【ベンチャーキャピタルの仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【ベンチャーキャピタルの仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

ベンチャーキャピタル業界は経験がものを言う業界です。そのため銀行や証券会社などでアセットマネジメントに携わった事があるという人材は転職しやすいでしょう。また先述の通り金融に関する資格も役立ちます。証券アナリストや中小企業診断士など、会社や市場を読み解く力を証明する資格を持っている人は有利かもしれません。

ベンチャーキャピタルの基本と仕事内容

Business, Technology, Internet and network concept. Young businessman working on a virtual screen of the future and sees the inscription: venture capital

ベンチャーキャピタルは簡単に言うと、投資を行なう会社です。具体的にはベンチャー企業などに対してお金を出す会社ですが、まだ上場していない段階で出資を行なうのが一般的です。そして上場した後に株を売却するなどして投資した金額との差益を得ます。

ベンチャーキャピタルの役割

・ファンド ファンドという言葉はよくニュースなどで見聞きする言葉ですが、「投資家たちのお金を使うシステム」といったところです。

・ジェネラルパートナー 無限責任組合員のことです。「ファンドのお金を自由に使う運用者」といったところです。

・コンサルティング 資金集めをして運用します。そして最終的に出た利益を投資家たちに配分して分けあいます。

ただし必ずしもベンチャー企業が順調に成長して利益を得るとは限りません。

そのためベンチャーキャピタルはコンサルティングも行ないます。コンサルティングとは該当する会社が成長するようにサポートをすることです。そのサポートを受けて成長する事で、その会社は投資家たちに利益をもたらすことができます。

ベンチャーキャピタル業界の特徴

ベンチャーキャピタルと一口にいっても、実はその種類はいくつかあります。まず投資家たちが自身で立ち上げる独立系ベンチャーキャピタルというものがあります。

また政府や公共団体が設立するベンチャーキャピタルもあります。銀行などの金融機関が設立する金融系のベンチャーキャピタルもあります。銀行は基本的に融資を行なう機関ですが、出資を行なうこともあります。金融系ベンチャーキャピタルはその役割を担います。

まず出資を行なって成長を見届け、最終的に融資先の確保を視野に入れることもあります。

さらにコーポレートベンチャコーポレートも存在します。これはある事業を営む会社が外部ベンチャー企業に投資を行なうタイプのベンチャーキャピタルです。CVCと呼ばれることもあります。ベンチャーキャピタルを使う事のメリットには以下の様なものがあります。

1.資金調達ができる

Government budget / public spending concept : Dollar bag, coins, color wood bar graph on a table, depicts the increment in annual financial budget or revenues that government collects from tax payer.

ベンチャー企業が大規模なお金を必要としている時に役立ちます。アイデアや良い技術を持っていてもお金がないので事業拡大ができないという場合にお金が必要ですが、このような場合にベンチャーキャピタルからお金を融通してもらえます。

2.経営サポートを受けられる

経営のノウハウがないベンチャー企業に対してノウハウも授けるのがベンチャーキャピタルの役割です。

3.提携先を斡旋してもらえる

まだ知名度が低いベンチャー企業の場合は、事業を勧めていく上で他の会社とのコネクションが必要でしょう。ベンチャーキャピタルは業界関連の会社を紹介してくれることがあるため、事業を軌道に乗せる上で役立ちます。

ベンチャーキャピタル役立つ資格やスキルは?

Hand with marker writing, Skill concept

ベンチャーキャピタルにおいて重要なのはやはり人や企業とのつながりです。ベンチャー企業はまだ知名度がそこまで高くないことがあり、いかに革新的ないしは斬新なアイデアやスキルを持つ人や企業と出会えるかが大きなポイントとなります。

そのため様々な業界においてコネクションが広いことは役立ちます。またコミュニケーション能力も根本的に必要なものです。ベンチャーキャピタルのお金が入る事で、少なくとも出資を受ける会社は経営への口出しなどを懸念する部分もあるでしょう。

実際には経営を左右するというよりも成長するのを支援するという言い方の方が正しいとはいえ、それを心配する可能性があるのは確かです。そのためベンチャーキャピタルを受け入れる事のメリットや方向性を十分に説明する力や、ファイナンス力、そして根気強さなども事業展開に求められる資質です。

またベンチャー企業が参入する分野において専門的な知識がある人材も役立ちます。例えばバイオやAI、IoTといった注目産業です。こういった知識がある場合は、その方面で事業を行ないたいベンチャー企業の成長支援がしやすくなります。

さらに英語などのビジネス語学力も役立つでしょう。ベンチャー企業は国内だけでなく国外のものも投資の対象になりえます。そのため国際語である英語を活かす場面は多々にあるでしょう。

