外資へ転職したい方ををサポートしてくれる転職エージェントと心構え!

外資へ転職したい方ををサポートしてくれる転職エージェントと心構え!

外資系企業へのあこがれはどの業種の方でもありますよね?語学力の向上やダイバーシティな環境で実力が磨かれる、給与水準が高い、以降のキャリアアップにつながりやすいなどなど。今回は外資系企業への転職を希望する方向けにおすすめの転職エージェントや失敗しないための考え方を紹介します。

外資企業の種類

外資系企業への転職

外資系企業で働いている人の中には、全く英語が喋れない方もいますし、一流大学の出身でない方も少なくありません。ですから、英語が話せなくても、立派な職歴が無くても外資系企業への転職を成功させる可能性は十分あります。そもそも外資系企業とは、海外資本がある中でも、外資系株主の影響がとりわけ強い企業すべてを指してます。それには3つのパターンで経営が成り立っています。 1、海外企業と日本企業の「共同出資」 海外企業が日本に会社を設立する際、日本の既設企業の協力を得て共同で出資し、会社を起こすパターンがあります。この際に行われる出資の比率により経営方針が異なってきます。もちろん、多く出資している企業側に経営方針の決定権があります。外資企業の中で最も一般的なパターンと言えるでしょう。 2、海外企業に「買収」された日本企業 海外企業が日本企業を買収すると、運営が海外資本で成り立つことに変わります。つまり、買収されることで外資系企業になります。経営も買収した海外企業が仕切ることになります。自らす進んで買収される日本企業も少なく、それによりグローバルな市場に進出することに成功しています。 3、外国人が日本で企業を起こす海外子会社の「設立」 海外企業が日本に子会社を設立するならそれは外資系企業となり、本国にある本社の経営方針をそのまま反映していくことになります。そのため、一般的に100%外国資本となります。

外資系企業のメリットとは?

給与水準が高い

外資系企業と日本企業を比較すると、外資系企業の給与水準は高いというメリットがあります。もちろん、企業により給与の差はありますが、同業種で比較してみるとそれぞれ10%〜30%ほど年収が高くなると言われています。ですから、給与アップを目的とした転職を考えているなら、外資系企業の転職はお勧めです。

実力が評価されやすい

多くの日本企業は年功序列を採用していますが、外資系企業ではその習慣はありません。つまり、外資系企業では、若くても女性でも実力があるならそれが必ず評価されるのです。ですから、仕事で年収や役職に就きたい!という具体的な目標があり、経験や実績、スキルを積んでいるなら外資系企業の転職が向いているでしょう。

英語力の向上

各外資系企業によって、英語の関与度は異なっています。社内の公用語が英語の企業もあれば、本国にある本社との会議が英語の企業などがあります。ですから、必ず英語力を向上させることができるでしょう。

ワークライフバランス

ワークライフバランス、つまり、仕事と生活のバランスを良く保つ考え方が、外資系企業では浸透しています。そのため、外資系企業の多くは、休日や退職後の時間を大切にする傾向があるので、休暇をとることで責められるような雰囲気はありません。日本企業の場合、有給休暇も消化することが難しく感じるような傾向がありますが、外資系企業ではそのようなことは全くなく、休みをとることに対する権利の認識がしっかり根付いていいます。

外資系企業のデメリットとは?

福利厚生が充実していない

日本の多くの企業は、福利厚生がとても充実しています。しかし、外資系企業では福利厚生を期待することはできません。そのため、住宅手当や資格補助などの制度はもちろん、退職金がでない企業も少なくありません。

実力がないと評価されない

外資系企業は実力社会なので、それなりの成果をあげて評価されなければ昇給や出世することはできません。

雇用環境が不安定

実力社会である外資系企業は、成果を上げない人は不要な人材とみなされ、解雇されてしまいます。そのため、失業確率も高くなっています。

外資企業に転職するには?

上記でも触れたように、外資系企業のメリットにはキャリアアップや年収アップが魅力となっています。では、外資系企業に転職してキャリアアップや年収アップを成功させるためにはどうしたらよいのでしょうか?外資系企業の転職には、転職エージェントを利用することが必須です。その中でも外資系の求人案件に特化しているエージェントを選ぶ必要があります。それにより内定率や年収なども異なってくるので、転職エージェント選びは重要と言えるでしょう。そして、転職エージェントを上手に活用することも大切です。では、まず最適な転職エージェントを選ぶ方法をみてみましょう。

