医療事務ってどんな仕事?特徴や求人の探し方を知ろう!

医療事務ってどんな仕事?特徴や求人の探し方を知ろう!

主婦など女性に人気のある仕事と言えば、医療事務です。医療事務の仕事の特徴としては、外来患者さんが診察をスムーズに受診できるように、サポートすることです。医療事務の仕事は、病院やクリニックなどの医療機関の受付で一日に何人もの患者さんの応対をします。医療事務の仕事は、全国どこにいても安定していますし、給与も基本的に確保することが可能なので、人気の職種です。大きな病院や個人医院、歯科クリニックの仕事場もあります。そんな医療事務の特徴をいくつか挙げてみましょう。さらに求人はどうやって探せばいいのかも調べてましょう。

医療事務とは?仕事の特徴や種類を見てみよう

Shot of two female doctors sitting in exam room and consulting medical procedures.

主婦など女性に人気のある仕事と言えば、医療事務です。医療事務の仕事の特徴としては、外来患者さんが診察をスムーズに受診できるように、サポートすることです。医療事務の仕事は、病院やクリニックなどの医療機関の受付で一日に何人もの患者さんの応対をします。患者さんや業者さんからの電話の応対もあることでしょう。

ですから、医療事務の仕事は、コミュニケーション能力が求められます。また医療事務の仕事の中には、患者さんの保健証の確認を行ったり、診察券やカルテを発行したりします。そして、カルテの整理や資料整理作業もあります。さらに、カルテの内容を読み取って診療内容や薬の処方をに基づき診療費や、薬剤などの医療費を計算し、コンピューターによるデータ入力をします。その後、診察代金を受け取る作業があります。

このような外来の医療事務だけでなく、入院の医療事務の仕事もあります。病棟がある大きい病院では、一日に何人も入退院をするので、その手続きも医療事務の仕事です。患者さんや家族に対して入院診療費の説明したり、病棟への案内、退院した時の清算、入院期間が記載された入院指示書から必要事項をコンピューターに入力し、入院用のカルテ準備などの業務をします。患者さんと医師や看護師の橋渡しとして業務のサポートをしたり、窓口でお見舞いの人の対応を行います。

必要な人には、高額医療制度についてや公的負担制度などの説明をすることがあります。そして、国民健康保険や社会保険の機関に医療費を請求する為に診療報酬明細書であるレセプトを作成します。日本において国民は医療保険に加入することになっていますので、会社員が加入する社会保険は医療費の3割を患者さんが負担し、残りの7割を加入している保険者に請求します。1ヶ月分のレセプトは、翌月の10日までに審査機関に提出することになります。

患者さんがどのような治療をし、どんな薬を処方されたのかを診療内容から読み取り、診療報酬点数を計算します。診療報酬を請求する作業があるため、医療事務のレセプト請求期間はとても忙しいことでしょう。医療費の患者負担分以外の金額を保険者に請求するための書類であるレセプトは、病院の収入の大部分を占めるものなので、間違えないように正確に作成するように気を付けます。しかし、医療事務の仕事は医療費の計算をすることにより、病院の経営を支えている仕事なのでやりがいがあります。

また、医療費の計算は、厚生労働省が定めている点数により計算する専門性のある仕事なので勤務した経験があれば、ブランクがあったとしても仕事を再開しやすいのが医療事務と言えるでしょう。医療関係の情報や医療の技術を職場で知る機会が多いですし、病院やクリニックの受付業務は患者さんに感謝されるため、モチベーションを保ちやすい職業です。医療事務の仕事は患者さんや看護師、医師など人とのやり取りがありますから、人と接することが好きな人に向いています。

さらに、医療用のソフトでパソコンを操作しますから、パソコン操作ができる人が優遇されます。往診を行っている病院では、医師と共に患者さんのお宅に来るまで行くこともあります。その場合、普通自動車運転免許が必要になるでしょう。医療事務の仕事は、大病院だけでなく、小さな医院や診療所まで色々な職場があります。

医療事務は経験があれば日本全国で働くことができます。ですから、ご主人の転勤で引っ越すことになったり、結婚のため別の場所に移動することになったとしても、病院はかならずどこでも存在するので、仕事が見つけやすいことでしょう。勤務時間などの勤務条件を自分の希望に沿って選ぶことが可能ですから、フルタイムや一日数時間、週に3日程度などの勤務もあります。そのため、介護や育児でフルタイムで働くことができなくても、勤務形態を選べるということも医療事務の魅力の一つです。

医療事務は病院の事務職になりますが、患者さんと接することが多いため、接客やサービス業もこなします。患者さんへの気配りもできる人は医療事務の仕事に向いていると言えるでしょう。医療事務でクリニックなどで働く際、働きやすい科があるようです。単科の医療事務は、大きな病院と比較して業務内容が限られるので、仕事が覚えやすいというメリットがあります。早く仕事を覚えたい人や、仕事をこなせるようになって早く勤務時間の融通を利かせたい人には良いかもしれません。

