【出版業界の仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

【出版業界の仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

書籍や雑誌などの出版物を発行する会社として、出版社があります。出版社の仕事には、企画、印刷、製本をするだけでなく、作成する出版物が多くの読者に読まれるようにするための広告宣伝なども含まれており、多岐に渡るという特徴があります。 出版業界への転職や就職を考えている人、興味を持っている人の役に立てればと思います。

出版の仕事の種類や特徴とは?

週刊誌、マガジン

書籍や雑誌などの出版物を発行する会社として、出版社があります。出版社の仕事には、企画、印刷、製本をするだけでなく、作成する出版物が多くの読者に読まれるようにするための広告宣伝なども含まれており、多岐に渡るという特徴があります。

出版社の仕事にはどんな職種が関係するの?

編集者(エディター)

出版社が円滑に仕事を進めて行くには、様々な職種の方たちが協力して仕事をして行く必要があります。

・編集者 ・ライター ・校正者 ・デザイナー ・営業

をかけて行く必要もありますので、営業の職種も関係してきます。

編集者の仕事は多岐にわたる

出版社に勤務する編集者は、出版作業においてかなり中心的な役割を担っています。出版物の企画から関わり、納品されるまでの管理を行ってゆきます。スケジュールを組み、進捗の管理も行い、校正にも取り組みます。さらには、作家やイラストレーターなどに仕事の依頼も行います。原稿を印刷所に渡します。

様々な人々と関わり、1つの出版物を仕上げて行く作業には苦労も伴います。例えば、作家やライターが作成した原稿を確認し、修正が必要な部分が見つかれば、作家やライターに修正をお願いする必要が生じます。期日迄に納品がなされないことがあれば、催促をする必要もあることでしょう。

他にも、出版社の下請けの編集プロダクションに勤務する編集者もいます。編集プロダクションでは、編集者がデザイン、記事、写真やイラストなどの編集を全て1人で行い、出版する場合もあります。全てを1人で行うとなると、かなり忙しくなりますが、やり甲斐はあると考えられます。

また一口に編集者と言っても、何を編集するかによって仕事内容も異なってきます。小説の編集者は、例えば、月刊、季刊誌などの文芸誌を担当します。編集者は、作家から原稿をもらう努力を払います。もし、作家が病気になるなど、何らかの事情で記事が書けなくなってしまった場合には、その分を他の作家に依頼したりすることもあります。

雑誌の編集者は、ファッション、スポーツ、ミュージック、旅行などの雑誌の編集を担当します。月刊誌、週刊誌など、頻度は様々です。頻度の高い雑誌となると、締め切りが次から次へと来ますので、大変な面もありますが、しっかりと編集者としての経験を積み重ねることはできます。

書籍の編集者は、資格に関する本や、ジャーナリストの本などの書籍の編集を担当します。書籍の編集者の主な仕事は、依頼したライターやカメラマンと打ち合わせをすることになります。編集者は、必ずしも出版しようと思っている書籍の内容を専門にしているわけではないので、外部からライターを雇うことがあります。このような場合、編集者は、ライターに報酬を支払う業務や経費の精算なども担当することがあります。

校正者

出版社によっては、スキルの高い校正者を雇っている場合もあります。大手の出版社には専門の校正部署があります。校正プロダクションに所属する場合には、正社員のみならず、外注スタッフなど、種々の雇用スタイルがあります。フリーランスの校正者として仕事をする場合には、実務経験が重要になると考えられます。

校正者は、出版物を作る際に、誤字脱字、文法上の誤りをチェックし、訂正したりします。作家やライターが見逃している間違いも見つけるように努めます。誤字脱字がたくさんあるような出版物ですと、読者の信頼を失ってしまうおそれがありますので、そうならないよう未然に防ぐ校正作業はとても重要であると考えられます。

編集者から依頼を受け、作業方針や締め切りなどの確認を行った後、校正作業を行い、提出します。こうしたやり取りをメールで行う場合もあります。校正箇所がなくなるまで、やり取りを重ねて行きます。

ブックデザイナーはどのような仕事をするの?

出版物のカバーや表紙のデザインを行います。デザインによって出版物の売れ行きが変わってくることがあります。本の内容に即した人目を引くようなデザインに仕上げる必要があるでしょう。イラストレーターやデザイナーがブックデザイナーの仕事を兼任する場合もあります。

出版物の完成までの道のりは?