最適な転職エージェントを選ぶ方法

外資系企業向けを専門としている転職エージェントは、全業界を合わせると50社以上存在していると言われています。その中からどのように自分に合った転職エージェントを選ぶことができるでしょうか?下記のような手順で進むなら、最適なエージェントを選ぶことができるでしょう。 1、外資系企業を特化とする大手総合転職エージェントを複数登録する。 総合転職エージェントは、外資系企業の転職に関しても多くの情報量を持っています。外資系企業の転職は、エージェント側にとっても高額な報酬が入るため、積極的に投資している分野でもあります。そのため、総合転職エージェントの中には、専門部署を設け、業界出身者や優秀なキャリアコンサルトが多く在籍しているため、高評価を得ています。また、各転職エージェントには、そこでしか取り扱っていない独占案件も数多く存在しているので、複数の総合転職エージェントを登録することは必須です。

2、業界別に特化した転職エージェントを1社登録する。 外資系企業を特化とする大手総合転職エージェントを利用し、自分が応募してみたい志望の企業がはっきりしてきたら次に何をすることができるでしょうか?それは、業界別に特化した転職エージェントを探し相談することです。業界別に特化しているため、大手総合エージェントではなく、中小規模の転職エージェントとなることでしょう。しかし、中小規模とは言え、大手では取引をしていない独占案件を保有している可能性があるので利用する価値はあります。

3、キャリアコンサルトの質をチェックし、利用する転職エージェントを選ぶ。 ここまでで大手総合転職エージェントと中小規模の転職エージェントを複数登録しおり、キャリアコンサルトの相談も終わっています。これらのエージェントをすべて利用すると効率が悪く、転職活動をスピーディーに進めることができません。なので、登録したエージェントの中から利用したい社を2社だけ厳選して選びます。その際にポイントとなるのは、キャリアコンサルタントとの相性です。自分と相性が良く合い、何でも相談できる最適なキャリアコンサルトを選ぶことが転職成功にかかっています。

外資系企業の転職に登録必須の転職エージェント

「JACリクルートメント」 JACリクルートメントは、イギリスロンドンを発祥とする日系転職エージェントで、外資系国内企業のグローバルさに関しては国内ナンバーワンの実績を誇っています。世界に8ヵ所拠点を持ち、外資企業はもちろん、海外進出企業などの転職にも豊富な実績をもっています。そのため、実際の仕事内容や面接対策など手厚なサポートを受けることができます。特に、ネイティブキャリアコンサルトによるバイリンガル転職サポートに力を入れているため、英語の面接対策などネイティブチェックを受けることができます。優良なエージェントのため、求職者の市場価値が低いと判断されると求人案件をあまり紹介してもらえないというデメリットもあります。しかし、外資系企業の転職を希望しているなら、JACリクルートメントは外資系企業の求人案件を豊富に扱っているので登録必須の転職エージェントと言えるでしょう。

「リクルートエージェント」 リクルートエージェントは、リクルートキャリアが運営する国内シェアナンバーワンをの規模を誇る大手転職エージェントです。7万件以上の求人数を扱っており、そのうちの90パーセントが非公開求人となっているので、外資系企業の転職を考えているなら必ず登録しておきたいエージェントのひとつです。年収1,000万円以上のハイクラス・エグゼクティブ求人、外資系企業求人、日系大手グローバル求人などの求人案件を中心として扱っています。グループとしてアジア地域に15拠点以上を展開していますし、外資系・グローバル転職専門のキャリアコンサルトも多く在籍しているので、的確なアドバイスを受けることができます。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

「アデコ」 アデコは、スイスに本社を構えるアデコグループの日本法人で、世界60ヶ国・5,400拠点以上に拠点を展開する世界最大の総合人材サービス企業です。グローバルネットワークを強みとしているので、外資系企業の求人やグローバル求人、海外現地採用求人など多種多様な求人案件を豊富に扱っています。また、日本国内でも160ヵ所以上に拠点を持ち、地方エリアの外資系企業の求人にも特化しています。外資系転職に強い専門キャリアコンサルトも在籍しているので、履歴書や職務経歴書の英文対策もバッチリ対応しています。

「アージスジャパン」 アージスジャパンは、外資系企業に特化した転職エージェントです。外資系企業の求人、国内グローバル企業の求人を豊富に扱っています。すでに多くの外資系企業転職の実績を持っており、オーダーメイドのサポートをすることができるキャリアコンサルトも数多く在籍しています。国内だけでなく、シンガポールにも展開をしており、外資系企業への転職をサポートしています。

