自宅で働きたい!在宅ワークの特徴・求人の探し方を知ろう!

自宅で働きたい!在宅ワークの特徴・求人の探し方を知ろう!

在宅ワークとは会社に出勤するのではなく、在宅で外部の仕事を受託し、パソコンなどの通信機器を使ってデータ入力、データ収集、サンプリングモニターなどの業務を行う働き方の事をいいます。時間や場所を選ばずにパソコンとインターネットさえあれば自由に働くことができるので多くの人に注目されています。そんな注目の在宅ワークの特徴や実際の仕事の例、在宅ワークを探す方法についてこの記事ではご紹介します!

在宅ワークについて

Happy young man, wearing glasses and smiling, as he works on his laptop to get all his business done early in the morning with his cup of coffee

在宅ワークとは

在宅ワークとは会社に出勤するのではなく、在宅で外部の仕事を受託し、パソコンなどの通信機器を使ってデータ入力、データ収集、サンプリングモニターなどの業務を行う働き方の事をいいます。時間や場所を選ばずにパソコンとインターネットさえあれば自由に働くことができるので多くの人に注目されています。

「本職の他にもう少し収入が欲しい」という理由で副業として在宅ワークをする人がいます。また家事や子育てでなかなか外に出て働くことのできない主婦・主夫などにも人気があります。また病気などで体調が安定しないという人、介護で安定した時間を確保できない人、学生などが空き時間になど在宅ワークの需要は高まってきています。

似たような働き方に内職(家内労働)があります。部品の袋詰め、シール貼り、宛て名書きなどを請負業者から委託されて行いますが、法律上在宅ワークとは区別されているようです。

在宅ワークの特徴

Young woman using laptop computer on a beach. Freelance work concept

最大の特徴は自分にとって都合の良い時間に自分のペースで仕事ができるということです。子育てや介護をしているとどうしてもまとまった時間を取ることができません。在宅ワークだと空いた時間を組み合わせることができます。たとえば子育て中の人の場合、子供がまだ寝ている朝早くに、昼寝中に、夜子供が寝付いてからなど時間を細かく分けて働くことができます。主婦の場合は家事の合間に仕事をすることができます。

自宅で一人で仕事をするのでリラックスしながら作業をすることができます。自分の好みのBGMを流すこともできますし、静かなほうが良ければそのようにもできます。休憩の取り方も自由ですし、好きな時にお茶を入れることもできます。服装に気を使うこともありません。自分が一番リラックスできる服装で仕事ができるので、朝の出勤準備などにかける時間を節約することができます。仕事がしやすい環境を作ることによって生産性を上げることができます。

出勤時間や帰宅時間が節約できるのでプライベートを充実させることができます。仕事が終わったらすぐに家族と交流したり自分の好きなことに取り掛かることができます。また休憩中に子供と遊んだりすることもできます。急な家族の必要に応えることができるのも在宅ワークならではのメリットと言えるでしょう。

在宅ワークのほとんどは自分の得意な案件だけを選んで請け負うことが可能です。成果報酬型なので、作業が早ければ早いほど時給に換算すると高くなりますが、逆に作業が遅いと時給に換算すると低くなるだけでなく月々の収入も少なくなってしまいます。人によっては得意な案件を上手に組み合わせて受注して、一般的な会社員の月収よりはるかに多い収入を得ている人もいます。専門性の高い仕事は高収入につながります。

ただメリットがあればデメリットもあります。たとえば会社に勤務する場合は仕事場所や仕事に必要なパソコン、携帯電話、文房具まで揃えてくれますが、在宅ワークの場合は仕事に必要なものはすべて自分で揃えなければなりません。インターネットなどの通信費などを自分で揃えて自分で経費を払うことになります。それで、在宅ワークを始めるなら、最初は無理な投資をしないで今の環境でできる仕事から挑戦するといいでしょう。

在宅ワークは好きな時間に仕事ができるというメリットがある反面、仕事をする時間や締め切り、納期などの管理を自分でする必要があります。会社に勤めている場合は上司がいて、就業時間や仕事の成果まで管理してもらえますが、在宅ワークの場合は自分で自己管理をしっかりとする必要がでてきます。在宅ワークの場合は成果報酬なので、体調を崩して納期や締め切りに間に合わなかったりすると報酬がなくなってしまいます。自由な時間と言っても体調管理を含む自己管理ができなくてはいけません。

どんな仕事があるのか

データ入力やテキスト入力はタイピングさえできれば誰でもできる案件が多いので未経験者でもはじめやすい仕事です。エクセルなどのファイルにアンケートや名簿などのデータを入力したり、紙に印刷されたデータをデジタルデータに変換したりといった作業があります。またインタビューなどの音声データをテキスト化する文字起こしという作業もあります。基本的に単価はそれほど高く設定されていないことが多いので、高収入を得るためにある程度集中してたくさんの案件をこなす必要があります。

