【ルート営業の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

【ルート営業の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

ルート営業という職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、ルート営業 とはどのような仕事なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。初めてルート営業という言葉を聞かれた方も、ルート営業の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

ルート営業とは?

ルート営業という職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、ルート営業 とはどのような仕事なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。

初めてルート営業という言葉を聞かれた方も、ルート営業の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

では、初めにルート営業という仕事がどのようなものなのかを見ていきましょう。

Business partners shake hands, standing in front of his office.

ルート営業とは、メーカーなどで働く営業職の一種です。しかし、新規開拓営業とは違いすでに取引のある顧客に対して商品やサービスなどのセールスを行ないます。その為、顧客の要望や現状に応じて新しい商品やサービスを提案する必要があります。場合によっては、配送、納品、集金、アフターフォローなども行ないます。

こうした事から分かる通り、この職業は顧客との強い信頼関係がないと成り立ちません。取引をこれからもずっと続けてもらう為にも、定期的に訪問しなければなりませんし、顧客のニーズを常に把握しておかなければなりません。この営業の人なら安心して仕事を任せられる、この人と仕事をしたいと思ってもらえるように努めなければいけません。

また、取引を続けていってもらうことはもちろんのこと、自社商品やサービスを売り込みつつ売り上げもアップさせなければならないので、非常に根気と努力の求められる職だと思います。その為には顧客とのコミュニケーションが欠かせません。今回はこのような提案をしたら喜ばれそうとか、この前はこんなことを言っていたから今日はこれを勧めてみようなど考えながら行なう必要があります。

さらに、顧客の生の声を聞き、それを社内にしっかりと持ち帰り、時にはすぐに共有する必要もあります。製品やサービスに対しての意見を引き出して、ニーズがなにかを察知し、それを社内で検討します。そうするなら、さらにより良いものを提供できるようになります。また、何かの不満があった場合には大きなクレームになる前に解決することもできます。

しかし、このようにルート営業といっても様々あります。商社、アパレル、食品、飲料、精密機器などのメーカー、保険会社などあり、その種類によってどのようにアプローチしていくのか、どのように顧客との信頼関係を築いていくのかなどには多少の違いがあるでしょう。

また、企業の規模によってもその相違があるようです。

例えば、大手企業の場合、知名度がある為取引額の大きな得意先を持っていることが多いです。そのため、しっかりとしたルートでの営業ができ、比較的活動しやすい環境かもしれません。しかし、組織体制がしっかりしている分、マニュアル通りの営業方法が求められるので、なかなか自分が思っているような営業ができないということもあります。

中堅企業では、大手ほど知名度はありませんが新規開拓営業先を多数持っていて、ルート営業がしやすいというところが多いかもしれません。大手より上層部との距離が近いので、自分の考える営業ができたり、意見を通しやすいという環境にあるかもしれません。

小規模企業、ベンチャー企業ではルート営業の人数が限られているので、一人に任せられる業務範囲が広くなってしまいますし、大手のようなマニュアルがないため個人の負担がかなり大きくなってしまうでしょう。しかし、自分の意見は反映されやすく、自分も会社の一員として会社を大きくしていくという貢献度も感じられ、達成感を味わえます。

自分がどの程度の規模の企業に勤めることが向いているかよく考えてみてださいね。

では、次にルート営業の具体的な1日について詳しくみてみましょう。

ルート営業の1日

A young business woman checks time on her classic watch, she thinks about time management and corrects schedule in her diary

ルート営業と言っても仕事内容や会社によってどのような1日になるかは異なります。今回は、ルート営業として働いた時の平均的な1日を見ていきたいと思います。1日の流れを、イメージとして参考程度にみてくださいね。

8時30分ごろに出社します。出社するとまずはメールをチェックして1日のスケジュールチェックをします。8時50分ごろには、部内全体ミーティングが行なわれます。ここで、会社からの伝達事項などの説明があります。9時には今度は営業チームでのミーティングです。ここでは、1週間の目標や達成度の確認や、顧客情報の確認、成功事例と失敗事例から学べる事などを話し合います。

9時半頃から外出できるように準備に入ります。パンフレットやサンプル、契約書、見積書などの当日の営業に必要な持ち物をチェックし、カバンに入れます。準備ができたら得意先へと向かいます。営業車や公共交通機関などで向かいます。

11時頃から商談などを行ないます。午前中に2件から3件ほど回ります。新商品やサービスの紹介や提案を丁寧に行ない、12時半ごろには休憩となります。

13時30分からまた得意先を数件回っていきます。また、売り場チェックもすることもあります。陳列方法や他社の類似品などチェックしていきます。どのようにすれば、自社の商品の売り上げをアップできるのか考えます。

17時頃に会社へ戻ります。戻ったところで、もう一度メールを確認し、得意先からの依頼や質問に答えます。その後、後日営業を行なう取引先への見積書を作成します。こうした作業が全て終わると退社となります。事務作業によっては、早く帰社となる場合もありますし、残業が長く延びてしまう時もあります。

ルート営業として働いた時の1日のイメージが何となくできたでしょうか?

