【レタッチャーの仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格も徹底解説!

【レタッチャーの仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格も徹底解説!

レタッチャーとは、デジタル写真の修整や補正(レタッチ)などをして、素材の質を高める仕事のことを言います。雑誌やカタログ、広告などの媒体で使用される写真をAdobe Photoshopなどのツールを用いて依頼人の希望に合うように修正や補正をします。近年、Web関係の分野までレタッチャーが求められており、レタッチャーの仕事は、将来性のある仕事と言えるでしょう。この記事では、そんなレタッチャーの仕事の特徴や種類をさらに掘り下げ、求人の探し方についても取り上げたいと思います。

レタッチャーの仕事の種類や特徴とは?

Concept photo of photo editing software workspace

レタッチャーとは、デジタル写真の修整や補正(レタッチ)などをして、素材の質を高める仕事のことを言います。雑誌やカタログ、広告などの媒体で使用される写真をAdobe Photoshopなどのツールを用いて依頼人の希望に合うように修正や補正をします。

具体的な仕事内容は、写真全体の明るさの調整や、ピンボケの調整、肌の質感を調整します。また、写真の背景を合成することにも携わります。また、キズや電線などの不要なところを消すなどもしていくなどをして、見栄えの良いものに変えていきます。

曇り空だったものを快晴な空に変えることもありますし、色々なデジタル技術を用いてクオリティの高いものに仕上げていきます。そのため、日ごろから目にする広告宣伝やカタログにもレタッチがされているものが多いことでしょう。レタッチャーの仕事の依頼は、カメラマンやライター、制作会社などから受けることが多いです。

クライアントがどのようなレタッチを求めているのか、しっかりコミュニケーションを取りながら把握し、それを的確にレタッチすることが求められます。被写体の影の角度や方向、合成するものの位置やピントなどで仕上がりが変化していきます。ですから、打ち合わせはとても大切と言えるでしょう。

そのため、撮影の時から仕事に参加することによって、雰囲気を掴むようにすることもできますし、イメージを共有することもできます。その後、撮影で撮り終わった写真のデータをもらい、データの中から選んでいきます。それから、そのデータをレタッチしていくことになるでしょう。

レタッチチェックは立ち合いですることができますので、納品前にテスト合成などをしながら確認していき、作品を作り上げていくことになります。また、サーバーを介し、データを確認しながら、段階的にチェックしていく方法も増えてきています。

チェックが完了し、問題なければ、作品を納品することになるでしょう。納品は、PSDもしくは、TIFF形式のRGBデータで保存します。そして、インクジェットプリントしたものを、色見本としてデータと一緒に送付します。

近年、Web関係の分野までレタッチャーが求められており、レタッチャーの仕事は、将来性のある仕事と言えるでしょう。レタッチに関するソフトやサービスも増えてきています。製版や印刷後の工程までを考えたレタッチが出来るようになるならば、活躍する幅も広がります。そのため、必要な技術さえ身に付けるならば、様々な分野のレタッチャーとして仕事に就くことが可能です。

レタッチャーになるために

レタッチャーの仕事をするために、必要な資格というものは特にありません。しかし、レタッチャーの仕事は、クライアントの要望に沿うために写真についての知識が必要です。写真をよく観察する能力を高めたり、写真の専門学校や、写真教室に通うことなどもできるでしょう。

レタッチャーの仕事に必要な能力があります。それは、ソフトを使用して合成やレタッチする能力です。レタッチャーの仕事は、写真の修整や補正により、素材の質を高めるために、レタッチ作業があります。そのため、画像処理ツールの技術は、必ず必要なものになるでしょう。

パソコンのソフトで操作をしていくことになるため、パソコンの操作は基本的に必ず出来るようになっておく必要があります。画像加工については、グラフィックツールである「Adobe Photoshop」に熟達している人がレタッチャーの仕事の求人に求められている傾向にあります。そのため、パソコンでの画像処理ツールのスキルである「Adobe Photoshop」などのツールを使いこなすために勉強すると良いでしょう。

レタッチャーの仕事をするためには、スキルの証明にもなる、ツールを使った画像処理に関する資格を取得することがオススメです。画像処理の技術や知識を証明するために、「Adobe Photoshopの民間検定試験」や、「Photoshopクリエイター能力認定試験」を受験して資格を取得することができます。

「Photoshopクリエイター能力認定試験」の認定基準は、Photoshopの基本操作や作業が求められる「スタンダード」と、Webデザインの基本的知識や目的に対する創造的な製作が求められる「エキスパート」の2つに分かれています。Photoshopクリエイター能力認定試験は、実際に役立つ知識や技術を身に付けることが可能な実践的な内容になります。

