【介護業界関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【介護業界関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

介護業界は、年々需要が拡大している重要な職業です。人手不足や高齢者の増加が叫ばれる昨今、介護業界の内容や仕事探しについてご紹介します。情報が新しいものかどうか確認する必要はありますが、最近CMで知名度を上げているオンラインサービスです。地方でも求人情報を探したい方にはうってつけのサービスもあるので探してみましょう。

介護業界の職種

Happy patient is holding caregiver for a hand while spending time together

介護業界では、主に以下に挙げる職場での就業が考えられます。その他にも関連産業やサービス業はあるものの、介護業界のメインとなる職種を見てみましょう。

入居介護施設

グループホームや老人ホーム、特養養護老人ホーム、高齢者専用住宅などで、要介護度の異なる利用者を相手に介護を行います。

例えば、特別養護老人ホームでは個室型・相部屋型を問わず、身体介護をメインにサービスを提供します。特別養護老人ホームは、要介護3以上の高齢者を対象としており、寝たきりの方などの身体介護も大いに含まれます。

さらには食事介助や排せつ介助、入浴介助、着替えや、口腔ケアなども行います。これらの身体介護を行う場合、後述する資格が必要ですが、要介護者の身体に直接触れない生活補助であれば、無資格でも可能です。

それには部屋の清掃やベッドを整えること、外出時の付き添い、レクリエーションなどの活動運営などが含まれます。これにより、施設の中には有資格者を身体介護に、無資格者を介護助手という形で募集しているところもあります。

基本的に、利用者の財産に応じて月額料金などが決められるため、安価で入居希望者は常にいます。都市部の施設では満床状態が続いている状況です。

有料老人ホームの場合、民間の企業や団体が運営するサービスであるため高額で、中には入居の一時金が数千万という超高級老人ホームもあります。金額が高い分、よりきめ細やかなサービス内容を受けられるのが特徴です。

割安の老人ホームもあり、種類は様々です。費用を支払えば誰でも入居できるため、要介護の指定条件などはありません。

要介護度は比較的低めの利用者が多い場合があります。もちろん、身体介護や生活援助などのサービスもありますが、軽めの介護度の利用者が多い傾向に合わせて、外出やレクリエーションなどの活動が充実している施設が多いようです。

サービスの内容は施設によって様々で、ケアの指針やポイントにするサービスも異なります。これに対し、サービス付き高齢者向け住宅では介護保険サービスを行わず、基本的な生活相談や見守りなどのサポート、食事提供やコンシェルジュサービスなどを提供します。

身体介護などは別途外部の事業者と契約し、利用者の個室に向かうという形になります。分けられているとはいえ、介護保険を提供する会社が高齢者向け住宅を運営している場合もあり、内容は実質デイサービスや老人ホームとあまり変わらないこともあります。

デイサービス

Male care worker serving dinner to a senior man at his home

デイサービスは、日中利用できる老人ホームのようなもので、自宅に住む利用者が通い、日中身体介護や生活のサポートを受ける場所です。

食事や入浴、トレーニングやレクリエーションなどが含まれます。送迎も業務に含まれ、荷物を載せてデイサービスセンターへと送ります。その際の介助も基本的には業務内です。

デイサービスセンターでは、食事や排せつ介助、入浴設備があれば入浴もできますが、予定の時間はかなり細かく決められています。ある程度動ける方が対象なため、介助は比較的楽とも言えますが、限られた時間の中で食事や入浴、その他レクリエーションを行うことが求められ、安全に配慮しながら忙しいスケジュールをこなす必要があります。

自宅にこもりがちな高齢者を対象に、社会的孤立感や孤独を解消することも目的に含まれています。そのため、レクリエーションの重要性は他の施設に増して高くなります。単に食事や入浴の介助ではなく、社会的な場として様々な交流を生み出すことも求められるからです。

折り紙や縫い物などの手芸はもちろん、最近では園芸や地域のイベントに参加すること、体操やカラオケなどの余暇活動も積極的に取りいれらています。軽作業で収入を得られる活動を行うサービスもあり、高齢者が自立したり社交的な活動を楽しめるように企画を充実させることも重要です。

そのため、レクリエーションの企画や運営が重視されており、運動や社交的な活動、利用者の好みを加味しながら内容を考案しなければなりません。介護職の職員が持ち回りでレクリエーション担当を決め、交互に発案者を変えていくシステムを採用しているところが多く見られます。

医学や理学療法の知識があると、レクリエーションの内容をさらに充実させ深めていくこともできるでしょう。

デイサービスには、利用者がそのまま泊まれるところもあり、職員は夜勤も行います。この場合は介護保険の適用外となり、利用者は宿泊費用を全額負担することになります。その他、リハビリに特化したデイケアもあります。