出版物が完成するまでには、どのような道のりがあるのでしょうか。まず、書籍や雑誌などの出版物の内容の企画がスタートします。この企画という段階も、非常に重要なプロセスです。ここで、作成する出版物のいわば骨格が出来上がります。クリエイティブディレクター、編集者などが内容の企画を行います。

完成までのプロセス

無事に企画が通れば、続いて、実際に仕事の依頼が行われて行きます。著者やライターを誰に頼むかについて考え依頼します。他にも、イラストレーターやデザイナーなど、必要な方たちに依頼して行きます。誰に頼むかについても良く考えることが大切です。こうした人選は作品の出来栄えに大きく影響します。

人選がなされた後は、編集者が著者やデザイナーなどとやり取りをし、必要な修正を加えながら、原稿の完成に向けて作業を進めて行きます。近年、原稿はデータの形で作成します。完成した原稿データーは印刷会社に渡り、印刷会社はそのデータを活用して、校正用紙を出力して出版社に渡すことになります。

その校正用紙(ゲラと呼ばれる)を受け取った出版社側では、文字校正や色校正などを実施し確認を行います。そして修正箇所が見つかれば、修正し、全ての修正が済むと、今度は印刷会社の方で印刷用の版を作成して行きます。印刷用の版が完成したら印刷を行い、刷り上がったら断裁、折丁、綴じをして、出版物が完成します。完成後、出版物は書店などの販売店に置かれて購入者の手元に届くことになります。

完成した出版物は自動的に売れて行くわけではありません。出版社の仕事の中にも営業が含まれます。書店への営業がなされることがあります。出版物ができると、書店の仕入れ担当の方のところへ出かけてゆき、アピールします。その書店の過去の売上や集まる客層を検討し、売れそうな冊数を考え、その書店から取次店へ発注をかけるようお願いしたりします。

書店への営業が重要

新刊だけでなく、既に置かれている出版物へのフォローも行います。それらの出版物について、どれだけ在庫しているかをチェックし、場合によっては売上を伸ばすための陳列方法について提案を行ったり、販売促進のために、POPなどを置いてもらったりします。

書店が出版物の注文を行う際には、必要な商品を取次店へと注文します。そして、取次店が出版社に注文を行うという流れがあります。出版社はこの取次店に対して営業を行って行く場合もあります。取次店の場合、売れそうな商品を大量に仕入れてくれる場合もあります。新刊についてもアピールし、在庫させておくよう提案して行きます。

他にも、マスコミに対して営業を行い、テレビ、ラジオ、新聞などで出版物の紹介を依頼することもあります。その出版物の広告をインターネットに載せるように依頼することもあります。このように、完成した出版物をどのように売るかという視点も、出版社にとっては重要な視点となります。

出版業界の給料は?どれ位稼げるの?

年収

大手出版社ですと、正社員の初任給で平均26万円ほどで、ベテラン社員さんも含めた平均年収は1,300万円ほどとなっています。大手を含め出版社全般の平均年収は550〜600万円ほどのようですので、中小の出版社は大手に比べ、平均値を下げていると考えられます。

このように、一般的には、大手出版社の方が給与面で上回っているようです。しかしながら、大手ではなくとも、平均1,200万円台の年収の会社もあるようです。

出版社の勤務状況はどのようなものですが?

勤怠管理

出版社の勤務時間ですが、9:00〜18:00や10:00〜19:00となっています。経理、そして事務等は大体定時で勤務しているようですが、編集者となると状況は異なってきます。なぜなら、出版物の場合、発行日が決まっていますので、入稿の締め切りを守られなければならないからです。

特に書籍より雑誌の方がタイトなスケジュールになるようです。雑誌の場合、締切日を動かすというのは難しいからだと思われます。

締め切り前、編集者はやむを得ず、長時間残業をしなければならないこともあるのが現実のようです。小説を掲載する出版物の場合には、作家の筆が進まない状況になってしまいますと、拘束される時間が長くなってしまうこともあり得ます。

基本的には土日や休日、年末年始や夏季は休日となっていますが、締め切り前の時期には休日出勤になる場合もあります。取材をする方の都合に合わせるために休日出勤となる場合もあります。有給休暇も支給はされるものの、十分に有給を消化できないのが実情のようです。

漫画や小説とは異なり、グルメ雑誌やビジネス雑誌などの出版物の場合は、締め切り前の時期でなければ、ある程度プライベートな時間を確保できるようです。

出版業界にはどんな会社がありますか

グローバルな出版業かい

出版業界には、例えば、どんな会社があるでしょうか。幾つかの会社に注目してみましょう。

株式会社リクルートライフスタイル

リクルートライフスタイル

www.recruit-lifestyle.co.jp

旅行領域、飲食領域、美容領域、ヘルスケア領域、通販サービスの分野などで、カスタマーの行動支援、クライアントの業務支援、決済サービスの提供を行っている会社です。

株式会社リクルートライフスタイルは、例えば、現段階で次のような条件で募集を行っています。月給30万2,331円以上プラスインセンティブ、初年度年収300〜500万円という仕事です。内容は、「じゃらん」、「Hot Pepper グルメ」、「Hot Pepper Beauty」のいずれかの広告提案営業となっています。

