以上得られる可能性もあります。

ファッション関連の仕事に就くにはどうすれば良いのでしょうか。

はじめに、ファッションデザイナーになるにはどうすれば良いのでしょうか。ファッションデザイナーになるには専門的な技術や知識が必要です。それで、服飾系の専門学校を卒業し、アパレルメーカーなどに就職するというルートが一般的であると言えます。

ファッションデザイナーになるには?

多くのファッションデザイナーは専門学校で洋服作りの基礎を勉強しています。ファッションデザイナーには経験が必要なため、専門の学校を卒業してからすぐに独立したりするのは難しいと考えられます。専門の学校卒業後にアパレルメーカーに就職し、企業内のデザイナーとして働くということが一般的となっています。

Close-up Of A Female Designer Working On Multiple Computer At Workplace

ファッションデザイナーには創造力が必要であると考えられます。創造性を持ってデザインを作成して行く必要があります。さらに、ファッションデザイナーはデザインのみならず縫製を行う場合もありますから、器用さもあると良いでしょう。

企業内のデザイナーになれても、最初からデザインを任されるということは少ないでしょう。やはり、アシスタントから地道に経験を積んで行くことになります。ファッションデザイナーをする人の中には海外留学をして経験を積む人もいます。有名なブランドのファッションショーの服のデザインをしたり、自分のブランドを立ち上げたりすることができる人はごくわずかでしょう。

アパレル店員になるには?

アパレル店員は様々な場所で活躍しています。個人経営の小さなお店から大手アパレルショップ、百貨店のショップもあります。それらショップによって、店員になるための条件も異なります。あまり学歴は重視されませんが、初めから正社員になるには大卒以上の学歴が必要な場合もあります。とりわけ特に有名なブランドを多数扱う大手企業であれば、あるほど、その傾向が強いと考えられます。

Clothes Shop Costume Dress Fashion Store Style Concept

アパレル店員の需要は高いため、たとえ正社員になれなくとも外部の派遣会社に登録して、アパレル店員になることも可能となっています。もし、店長やエリアマネージャーになりたいと思っているようであれば、正社員を目指すことが必要になることでしょう。

ファッション関連の会社にはどのような会社があるのでしょうか。

これから、幾つかのファッション関連の会社に注目してみましょう。

株式会社アダストリア

株式会社アダストリアは東京に本社がある東証一部上場企業です。多彩なブランド展開をすることによって、一人一人の創造的な暮らしや感性に応える努力を払っています。

アパレルはもちろんのこと、加えてシューズ、キッチン、雑貨、家具など、暮らしに関係した種々のカテゴリーに関連して、ファッションを軸としたアイテムを提案するようにしています。

入社後は、販売職から始め、売場づくり、スタッフとのチームワーク、接客スキルなどの店舗運営力を身につけ店長を目指して行くことになります。店長を経験すると、その後は、複数の店舗を統括するエリアマネージャー、プレス、経営企画などの職種に取り組める可能性があります。

株式会社しまむら

しまむらは、衣料品専門店チェーンとして、高感度、高品質、低価格の商品を提案しています。本社は埼玉県にあります。時代の要請に沿った商品を提供してきた企業です。旬の良い商品を安く買える店となるよう、努力しています。

入社後は、店舗にて、経営センスや商人感覚を身につけて行きます。能力や適性に応じて、人事部、貿易部、システム部、開発部、店装部、物流部、バイヤー、店長、ブロックマネージャーなどの様々な部署をローテーションして行きます。

入社後最初に店舗業務に携わるのは、将来どのような道に進んでも必要となる商人としての経営者感覚、コミュニケーション能力、マネジメント能力を身に付けてもらいたいという思いがあるからのようです。

株式会社ファーストリテイリング

ファーストリテイリングは、世界NO.1のアパレル製造小売業を目指しています。販売、生産、企画すべてを担う企業ですので、やりたいことができるチャンスがあります。東証一部上場企業です。1949年、山口市宇部市で創業されたメンズショップ小郡商事が前身となっています。

機能性や価値の高い商品を今までに無い低価格で提供し、いくつもの新しい市場を作ってきました。

ファッション関連の業界の転職事情はどうなっていますか?