業界別外資系企業の転職に利用すべき転職エージェント

金融業界

外資系企業の金融業界への転職は、難易度があります。また、転職に成功し入社することができたとしても離職率がとても高い業界でもあります。そのため、転職に失敗しないためにも、自分に適性があるかをよく調査することはとても大切です。 「コトラ」 外資系企業の金融業界に特化している転職エージェント・コトラは、在籍しているキャリアコンサルト全員が業界出身者なので、専門性が非常に強い転職エージェントです。網羅的な把握が難しい各PEファンドの特性などもしっかり熟知しているので、徹底的なサポートを受けることができます。金融業界への転職を希望している方はまず相談をし、自分に適性があるかどうか聞いてみることができるでしょう。 「ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職」 ムービンストラテジックキャリアは、ファンド・M&Aを専門とする転職エージェントです。金融業界の案件を豊富に扱っていますし、業界出身者のキャリアコンサルトも多く在籍しているので、手厚いサポートを受けることができます。

コンサルティング業界

コンサルティング業界も金融業界同様、転職が難しい業界です。ケース問題などの対策を徹底して臨む必要があります。では、コンサルティング業界を専門としている転職エージェントをご紹介しましょう。 「アンテロープ」 コンサルティング業界はもちろん、金融業界も得意分野とするアンテロープは、外資系コンサルティングファームの求人案件を常に豊富に持っています。金融業界とコンサルティング業界の両方を軸として扱っているので、金融関係の求人案件を多い傾向があります。 「ムービンストラテジックキャリア Consultant転職」 ムービンストラテジックキャリア Consultant転職は、コンサルティング業界を専門とした転職エージェントです。在籍している数多くのキャリアコンサルトが同業界の出身者なので、コンサルティング業界特有の面接対策など的確なアドバイスやサポートを受けることができます。

製造業界

「ISSコンサルティング」 ISSコンサルティングは、外資系企業の転職エージェントで、特に自動車などの搬送業界や機械などのメーカー企業の求人を扱っています。外資系企業の製造業界を希望しているなら、各業界出身のキャリアコンサルトが在籍していますので、それを専門とするコンサルトから詳しい話を聞いたり、相談することができます。

外資系企業のエグゼクティブ転職を希望する場合

大手外資系企業や、国内グローバル大手企業のエグゼクティブクラスの求人、マネージャークラスの求人などを探している方は、ヘッドハンターが数多く在籍している転職エージェントを利用することができます。エグゼクティブクラスの外資系企業求人は、一般的に限られたチームで採用活動をしており、ヘッドハンターだけが求人情報を保有しています。そのため、エグゼクティブクラスの外資系企業求人の情報を収集するためには、ヘッドハンターと知り合い、常にその情報をキャッチしなければいけません。ヘッドハンターが保有している求人の例としては、年収1,000〜3,000万円クラスの求人、外資系スタートアップ企業の日本支社立ち上げ求人、M&A責任者、CXO求人など多種多様な求人案件を数多く扱っています。なので、外資系企業に転職することで現在の年収よりもさらにアップさせたい方や、さらにキャリアアップを目指したい方などは、ヘッドハンティング・スカウト型の転職エージェントを利用することができます。では、どこの転職エージェントを利用することができるでしょうか?

ヘッドハンティング・スカウトを希望する方向けの転職エージェント

「ビズリーチ」 ビズリーチは、国内最大級のエグゼクティブ・ハイクラス向け会員制のヘッドハンティング型転職エージェントです。3,400以上の厳選された企業と、1,300名以上のヘッドハンターが登録しており、会員数は30万人以上となっています。年収1,000万円以上の求人案件をはじめとし、国内大手企業のグローバル求人、人気外資系企業の求人、専門職求人などを豊富に扱っています。厳選された非公開求人も数多く保有しているので、職務経歴書を登録することで優秀なヘッドハンターから直接スカウトされます。今すぐ転職するつもりはなくても、求人案件をみて転職するかどうかを判断することができるので、外資系企業への転職を希望しているもちろんのこと、とりあえず現職で働きたながら良い求人案件があったら話を聞いてみたい、という方でも利用する価値はあります。ただ、今すぐにでも転職をしたい場合は、ヘッドハンティングやスカウトを待つ必要があるので不向きとなるかもしれません。そのような方は、他の転職エージェントも登録し併用して利用することができるでしょう。

まとめ

外資系企業と聞くと別世界と感じる方もいるかもしれませんが、日本の企業にはない魅力的なメリットがたくさんあります。年収アップしたい方や自分の実力を試したい方、キャリアアップしたい方などは外資系企業への転職を考えてみることができるでしょう。また、すでに外資系企業への転職を希望している方もそれを叶えるために転職活動をすることができます。外資系企業への転職を成功させる鍵は、それを特化としている転職エージェントを利用することです。まずは複数のエージェントに登録し、相談してみることからはじめてみましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事