ライターってどんな仕事?人気の秘密や求人の探し方!

ライターってどんな仕事?人気の秘密や求人の探し方!

雑誌や書籍、フリーペーパーなどに掲載されている記事を書くのがライターの仕事です。最近ではインターネット上に掲載される記事を書く人たちのことをWebライターと呼び、需要が大きくなってきています。おもに依頼元からテーマを受け取り、どんな内容の記事にしてほしいかの注文を受けます。そして取材をしたり資料を集めるなどして情報収集し、それをもとに記事を書きます。ライターとひとくちに言っても目的によりには様々な種類のライターが存在します。この記事では様々な種類のライターを紹介しつつ、仕事の特徴や求人の探し方について解説いたします。

ライターの仕事について

Writer typing with retro writing machine. View from above.

ライターとは

雑誌や書籍、フリーペーパーなどに掲載されている記事を書くのがライターの仕事です。最近ではインターネット上に掲載される記事を書く人たちのことをWebライターと呼び、需要が大きくなってきています。おもに依頼元からテーマを受け取り、どんな内容の記事にしてほしいかの注文を受けます。そして取材をしたり資料を集めるなどして情報収集し、それをもとに記事を書きます。

テーマは多岐にわたります。美容に関するもの、グルメに関するもの、旅行に関するものなどがあります。さらに企業のホームページに掲載される文章を書いたり、マニュアルを書くこともあります。インターネット上に掲載されているものでは、ホームページの記事やブログの代筆、メルマガなど様々です。人が興味を持つものであれば何でもテーマになり、それらについての記事を書くのがライターの仕事です。

もちろんそこには読者が存在します。誰をターゲットにしているのか、何を目的にしているのかによって記事の方向性が決まってきます。誰かにインタビューをして、それを記事にする場合は、相手が伝えようとしていることを正確に伝えるためのコミュニケーション能力が求められます。また写真を掲載することもあるので、その場合は写真を上手に撮影するスキルが必要となることもあります。

テーマが多岐にわたるため、幅広い知識が求められますが、ほとんどのライターは自分の得意分野を強みにして仕事をしています。専門的な知識があれば、それを中心に仕事を受けてプロライターとして活躍している人もいます。また文字数が少なめでハードルがそれほど高くない記事が案件として出ることもあるので、ライターの仕事は初心者でも始めやすい職種であると言えます。

ライターの種類

コピーライター

広告に関連した文章を書くのがコピーライターの仕事です。キャッチフレーズをはじめ、ネーミングやパーケージの裏書、コマーシャルソングの歌詞や企業のスローガンまで考えることもあります。いずれにしろ、宣伝する商品を買ってもらうために魅力的な文章を書く必要があります。

コピーライターはただ単に商品のキャッチフレーズを考えるだけでなく、広告企画のスタートから広告を実際に発表するまでの間すべてに関わり続けることがあります。それで、広告に起用するタレントのオーディションに立ち合ったり審査員の一人になること、撮影ロケに立ち会うことも含めてやる仕事がたくさんあります。

宣伝する商品についてよく研究する必要があるのはもちろん、お客さんの購買心理を勉強するなど、たくさんの努力が求められます。しかし企業の利益に直接かかわり、採用されれば一本の仕事で何十万円にもなる案件があるのでやりがいのある仕事でもあります。

トラベルライター

Backpacker female with laptop sits on the top view point over mountain settelment

旅行ライター、ナビゲーターとも呼ばれますが、自分で旅行した先の経験などを記事にするのがトラベルライターの仕事です。旅先で出会った人を紹介したり、その土地のグルメを紹介したりもします。

旅行メディアからの要望に応えて、その場所へ行って取材したことを記事にすることもありますし、プライベート旅行での記録を後で旅行メディアに寄稿することもあります。旅行先で人見知りせずに取材したり、いろいろなことにチャレンジできる好奇心旺盛で旅行好きな人にはピッタリの仕事です。また旅先での写真を記事に載せることにもなるので、上手に写真撮影をするスキルが必要とされます。

旅行のための交通費や宿泊費は自腹になるので、トラベルライターを本業に生活することは簡単なことではありません。それで、自分のブログを作ってWeb収入をいくつか作っておいたり、複数の旅行メディアにライター登録している人が多くいるようです。

フードライター

国内国外を問わず世界各地の食の魅力を伝えるのがフードライターです。基本的には飲食店を取材して、その情報を記事にするのが仕事で、グルメライターと呼ばれることもあります。飲食店で働く人やお客さんを取材したり、お店のおすすめメニューを食べて、その感想を言葉にして伝えます。記事を読んだ人が「美味しそう」、「食べてみたい」と思うように上手に伝える必要があります。

