【専門商社の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【専門商社の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

総合商社から専門商社へ転職するケースは珍しいかもしれませんが、ないわけではありません。例えば、新たなプロジェクトを任されたり、管理職へといった重要な立場へヘッドハンティングされ、総合商社から専門商社へ転職する場合があります。異なる業界で働いていた方でも、ニーズがあれば、専門商社へ転職するチャンスが開かれるかもしれません。例えば、IT業界でシステムエンジニアの仕事をされていたような方が、専門商社の社内のシステムのメンテナンスをしたり、社内のシステムを構築するような業務に就く可能性があります。

商社関連の仕事とは?

Successful team leader and business owner leading informal in-house business meeting. Businessman working on laptop in foreground. Business and entrepreneurship concept.

商社には、総合商社と専門商社が存在しています。総合商社は、「総合」という言葉からもイメージしやすいですが、様々なサービスや商品を扱っています。一方、専門商社は、特定の分野のサービスや商品だけを専門的に扱っています。

総合商社と専門商社、どちらに関してもサービスや商品の輸出入と卸売を基本としていることに変わりはありませんが、目安にはなりますが、特定分野のサービスや商品による収益が全体の収益の半分を超えると、専門商社とみなされることになります。

ここでは、主に専門商社の仕事に注目します。専門商社の特徴として、卸売を主な事業としており投資への依存度が低いという点を挙げることができます。専門商社には、国内の業者の商品を海外の業者に卸売して輸出事業のビジネスモデルと海外の業者から輸入して国内の業者に卸売してゆく輸入事業のビジネスモデルが存在しています。

いずれのビジネスモデルにおいても歳入源となるのは、基本的には仲介業にて発生する中間利益となっています。以前は輸入事業のビジネスモデルを手がける専門商社の方が圧倒的な数という状況でしたが、輸入事業のビジネスモデルを手がける専門商社も増えてきています。具体的には、IT関連商品、ファッション、食品などの事業に取り組んでいるケースがあります。

専門商社の部門

例えば、法務・貿易、企画、営業、広告宣伝、人事総務、経理などです。一般職で専門商社に入社した場合には、可能性としては、経理、法務・貿易部門などで事務の仕事を担当する可能性が高いと考えられます。場合によっては他部門で総合職をサポートする仕事をすることになるかもしれません。

総合職で専門商社に入社した場合、広告宣伝部門で宣伝業務を担当したり、企画部門で輸出・輸入商品やサービスの企画を担当したり、その後経験を積んでから管理職になる可能性があります。

商社の種類とは?

Business people shaking hands, finishing up a meeting

専門商社の種類ですが、食料品を扱う専門商社は、規模の小さなレストランや飲食系企業に特殊な商品を卸したりするニッチなビジネスを展開しているケースが多いです。オンラインショップや自社店舗でBtoCの形態(消費者に直接販売する形態)をとる小さな企業もたくさんあります。

同様にアパレル・ファッションを扱う専門商社の中にも大手は少ないです。やはり、BtoCの形態をとる小さな企業も一定数存在しています。少ない人数で仕事をこなして行きますので、一人あたりの業務量は多くなると思われます。加えて、ヨーロッパやアメリカのサプライヤーと取引をする企業ともなりますと、時差の問題も生じます。そのため、残業が多くなる可能性があります。

化学薬品や医薬品を扱う専門商社には中堅企業が多いと言えるでしょう。こうした職場は、卸先やサプライヤーが固定される傾向があります。そのため、商品の専門的な知識を身に付けるのには当然ながら努力が求められますが、そうした知識を身につければ、過度に忙しくなることなく、安定した仕事が行えると思われます。

鉄鋼、エネルギー、機械部品を扱う専門商社の中に有名、大手企業が多いと考えられてます。こうした分野はBtoB(法人相手のビジネス)の形態をとるため、取引の金額や資本金が大きくなるという特徴があります。大きな企業では、仕事が忙しく労働時間は長くなるかもしれませんが、年収は高いと言えるでしょう。

専門商社の給料はどれ位でしょうか。

専門商社は、総合商社ほどではありませんが、年収は高い職種であると言えます。とりわけ大手総合商社の子会社の専門商社の年収は高いと言えるでしょう。平均年収800万円をこえる企業も存在しているほどです。

初任給に関しては他の業界との違いはあまりなく、20万円前後となりますが、昇給率が高いという実情があります。30歳頃になると、20万円だった初任給が月給50万円に達する場合があります。かなりの昇給率です。ボーナスもきちんと支給され、夏と冬の2回、月給4ヶ月が支給されることが多い状況です。場合によっては4ヵ月分を上回る支給がなされる場合もあります。