レタッチャーの仕事には、技術が求められるため、これらの資格を取得すると良いでしょう。そうするならば、仕事の依頼も増える可能性があるからです。

さらに、レタッチャーの仕事は、カメラマンやプロデューサー、ディレクターなど、多くの人と関わる仕事です。そのため、仕事をしていく上では、社会人として基本的なコミュニケーション能力が求められるでしょう。

また、依頼される方であるクライアントの要望に沿うような仕上がりにするためには、ヒアリング能力が求められます。ヒアリング能力がないと、勝手に自分で思い込んだ仕上がりにしてしまって、クライアントが思い描いていた仕上がりと異なってしまうことになりかねません。

そうするならば、さらに仕上がりに時間が余計にかかってしまうことになるので、クライアントとのコミュニケーション能力は必須でしょう。

レタッチャーの仕事をしていく上で、最初からフリーランスで始める人もいることでしょう。しかし、会社に就職して、レタッチャーの仕事の技術や、経験を積んでいくこともできます。どちらにしても、レタッチャーの仕事は技術さえあれば、レタッチャーの案件に取り組んでいくことができる仕事と言えるでしょう。

レタッチャーの仕事で必要な物とは?

Designer using graphics tablet

レタッチャーの仕事をするために必要なものが幾つかあります。まず、必ず必要となるものの一つに、パソコンがあります。できるだけ高性能のグラフィック処理が可能なパソコンを選びます。そうすれば、画像処理に時間がとられることなく、仕事を進めることが可能になることでしょう。

また、細かいところを修正するためにペンタブレットが必要です。さらに、プリンターや色調などを見るための色評価台が必要です。レタッチ後、プリンターでプリントし、色評価台に乗せ仕上がりを確認するためです。

それだけでなく、Adobe Photoshopなどのソフトが必要です。このように、レタッチャーの仕事をする上で必要な物を揃えるために、初期費用がかかりますが、仕事を続けていくならば、初期費用の元を取って、さらに稼ぐことが可能でしょう。

レタッチャーの仕事のやりがいとは?

レタッチャーの仕事のやりがいは、自分が関わった作品が世の中に残ることです。自分がレタッチャーした作品が雑誌や広告で載るなどするならば、自分の仕事に誇りを持てますし、仕事の疲れも吹き飛ぶことでしょう。

また、自分が関わった作品が周りから良い反響を得ることができれば、次の仕事にも結び付くことになります。さらに、レタッチャーした作品を依頼した方に見せますが、依頼者の喜ぶ顔を見られることは何より嬉しいことでしょう。依頼者からの感謝の言葉は、やりがいを感じることができます。

また、プロデューサーやカメラマンなどの人たちと仕事をしていくことになるため、チームの一人として力を合わせていくことになります。そのため、協力して完成させる喜びもあることでしょう。

レタッチャーの求人の探し方

Job Search Icon Concept on Laptop Screen

レタッチャーの求人をどのように探すことができるでしょうか。インターネットや求人誌を活用すれば、たくさんの情報を見つけることができます。インターネットを利用される方であれば、インターネットで探す方法はとても簡単で便利です。また、日本全国に事務所などがあり、無料で相談できるところもあります。

「ハローワーク」

ハローワークは、厚生労働省が管轄している職業安定局のことです。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。

ハローワークの窓口に行くならば、相談にも対応してくれます。ハローワークの求人広告料は無料のため、たくさんの求人が集まります。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、レタッチャーの正社員の仕事を探している人に最適でしょう。

現在では、ハローワークインターネットサービスを行っており、家にいながらハローワークの求人情報を検索することが可能です。

indeed

具体的には、indeed(インディード)という検索エンジンを活用する方法があります。indeedは2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンです。2012年にはリクルートに完全子会社化されました。indeedは登録しなくても各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することが可能です。

indeedは掲示板の役割を果たしてくれます。掲載日から何日が経過したかも記載されていますので、情報の鮮度のチェックをすることもができます。キーワードに「レタッチャー」と入力して検索すれば、レタッチャーの仕事を見つけることができるでしょう。

JOB STAGE

JOB STAGEは、デザイナーやクリエイター専門の求人サイトになります。求人サイト運営から14年が経過し、クリエイティブ業界やデザイン業界の優良企業の求人情報を毎日更新しています。

プロフェッショナルのWebデザイナーや、空間デザイナー、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、CGデザイナー、カメラマンといったクリエイターのための求人広告や仕事情報があります。未経験者歓迎の求人広告も掲載されています。そのため、レタッチャーの仕事もすぐに見つけることができることでしょう。

Find Job!