雑誌などの記事を依頼されて仕事をする場合は編集者と打ち合わせをしてテーマやどこを取材するかなどを決めます。カメラマン、スタイリスト、デザイナーなど一緒に働くスタッフがいるのでしっかりとコミュニケーションをとる必要があります。写真撮影などを自分でするグルメライターもいるようです。グルメ雑誌や料理のレシピ本をはじめ、食に関するものなら何でも扱うので幅の広いテーマを記事にします。

ただ「美味しい」と表現するわけにはいかないので多彩なボキャブラリーを必要とします。また食材について、栄養についてなどの知識に加えて、農業や食料に関する社会問題なども知っておくと仕事の幅が広がります。フードライターを養成するスクールなどもあり、食の魅力を伝えるボキャブラリーや実際にレストランに取材のアポを取る方法などを学ぶことができます。食に興味があり、食べることが大好きだという人にはピッタリの仕事ですが、気を付けないと太ってしまうという悩みもあるようです。

Webライター

Webサイト上に掲載される記事を書くのがWebライターの仕事です。ニュースサイトの記事やECサイトの製品説明文、その他のWebコンテンツのライティングをします。テーマは非常に幅広く、政治や金融、医療などの専門知識が必要なものから、美容やグルメ、旅行など身近なものまであります。一つのテーマを専門として記事を書く人もいれば、幅広いテーマを情報収集しながら書く人もいます。

テーマだけを見ると、紙媒体系のライターとそれほど変わりはありませんが、Webライターならではの特徴もあります。記事が掲載されるのはWebサイト上なので、まずはユーザーに見つけてもらわなければなりません。そのためにSEOの知識が必要になってきます。キーワードを連続して使うなどして、検索エンジンの上位になるように工夫することによって多くの人に記事を見てもらうようにします。

Webサイト上に記事が掲載されることを意識して、ターゲットは誰なのか、目的は何かを明確にして記事を書く必要があります。得意分野があればそれに関する知識をさらに深めることにより、専門性や精度の高い文章が書けるようになり、Webライターとしてステップアップすることができます。書くことが好きで好奇心旺盛な人なら初心者でも始めることのできる仕事です。

シナリオライター

RPGゲームなどの脚本を書くのが仕事です。他にもドラマや映画、舞台やアニメなどの脚本も含まれます。オリジナルのものから、小説やコミックなどの原作をもとに脚本を書き起こすことがあります。シナリオライターは脚本を書くだけでなく、その他関係する様々な仕事をすることもあります。

例えばゲームの脚本を扱う際は、実際にゲームを作っていくプログラミングに携わったりキャラクターの設定、声優の声やBGMのチェックなどをすることもあります。またドラマや映画の脚本を扱う際は、ストーリーに登場する現場に行って風景のチェック、脚本の資料となる関係者に取材するなど情報収集や資料の裏付けなどもします。脚本だけを作る場合もあれば、作品全体に関わることもあるのがシナリオライターです。

プロデューサーや監督とコミュニケーションを取りながら、時には役者やスタッフの意見も聞いて、何度も書き直すことがあります。また扱う脚本によってはいろいろな知識が必要となってきます。特別な資格はないので自分から作品を売り込む人もいるようですが、シナリオ養成のスクールや講座もあります。そこで脚本の書き方、表現方法などのスキルを学ぶことができます。

このほかにも、ゴーストライター、スポーツライター、美容ライター、経済ライター、映画ライターなど様々なジャンルのライターがいます。

ライターに向いている人

いずれも書くことが仕事なので、普段から文章を書くことが好きに人に向いている仕事です。文章が苦手だと400文字程度でも書くのが大変です。それが5000文字、さらには10000文字ともなると、文章を書くのが好きでないと務まらない仕事になります。ほとんどのライターはもともと文章を書くのが好きなので、自分のブログを持っているということが多いようです。

さらに扱うテーマが幅広いので好奇心旺盛な人に適した仕事とも言えます。何かの専門的な知識がある人は、そのテーマ一本で様々な記事を書くことができるので有利になります。そうでなくてもあらゆるテーマに興味を持って調べるのが好きだという人に向いています。情報収集が苦にならず、それらを上手にまとめることができる人には最適の仕事です。調べたことをそのままコピーすることは厳禁なので、そのへんのモラルも大切です。

また集中力や正確性も大切なポイントになります。一日に何千文字、何万文字の文章を書くので時間がかかります。一度始めたら没頭するくらいの集中力が必要となってきます。また誤字脱字、意味の分かりづらい文章にならないように、書き終わったら読み直しをするなど丁寧な仕事をすることも大切です。間違っても「骨折が折れた」などと書いてしまわないようにしましょう。

