【ロボット関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【ロボット関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

ロボット関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、ロボット関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。初めてロボットメーカーという言葉を聞かれた方も、ロボット関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。 サムネイル

ロボット関連の仕事の種類や特徴とは?

Vintage tin toy robot

ロボットとは、人間の代わりに作業を行う機械や装置のことです。ロボットの種類は多くあり、ロボットの目的などによって形や機能が異なっており、ロボットの中には、産業用ロボット、掃除用ロボット、ペットロボット、医療や介護用ロボット、災害用ロボットなどが挙げられます。

介護現場や小売業者では、いつも人出不足に悩まされています。そのため、ロボットの活躍が期待されており、将来はロボットがなくてはならないものとなることが予想されています。

労働力をロボットで補う予定

そして、2020年に開かれる東京オリンピックに向け、日本政府はロボットを広く社会に普及するため、「日本再興戦略」を策定されました。日本では少子高齢化に伴い、労働力が減少するため、ロボット産業に力を入れたいと考えているからです。ロボットにより、労働作業の自動化を図る目的があると言えるでしょう。

日本は、世界的に見ても産業用ロボットでは高い技術力を持っています。そのため、海外への販路拡大が期待されています。また、近年では家庭で使用できるサービスロボットが注目されています。掃除用ロボットの中には、私たちの身近な「ルンバ」が思いつくことでしょう。

・ペットロボット 猫型や犬型ロボットなどがあります。会話ができるロボットや、色々な動きをするロボットがあり、ペット禁止の建物であっても、ロボットであれば、問題はありません。介護用ロボットは、介護現場でリハビリやコミュニケーションを助けてくれるため、介護施設などで活躍しています。

・災害用ロボット 災害時の危険地域で調査したり、救助作業をしてくれるでしょう。また、受付などをしてくれるロボットの「ペッパー」や、無人機の「ドローン」などのロボットがあります。偵察用のドローンは、安全な上空からたくさんの情報を入手したり、遠隔操作をすることが可能です。また、自動運転車の開発も進められており、実用化も間近いと言われています。

産業用ロボットは日本が最先端

日本の年間出荷額と稼働台数が世界トップです。産業用ロボットとは、何のことでしょうか?

・産業用ロボット 「自動制御によるマニピュレーション機能又は移動機能をもち、各種の作業をプログラムによって実行でき、産業に使用される機械」と定義されており、大きく分けるならば、ICチップなど電子部品をプリント基板に載せた電子部品実装機と、多関節ロボットに分類され、垂直多関節ロボット・水平多関節ロボット・直交ロボット・パラレルリンクロボットがあります。

・垂直多関節ロボット 溶接や塗装、組み立てなどの分野で使用されるもので、自由で複雑な作業ができるようになります。水平多関節ロボットは、高速な組立作業や、部品を押し込む作業、ワークの上げ下ろし、工程間の搬送に適しています。直交ロボットは、高精度で制御しやすく、部品組み立てや、搬送などに使用されています。

・パラレルリンクロボット 上の部分から吊り下げて使用するもので、アームが並列に付いており、細かな作業を早く行うことが可能です。電子部品実装機の大手として有名なのは、富士機械製造、ヤマハ発動機、パナソニック、JUKIなどがあります。韓国の電子部品実装機では、サムスンテックウィンが挙げられるでしょう。

・多関節ロボット 川崎重工業、安川電機、ダイヘン、不二越などが大手の企業として挙げられます。ドイツは、KUKAですし、スイスはABBが挙げられるでしょう。ロボット関連の仕事の転職を希望する場合、実務経験者は即戦力として求められることがあります。ロボット関連の仕事は、自分が携わったロボットが実用化されることにより、やりがいを感じることができます。

ロボット関連の仕事の平均年収は?

ロボット業界など、機械や電気製品の設計開発に携わる技術者の年収は、平均約500万円ほどになります。ロボット開発などは、高度な知識や専門性のある業種と言えますが、サラリーマンの平均年収より、少し上回る程度になります。ロボット業界は、これからの将来性がある職種なため、今後年収が上昇する可能性があると言えるでしょう。

仕事に携わったロボットがヒットした場合、ボーナスが貰えることもあり、年収もそれに応じて増えていく可能性があります。

夢のあるロボット関連の仕事にはどんなものがあるのでしょうか?

Artificial intelligence and man on handshake in relationship, isolated on white background, With the concept of a future world, robots can live with humans and work instead of humans.