ライティングも在宅ワーク初心者が始めやすい仕事の一つです。クライアントからキーワードやジャンルを指定され、それに基づいて記事を書きます。書いた記事は主にインターネット上のブログや情報サイトにアップされます。文字数によって報酬がもらえる案件や、1記事当たりの報酬が決まってるものもあります。誰でもできるライティングの仕事から、テストライティングに合格した人や経験者しかできない仕事まで様々あります。経験を積んでいき、クライアントに認められれば単価を上げていくことも可能です。

Webサイトのデザインや作成をする仕事もあります。これは専門的な技術を必要とする仕事なので、高額な報酬を期待することができます。仕事内容にもよりますがHTML/CSS、JavaScript、PHPなどの知識が必要となるので仕事を請け負うようになるにはそれなりの時間がかかります。作業単価も低めのものから高いものまで様々なので、自分の性格やライフスタイルに合わせて低単価のものを組み合わせたり、高単価の仕事に集中するなど自分で選ぶことができます。

コンピューターを動かすプログラムを作成する仕事であるプログラミングも高度なスキルと経験が必要なため高収入を狙うことのできる在宅ワークの定番の一つです。ただ多くの在宅プログラマーは企業で実務を経験した人がほとんどで、会社時代に信頼を得てその後仕事を受注するということが多いようです。経験を積んで、信頼されればそれだけたくさんの仕事を受注できるようになるでしょう。

在宅で英会話の講師をするオンライン英会話講師もあります。最近では初心者や子供たち向けに日本人の英会話講師が在籍するオンライン英会話スクールもあります。または外国人に日本語を教えるオンライン日本語講師の仕事もあります。いずれもスカイプなどを使って授業を行います。インターネット上で講師として登録することができ、自分で時給を決めることのできるものもあります。

求人の探し方

Job Search Hiring Website Word Concept

インターネット上で求人を探すことができます。就職・転職サイトの条件のところに「在宅ワーク」があれば、そこにチェックして探すことができますし、最近ではビジネスマッチングサイトを利用する人も多くいます。そのうちのいくつかを紹介します。

マイナビバイト

「好きを、バイトに」がキャッチフレーズのマイナビバイトではこだわり検索の中に「在宅ワーク・内職」があるので選択して検索することができます。検索すると現在1349件の求人が掲載されていました。3-5分で終わるアンケートに答えるだけの「アンケートモニター」、仮想通過に興味があればOKの「在宅ライター」、在宅でもできる「事務スタッフ」、ネットで検索してキーワードをチョイスするだけの「ネットサーファー」、ゲームやアニメ、ライトノベルの脚本などをする「シナリオライター」などの仕事が掲載されています。

さらに、家事の合間を有効活用、しかも未経験者OKの「データ入力&チェック」、出勤と在宅のどちらかを選べる「コミック編集アシスタント」などもあります。中にはまず研修をして、経験を積んでから在宅ワークでマイペースに働けるといった案件もあります。ただ、「アンケートモニター」の求人がかなり多く、空いた時間に簡単にお小遣いを稼ごうといった感じのものばかりでした。

クラウドワークス

クラウドソーシングサービス中でもユーザー数、仕事依頼数が日本最大級なのがクラウドワークスです。仕事を依頼したいクライアントとスキルや実績を持つ働き手であるクラウドワーカーをオンラインでマッチングするシステムです。仕事探しや受注、納品や報酬獲得まですべてインターネット上で行うことができます。仕事の内容や性質に合わせて選べる仕事形式が3つあります。

「プロジェクト形式」は発注者が仕事を依頼し、それに対してクラウドワーカーが応募をします。両社で条件の交渉を行って、成立すれば契約、業務の開始となります。報酬は時間単価制と固定報酬制を選ぶことができます。時間単価性はタイムカードアプリを使って作業時間を記録し報酬額を決定します。固定報酬制はプロジェクト単位で成果物に応じて報酬を獲得します。予算や作業量が決まっている場合に適しており、納品後クライアントが検収を行ったら報酬確定、契約終了となります。

「コンペ形式」は発注者の募集に対してクラウドワーカーが制作物を提案し、採用されたらクライアントにデータを正式に納品し、クライアントの確認が終了すると報酬が払われるという形式です。主にロゴマークやキャッチコピーなどの募集が多くあります。高単価の物が多いですが、採用されなければ報酬が発生しないというリスクもあります。

「タスク形式」は発注者が依頼する作業内容に、クラウドワーカーが応募や交渉をすることなく作業を行い納品する形式です。主にアンケートなどの単純な作業で、作業時間も一時間以内となっています。フォームに従って作業を行い、終わったら「作業を完了する」をクリックします。作業内容が送信され業務完了となります。報酬はクライアントが承認してから獲得することができます。一人一件のものから一人で何件も作業できるものまであります。