医療事務は資格があった方が良い

friendly young woman behind the reception desk administrator

医療事務の仕事は、全国どこにいても安定していますし、給与も基本的に確保することが可能なので、人気の職種です。大きな病院や個人医院、歯科クリニックの仕事場もあります。その中でも医療事務の求人募集が多いのは、大きな病院です。

大きな病院には、大学病院と総合病院がありますが、ほとんどの病院では、受付・会計・レセプト作成といった作業が分業されています。ですから、一つの業務の仕事を専門的に扱うので、スキルを磨くことが可能です。

仕事をうまく進めていくためには、医師や看護師とのコミュニケーション能力も求められることでしょう。個人の診療所やクリニックなどの小さな病院では、医療事務の人数が少なく、掃除や備品管理などの業務も行います。小さな病院は地域に密着して医療業務を行っているため、患者さんと良いコミュニケーションが求められます。医療事務は、年齢に左右されず資格がなくても仕事をすることは可能ですが、医療事務の資格を持っている人は有利になります。

医療事務の求人情報に「無資格・未経験者OK」というところもありますが、医療事務の就職を考えているならば、医療事務の資格を取得した方が良いでしょう。医療事務の資格があれば、医療事務の知識があることが証明できますので、医療事務の仕事先が見つけやすくなるというメリットがあります。

医療事務の資格を取得するためには、学校や通信講座を受講する、または自分で独学で学ぶことが可能です。医療事務の資格を持ち、一定の年数働いた経験があるならば、再就職や転職がしやすくなることでしょう。近年、医療事務が必要とされている職場の中では、調剤薬局や介護関連施設が増えてきています。必要性が高くなったのは、特に介護関連施設です。その理由としては、介護保険制度の導入によって企業も介護事業に参入してきており、老人ホームや訪問介護ステーションが増加してきたことです。

介護事務ができる人が求められており、経験者が優遇される傾向にあります。仕事としては、市町村に介護報酬を請求する保険請求事務作業、受付などがあります。他にも、大手ドラッグストアなどが拡大し、調剤薬局の数が増加傾向にあります。調剤薬局は薬剤師が病院の処方箋から薬の処方をしますが、薬剤師のサポートをします。受付や会計、データ入力、レセプト、薬剤管理などをします。さらに、大きなホテルや企業に併設されているクリニックも増加してきています。

そのため、医療事務の活躍の場が広がってきています。もし、医療事務の資格がない場合、公共職業訓練の医療事務講座を受講するのがおススメです。公共職業訓練では無料で受講できることもあり、失業手当や技能数得手当をもらいながら勉強することが可能です。受講した人には、就職相談や面接指導、医療事務の仕事を紹介してくれることでしょう。

医療事務の求人や、求人情報の探し方

Close up portrait of a beautiful young woman smiling and looking at laptop screen

求人情報をどこで見つけることができるのでしょうか?地域の情報雑誌や新聞に挟まれた求人広告などで見つける人もいることでしょう。また、コンビニや書店、スーパーマーケットにあるフリーペーパーに求人情報誌が載せられています。

しかし、求人広告を見た時にはすでに募集が終了しているケースもあります。せっかく良い情報を見つけても最新情報でないのであれば、無駄な時間と労力になってしまいますから、最新の求人情報を知ることは大切です。

近所の病院に行ってみると、「医療事務員募集」の張り紙がされているケースもありますので、近くの医療機関を覗いてみるのも良いでしょう。医療事務の求人情報を探すには、医療事務の専門的な学校の就職サポートサービスを利用する方法があります。医療事務の資格を取得するために学校に通った人は、資格を取得すると学校から就職斡旋を受けることができます。学校は全国の医療機関と提携しているケースがあり、就職先を紹介してくれます。

医療事務の資格を取得する際は、就職斡旋サービスをしているか確認すると良いでしょう。さらに、インターネットを利用して求人情報を収集する方法もあります。情報収集する中で、自分がどんな希望を持っているのか事前に考えておくと良いでしょう。通勤時間はどれくらいまで可能か、正社員なのか、パートの仕事にするかなどです。給料の良い大学病院に勤めたいと思っているのか、小さな医院であっても家から近い職場が良いかなども考えることもできます。

そうすれば、譲れない条件と譲歩できる条件がハッキリしてくるので仕事が探しやすくなることでしょう。

「ハローワーク」

ハローワークは、厚生労働省が管轄している職業安定局のことです。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。

ハローワークの窓口に行くならば、相談にも対応してくれます。小さい子どもがいる主婦の人専用の窓口があるハローワークもあるため、子どもを持つ主婦の人は利用してみると良いでしょう。

ハローワークの求人広告料は無料のため、たくさんの求人が集まります。このようにハローワークは、求人票がたくさんあるため、色々な病院の給料や福利厚生、勤務時間などを比較することも可能です。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、正社員の仕事を探している人に最適でしょう。現在では、ハローワークインターネットサービスを行っており、家にいながらハローワークの求人情報を検索することが可能です。

