【光学機器関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【光学機器関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

光学機器とは、光の作用や性質を利用した機器のことを言います。光学機器は、ミラーやレンズ、プリズムなどにより構成されます。光の直進、屈折、反射、干渉などを利用するもので、計測機器や視覚に絡んだものが多く見られます。これからも、市場のニーズに応じて、光学機器メーカーは、独自の技術を活かしつつ、新しい分野に参入する可能性もあるでしょう。そのため、光学機器はこれからも成長していく将来性のある分野と言えます。

光学機器関連の仕事の種類や特徴とは?

Fast internet worldwide connection with the optical fiber

眼鏡やコピー機、デジタルカメラ、電子顕微鏡など、光学機器の光学技術は、光の作用を利用して、私たちの暮らしを良くする技術と言えるでしょう。世界でも、日本の光学機器はトップレベルと言われており、世界最高水準を誇っています。光学機器は、明治時代から継承された技術と言えるでしょう。

近年、IT機器が普及が進んだため、光学機器は産業界において重要性が増しつつあります。医療の分野において早期発見や早期治療のために、光学機器の需要が高まっています。

光学機器を扱う企業の特徴としては、作業する場所では、清潔な状態をキープしなければならないでしょう。もし、汚れやホコリが入った状態で光学機器を製造するならば、正常に動くことはないからです。

高い技術力が光る

Technology in the hands of businessmen

光学機器は精密な構造が求められるため、高い技術や緻密さが求められます。光学機器メーカーは、技術を駆使して光学機器を製造し、顧客に販売します。

光学機器メーカーの中には、光学機器の設計をしたり、製造に必要な整備を整える仕事をする方がいます。また、光学機器の技術を研究する方、光学機器を製造し、完成した製品の検査をしたり、品質を管理する方もいるでしょう。また、光学機器の自社製品をPRして顧客を増やすために営業する方など、光学機器メーカーでは、様々な社員が働いています。

専門的な技術を持つエンジニアや、顧客交渉をする営業、研究開発や技術、品質管理、総務、人事、経理など様々な職種の方が連携し、協力して働いています。それぞれの職種の方がそれぞれの部署で活躍することになるでしょう。

しかし、光学機器の仕事に転職して働くことに、やりがいを感じることができるでしょうか?光学機器メーカーでは、最先端の光学機器という技術に触れながら社会に貢献する、モノづくりの職場で働ことになります。

光学機器の用途

光学機器の中には、人間の命に関わる医療の現場で使用されるものもあるため、私たちの生活に密着しており、働くことにやりがいを感じやすいでしょう。また、大手の光学機器メーカーで働く場合、事業所が海外にあるケースがあるため、海外赴任や海外出張のチャンスもあります。

ですから、日本国内だけでなく、世界という広い視野で働くことも可能ですので、やりがいがあります。英語力を磨くことや、コミュニケーション能力、バイタリティーなどが求められることでしょう。光学機器のメーカーに転職したとしても、すぐに自分の希望通りの職種や職場で最初から仕事ができるとは限りません。

しかし、割り当てられた仕事に挑戦するならば、光学機器の仕事を通してスキルアップすることができます。また、人間としても成長することができるでしょう。技術向上のスピードは時代とともに早くなると言われており、光学機器メーカーでも常に最先端の技術が求められます。

光学機器メーカーの仕事内容

光学機器メーカーに転職したい方は、新しいことに対応できる方が向いていると言えるでしょう。新しい知識を積極的に学ぶ姿勢のある方は、光学機器メーカーに転職しやすく、自分も成長することが可能です。

製造の仕事

製造の仕事は、光学機器を製造しますが、その中には、顕微鏡や内視鏡(ファイバースコープ)、プラネタリウム、望遠鏡(双眼鏡)などがあるでしょう。製造するところは、清潔な状態を保った場所で作業します。緻密な作業が求められます。

設計の仕事

Interior designers working table, an architectural plan of the house, a color palette, furniture and fabric samples in yellow and grey color. Drawings and plans for house decoration.

設計の仕事は、レンズ機構設計とも呼ばれており、レンズの設計をします。製品に組み込むサイズを基にして、光の反射などを考えて設計しなければならないため、高度な知識が必要になるでしょう。

営業の仕事

営業の仕事は、光学機器の自社製品を営業先に売り込むことが仕事です。自社製品の細かな説明などが出来なければなりません。そのためにも、光学機器に関する基礎知識が求められるでしょう。

研究開発の仕事

Health care researchers working in life science laboratory. Young female research scientist and senior male supervisor preparing and analyzing microscope slides in research lab.