ライターによってはテーマになる現場に実際に行って情報収集したり、関係するスタッフと相談しながらプロジェクトを進めることがあるので、フットワークの軽さやコミュニケーション能力も必要とする仕事です。

ライターになるには

Young writer in the library

経験のない人でも文章を書くことが好きでわかりやすく伝えることができるのであれば、だれでもライターとして仕事をはじめることができます。また出版社や編集プロダクションで編集者として経験を積んだ人が即戦力のライターとして独立したり、ライター養成のスクールや講座などを経てライターになる人もいます。

ライター募集記事を探す

出版社やホームページにライター募集の記事が掲載されることがあります。即戦力になれる人が求められることが多いのである程度の経験や実績が必要となるでしょう。専属契約などを得ることができれば、安定した報酬を期待することができます。

自分から売り込む

出版社や編集プロダクションなどを訪問して自分を売り込むしかたで営業活動をします。持参した作品集に興味を持ってもらえたり、編集者と会うことができれば採用の可能性が出てきます。もちろん簡単な方法ではありませんが、自信のある人はやってみる価値があるでしょう。

Web上で案件ベースの求人を探す

Job Search Human Resources Recruitment Career Concept

Webライターの需要がでてきており、初心者からプロライターまで募集しているサイトもあります。ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスにはライティングの案件もあるのでそれらを活用してライターとして仕事をスタートさせることもできるでしょう。

「サグーワークス」 ライティング特化型の在宅ワークに「サグーワークス」があります。文章を書いてポイントをもらい、1ポイント1円で換金することができます。登録すればだれでも利用することができ、簡単な説明文の作成や高単価の長文コラムなどがあり、自分のペースで案件をこなしていくことができます。ちょっとしたお小遣い稼ぎで利用する人もいれば、副業として、または本気で稼ぐ人もいます。

発注企業数が約2100社と、安定した案件の量がいつも揃っています。総ライター数は今のところ192404人が登録しています。2017年度の月間最高獲得報酬額は521976円だったということで、本気で取り掛かればそれなりの安定した収入が期待できそうです。「先月の月間報酬ランキング」というのを見てみると、レギュラーライターで1位から5位までが292435円、167416円、119269円、112796円、74210円となっていました。

サグーワークスは独自のプラチナライターテストを用意していて、それに合格するとプラチナライターとして1文字1円位以上の高単価案件の仕事をすることができます。先月の獲得報酬ランキング1位から5位までが390200円、386312円、339684円、333027円、278980円となっており、高収入を得ていることがわかります。

「フリーライターのよりどころ」 執筆実績の豊富なプロライターを募集しているのが「フリーライターのよりどころ」です。ライタープロダクションサービスとして、ライターの実績やプロフィールをもとにマッチしそうな案件を紹介するというシステムです。実績のない人にも挑戦できる課題を用意しています。ただ必ず仕事が紹介されるわけではないと注意書きされているので、ある程度の実績や自己アピールなどが必要そうです。

仕事の流れは、「フリーライターのよりどころ」から執筆依頼を確認したら、パソコン(Word、Excel、Google driveなど)を使って記事を書き、書いた原稿を納品するというものです。特徴の一つとして、記事に対するフィードバックがあることです。書いた文章の編集や校正が行われ、ルール違反がある場合はライターに「差し戻し」をして修正をお願いします。そうすることによってライティング能力の向上を図ろうとしています。

家事や子育ての合間にライティングをしている主婦などもおり、例えば週に3000円の記事を3本書いて36000円程の収入を月々得ている人がいるようです。さらにフリーライターとして得意分野の取材案件を中心に週に25000円の記事を3記事書いて月々300000円程の収入を得ている人もいるようです。18歳以上でやる気のある人は誰でも無料で登録することができます。

まとめ

Top view of writers workplace - laptop and tablet pc with cup of coffee. Clipping paths included.

ライターといっても、ただテーマに関する情報を収集してライティングをするだけのものから、実際に取材に行ったりして企画全体を扱う本格的な仕事まで幅広いことが分かりました。最近ではWeb媒体におけるライターの需要も増えてきているので、未経験者でも始めやすい仕事になってきているようです。もちろん本気で稼ぐためには文章力の向上など、それなりの努力が必要です。

文章を書くことが好きで、情報収集や情報整理が苦にならない人であれば、まずはクラウドソーシングサービスやサグーワークスなど初心者でも仕事を受けることのできるサイトに登録してみるのもいいかもしれません。実績を積んでやがて大きな仕事を受けるようになれば、安定した収入を得ることができるでしょう。それに、いろいろなテーマの記事を書くことにより知識が増えたり、自分の書いた記事が誰かの役に立つと考えるとやりがいのある仕事とも言うことができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事