そこには医師や看護師、理学療法士や作業療法士が在籍していることがあり、リハビリや機能回復に集中したサービスを受けられます。

ホームヘルパー

ホームヘルパーは、自宅で暮らす利用者の介護を行います。正式には訪問介護員と呼び、要介護者や契約者の自宅を訪問して介助を行います。

サービス内容は事前の話し合いによって決まります。ケアマネージャーや事業者などのサービス提供者、そして利用者とその家族などを交えて契約内容を決めます。

自宅で介助を行うため、設備が整ったデイケアセンターや老人ホームと違い、利用者の生活環境に配慮しながらサービスを提供します。ある意味で最もデリケートな介護サービスとも言えますが、その分利用者は慣れ親しんだ自宅で介助を受けて生活できます。

身体介護は、必要があれば契約に含められます。食事や着替えの介助、排せつ、入浴など、要介護度に応じて内容が決まります。食事には、療治食や治療食の提供も含まれ、事業所によってはたんの吸入や経管栄養などを担うサービスもあります。

身体介護が必要ない場合では、掃除や洗濯、調理、買い物、その他生活上の雑用を請け負います。病院に一緒に通院して薬の受け取りや管理を行ったり、散髪や市役所などへの動向なども含まれる場合があります。移動の際は基本的に運転を行い、乗り降りの際の介助もサービスに含まれます。

勘違いしやすいのですが、ホームヘルパーはいわゆるお手伝いさん、家事代行ではありません。あくまで要介護認定を受けた方が利用できる、介護保険サービスに含まれるものであり、あらゆる家事を負担することはありません。

これには大掃除やお客さんのための食事提供、家族の分の食事提供、庭掃除や家族の部屋の掃除などは含まれません。しかし、精神的・感情的な面でのサポートが含まれることもあり、決して簡単な仕事ではありません。利用者は要介護認定されているため、外部との接触や社会的な接点が減っていることがほとんどです。

家族が介護疲れを感じてホームヘルパーを頼むこともあり、そういった感情的な面でのサポートが求められることもあります。ホームヘルパーに関係したカウンセラーや相談員などの経験や資格があると、仕事に従事するうえで役立つでしょう。

ホームヘルパーは、要介護度を維持したり軽くすることを目的とした、自宅介助のスペシャリストです。

ケアマネージャー

Photo of positive doctor and patient on wheelchair

ケアマネージャーは介護支援専門員と呼ばれ、定義としては「要介護者や要支援者の人の相談や心身の状況に応じ、介護サービスを受けられるように介護サービス等の提供についての計画(ケアプラン)の作成や、市町村・サービス事業・施設、家族などとの連絡調整を行う者」となっています。

つまり、介護サービスを利用する人の利用プランや医療・介護施設との連絡、プラン実施の管理などを行うマネージャーです。利用者や利用者の家族と連絡を取り、担当の医療機関やサービスセンターなどとも予定を調整し、新たな必要が発生したり要介護度に変化があったりした時はプランを調整します。

一度作ったプランが実際に履行されているか確認したり、利用者と面談を行ったりなど多岐に渡る業務が特徴です。基本的には、面談や机上でのプラン考案、各種方面と連絡、経費やコストの計算などが業務となります。

ある意味で、自分の仕事も好きなようにマネジメント出来るため、自由度は比較的高い業務です。勤務先には老人ホームやグループホームなどがあります。しかし、最も多いのは居宅介護支援事業所でしょう。介護サービスの代行を行う事業で、ケアマネージャーが一人か複数で営業します。

要介護認定を受けた利用者のプランを作成し、事業者との予定調整を行います。ケアプランを作成した後も、月に1回以上は利用者の元に足を運びます。

担当する人数としては、一人のケアマネージャーで平均35人となっています。100人に最低1人と義務付けられているケアマネージャーですが、1人1人に配慮しながら複数の予定を複合的に組み合わせなければならないため、複雑で難しいマネジメントを扱う仕事です。

介護職に就くための資格

介護を仕事で行おうとした時に、必要となるのはどんな資格でしょうか?一部の業務には必ずしも資格が求められるわけではありませんが、ほぼ必須となる資格を見ておきましょう。

介護福祉士

Gentle trained nurse helping mature patient

介護福祉士は、社会福祉士及び介護福祉士法(2007年12月5日改正)によって設けられた国家資格です。

「専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」と定義されており、身体介護を行う資格の最上位に位置する資格です。

この資格には、食事や入浴などの身体介護の他に、利用者や家族を自立させる支援技術や、具体的なプランを作っていく提案力を身に付けていることが求められます。さらに、福祉サービスの事業者やその他関係者と共に連携し、利用者を取り巻く介護環境全体を整えていくマネジメントも含まれ、非常に高度な把握力や総合力が求められます。