ロボットは産業や工業分野にとどまらず、介護やエンターテイメントなどでも開発されています。そのため、ソフトバンクなどの日本の大手企業がロボット業界に参入してきており、今後は需要が増えていくことになると考えられるでしょう。

ロボットエンジニアの仕事

ロボットエンジニアは、ロボットの開発や設計するのが仕事になります。ロボットエンジニアの仕事は、産業用ロボットがほとんどでしたが、近年は様々なロボットが研究され、開発されるようになっています。

ロボットエンジニアの仕事は、電気や機械、工学などの知識が必要です。手先が器用な方や、好奇心が強い方、チャレンジ精神がある方がロボットエンジニアに向いていると言えるでしょう。

ロボットクリエイターの仕事

Robot reading a book in the workshop of its creator

ロボットクリエイターは、ロボットの開発や設計、デザインやコンセプトなどを考える仕事です。産業用や、災害用、医療や介護ロボットなどで活躍することが可能です。電気回路の知識が大切になってくることでしょう。

ロボットの開発は、物事を柔軟に捉えることができる発想力が必要です。色々な問題に直面しますが、一つ一つ解決していくことが可能な仕事と言えるでしょう。

ロボットクリエイターは、手を動かしつつ、課題を解決するのが好きな方に向いています。

ロボットデザイナーの仕事

Animator designer Development designing drawing sketching development creating graphic pose characters sci-fi robot Cartoon illustration animation video game film production , animation design studio.

ロボットデザイナーは、ロボットにとどまらず、社会や人間とどのように関係していくかを考え、ロボットをデザインするのが仕事になります。発想や想像力がある方が向いていると言えるでしょう。

産業用ロボットオペレーターの仕事

Virtual reality technology in industry 4.0. Business man suit wearing VR glasses to see AR service , Thermal Monitoring motor for check destroy part of smart robot arm machine in smart factory.

産業用ロボットオペレーターは、ロボットティーチングや、ロボットのプログラムを作成するのが仕事になります。産業用ロボットオペレーターは、プログラミングや電気制御に関する知識が必要になります。

ロボット整備士の仕事

Engineer using laptop computer for maintenance automatic robotic hand machine tool at the factory

ロボット整備士とは、ロボットを整備するのが仕事になります。産業用ロボットなどのロボットのメンテナンスや修理をすることになるでしょう。メカトロニクスや電子工作技術、情報技術などがある方が向いていると言えるでしょう。

ドローン技術者の仕事

uav drone copter flying with digital camera

ドローン技術者の仕事には、様々な分野があり、資格がなければいけないものではありません。しかし、ドローンに関する経験が必要になるでしょう。ドローン技術者は、システム開発やプログラミングの経験がある方が優遇される傾向にあると言えるでしょう。

ロボット業界の会社を見てみよう!

ロボット業界の会社には、どんなところがあるのでしょうか?これから、見てみましょう。

富士機械製造

富士機械製造は、工作機械や電子部品実装ロボットを作っており、電子部品組立機は、業界シェアで30%を維持する会社です。本社は愛知県にありますが、東京や大阪に支店があります。さらに、アメリカや中国に連結子会社があります。既存の技術や価値観にとらわれない革新的な製品を生み出すことを目指す会社です。

JUKI

JUKIの主力事業は、工業用ミシンになり、世界一位のシェアのある会社です。JUKIの製品は、世界約180ヶ国で使用されており、世界中のアパレルブランドに使用されています。JUKIは、アメリカやヨーロッパ、アジアや中国にグループ企業を展開しています。

ダイドー株式会社

ダイドー株式会社は、約70年の歴史を持っているメカトロニクス専門の会社です。ロボット機械販売や、自動車や搬送ライン設計施工などのエンジニアの事業を展開しています。

株式会社プロシード

株式会社プロシードでは、ロボットシステムインテグレーターとして産業機械やロボットシステム、搬送装置や各種専用装置などを設計し、製作しています。そして、ロボットによるFA化を豊富な周辺装置を基にして提案する会社です。

安川電機

安川電機は、産業用ロボットの生産台数高いシェアがある会社です。日本で初めての全電動式産業用ロボットのMOTOMANは、日本国内だけではなく、世界各地で活躍しています。2013年、日本産業用ロボットメーカーでは初となる中国の産業用ロボットの工場を開設することになりました。

パナソニック

パナソニックは、産業用ロボットの国内シェアで上位になるほどの会社です。「ロボットアームの制御」などで特許を取得しており、パナソニックの産業用ロボットは技術が高いものとなります。海外の電子機器の受託製造サービスが主な仕事になっているため、輸出出荷額が毎年増えている傾向にあります。

川崎重工業

川崎重工業は、40年以上の実績があり、日本国内シェアも高い会社になります。半導体向けのクリーン産業用ロボットに強く、様々な分野で川崎重工業の産業用ロボットが使用されています。

ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は、電子部品実装機で有名な会社です。マリン製品や自動二輪車・エンジンなどに使用できる産業用ロボットや、ヤマハ発動機の産業用ロボットにより作られた部品が航空機や、ハイブリッド自動車に使用されています。

ダイヘン電機システム株式会社

ダイヘン電機システム株式会社では、変圧器に始まって溶接機や、産業用ロボット、半導体製造装置用の高周波電源など、暮らしの基盤となるモノづくりに取り組んでいる会社です。

ユニバーサルロボット

ユニバーサルロボットは、世界で25,000を超える生産現場で使用されており、6軸産業用ロボットアームを提供している会社です。ユニバーサルロボットは、自動化・合理化の産業用製品向けの協働ロボットを開発しています。

ロボット関連の仕事の転職事情と求人の探し方

ロボット関連の仕事を希望する方も増加傾向にあり、これからも需要が高いことが予想されます。ロボット業界の転職事情を見てみましょう。

「ロボット転職ナビ」

ロボット転職ナビ

ロボット関連専用の求人と言えばロボット転職ナビ

ロボット転職ナビは、ロボットの分野に特化した転職サイトです。ロボットクリエイターなどの転職をしたい方にはオススメです。ロボット転職ナビの求人情報数は、275件ほどあります。50,362人の方がロボット転職ナビに登録しており、利用者の満足度は94.1%と高いため、安心できます。

ロボット転職ナビのすべての求人情報がロボット業界の会社なため、クリエイター・エンジニア・デザイナーなどのロボット業界の仕事が見つけやすいと言えるでしょう。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

リクナビNEXTは、転職者8割が利用している転職サイトです。ロボット関連の色々な求人があります。リクナビNEXTでは、Web上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや、便利な機能が充実しています。

さらに、リクナビNEXTでは、求人検索や会社への応募ができるだけでなく、経歴を登録しておくならば、興味を持った会社などからオファーが届くこともあります。非公開の求人もありますから、ロボット業界の転職にもおすすめです。リクナビNEXTでは、急成長しているロボット業界の企業~基盤のある企業までの求人を見つけることができるでしょう。

「はたらいく」

はたらいく

地域密着型求人を設けており、中小企業の求人案件を主軸に掲載されている求人サイト。中小企業を目指して就職・転職する人には必須!

はたらいくは、リクルートキャリアが運営している地域密着の転職サイトです。働き方や人間関係を重視したサイトで、都道府県別に求人情報が掲載されています。色々な職種の求人情報を扱っており、ロボット関連の仕事を地元で探したい方にはオススメです。はたらいくにしか載っていない求人情報が93%もあります。

「BIZREACH」

BIZREACH(ビズリーチ)

通常の求人サイトと同じ機能に加え、登録することでヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる年収600万円以上のハイクラス転職に必須の転職サイト!

BIZREACH(ビズリーチ)とは、株式会社ビズリーチが運営している管理職や専門職向けのハイクラス転職サイトです。BIZREACH は、大手企業などの転職を目指す方向けの転職サイトと言えるでしょう。ロボットに関する仕事で経験を積んでいる方や、キャリアアップを目指す方には良いでしょう。

BIZREACH は2009年から運営しており、経営幹部、幹部候補、次期社長などの募集の求人を扱っています。年収1,000万円以上の公開求人が1万件以上あります。

「ハローワーク」

ハローワーク

www.flickr.com

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している職業安定局のことを言います。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、ロボット関連の仕事を探している人に最適です。

これらのように、インターネットのサイトを活用すれば、ロボット関連の求人は手軽に見つかることでしょう。

ロボット関連の仕事を探すなら「転職エージェント」

ロボット関連の仕事に転職する場合、知識やスキルも大切ですが、仕事の探し方も大切です。ロボット関連の仕事を希望する方が増えてきており、これからの需要も高くなることが見込まれます。

では、ロボット関連の仕事を探し方には、他にどんな方法があるのでしょうか?ロボット関連の仕事に転職するためには、「転職エージェント」を活用するのがおすすめです。

転職エージェントは、それぞれのキャリアと意向に合わせ、自分に適したロボット業界の会社をセレクトしてくれます。「転職エージェント」とは、人材紹介会社と呼ばれることもあり、無料で登録できます。一人での転職活動は、企業情報の収集や、待遇の交渉などに限界が生じます。

しかし、転職エージェントに登録するならば、求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートし、アドバイスしてくれます。

また、転職エージェントは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。転職エージェントは、転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在します。

非公開求人は、少人数の人しか知ることができないため、良い条件・良いポジションであっても競争倍率が高くなりすぎないメリットがあります。ですから、「転職エージェント」を利用することにより、自分一人で転職活動をするよりもより満足した転職活動をすることができます。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事