では、次にルート営業職の魅力についても考えていきましょう。

ルート営業の魅力

successful girl pointing thumb up; portrait of cheerful smiling woman pointing up approving, yes, ok, good, thumb up gesture; asian woman young adult model

どの職業にもやりがいや魅力というものはあります。では、ルート営業職にはどのようなやりがいがあるのでしょうか?

顧客との信頼関係が築ける

ルート営業というのは営業職の中でも同じ顧客との付き合いが長くなります。その為に、強い信頼関係を築けることができます。最初は全く会話がなく、心も開いてくれなかった相手だったとしても、何度も何度も根気強く訪ねるうちに話が弾むようになり、笑いあって話せるようになるとこの仕事をしててよかったと感じることでしょう。そのように、地道な努力で信頼関係を強く築けたことにより、新しい提案をもらったり、頼ってくれたりして取引額が大きくなっていくことも達成感を感じれることでしょう。

新規開拓営業より精神的には楽

新規開拓営業では知らない顧客へのアプローチとなるので、断られることも多く精神的に辛く感じてしまうという方も多いでしょう。ルート営業だと、すでに取引のある顧客への営業の為に、断られるという心配がない為にプレッシャーは少ないでしょう。しかし、ルート営業も営業職なので売り上げを伸ばすこと、断続的な取引を行なってもらうための策を練らなければいけませんので努力が確かに求められます。

自分のペースで働ける

ルート営業は基本的に自分一人での外回り業務なので、自分でスケジュールを立てて自分のペースで働きやすいでしょう。また、外回りなので、オフィスでずっとこもっているよりは外の空気を吸って仕事ができるので気分転換にもなります。

ルート営業にはたくさんの魅力があることが分かりましたね。では、やりがいとは逆にルート営業として大変な事はどんな事でしょうか?その点についてもみてみましょう。

ルート営業の大変なところ

A scared businessman hides under large concrete letters making a word PROBLEM above him. Business and success. Weight of problems. Resolve all problems.

ルート営業をしていて大変なことはどんな事でしょうか?いくつかまとめてみました。

信頼関係を守り続ける

ルート営業で一番大切な点として、顧客との信頼関係を守り続ける事です。その為にできることは可能な範囲で続けて尽力しなくてはいけません。顧客のところへ何度も足を運び、こまめに連絡を取り、顧客が何を望んでいるのかを察知しなければなりません。

しかし、こうした地道な努力を怠ると、顧客との信頼関係は損なわれていき他の会社との取引の方へと目が向いてしまうかもしれません。どんなに長い取引関係の付き合いががあっても、信頼を失ってしまうのは簡単で、地道な努力をずっと続けて行かなければならないのは、苦痛に思えてくる事もあるかもしれません。

合わない顧客とも付き合いをする必要がある

どの仕事でも当たり前の事ですが、人間関係において相性の合う、合わないがあることでしょう。特に、ルート営業では顧客との長い付き合いをしていく必要がある為に、相性が合わないと感じても長い期間何度も顔を合わし対応していかなければなりません。

中には、いつも厳しいことを言ってきたり、頑固でクレームばかり言ってくるような人もいます。そうした顧客であっても、公平に対応することが求められるので、ストレスを抱えてしまうという人もいることでしょう。

営業以外の仕事も多い

勤務先によってはルート営業ではなく、見積書や請求書、新商品のプレゼンの資料、報告書などの作成を任されることがあるかもしれません。外周りの営業がしたいのに、そうした事務ばかり任されてしまうとがっかりしてしまうこともあるでしょう。

また、顧客からこの情報が欲しいとか、新しい商品をもう少し知りたいなどの依頼を受けると、帰社した夕方からそうした依頼について調べ、まとめて、資料にしたりメールで送ったりと作業しなければならず、営業だけでなくデスクワークも多くなります。その為に、結局家に帰るのが遅くなってしまったということにもなるでしょう。 ここまででルート営業のやりがいと大変さを見てくることができました。

では、どのような人がルート営業に向いているのでしょうか?次にその点を見てみましょう。

ルート営業に向いている人

Happy businesswoman handshaking with client closing deal in an office interior with a window in the background

どの職業でも向き不向きがありますが、ルート営業の場合はどうでしょうか?