しかしながら、高収入である分、若い頃から多忙な日々を過ごすことになるでしょう。時差がある中、競合他社との競争の中、海外取引先などとのやり取りをする必要があります。部門によっては、海外出張も多いことでしょう。

専門商社の正社員ともなれば、大卒の学歴が必要になる場合がほとんどですので、そのことも専門商社の平均年収が高い理由の一つと言えるでしょう。

専門商社の勤務の状況はどのようなものですか。

専門商社の勤務の状況ですが、もちろん、専門商社といっても様々な営業形態がありますから、企業によって勤務状況は異なるものの、大手総合商社の子会社の高収入の専門商社では、接待や残業で毎日深夜帰宅というケースが見られるようです。

さらに、アパレル系や食品系の消費者に近い段階の産業、いわゆる川下産業の専門商社ですと、長時間の労働になる可能性が高い状況のようです。逆に、消費者から遠い産業である、いわゆる川上産業のエネルギー、化学系の中小の専門商社の場合には、それほど激務にはならないようです。

激務の専門商社の社員でも、休日についてはわりとまとまった休みをとることができるようです。なぜなら、専門商社は特定の産業の企業の間の取引を扱いますので、他の企業が休みになる年末年始、ゴールデンウィークなどは、営業する必要がないからです。しっかりと休みを取得して気持ちを新たにし、再び仕事に取り組むことができるでしょう。

土曜、日曜についても、比較的しっかり休むことができるようですが、取引先に時差がかなりある海外企業が含まれている場合、場合によっては仕事が土曜日に入ることもあることでしょう。

商社関連の会社にはどのような会社があるのでしょうか。

これから、幾つかの商社関連の会社に注目してみましょう。

三菱食品株式会社

三菱食品株式会社

www.mitsubishi-shokuhin.com

1925年に設立されました。各地の様々な食品を扱う中間流通として、食の安全・安心・安定を実現する様々な機能を提供し、食が身近にある世の中を実現し、食を通した喜びや楽しさといった豊かさを届けている企業です。

国内外の低温食品、加工食品、酒類及び菓子の卸売を主な事業内容としています。加えて、物流事業などの事業活動を展開しています。中間流通業の枠を超えて、自らあらゆるビジネスパートナーに働きかけて、総合食品商社として生活者の食と暮らしの明日を創造する中核企業を目指しています。入社3年後の定着率が高く、土日休日は完全に休み、住宅補助もあり、様々な職種を経験できます。

日鉄住金物産

日鉄住金物産

www.nssb.nssmc.com

1977年に設立された会社です。産機・インフラ、鉄鋼、繊維などの商品の販売および輸出入業を事業内容としています。このうち、産機・インフラ分野については、海外で自動車部品、工作機械事業を行っています。ASEANでのエネルギー産業に取り組むインフラ事業、工業団地運営などの事業も創出しました。

また、鉄鋼分野についてですが、原料調達から製品の加工や納品まで総合的なサービスを展開しています。供給の多様化と安定化のため、世界各地から原料を調達すると共に、鋼材取引においても加工会社や販売会社を国内外の需要地に配しています。

繊維分野では、素材の開発、調達から、製品の企画、生産、管理、物流までを手がけています。

ノー残業デーがあったり、海外で働いたり英語を使う可能性もあります。異動希望を申請することもできますし、住宅の補助もあります。

加賀電子

加賀電子

www.taxan.co.jp

国内、海外に拠点を持ち、各地で電子部品の企画、開発から販売までを手がける専門商社です。1968年に設立されました。

IT関連ビジネスの分野では、最新のIT環境を提供する努力が払われています。最先端の企業内ネットワークシステムの構築を手がけることができます。運営のコンサルティング業務も行っています。デジタルコンテンツの制作も行うことができます。

情報機器ビジネスの分野では、「TAXAN」と呼ばれる自社ブランドのPC周辺機器の企画、製造、販売も行っています。

さらに、電子部品、半導体ビジネスの分野においては、国内外の様々な部品を取り扱える体制が確立されています。半導体関連では、社内技術者によるLSI受託設計やオリジナルLSIや部品等の企画や開発にも取り組むことができます。

秋葉原本社ビルは屋上にテラスがあり、季節感を味わいながら食事をしたりすることができます。年に1度、隅田川花火大会鑑賞会なども行われています。

商社関連業界の転職事情はどうなっていますか?