「医療事務求人.com」

「医療事務求人.com」は、医療事務の求人サイトです。日本全国1万件以上の医療事務関連の求人情報があります。医療事務のみならず、カルテ管理や会計事務、クリニックの受付、医療秘書や医局秘書などの求人情報もあります。未経験や無資格からでも問題なくできる求人情報もあるため、資格を取る時間がない人に人気です。

「JobMedley(ジョブメドレー)」

ジョブメドレーは、株式会社メドレーが運営している医療・介護福祉・歯科の総合求人サイトです。医療介護従事経験者が運営している求人サイトなので、掲載されている求人情報は契約事業所からくる求人情報です。

ですから、求人に応募すると直接事業所に届くので、スムーズに仕事を始めることができます。ジョブメドレーは、「短時間勤務」や「住宅手当有り」などの条件で検索することが可能です。

ジョブメドレーは、介護や看護、医療事務の求人情報が豊富にあり、全国217,229件(2018年5月)の事業所の正社員やアルバイト、パートの求人情報が掲載されています。求人数が豊富なので、自分が希望する収入や時給から求人を探すことができます。

悩みがあるところもカスタマーサポートが解決してくれます。そのため、ジョブメドレーの利用者の約92%の人が満足と答えています。さらに、ジョブメドレーで転職先が決まるならば、祝い金をもらえます。

「とらばーゆ」

とらばーゆは、女性の求人・転職サイトです。とらばーゆの名前は、フランス語で仕事を意味します。とらばーゆは、リクルートグループが運営している転職サポートサイトになります。

業種に関わらず求人情報がたくさん掲載されています。医療事務の求人も豊富にあります。「18時までに退社できる」、「子育てママ在籍中」など検索して求人を探すことが可能なので、自分の希望に合った求人情報を見つけることができます。

さらに、職場をイメージできるように社風や具体的なお仕事内容などが記載されていますので、自分が働きやすい職場なのか確認することができることでしょう。

「はたらいく」

はたらいくは、リクルートキャリアが運営している地域密着の転職サイトです。働き方や人間関係を重視したサイトで、都道府県別に求人情報が掲載されています。色々な職種の求人情報を扱っており、医療事務の求人情報も掲載されています。

はたらいくにしか載っていない求人情報が93%もあります。医療事務の求人情報は豊富で、「自分のペースで働ける」など仕事検索が可能です。

「GUPPY」

グッピーとは、株式会社グッピーズが運営している医療・介護・福祉の求人を掲載しているサイトです。2000年にスタートし、グッピーは求人情報だけでなく、無料で適性診断を行ってくれます。グッピーでは、医師・看護師・薬剤師・歯科医師・保育士・介護・コメディカルといった30ほどの医療介護福祉の資格者を募集しています。

もちろん医療事務の求人も扱っています。会員登録をするならば、採用担当者からスカウトを受けることもあったり、キャリアサポートなどのサービスを受けることができます。グッピーでは、正社員だけでなく、パート、契約社員、派遣など様々な雇用形態での検索が可能です。それだけでなく、ハローワークの医療・介護・福祉の求人も同時に探すこともできますし、日本全国の求人も掲載しています。

「Jimuten」

Jimutenとは、医療事務専門の求人サイトです。医療事務や受付の転職を希望する人誰でも利用することが可能です。自分が気に入った求人を見つけたら、匿名でエントリーします。そうすると、直接医療機関の採用担当者と連絡することができます。

面接などの転職活動も自分のスケジュールに合わせて行うことが可能です。転職に関して相談したい人は、Jimutenの担当者から求人情報を紹介してくれます。

「派遣会社」

派遣会社に登録することにより、医療事務の派遣社員として働くことが可能です。派遣社員は、派遣会社に登録する際に希望する収入や仕事内容の条件を伝えることにより自分の希望に合った職場を紹介してくれます。

派遣社員として色々な病院で経験を積み、スキルアップすることができます。紹介予定派遣の契約で働くことにより、そのまま正社員として採用されることもあり得ます。派遣会社の中で医療業界に強いのが「スタッフサービス・メディカル」や「アデコ」が挙げられます。

まとめ

Smiling female doctor wearing a scrub and working at the hospital reception, she is writing a medical report on a clipboard and scheduling appointments

医療事務の仕事は、病院やクリニックなど全国どこでも働くことが可能なので、仕事の安定性も良く、残業が少ないので、定時に帰宅することが可能なので主婦に人気です。しかし、医療事務の仕事は、覚えることが多く、専門的な知識が求められる職種ですから簡単ではないことでしょう。

しかし、医療事務の仕事は患者さんから感謝されるなど、やりがいを感じることのできる職種です。責任もあり、経験を積むのは簡単ではありませんが、自分の希望に合った職場で医療事務のスペシャリストを目指してみるのはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事