株式会社マイナビ

マイナビ転職

tenshoku.mynavi.jp

株式会社マイナビは、あらゆる人生の岐路を支えるサービスを提供している会社です。例えば、現段階で次のような条件で募集がなされています。月給18.7〜23.6万円、初年度年収400〜650万円となっています。

仕事の内容は、「マイナビ転職」に掲載するための求人広告の取材、制作に関する仕事です。なんと、制作、編集経験などは一切不問で、未経験者大歓迎となっています。四国、東海、関西、関東など各地で採用中となっており、各拠点とも駅に近い職場となっていますので便利です。

株式会社文理

株式会社文理

www.bunri.co.jp

「小学教科書ワーク」や「中学教科書ワーク」を発刊している創業60年以上の出版社です。例えば、現段階で次のような条件で募集がなされています。月給22万円以上、年収は350〜500万円となっています。

仕事の内容ですが、小、中学生向けの教材の企画、内容校正、編集、レイアウト、校正の仕事です。教材ができるまでの全ての工程に関わる仕事となっています。

出版業界の転職事情はどうなっていますか?

転職事情

出版業界の場合、新卒者よりも、経験者を採用したいという考えがあります。雇ってみないとわからない新卒者より、実績のある経験者の方が安心なのでしょう。

新卒よりも他出版社でのキャリアが重要(中途採用)

それで、興味深い傾向として、大手出版社を目指す場合、新卒で入社試験を受けるよりも、他の出版社での経験を経て、キャリアを積んでから、中途採用で転職する方が採用される確率が高いようです。

同職種への転職も成功しやすいようです。例えば、前の会社では給料の面で満足できなかったのですが、同職種へ転職した結果、給料が大幅に増えたりといった事例もよく見られます。

異業種からの転職は困難

異業種から未経験の状態で、出版業界に転職するのはなかなか難しいと言えるでしょう。編集者など制作分野については、出版社側は経験者を採用したいと思うからです。ただ、もしかすると、出版業界でも制作分野ではない、営業職や事務職に転職することはできるかもしれません。あるいは、これまで企画関係の仕事をしていて発想力のある人が良い評価を受け、制作分野で採用される可能性もあるかもしれません。

そして、出版業界では、繁忙期に派遣社員やアルバイトを募集する場合もあります。未経験の学生でも、編集者のアシスタントのような役割で資料作成や情報集めなどを行える場合もあります。派遣社員やアルバイトでも、経験を積んでできる業務を広げて行けば、社員の推薦で正社員になれる可能性もあるかもしれません。

出版業界の求人を探すには

求人誌などで出版業界の仕事を探すことができますが、もし、インターネットを活用できるなら、仕事を探す場合に便利です。例えば、次のようなサイトも活用できるでしょう。

indeed

indeed

jp.indeed.com

indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用することもできます。indeedは2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンのことです。

indeedは登録しなくても各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することができますので、登録することを煩わしく感じている方には、利用しやすいでしょう。indeedは、2012年にはリクルートに完全子会社化されました。

indeedは掲示板の役割を果たしてくれます。掲載日から何日が経過したかも記載されますので、情報の鮮度のチェックができて便利です。日々、鮮度の高いものがあるかどうかチェックしながら探すことができます。

タウンワーク

タウンワーク

townwork.net

タウンワークのサイトも活用できるでしょう。タウンワークは、リクルートグループが運営しているサイトですので、安心感があります。検索についてですが、職種やエリアから探すことができる検索機能もついています。

例えば、出版業界の仕事について、職種から探す場合には、「マスコミ/出版」というくくりのなかに「印刷・製本」、「校正」といった項目が、他にも、「専門職/その他」というくくりのなかに「編集・記者・ライター」という項目もありますので、それらの項目をクリックして探すこともできます。タウンワークの情報が更新されるのは毎日朝7時となっています。その頃にアクセスすれば、新鮮度の高い求人を見つけられる可能性があります。

「マイナビ転職」

マイナビ転職

tenshoku.mynavi.jp

マイナビ転職は、常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトです。第三者機構評価NO.1に選ばれるほどの正社員の転職情報を持っているのも特徴です。マイナビ転職でしか見ることができない求人情報が載っているかもしれません。

マイナビ転職の求人検索で自分の希望条件を複数登録し、検索結果を表示することができるようになっています。出版業界の仕事の求人も探すことができることでしょう。

このように、インターネットを活用すれば、出版業界の求人も手軽に見つかるようになっています。自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用することもできます。この機会に、こうしたサイトにアクセスして、探してみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事