Four hands of businessmen collect gear from the gears of the details of puzzles. against the background of sunlight. The concept of a business idea. Teamwork. strategy. cooperation

総合商社では、大きな会社の中の歯車の一部になりがちですが、専門商社は企画、輸出入、納品までの一連の業務を担当できる可能性もあり、かえって専門商社の方にやりがいを感じて転職するという場合もあるかもしれません。

商社関連業界の求人を探すには

商社関連業界の求人を探す際に、求人誌などで仕事を探してみるのも確かに1つの方法であると言えるしょう。しかし、もし、インターネットを活用できる環境にあるなら、仕事を探す場合に大変便利です。次のようなサイトを活用して、求人を探してみることもできます。

indeed

indeed

求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しているので圧倒的な求人数を保有する求人サイト!

例えば、indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用する方法があります。indeedとは、2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンのことです。

indeedは登録しなくても、各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することができるので手軽に使うことができます。掲示板のような役割を果たしてくれるサイトとなっています。掲載日から何日が経過したかも記載されますので情報の鮮度のチェックもできます。商社関連の仕事についても、こまめに日々チェックするなら、鮮度の高いものを見つけることができるかもしれません。

「DODA」

DODA

業界最大手のリクルートエージェントに次ぐ、第2位の実績を誇るエージェント。求人の数の多さや質の高さ、エージェントの細かい対応と情報量の多さに加え、スピード感のある転職活動が可能な転職エージェント!

DODAは、業界大手のパーソナルキャリア株式会社(旧:株式会社インテリジェンス)が運営している求人サイトです。DODAは、転職したい人と会社を多岐にわたる手段でマッチングしてくれます。転職のプロフェッショナルが自分の希望に合うところを紹介してくれますので、転職先を優良会社から選べる可能性があります。

求人情報がとても多く、常時10万件もの求人数があると考えられています。国内でトップクラスの規模の転職サービスです。大手優良企業の案件も豊富です。

通常の転職サービスであれば、転職サイトと転職エージェントの両方を担っているところは多くはありません。しかし、DODAでは、転職サイトとエージェントのサポートがセットになっています。セットになることによって、求人情報の比較、検討、面接の準備、年収の交渉など、最初から最後までのトータルサポートがなされることになります。DODAのみに求人を出している企業も多くあるようですので、多くの求人情報を確認しながら、転職の手厚いサポートも受けられる可能性があります。

企業が社名を明かすことなく人材を募集することを、非公開求人と言いますが、企業が非公開求人を行う理由としては、機密性の高い事業戦略、プロジェクトに関わる人材採用であるから、企業側で急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がないからなどが考えられます。そのため、非公開求人には好条件のものが多い傾向があります。DODAでは、一般には出回らない非公開求人の数は、10万件の求人情報のうちの約8割から9割ほどとも考えられています。

DODAでは「転職イベント」や「個別相談会」が定期的に行われています。直接の転職活動以外にも様々な付加的なサービスも展開されています。そうしたサービスも魅力の一つであると言えるでしょう。

面接対策をサポートしてくれたり、職務経歴書についてアドバイスをくれたり、職務経歴書を添削してくれるサービスもあるのでとても助かります。専門アドバイザーは、その企業にとって必要な人材などを把握していますので、安心して相談することができるでしょう。

DODA転職サービスに登録すると、企業側からスカウトメールが届くこともあり得ます。DODAではスカウトメールが送られてくる頻度がとても多いようです。どんな企業からスカウトメールが来るかを確認することによって、自分自身の市場価値を確認することもできるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは、取り扱っている求人数が業界トップクラスです。転職希望者に嬉しい幾つもの特徴があります。登録すれば、有用なサービスを活用できるでしょう。例えば、非公開求人が約10万件もある時もあります。

非公開求人の中には、公開すれば人事担当が対応できない位の応募が殺到するような案件などもあります。そういう魅力的な非公開求人を探すことができるかもしれません。

「レジュメNavi」を利用して、職務経歴書を作成できます。職種を選択すると、その職種に関連したテンプレートが選択されます。応募書類の添削をしてもらうこともできるようになっています。便利なサービスです。

エージェントサービスを受けることもできます。キャリアアドバイザーが要望に合わせて転職活動をサポートしてくれるので安心です。条件や面接日程などの交渉もキャリアアドバイザーが行ってくれますので、転職に伴うストレスが軽減されます。とても助かります。

さらに、「AGENTREPORT」も準備されています。現在活躍されている人材のスペックや選考基準、業界動向や企業の内情、求人の見方やポイント、仕事の環境などの有益な情報をチェックすることができます。他にも、面接力向上セミナーに参加することにより、どんな人が不採用になっているのか、面接官がどんなところを見ているのかなどについても学べます。

こうしたサイトを活用すれば、インターネットで商社関連業界の求人を見つけることは難しくないことでしょう。自分に合った転職先を見つけたい場合、転職エージェントを活用しキャリアアドバイザーの支援を受けることもできるようになっています。こうしたサイトを活用し、商社関連業界の仕事を見つけてみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事