Find Job!は、ITやWeb業界最大級の求人・転職サイトになります。ITエンジニアやWebエンジニア、Webディレクター、Webデザイナー、Webマーケティングの新着求人情報を毎日更新して届けてくれます。

Find Job!では、効率的に求人を探せるようにするために、人気機能を多数提供してくれます。例えば、希望の職種や勤務地、雇用形態などを登録しておくならば、新着の求人情報を知らせてくれる新着メールマガジンがあります。

また、匿名でWeb履歴書を公開しておくならば、企業からスカウトが届くスカウトメール機能もあるので、効率的に転職活動を進めることが可能でしょう。

Find Job!は、パソコンやスマホから求人の検索や応募する機能が利用できるため、レタッチャーの仕事を探している人や、転職を考えている人は利用すると良いでしょう。

このように、インターネットのサイトを活用すれば、レタッチャーの求人は手軽に見つかるようになっています。こうしたサイトにアクセスし、レタッチャーの仕事探しについて検討してみると良いでしょう。

「転職エージェント」で仕事を探す方法

Attentive businessman listening to business partner talking during negotiations, thinking over his ideas, business team discussing project, financial adviser consulting client at meeting in office

レタッチャーの仕事に就職するためには、「転職エージェント」をうまく活用するのがおすすめです。「転職エージェント」とは、厚生労働大臣から認可を受けた斡旋を目的とした会社のことです。

「転職エージェント」は、人材紹介会社と呼ばれることもあります。転職エージェントに登録するならば、求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートし、アドバイスしてくれます。

また、転職エージェントは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。ですから、面接以外の相手企業との直接なやりとりはほとんどありません。

転職エージェントを活用することにより、客観的に自分のアピールポイントを見極めることも可能になるでしょう。転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在します。

非公開求人は、少人数の人しか知ることができないため、良い条件・良いポジションであっても競争倍率が高くなりすぎないメリットがあります。

ですから、「転職エージェント」を利用することにより、自分一人で転職活動をするよりもより満足した転職活動をすることができます。

転職エージェントはそれぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することが大切です。例えば、20代で未経験業界への転職実績が豊富な転職エージェントだったり、30代向けの求人が多い転職エージェントなど、得意分野が違うことでしょう。それぞれの転職エージェントの特徴を理解して登録します。

転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録することがポイントです。転職エージェントに登録するのに必要な所要時間は、3分ほどです。3社を登録するには、10分かかりませんので、すぐ登録してみると良いでしょう。

「DODA」

DODAは、企業の募集から内定までを転職のプロフェッショナルがサポートしてくれる転職エージェントです。

DODAは、日本全国に拠点があるため、上京して転職したい方や、地元に戻って転職したい方にも利用可能です。DODAは、求人数が多く、公開案件は49,000件以上あります。

また、DODAでは、キャリアアドバイザーと、採用プロジェクト担当の2人体制で転職をサポートしてくれます。キャリアカウンセリングを行ってくれるキャリアアドバイザーは求職者一人につき一人が担当してくれますし、採用プロジェクト担当は、求人企業1社ごとに一人が担当してくれます。

キャリアアドバイザーは、転職の相談や求人の紹介、面接のアドバイスや応募書類の書き方、日程調整などをしてくれることでしょう。採用プロジェクト担当は、担当企業の人事担当者と同じ目線で求職者に情報を提供してくれます。さらに、求人情報の詳細や、企業との日程調整のやり取り、企業内部情報などもしてくれるので安心です。

採用プロジェクト担当は、仕事内容やインセンティブ、勤務時間、評価基準など、企業のイメージが分かる情報を教えてくれるのが特徴です。

DODAで紹介してくれる案件のうち、80~90%が非公開求人のため、求人サイトで応募したい会社がなかった人でも自分が希望する案件がある可能性が高いことでしょう。

「リクルートエージェント」

「リクルートエージェント」は、リクルートグループが運営している転職エージェントです。

「リクルートエージェント」は、1977年に創業しましたが、2016年の3月期迄に既に約37万人の転職支援実績があり、転職成功実績はNo.1です。年間2万3,000人以上の転職支援によって成功事例を積み上げ、そのノウハウが活かされており、相談拠点数業界でもNo.1になります。

「リクルートエージェント」は、選考の進捗管理・求人のチェックができる「Personal Desktop」を活用することが可能です。スマホ専用アプリもあるため、外出先で求人をチェックすることもできます。さらに、企業の社風について知ることができる「AGENT REPORT」のサービスがありますので、転職後に後悔することはあまりないことでしょう。

さらに、職務経歴書を作る時に役立つ「レジュメNavi」が利用できます。「リクルートエージェント」では、約470名のキャリアアドバイザーが在籍しており、アドバイスの質の向上やのために研修や勉強会が開催されています。

「リクルートエージェント」は、多くの仕事の種類を扱っていますので、非公開求人の中からレタッチャーの仕事を見つけることができるかもしれません。専任のアドバイザーがきちんとサポートしてくれますし、企業の内部情報・職場の雰囲気などの情報も教えてくれますから、安心して就職することが可能です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事