【ペット関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【ペット関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

ペット関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、ペット関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。ペット関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

ペット関連の仕事の種類や特徴にはどのようなものがありますか?

Row of the tops of heads of cats and dogs with paws up, peeking over a blank white sign. Sized for web banner or social media cover

ペット関連の仕事にはトリマー、獣医師、動物看護師、ドックトレーナー、動物飼育員、ペットシッター、ペットショップ店員など、様々な仕事があります。

獣医師の仕事

Horizontal shot of a handsome cheerful young male veterinarian smiling to the camera holding an adorable puppy copyspace emotions profession occupation job employment worker pet care medicine.

獣医師は病気や怪我などで動物病院にやってくる動物の診察をしたり、動物園や水族館などで動物たちの体調の管理をしたりする仕事です。獣医師の活動領域は多岐にわたります。牛、豚、鶏などの家畜の診療や病気の予防に取り組んだり、野生動物の保護や管理を行う獣医師もいます。

獣医師を目指す多くの人は、臨床獣医師を希望しています。多くの病院では様々な動物を診療しますので、幅広い動物についての知識や治療経験も必要となってきます。犬や猫だけであっても、1人で診察できるようになるには、2年以上は要すると言われています。辛抱強さや努力が求められます。

国家公務員としての獣医師もいます。例えば、農林水産省、厚生労働省で働く国家公務員の獣医師は、海外からの動物、食品などの毒物や病原菌を国内に流出させないように防止する仕事に取り組むことがあります。

地方公務員としての獣医師もいます。例えば、食肉衛生検査などの仕事をします。病気の治療や予防を行い、発育や繁殖などを助け、消費者が食肉を安心して食べれるよう助けます。自治体が管理している水族館や動物園などで仕事をする場合もあります。

トリマーの仕事

Grooming the hair of brown dog breed Cocker Spaniel

トリマーは、ペットの毛を整える仕事をします。ペットの毛を整えて、清潔に見た目を美しく保つことができます。トリマーの仕事場はペットショップ、動物病院、トリミングサロンなどです。

飼い主さんと相談し、どんなスタイルにするのか話し合って行きます。動物の特徴のみならず、飼い主さんの好みも把握し、仕事に取り組んで行きます。全身シャンプーをして、汚れを落として行きます。ドライヤーで乾かしブラッシングを行います。そして、カットへと作業は移ります。

トリマーは、ヘアスタイルを整えると共に、ペットの健康面のチェックも行います。健康上の問題に気づき飼い主に伝えるなら、病気から守ることもできかもしれません。

ペットシッターの仕事

Dog sitters walking their customers

ペットシッターの仕事は、飼い主が何らかの事情で家を空ける時に、飼い主に代わってペットの世話をする仕事となっています。

ペットを預けるペットサロンやペットホテルもありますが、その動物によっては環境が変わることによってストレスを感じたり、場合によっては体調を崩してしまう場合があります。それで、いつもの環境で過ごすことができるように、自宅を訪問して動物のお世話するペットシッターが必要とされています。

散歩をしたり餌をあげるだけで終わる仕事もあれば、何度も様子を見に行く必要が生じる場合もあります。時には歯磨きやトリミングを行う場合もあります。預かっている間に体調を崩してしまうようなことが仮にあれば、看病をしたり、動物病院に連れて行く必要もあるでしょう。この仕事をこなして行くためには、ペットについて良く知っておく必要があります。

ペット関連の仕事では、どの程度の給料をもらうことができるの?

Women hold a money bag on the vintage wood background, a loan or saving money for future investment concept.

はじめに獣医師の給料についてですが、獣医師の年収には幅があります。動物病院の初任給は場所によっても異なりますが、23万円位からのスタートとなります。技術や経験によって給与が上がる可能性があり、院長になると35万円位になることもあります。

平均年収は平成27年の調査によると、40歳で639万円ほどとなっています。

公務員として働く場合もあります。公務員の場合には、その給与体系に沿って、給与が支払われることになります。製薬関連や医薬関連の企業の場合には、企業の規模にもよりますが、一般的には公務員より高い給与を望めることでしょう。

トリマーの給料

初任給は平均して15万円前後とそれほど高くはありません。賞与がない場合は、年収にすると180万円から250万円位になります。特別手当がついたりすると、場合によっては年収300万円から500万円位になる場合もあります。

トリマーは個人経営のお店に雇われるケースが多いので、場合によっては不安定な収入になったり、福利厚生の面で不十分な場合もあり得ますので、待遇面については就職前にきちんと確認する必要があります。