また証券アナリストなどの資格を持っている場合も有利に働く可能性があります。ベンチャーキャピタルは投資がメインの業務という点からして、金融や資産運用に関する知識やスキルがあるに越したことはありません。ベンチャー企業という新しい可能性を秘めた会社をいかに開拓するか、そして成長させていくかを判断するには、やはり業界や会社そのものを見極める力が必須です。

ベンチャーキャピタル業界の代表的企業

ベンチャーキャピタル業界の主要な企業を簡単に紹介して、企業に関する口コミ情報も合わせて参照したいと思います(参照サイト:https://doda.jp/,https://en-hyouban.com/)。

合同会社GPJベンチャーキャピタル

合同会社GPJベンチャーキャピタル

www.gpj-vc.com

合同会社GPJベンチャーキャピタルは、ベンチャー企業への投資業務のほか、株式上場に関するサポートをするコンサルティング事業や、WebPRの企画や運用、海外向けデジタルマーケティングの企画・運用なども手掛ける企業です。社員の口コミ情報を見てみましょう。

「仕事をする上で、前向きに行動すれば素晴らしく人間成長は出来ると確信してます。同じ人は一人としていませんし、色んな人にお会いして色んな考えががあるのだと勉強になるし、又、人間成長には営業に勝るものはないと言っても過言ではないと思ってます。会社も素晴らしく成長してます。やる気と負けん気、根気があれば向かうところ敵なしです。強くなれます。成長も、し続けられます。」

「この会社を通じて得た資金で親会社が新たな事業を行い、その結果ヨーロッパで日本のいいところが広まってくれればと思っています。親会社は他企業がやっていないことに目を向けている企業であり、この会社は力を持つ営業職の集合体だと思っています。」

「インセンティブが高額で、やればやっただけ結果が返ってきます。また、基準が明確なので、目標を設定しやすいです。誰しも得意不得意がありますが、補い合ったり、同行してもらったりしています。経験豊富な上司や先輩に、何度も助けられました。」

「やればやるだけ評価していただける。自分では気付いているが気付きたくない部分というのを成長する為に上司の方々がはっきりと気付かせてくれる。ご指導に関しても非常に熱心に分かるまで付き合ってくれる。人間的にもかなり成長させてくれる。」

「基本は残業なし。終業時間前から全員でオフィスを清掃。この毎日の行いはとても良いと思うし、職場を綺麗に保つ意識は評価したい」

「夏休み・冬休みが長く海外旅行にも行けるくらいです。仕事中は毎日忙しいので、夏休み・冬休みの休みは格別です。一つの大事なポイントですね。休みも。仕事に係る交通費とお茶代は会社が負担してくれますので、気分的に楽です」

株式会社ジャフコ

株式会社ジャフコは45年以上の歴史を持つ投資会社です。2017年上半期の投資金額は、政府系の産業革新機構に次ぐ第2位で、約67億円でした。2018年3月期の連結売上高は294.7億円でした。過去5年間の平均年収は1,159万円になっています。社員の口コミ情報を見てみましょう。

「経営・財務を見る力がつきます。退職してから「日本には経営や財務のプロが不足している」ということを強く実感します。実際に、転職先でも経営、財務をしっかりと管理できる人材が不足しており、とても重宝していただいております。」

「色んな企業や経営者などと出会いがあり成長できる環境である。自分の努力次第で仕事の達成度が出て、ある程度の給与も反映される。いかに早く相手とのコンタクトを取り迅速に仕事を進めるかによって、仕事の成果を上げる効率が上がる。」

「大学卒業後の新人は全て投資部に配属され、その日から営業を行うことになる。経験がなくても中小企業の社長の元に行き、直接ビジネスの話をすることができる環境にはある。投資を実行し、投資先の成長を見ることができるのはいい経験だと思う。」

「非常に素晴らしい環境で働きやすい。上司にも恵まれていた。教育システムが非常にしっかりしており、 今後の転職活動にもこれが活かされたから私の今の人生が存在するのだと本当に心より断言できる。今後が楽しみな企業。」

「情熱あふれるベンチャー経営者、海千山千の事業家・投資家との資本取引の最前線を20代で経験するにはほんの一部の例外を除いて、この会社に入るか、起業するかどちらかしか方法がないと思います。各プレイヤーのニーズ、自社の利益の最大化を極限まで考え続ける毎日はエキサイティングで、とても貴重な経験が得られました。」

日本アジア投資

日本アジア投資

www.jaic-vc.co.jp

日本アジア投資は、日本だけでなくアジア諸国での投資事業に力を入れている会社です。日本の会社がアジアに進出したり、逆にアジアの会社が日本とつながりを持つようにサポートしています。メガソーラー事業などへの投資も活発です。平成28年における売上は国内が約58億8千万円、中国が約2億8千万円、アメリカが約1億6千万円、その他が約6億円になっています。社員の口コミ情報には以下の様なものがあります。