光学機器の自社製品の商品開発やテスト、研究などを行う仕事です。競合他社の製品情報を集め、顧客のニーズを知ることも大切です。

経営企画の仕事

経営企画の仕事は、企業経営の中枢になりますが、光学機器の経営戦略や事業戦略に関する企画をし、遂行していく仕事です。

人事の仕事

人事の仕事は、新卒や中途採用、人事評価、人事制度の策定し実行、人事育成などを行います。

総務の仕事

総務の仕事は、法務や庶務、経営管理などの事務をする仕事です。

経理財務の仕事

teamwork  business woman accounting concept financial in office

経理財務の仕事は、光学機器関連の経理業務を行い、資金調達をしたりします。

光学機器関連の仕事の平均年収は?

business man writing question about 2014 on graph

光学機器関連の仕事の平均年収はどれくらいになるでしょうか? 平均年収は約600万円と言われており、他の職種よりも若干高めになっています。

光学機器の大手企業になると、平均年収は約700万円~800万円以上のところもあるようです。40代になり管理職になれば、年収1,000万円以上の方もいるでしょう。光学機器の職種によっても、年収は異なってきます。

例えば、研究開発や設計の職種の場合、約500万円~1,000万円です。しかし、製造の職種の場合、約400万円~800万円です。売上高が大きい大手の企業ほど、平均年収が高くなる傾向にあります。そして、歴史の長い光学機器の企業は、経営が安定しているため、福利厚生や待遇が良く、賞与も年に2回ほど支給されている企業が多く見られます。

光学機器関連の会社を見てみよう!

光学機器関連の会社には、どんなところがあるのでしょうか?これから、大手や中堅の光学機器関連の会社を見てみましょう。

ウシオ電機株式会社

ウシオ電機株式会社

www.ushio.co.jp

ウシオ電機株式会社は、産業用ランプを販売する光源事業・映像と、光学関連装置事業を展開している電機メーカーです。光源事業は、液晶製造用ランプ、LED、ハロゲンランプなどが開発されています。近年、中国などのシネマスクリーンの販売や、医療やバイオなどの新事業にも力を入れています。

株式会社ニコン

株式会社ニコン

www.nikon.co.jp

株式会社ニコンは、カメラやレンズなどカメラ関連の機器製造や販売などを行っている会社です。光学レンズや、液晶・有機ELパネル用FPD露光装置も扱っています。それだけでなく、眼科用カメラや顕微鏡、ロボットの関節動作センサー、CTやX線などの非破壊検査機器・半導体露光装置の開発も行っています。

富士フィルム株式会社

富士フィルム株式会社

fujifilm.jp

富士フィルム株式会社は、光学デバイス、デジタルカメラなどの開発や、製造、販売をしています。ディスプレイパネス、プリント基板などの開発、製作も行っています。さらに、医療機器である超音波診断なども手掛けており、フィルム技術により化粧品開発もしています。

オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社

オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社

www.olympus-medicalscience.co.jp

オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社は、オリンパス株式会社の子会社であり、光学機器や医療機器の製造、販売を大学病院や研究所などに行っています。

手術用の医療機器や内視鏡などの製造をしています。また、顕微鏡や分析・測定機器などの光学機器製品も扱っています。また、診療情報などのデータ管理などのITソリューション提案も行っています。

東海光学株式会社

東海光学株式会社

www.tokaiopt.co.jp

東海光学株式会社は、眼鏡レンズなどの製造や卸売りを行っています。視力矯正レンズや、「ルテイン保護レンズ」という加齢に伴う眼病予防が期待されているレンズの製造もしています。また、「UVカットフィルタ」、「カラーIRウィンドウ」などの製造もしています。

光学機器関連の仕事の転職事情と求人の探し方

光学機器関連の転職事情はどうなっているのでしょうか?光学機器メーカーの大手の場合、従業員数が多いですが、定年などによる退職者があるため、定期的な新卒採用を行っています。

また、中途採用を人員不足が出た場合、求人募集を行っています。中堅企業も、新卒採用を定期的に行い、不定期に中途採用を行っていますので、日々こまめに求人募集をチェックすると良いでしょう。

企業によっては、中途採用を「経験者採用」や「キャリア採用」と言っています。どの程度の経験やスキルが求められるのかは、光学機器メーカーによって異なりますが、社会人の経験がある方を対象とした求人募集が行われるため、前の職場での経験やスキルが求められるでしょう。

研究開発などの技術系の職種のケースは、専門的な知識や経験が重視されます。営業の場合は、異業種の営業経験があると評価されやすいでしょう。また、熱意があれば、未経験であっても採用されることもあります。学校を卒業してから3年以内であれば、新卒採用の枠で応募することが可能なケースもあります。

近年、海外に事務所がある大手の光学機器メーカーが増えてきています。そのため、TOEICのスコアや英語力があれば、評価され、中途採用されやすくなる可能性があるでしょう。

光学機器メーカーの面接で重視されているのは、なぜ光学機器メーカーに転職したいかです。モノづくりの中でも、なぜ光学機器なのかを明確にしておくと良いでしょう。そのためにも、光学機器業界の研究をし、現状を把握しておくことは大切です。また、希望する光学機器メーカーの事業内容や製品の特徴などを理解しておくと良いでしょう。