制度の見直しにより、平成28年度(29年1月の試験)から「専門学校等の2年の専門的教育課程を経ていない者に対しては、受験時には実務者研修の450時間の受講と修了を義務付ける」ようになりました。資格の価値が高まったため、取得の条件が整っているようであれば是非とも目指したい資格です。

介護職員初任者研修

研修という名前ですが、介護職員初任者研修は身体介護を行うために最低限必要な資格です。他にも介護を行える資格は幾つもありますが、同資格は3ヶ月程度で取得可能な最も難易度の低い介護資格です。

昔で言うホームヘルパー3級などの位置づけにあり、実質的に新人向けの入門資格となっています。資格を取得しなくても、掃除や料理などの生活援助であれば従事できますが、この研修を受講し試験に合格すれば、無資格よりも給与や待遇面で有利になります。

受講者の経歴や資格は問わず、初心者でも未経験者でも取得可能です。各自治体が定める認定機関で受講し、一定の自宅学習を経て試験を受けます。

介護業界で有名な企業

介護業界でも、柱となるような企業が存在します。以下に2つだけ挙げますが、他にも介護事業に携わる企業は無数にあります。就職先を探すうえで業界の動向を参考にしましょう。

ニチイ学館

ニチイ学館

www.nichiigakkan.co.jp

ニチイ学館は、医療や介護、教育に関連した事業を展開する大企業です。本社は東京都千代田区にあり、1部上場企業として展開しています。医療関連事業、ヘルスケア事業、教育事業も扱い、それらを柱として「教育から就業まで」というビジネスモデルを掲げています。

ニチイの介護付き有料老人ホーム「ニチイホーム」が有名です。首都圏を中心としていますが、埼玉なども含めて60施設以上を展開する巨大事業所です。ニチイ学館の子会社である「ニチイケアパレス」が運営しており、介護業界では30年以上の経験と実績を誇ります。

多くのレビューを見ると、仕事量が多く給与が見合った金額ではないという声も少なからずあるため、日本の介護を担うハードな仕事量を感じさせます。しかし、コンプライアンスを重視し研修参加を意識づけ、キャリアアップには比較的向いている職場と言われています。

管理者には数字の管理など複合的なことも求められますが、幅広い事業の展開により活躍できる場が多い企業とも言えます。中国への進出も行っており、外国人の採用にも積極的です。日本の福祉業界では規模と展開事業数でナンバーワンとなっています。

ベネッセコーポレーション

ベネッセコーポレーション

www.benesse.co.jp

ベネッセコーポレーションは、通信教育や出版を手掛ける株式会社です。育児やペット関連の雑誌、「進研ゼミ」などの通信教育が有名ですが、「ベネッセスタイルケア」は福祉事業を担って介護事業などを展開しています。

介護事業は、ベネッセグループのうちでは何と2割もの売上高を占めるため、企業としても重視している重要な事業となっています。人材育成や研修に力を入れており、パートの方向けの研修も比較的充実しています。福利厚生が手厚いのも特徴で、女性に人気の企業という側面もあります。

介護福祉手当で月に15,000円が支給されるため、介護職で生活していきたい方には魅力的かもしれません。夜勤も同業他社に比べると少なく、「月に多くて6回程度」というレビューも幾つか見られます。

介護事業ではないものの、編集や商品開発では女性社員の活躍が目立ち、産休・育休などの制度もしっかり機能しているのが高評価です。

社員の年収は、業界水準からすると普通のようですが、新しいプラン作りやアセスメント、入居者との面談により、ケアマネージャーを目指そうとする場合に学ぶことの多い職場環境が整っています。

介護職を探す

最後に、介護業界で仕事を探す際に便利なサービスをご紹介します。

indeed(インディード)

indeed

求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しているので圧倒的な求人数を保有する求人サイト!

indeedは求人に特化した検索エンジンであり、インターネット上に散らばっている求人情報を一つにまとめるオンラインサービスです。

日本だけでなく60か国以上の情報を集めることができ、世界中の月間の利用者は2,000万人とも言われている巨大なウェブサイトです。

indeedでは、2019年1月現在で介護関連の求人126,000件以上を見つけることができます。正社員雇用でも56,000件以上の豊富な求人が掲載されています。東京だけでも5,700件の求人があり、とにかく情報量を増やしたい場合に役立つでしょう。

特徴としては、あくまで求人情報を集めてくるだけの情報サイトであることで、自力で就職活動や転職活動を行わなければなりません。転職エージェントやコンサルタントのサポートがないことが問題とならない方の場合には、無料で非常に多くの求人情報を集められる便利なサイトです。

カウンセリングや給与交渉、面接サポートなどのサービスが豊富な転職サイトに比べると、自分で全てをこなしていかなければならないというデメリットがあるものの、履歴書を登録するだけで簡単に応募できるシステムが好評です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事