約束を守り、誠実な人

これは、大切だということがお分かりいただけるかと思います。今まで見てきたように、ルート営業というのは信頼関係が何よりも大切ですから、誠実さ、人の良さというのが重視されます。約束したことについては必ず守る、定期的に訪問する、顧客のニーズにあわせて情報を提供するなどできる人でなければなりません。

このような地道な努力ができ、信頼を勝ち得れる人はルート営業に向いていると言えるでしょう。

相手の状況を察知し、人の話を聞ける人

顧客のニーズというのは日々変わっていきます。そのため顧客対応時に、この前はこの提案で満足してくれていたけど、今回は何となくしっくりきていないな…ということを感じ取ることもよくあります。ですから、顧客が「今」何を必要としているのかということをいち早く察知できるような人でなければなりません。

その為にできる一つの点としては、相手の話をよく聞くということです。何気ない会話の中にヒントが隠されているかもれず、それを見落としてしまうなら、チャンスを失いかねません。ですから、自分のしたい話、商品やサービスの売り込みの話ばかりでなく、相手の話すことをよく聞きましょう。それができない人はルート営業には向いていません。

ですから、相手の考えていることや求めていること、状況を敏感に察知できるならばルート営業に向いている人と言えます。

好奇心が旺盛な人

先ほどの相手の話をよく聞くということに似ているかもしれません。顧客の話を興味を持って聞けるかどうかがルート営業を成功させれるかどうかにかかってきます。なぜかというと、ルート営業というのは顧客と仲良くなっていけばいくほど、顧客は仕事以外の話やプライベート、世の中の話をするようになるからです。そうした時に「知りません」「分かりません」では、顧客との信頼関係も弱めてしまう原因になりかねません。

その為、自分にとっては興味のない事を話題として振られた時や知らない話題だったとしても、質問したりして顧客との会話を楽しみましょう。ルート営業にはこうした好奇心というものも必要とされます。

では、ルート営業の仕事に就くにはどうしたらいいのでしょうか?

ルート営業の仕事に就く方法

Young beautiful woman working at the modern office workplace. Horizontal. Blurred background

まず、ルート営業の仕事に就きたいと思う場合、どのような業界でのルート営業を自分が希望したいのかを考えましょう。例えば、商社、保険、食品、自動車、衣料品、医薬品、不動産、人材サービスなど、様々な商品やサービス提供の業界があります。

多くの場合はルート営業として新卒採用を行なっていますが、求められる学歴は様々です。大卒以上が条件のところもあれば、学歴不問という会社もあるでしょう。自分がどのような業界で働きたいのか、どのような会社で働きたいのか決めたら、それにはどのような学歴が必要なのか調べてみましょう。

ルート営業といっても、求人側が「ルートセールス」だったり「営業職」として書かれているところもあります。ただ「営業職」となっている場合には、新規営業なのかそれともルート営業なのかを事前に聞く必要があるでしょう。中には、採用後に新規営業かルート営業かが決まるところもありますから、きちんと確認しましょう。

どのようなスキルや資格が必要でしょうか?

ルート営業は何か特別な資格を持っていなければいけないということはありません。しかし、中には営業車で営業活動をする必要がある場合もありますから、普通自動車免許は持っていた方がいいでしょう。営業職に関連した資格の中に「営業士」とか「セールススキル検定」というものもありますが、特には必要とされていません。

不動産会社でルート営業をしようと思っておられる方は「宅地建物取引主任者」、金融業界で働きたい方は「ファイナンシャル・プランニング」などの資格が求められることもあります。また、海外向けのルート営業であれば「TOEIC」などの外国語の資格試験を受験しておく必要があるかもしれません。他にも、業種によっては取得すべき資格があるかもしれません。

他には、先ほども少し触れましたが「ヒアリング」のスキルは必ず身につけておきましょう。顧客のニーズをいち早くキャッチすることがルート営業で求められる最も重要なスキルだと言えます。

次に、ルート営業の給料についてもみてみましょう。

ルート営業の給料や休日について

Women hands hold a money bags and dropping on the top in the public park for loans to planned investment in the future concept.

ルート営業の平均年収は400万円前後です。営業職のなかでは少し低めの水準のようです。なぜかというと、新規営業というのは顧客を取得したりノルマを達成したりするとインセンティブがつくからです。また、新規営業は精神的にもストレスやプレッシャーが大きく、あらかじめ基本給が高めに設定されているようです。

しかし、会社によっても給料は違います。ルート営業でも歩合制のところや、能力や経験がある為にプラスしてもらえるというところもあるでしょう。同じ会社で働きつづけるなら、管理職になると大きな収入アップになるかもしれません。

休日についてはどうでしょうか?

ルート営業の場合は基本的に土日祝休みの完全週休2日制になっているところが多いです。会社によっては月に何度か土曜日出勤があったり、祝日は休みにならないというところもあります。しかし、メーカーではカレンダー通りに休みになる為、休日が比較的取りやすいでしょう。

こうした休日が取りやすいところは求人募集でその点をアピールしていますから、休みがきちんと欲しいという方は、その辺りをきちんと見ながら応募してみましょう。

まとめ

Insurance broker or salesman making offer to young millennial couple using laptop in cafe, realtor consulting customers about mortgage sitting at coffeehouse table pointing on computer screen

ルート営業がどのような仕事をするのか、どのように仕事に就くことができるのかをみていくことができました。特にスキルや資格は必要ないとはいえ、顧客との信頼関係を築くために誠実さや、リスニングのスキルが必要だと学べましたね。これからルート営業の仕事に就きたいと検討中の方は、そうした点を考慮しつつ頑張ってくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事