「求人ボックス」

求人ボックスは、「食べログ」などを運営している「カカクコム」のアグリゲート型の求人検索エンジンです。求人ボックスは、基本的な絞り込み機能だけでなく、「こだわり条件検索」機能が付いているため、使いやすい転職サイトです。

自分が気になった企業の求人の保存ができますし、条件登録することにより、求人の保存が可能です。また、条件登録すれば、関連した新着求人がメールで届くことでしょう。そのため、求人ボックスから光学機器関連の仕事を探すことも簡単に出来るでしょう。

「イーキャリア」

イーキャリア

ソフトバンクグループが運営している。求人獲得の営業力とコネクションがあり、他の転職サイトには掲載されていない掘り出し物の求人が掲載されていることの多いオススメ転職サイト!

イーキャリアは、ソフトバンクグループが運営している転職求人サイトです。イーキャリアの特徴としては、20代や30代の転職に力を入れていることです。

中小企業や、ベンチャー企業、大手のIT企業なども取り扱っており、ソフトバンクグループのブランド力が感じられる転職求人サイトと言えるでしょう。イーキャリアは、非公開求人も取り扱っており、非公開求人を閲覧することが可能です。そのためには、無料の転職サポートに登録することが必要です。転職サポートに登録すれば、専任のコンサルタントから転職支援を無料で受けることが可能でしょう。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

リクナビNEXTは、リクルートを母体とする「リクルートキャリア」が運営している、社会人向けの転職サイトです。無料登録も簡単に行うことができます。

リクナビNEXTは、転職希望者の約8割が利用していると言われており、人気の秘密は、業界最大級の求人数、そして魅力的なサービス内容を挙げることができます。リクナビNEXTを運営するリクルートキャリアは、就職情報が掲載された「就職ジャーナル」、新卒採用に関連したリクナビや、人材紹介のリクルートエージェントなど、人材関係のサービスを提供している大きな企業です。

そのため、リクナビNEXTには小さな転職サイトではかなわないほどの充実したサービスが提供されていると言えるでしょう。

リクナビNEXTでは、例えばWeb上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや、便利な機能が充実しており、掲載求人数は約10,000件、新着や更新の求人は週で考えると毎週1,000件を超えることもあります。そのため、光学機器の仕事も見つけやすいでしょう。

さらに、リクナビNEXTでは「転職フェア」を開催しており、数多くの企業が参加し、ブースを出展しています。直に採用担当者と話をできれば、サイトの情報だけでは分からない企業の情報も入手することが可能でしょう。

「BIZREACH」

BIZREACH(ビズリーチ)

通常の求人サイトと同じ機能に加え、登録することでヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる年収600万円以上のハイクラス転職に必須の転職サイト!

BIZREACH(ビズリーチ)とは、株式会社ビズリーチが運営している管理職や専門職向けのハイクラス転職サイトです。BIZREACH は、大手企業などの転職を目指す方向けの転職サイトです。光学機器に関する仕事で経験を積んでいる方や、キャリアアップを目指す方には良いと言えるでしょう。

BIZREACH は2009年から運営しており、経営幹部、幹部候補、次期社長などの募集の求人を扱っています。年収1,000万円以上の公開求人が1万件以上あります。光学機器メーカーにおいてスキルアップをしたい方にはおすすめです。

「ハローワーク」

www.flickr.com

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している職業安定局のことを言います。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、光学機器関連の仕事を探している人に最適です。

現在では、ハローワークインターネットサービスを行っており、家にいながらハローワークの求人情報を検索することが可能です。 このように、インターネットのサイトを活用すれば、光学機器関連の求人は手軽に見つかることでしょう。

光学機器関連の仕事を探すなら「転職エージェント」

パソナキャリア

パソナキャリアは業界トップクラスの取引企業【16,000社】の求人情報を扱う転職エージェントです。高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職成功までを支援します。

光学機器関連の仕事に転職するためには、「転職エージェント」を利用するのがおすすめです。なぜなら、転職エージェントは、それぞれのキャリアと意向に合わせ、自分に適した光学機器の会社をセレクトしてくれるからです。

「転職エージェント」とは、人材紹介会社と呼ばれ、無料で登録することができます。光学機器メーカーに転職したくても、不定期に募集が行われるケースが多いため、一人での転職活動は、企業情報の収集や、待遇の交渉などに限界が生じることでしょう。

しかし、転職エージェントに登録するならば、光学機器メーカーの求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートしてくれますのでおすすめです。また、光学機器メーカーの転職についてのアドバイスしてくれますので、安心できるでしょう。

転職エージェントでは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートをしてくれます。さらに、転職エージェントの強みは、転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在していることです。そのため、光学機器メーカーに転職したい方は、転職エージェントを利用する価値があります。

転職エージェントはそれぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することは、大切です。転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録する方が良いでしょう。

転職エージェントを利用し、自分の希望に合った、光学機器関連の転職を考えてみるのはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事