とくに下積みの期間には、他の仕事と比較して安い給料で仕事をしなければならないケースもあります。この仕事をしたいという強い気持ちが必要となることでしょう。

ペットシッターの給料

アルバイトですと、時給900円から1,500円ほどになる可能性があります。社員の場合は月給ですと15万円から25万円位、年収にすると200万円から300万円位になる可能性があります。アルバイトの費用はまずまずですが、社員としての費用はそれほど高くはない状況のようです。

独立開業していると、働いた分だけ収入が多くなってゆきますが、室内で飼っている猫とか小型犬の場合、一時間のシッティング料金の相場は2,000円から2,700円ほどとなっています。さらに小型犬で散歩が必要な場合には、一時間につき3,000円を超える場合もあります。さらに飼い主の家までの交通費も支給されるのが一般的ですので、仕事が継続的に確保できるようであれば、年間を通して100万円以上稼ぐことも難しくないことでしょう。

ゴールデンウィーク、春休み、夏休み、年末年始などは稼ぎ時となり、シッティング料金が割増になることもあります。

ペット関連の最大手の企業を紹介

株式会社コジマ

株式会社コジマの創業は大正5年です。大正5年4月に小動物の取り扱い業として、東京都江東区に小島鳥獣店(現在の亀戸本店)を開店しました。動物病院の経営、ペットショップの経営、ペット用品の通信販売などの事業を行っています。

犬や猫や小動物のお手入れ、紹介、健康チェックや健康状態の説明などを行う管理業務、ペット用品の紹介、発注、品出しなどの商品業務、トリミングや接客など取り組める可能性がある分野はたくさんあります。

株式会社マルカン

株式会社マルカンは、犬や猫のみならず、昆虫や観賞魚まで、幅広く取り扱っています。ペットフード、用品全般製造および販売、犬猫支援事業などを行っています。

例えば、犬や猫が喜ぶグッズを提供しています。噛むことを刺激するボールのおもちゃがあります。遊びながら、歯のケアをすることができます。噛んだら音が鳴るようになっています。犬の部屋着も提供しています。締め付けが少ない部屋着で抜け毛飛散防止にもなります。

イオンペット株式会社

イオンペット株式会社の本社は千葉県にあります。ペット用品販売、トリミング、ホテル、動物病院などペットに関するサービスを展開するイオングループのペット専門企業です。中国への進出を始めており、ASEAN諸国への店舗の展開を目指しています。今後も拡大が見込まれます。

動物病院やクリニックの経営を行っています。医療水準の向上にも積極的に取り組んでいます。ペットトリミングの分野では、炭酸泉などのサービスにより、ペットをケアします。信頼に基づくカウンセリングやトリミングを提供しています。技術者を実践で指導するトリマー養成所もあります。

しつけ教室の分野では専門ドックトレーナーがいて、犬のしつけ、トレーニングのサービスを提供しています。

ペット関連の業界の転職事情はどうなっていますか?

Happy dog with woman

はじめに獣医師ですが、未経験から獣医師に転職するのは簡単なことではありません。まず、獣医学部や獣医学科などを持つ、獣医系大学に入学して、6年間も学ぶ必要があるからです。獣医系大学の数はそれほど多くないため学費もかかります。私立大学では6年間で1,000万円以上必要となる場合もあります。

6年間学んで獣医師国家試験の受験資格を得たら、実際に獣医師国家試験を受験します。受験者の8割程度が合格できる試験ですので、しっかり学んでいれば、合格可能性は高いと考えられます。その試験に合格できれば、獣医師の免許を取得することができます。その後、就職先を探して行くことになります。

獣医師の資格さえあれば溢れずに就職可能

獣医師国家試験に合格した人の就職状況は悪くはありません。ほとんどの獣医学生が就職先を見つけることができます。それで、簡単なことではありませんが、もし獣医系大学に進学できれば、獣医師の仕事につける可能性は高いと考えられます。

トリマーへの転職

次にトリマーへの転職についてですが、トリマーになるための通信講座を受講したり、専門学校に通ったりするなどして、動物についての知識や技術を身に付ける必要があります。ペットショップでアルバイトとして働きながら、勉強して行くという方法もあるかもしれません。

トリマーの業界の転職は経験者であれば比較的しやすいと考えられます。トリマーとして必要な技術や知識は2年位働かないと身につかないと考えられるため、同じ会社で2年以上勤務した後に転職すると、良い条件で採用してもらえるかもしれません。

ペットシッターへの転職

ペットシッターとして働くために学歴や資格が必要になるわけではありませんので、ペットシッターを派遣している会社に雇ってもらえさえすれば、ペットシッターへの転職はわりと容易にできる可能性があります。求人の情報をインターネットから入手し、自分の住んでいる地域のペットシッターの募集について確認するようにしてみることができるでしょう。