「投資会社の為、銀行が貸さないようなできたばかりの会社へ投資したり、これをベンチャー投資と言いますが、そういうところでは、若い芽を育てるという意味でとても社会に貢献できる会社だと思います。 あと、M&Aや再生投資も行っているので、ダメになりかけた企業を救うという意味ではとても重要な役割をはたしていると思います。」

「当時は借り上げ社宅の家賃を補助する制度があった。今は業績不振のためなくなってしまった、と聞いているが、当時は家賃額の2/3程度の金額の補助があった」

「当時は取得を推奨していた資格(証券アナリスト、簿記検定、ビジネス実務法務等)がいくつかあり、それを取得すると次年度の給与に反映される仕組みがあった。また、定期的に本社での研修(審査研修等)も設けられていた。」

業界の求人例

業界の求人例を一つだけあげてみたいと思います(参照サイト:https://employment.en-japan.com/desc_922556/?aroute=6)。上で紹介したGPJベンチャーキャピタルの求人の例です。

合同会社GPJベンチャーキャピタル ・仕事内容 資産運用のコンサルティング営業 リストを使ったテレアポ 契約 書類作成、契約後のフォローなど 定期訪問

・雇用形態 正社員

・勤務地・交通 ■本社/東京都中央区八丁堀3-14-2東八重洲シティービル7F ■福岡支社/福岡県福岡市中央区天神3-4-8天神重松ビル6F ■札幌支社/北海道札幌市中央区北三条西2-1カミヤマビル6F ※勤務地は希望を考慮の上、決定します。 ※転勤はありません。 ■福岡支社 福岡市地下鉄空港線「天神駅」より徒歩3分 西鉄大牟田線「福岡(天神)駅」より徒歩5分 ■札幌支社 各線「札幌駅」より徒歩5分

・勤務時間 9:00~18:00/8:30~17:30/8:00~17:00(実働8時間) 残業は、月に20時間以内です。

・給与 月給30万円以上+契約歩合 ※一律支給のみなし残業手当(30時間分/5万8,500円以上)が含まれます。超過分は追加支給いたします。

・休日休暇 <年間休日120日以上> 完全週休2日制(土・日)

・祝日 年末年始休暇(9日/2018年度) 夏季休暇(9日/2018年度) 有給休暇 慶弔休暇 特別休暇(一定以上の売上達成で、20日間の連休も可能)

・福利厚生・待遇 契約歩合給 (契約金額の3.0~9.6%を支給/規定あり) 役職給※金額は上限 (主任:3万円、上席主任:8万円、係長:10万円、課長代理:15万円、課長:20万円/月) 昇給(随時) 交通費支給(規定あり) 社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金) 介護保険 ストックオプション制度(親会社株の購入権利) 各種研修制度 社員旅行(過去にはシンガポール、香港・マカオ、バンコクへ行きました) 海外研修※年3回(ロンドン/アムステルダム/マルタ) 社内ベンチャー制度あり

ベンチャーキャピタル業界への転職事情

ベンチャーキャピタル業界に転職したい場合は、転職サポートサイトの力を借りましょう。転職サポートサイトとは、無料で求職者に転職の案内をしてくれる会社のことです。転職のプロが求職者を細やかにサポートしてくれるため、転職活動が自分一人の時よりもずっと楽になります。以下にオススメの転職サポートサイトをご紹介します。

DODAエージェントサービス

DODA

3位以下を大きく引き離した国内規模第2位で、多数の案件数・転職実績決定数を誇っている。優良で質の良い求人が多数を占める非公開求人を13万件以上保有していると言われている登録必須のエージェント!

DODAエージェントサービスには非公開求人を含む10万件以上という豊富な求人情報が含まれています。DODAのアドバイザーは必要書類や面接対策、年収の交渉などにおいて様々なサポート体制を整えています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは業界最大級の非公開求人数を持ちます。非公開求人だけで10万件以上もあります。アドバイザーは書類添削や面接調整、条件交渉など幅広いサポートをしてくれます。

エンエージェント

エンエージェント

エンエージェントはエン・ジャパン株式会社によって運営されている、 全国エリアをカバーした転職サポートを行っている転職エージェント。1万件以上の求人情報を保有しているので、求職者との条件に合ったマッチングが可能!

エンエージェントでは専任のコンサルタントが転職希望者につき、面談を通してキャリアの棚卸をしてくれます。もちろん非公開求人を揃えていて、転職希望者によりマッチしたい案件が探しやすいです。企業側の内情にも詳しいのが特徴です。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

第二新卒などの若い世代の転職や優良な中小企業への転職に力を入れている転職エージェント!平成27年度に厚労省の厳しい審査基準をクリアして職業紹介優良事業者認定マークを取得したので、きめ細やかな安心のサービスが期待できる!

マイナビエージェントは約8割が非公開求人という豊富な求人情報を持っているサイトです。マイナビエージェントだけが持っている独占求人も持っています。そのため他のサイトと合わせて登録しておくと良いでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事