ファッション関連の業界の転職事情について考えてみましょう。例えば、ファッションデザイナーへの転職についてはどうでしょうか。ファッションデザイナーも夢のある職業ですから、ファッションデザイナーへの転職について考えている方もいらっしゃるかもしれません。

ファッションデザイナーの募集は年間を通して行われてはいますが、店舗の開店や新しいブランドの立ち上げやなどは春先が最も多くなります。それで春先が最も多くスタッフの募集が行われると考えられるでしょう。

人材を育てる余力のある大手アパレルメーカーなどでは、未経験者の募集もあります。しかし、そうでない会社ではたいていの場合、ある程度の落ち着いている年齢で、十分なスキルがあり、即戦力となりうる人材が募集されています。

ブランドイメージの理解力が必須

BRAND sketch on notebook

アパレルメーカーのデザイナーなどの企業デザイナーへの転職を成功させるには、ブランドについて理解することが必要でしょう。それぞれの企業にはブランドイメージがありますので、そのブランドイメージを理解し、そのブランドを好きになると良いでしょう。その気持ちを面接の機会などに示すことができます。

次に、アパレル店員への転職についてはどうでしょうか。アパレル店員の募集は多いため、転職先を探すのは難しくはないでしょう。しかし、別の職種からアパレル店員への転職を行う場合には、若いうちに行うのが現実的であると考えられます。なぜなら、アパレル店員はアルバイトなどからスタートするので、正社員に比べると待遇に差があるからです。未経験者ですと、初任給が手取りで20万円に満たない場合もあります。年齢を重ねてから転職すると、生活が苦しくなってしまう場合もあります。

さらに、アパレル店員が行う仕事には、店頭に立つ作業であったり、店の清掃作業であったり、動き回る作業もあります。店舗によっては勤務時間が長いこともありますので、体力を消耗する場合もあります。それで、若いうちに転職するなら仕事にも慣れやすいと言えるでしょう。

ファッション関連の業界の求人を探すには

求人誌などでファッション関連の業界の仕事を探してみるのも1つの方法であると言えるでしょう。しかし、インターネットを活用できる環境にあるならば、仕事を探す場合に大変便利です。例えば、次のようなサイトを活用して、求人を探してみることもできるでしょう。

「マイナビ転職」

マイナビ転職

非常に質の高い求人が10,000件近く掲載されており、新着・更新求人が毎週2,000件以上ある上に、マイナビが主催する転職イベントで採用担当者や先輩社員から詳しい仕事内容や社風などのリアルな情報を得ることも出来る、登録必須な転職サイト!

マイナビ転職は、掲載料金が比較的安いので、たくさんの求人が集まります。常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトとなっています。とても便利です。第三者機構評価NO.1に選ばれるほどの正社員の転職情報を持っています。それで、マイナビ転職でしか見ることができない求人情報を見つけることができるかもしれません。

マイナビ転職の求人検索で自分の希望条件を複数登録して、検索結果を表示することができるようになっています。ファッション関連の仕事の求人も探すことができるでしょう。

マイナビ転職の転職サポートにも注目できます。例えば、「転職MYコーチ」というサポートが準備されています。これは、履歴書や職務経歴書を添削してくれて、書類選考に通過する資料作りを助けてくれるという便利なシステムです。面談を繰り返し行って、取り入れた方が良い情報を書類に盛り込んだり、転職を目指す企業に特化したアプローチをすることも可能となっています。

この「転職MYコーチ」の面接の練習では、転職希望先に合わせた質問対策を行ってくれます。とても親切なサービスです。各種セミナーも豊富に準備されていますので、自分にぴったりのセミナーを見つけることができるかもしれません。

役立つコンテンツが載せられています。例えば、就職活動中にやってしまいがちなルール違反、面接におけるマナー、NG志望動動機など、参考となる情報が収められています。動画やイラストも組み込まれていますので、わかりやすい内容になっています。こうした有益なコンテンツも参考にすることができるでしょう。

タウンワーク

タウンワークのサイトも活用できます。タウンワークは、リクルートグループが運営しているサイトとなっています。安心して利用することができます。検索の方法ですが、エリアや職種から探すことができる検索機能もあります。

例えば、東京でファッション関連の仕事をしたい場合には、関東の「東京」という項目を選びます。すると、東京での仕事を検索できるページに移りますので、検索欄に「ファッション」と入力すれば、東京でのファッション関連の求人を探すことができます。タウンワークの情報が更新されるのは毎日朝7時となっています。その頃にアクセスすれば、新鮮度の高い求人を見つけられる可能性があります。こまめに日々チェックしてみることができるでしょう。

indeed

indeed

求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しているので圧倒的な求人数を保有する求人サイト!

indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用する方法もあります。indeedは、2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンとなっています。indeedは、2012年にはリクルートに完全子会社化されました。

indeedは登録しなくても、各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することができるので手軽です。indeedは掲示板のような役割を果たしてくれるサイトとなっています。掲載日から何日が経過したかも記載されますので、情報の鮮度のチェックをすることもできます。ファッション関連の仕事についても、日々チェックするなら、鮮度の高いものを見つけられる可能性があります。

まとめ

こうしたサイトを活用すれば、インターネットでファッション関連の業界の求人を見つけることは難しくないと考えられます。

自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーの支援を受けることもできるでしょう。こうしたサイトを活用しながら、検討してみるのはいかがでしょうか。ぴったりの求人を見つけることができるかもしれません。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事