ペットシッターの仕事をして行くためには、依頼主との信頼関係を築けるかどうかが鍵となります。依頼主の家の中に入ることもある仕事ですから、確かに信頼関係は不可欠であると言えるでしょう。それで、もし前職でコンサルティングの仕事や接客の仕事をしたことがあるなら、そのスキルを活かして信頼関係を構築しやすいかもしれません。

尚、ペットシッターの独立開業をする際には注意が必要です。なぜなら、独立開業をする場合には動物取扱業の申請をしなければならないからです。動物取扱業の申請の際には、動物に関係した仕事の経験や資格や学歴などが必要になってきます。

ペット関連の業界の求人を探すには

求人誌などでペット関連の業界の仕事を探してみることもできるかもしれませんが、インターネットを活用できる環境にあるならば、仕事を探す場合に大変便利であると言えます。次のようなサイトを活用し、求人を探してみることもできるでしょう。

indeed

indeed

求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しているので圧倒的な求人数を保有する求人サイト!

例えば、indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用する方法を挙げることができます。indeedとは、2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンです。

indeedは登録をしなくても、各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することができます。手軽であると言えます。indeedは、2012年にはリクルートに完全子会社化されました。

indeedは掲示板のような役割を果たしてくれるサイトです。掲載日から何日が経過したかも記載されます。それで、情報の鮮度のチェックをできるという点でも便利です。ペット関連の仕事についても、日々チェックするなら、鮮度の高いものを見つけることができるかもしれません。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは、取り扱っている求人数が業界トップクラスとなっています。転職希望者に嬉しい幾つもの特徴があります。登録すれば、有用なサービスを活用できるようになります。例えば、非公開求人が約10万件もある時もあります。

非公開求人の中には、公開すれば人事担当が対応できない位の応募が殺到するような案件などもありますから、魅力的な非公開求人を探してチェックしておきたいものです。

「AGENTREPORT」があります。仕事の環境や、求人の見方やポイント、現在活躍されている人材のスペックや選考基準、企業の内情や業界動向などの有益な情報をチェックすることができるようになっています。加えて、面接力向上セミナーに参加することによって、面接官がどんなところを見ているのか、どんな人が不採用になっているかなどについても知ることができます。

さらに、「レジュメNavi」を活用して、職務経歴書を作成することもできます。職種を選択すると、その職種に関連したテンプレートが選択されますので便利です。応募書類の添削をしてもらうこともできるようになっています。

エージェントサービスを受けることもできるようになっています。キャリアアドバイザーが要望に合わせて転職活動をサポートしてくれるので安心です。面接日程、条件などの交渉もキャリアアドバイザーが行ってくれます。とても助かります。

「マイナビ転職」

マイナビ転職

非常に質の高い求人が10,000件近く掲載されており、新着・更新求人が毎週2,000件以上ある上に、マイナビが主催する転職イベントで採用担当者や先輩社員から詳しい仕事内容や社風などのリアルな情報を得ることも出来る、登録必須な転職サイト!

マイナビ転職は、掲載料金が比較的安いです。そのため、たくさんの求人が集まります。常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトとなっています。第三者機構評価NO.1に選ばれるほどの正社員の転職情報も持っています。そのため、マイナビ転職でしか見ることができない求人情報を見つけることができるかもしれません。

マイナビ転職の求人検索で自分の希望条件を複数登録して、検索結果を表示することができるようになっています。ペット関連の仕事の求人も探すことができるでしょう。

マイナビ転職の転職サポートにも注目できます。例えば、「転職MYコーチ」というサポートが準備されています。これは、履歴書や職務経歴書を徹底的に添削してくれて、書類選考に通過する資料作りをサポートしてくれるという便利なシステムです。面談を繰り返し行い、取り入れた方が良い情報を書類に盛り込んだり、転職を目指す企業に特化したアプローチをすることも可能となっています。

そして、この「転職MYコーチ」の面接の練習では、転職希望先に合わせた質問対策を行ってくれます。各種セミナーも豊富に準備されています。自分にぴったりのセミナーが見つかるかもしれません。とても親切なサービスです。

役立つコンテンツが載せられています。例えば、NG志望動動機、面接におけるマナー、就職活動中にやってしまいがちなルール違反など、参考となる情報が掲載されています。動画やイラストも組み込まれています。こうした有益なコンテンツも参考にすることができるでしょう。

まとめ

こうしたサイトを活用すれば、ペット関連の求人を見つけることは難しくないでしょう。

自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用することにより、キャリアアドバイザーの支援を受けることができるようになっています。こうしたサイトを活用しながら、検討してみることができるでしょう。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事