検索可能な仕事にはシステム開発、ホームページ制作・Webデザイン、ECサイト・ネットショップ構築、アプリ・スマートフォン開発、ハードウェア設計・開発、プロジェクト・保守運用メンバー募集、デザイン、写真・画像・動画、3D-CG制作、音楽・音響・BGM、翻訳・通訳サービス、サイト運営・ビジネスなどのプロフェッショナル向けのカテゴリーがあります。いずれも経験やスキルが必要な仕事ばかりです。

コンペの仕事にはLINEスタンプ作成、名刺作成、パンフレット作成、ポスター作成、封筒デザイン、キャラクターデザイン、漫画・アニメ制作、ネーミング募集、キャッチフレーズ・コピーライティング、シール・ラベルデザイン、アイコン作成、ロゴ作成、イラスト作成などがあります。

経験やスキルが不問のライティングや簡単作業もたくさんあります。例えば、キャッチフレーズ・コピーライティング、名前募集、ブログ記事作成、レビュー・口コミ、記事・Webコンテンツ作成、文章作成、編集・校正・リライト、電子書籍制作、質問・アンケート・テスト、データ検索・データ収集、データ入力、テープ起こし・文字起こし、エクセル作成、写真投稿、簡単動画投稿などがあります。

案件は随時発生するので仕事が全くなくなるということはありません。高いスキルが求められる仕事から、経験不問で短時間で簡単にできる仕事も多くあります。クラウドワークスと同じ形式で人気のクラウドソーシングサービスに「ランサーズ」や「シュフティ」などもあります。それぞれに特徴があるので自分に合いそうなものを選ぶことができるでしょう。

サグーワークス

クラウドソーシングサービスの中でもライティングに特化しているのがサグーワークスです。「テキスト作成」と「アンケート回答」、そして最近から「記事チェック・校閲」の仕事が加わりました。総ライター数190,000人以上を抱え、発注企業者は約2,100社と豊富です。高単価の案件も多数あり、2017年の月間最高報酬額は521,976円だったということで、取り組み方によれば高収入が可能だということが分かります。

テキスト作成には登録すれば誰でも利用できる「簡単テキスト作成」があり、200文字、400文字と言った手軽な説明文作成から6000文字、8000文字といった長文コラム作成まで様々な案件があります。学生や主婦が空き時間に作業できるものもあるので自分のペースで気軽にチャレンジすることができます。案件の例として、「テーマに沿って、ダイエットジムに関する体験談を作成しよう!」、「指定の転職サイトに関する紹介文を作成しよう!」などがあります。

サグーワークスには独自にプラチナライターテストというのがあり、合格者(プラチナライター)のみが利用できる「高単価ライティング」があります。1文字1円以上の案件が豊富にあるのでしっかりと稼ぎたい人にとってはやりがいのあるサービスです。またプラチナライターの場合、タスク型の案件だけでなく、高単価な専属案件もあるので安定した収入を期待することができます。

「アンケート回答」は登録時の個人情報に基づいて、合いそうなテーマのアンケートに答えるというものです。簡単に回答できる短時間で終わるものから、じっくり取り組む質問の多いものまでさまざまあります。簡単なものだと、ドラマやアニメの感想や商品を購入する際の選ぶ基準等を選択肢の中から選び、その理由を簡潔に記入するというものがあります。休憩時間などのスキマ時間に簡単に答えることができます。

「記事チェック・校閲」は他のライターが書いた記事の校閲をする仕事です。事実チェックや内容のチェックをするのである程度の知識が必要となります。仕事に参加するためには個人情報と専門情報を登録し、その情報に基づいて合いそうなテーマの記事を選ぶことができます。

在宅ワークを選ぶ際の注意点

Nerdy scholastic young woman wearing geeky glasses standing thinking with her finger raised and a grimace of concentration in a humorous stereotypical depiction, over a dark background with copyspace

目の前の作業に盲目的に取り組んでしまうことがありますが、単価が低かったり時間がかかりすぎてしまう案件もあります。割に合わない仕事もあるので、自分の仕事の適性時給を考えて案件を選ぶことも大切です。

在宅ワークはビジネスなので責任感を持って仕事には全力で取り組むべきでしょう。連絡を迅速に礼儀正しく行うこと、受けた仕事は責任をもってやり遂げること、仕事が完了した後はお礼の一言を忘れないなど、社会人としてのマナーを守りましょう。

不当に安い単価で仕事を依頼するクライアントや、突然連絡がつかなくなるということもあり得るので、クライアントが信頼できるのかどうかの確認も行う必要があります。また、本来は報酬をもらうはずの在宅ワークなのに、教材の購入を求めたり、専用のサイトを作るからといってお金を請求するような悪徳業者もあるので注意する必要があります。

まとめ

Father and son working on laptop. businessman working from home and watching child. spending time with kid. Young man working on computer. StartUp. Freelance concept. successful modern family.

空いた時間でお小遣い稼ぎをしたり、副業として、またはフリーランスとして本格的に仕事ができる在宅ワークについて見ることができました。自分の得意な作業を自宅で行って報酬がもらえるのは非常に魅力的です。上記の情報を参考にして、ぜひ挑戦してみてください。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事