大阪府の看護師事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

大阪府の看護師事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

大阪府は日本の台所として食文化が栄えた都道府県です。観光スポットもたくさんあり、大阪城など歴史的な価値を持つ名所もあります。最近では超高層ビルのあべのハルカスが完成して新たな観光スポットになっています。求人情報は豊富にあり、専門分野のスキルアップを目指す看護師にはオススメです。そんな大阪で看護師として転職を成功するのに役立つ情報をご紹介します。

大阪府で看護師はどれくらい稼げる?

Osaka Castle in Osaka, Japan

まずは大阪で看護師がどれくらいの年収を稼いでいるかを見てみましょう。厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、大阪での年収平均は約481.9万円です。これは全国で18位という数字です。全国平均年収は約478.3万円です。約3万円ほど高くなっています。

大阪府の看護師給与の目安

大阪府で看護師として働く場合にどれくらいの給料を稼げるのか、その目安を項目別に見てみましょう。参照データは看護師求人サイトの「医療Worker」のものを使っています。

<職種別平均年収> ・看護師・准看護士506万円 ・保健師476万円 ・助産師583万円

<勤務形態別平均年収> ・常勤(夜勤あり)525万円 ・常勤(日勤のみ)509万円 ・常勤(夜勤のみ)607万円

夜勤を入れる事で効率的に年収をアップさせられることが分かります。

<診療科目別平均年収> 内科 538 万円 循環器内科 530 万円 腎臓内科 543 万円 内分泌内科 525 万円 救命救急科 545 万円 消化器外科 540 万円 乳腺外科 517 万円 リハビリテーション科 542 万円 耳鼻咽喉科 551 万円 総合診療科 526 万円 泌尿器科 548 万円 病理診断科 530 万円 麻酔科 551 万円 胃腸科 552 万円 口腔外科 513 万円 消化器科 525 万円 血液内科 543 万円 消化器内科 538 万円 心療内科 535 万円 老年内科 477 万円 形成外科 534 万円 心臓血管外科 538 万円 脳神経外科 540 万円 眼科 539 万円 小児科 532 万円 精神科 522 万円 皮膚科 546 万円 婦人科 535 万円 肛門科 538 万円 アレルギー科 540 万円 歯科 519 万円 緩和ケア科 617 万円 呼吸器内科 550 万円 神経内科 542 万円 糖尿病内科 533 万円 外科 546 万円 呼吸器外科 488 万円 整形外科 548 万円 美容外科 590 万円 産婦人科 558 万円 人工透析 552 万円 人間ドック・検診 534 万円 美容皮膚科 555 万円 放射線科 550 万円 リウマチ科 546 万円 循環器科 536 万円 呼吸器科 527 万円 産科 523 万円

大阪府の学校養成所と就業状況

handsome medical doctor in hospital

大阪府における看護師養成所の数や就業状況について見てみましょう。

「日本看護協会の『平成29年 看護関係統計資料集』」によると、看護師3年課程のナーシングスクールは、 大阪府では全部で35校あります。大学は15校で短期大学は2校です全部で学校数は52ですが、全国平均は約18校のため、学校数は3倍近くと非常に多い方だと言えるでしょう。

大阪府内学校養成所の卒業者数のうち、看護師・准看護師として就業した人に対して、大阪府内で就業した人の割合は7人中6人くらいです。外からの流入者(各都道府外の学校養成所を卒業し、当該内で就業した人)もかなり多く、県外からの卒業生が大阪に職を求めて来ていると言えます。

看護師者数と施設数

続いて就業者数の多さですが、日本看護協会の「平成29年 看護関係統計資料集」によると、看護師として就業している人は62,273人、准看護士として働いている人は23,433人います。合計で85,706人です。人口10万人に対する看護師・准看護士数を対比すると973.3人となります。全国では1030.2人なので若干低くなっています。

続いて施設数に関する統計ですが、2017年10月時点における大阪府の一般診療所数は7821軒あります。うち内科系診療所が5069軒、外科系診療所が2133軒あります。病院は519軒あります。大阪府の一般診療所の人口10万人あたりの数は約88.48軒ですが、全国平均が68.04軒のため、平均よりかなり高い水準にあります。

病院は大阪府が5.87軒、全国平均が6.56軒でこちらは平均を下回っています。

大阪府の医療現場の概況

Healthcare and Medicine concept. Doctor

「日本医師会地域医療情報システム」によると、2010年~2015年における人口増減率は-0.29%です。人口は減りつつありますがその速度は比較的ゆっくりしています。

高齢化率に関しては26.20%となっています。他の多くの県と同様に約4人に1人が65歳以上の高齢者だということです。この状況を踏まえると、大阪府における看護師の需要はそれなりに高いことがわかります。

なお予測によると65歳以上の高齢者人口は 2020年には2,441,178人、2025年には2,427,735人、2030年には2,444,697人、2040年には2,653,207人と全体的に上がり気味になると予測されています。それに対して総人口はどんどんと減っていくことが予想されているため、今後ますます高齢化率は伸びていくと考えられます。

また医療需要予測指数(各年の医療需要量の計算式=~14歳×0.6+15~39歳×0.4+40~64歳×1.0+65~74歳×2.3+75歳~×3.9)は2020年には104(全国平均値104)、2025年には105(全国平均値106)、2030年には104(全国平均値106)になると考えられます。

いずれも全大阪大学医学部附属病院国平均値とほぼ同じかわずかに低いくらいです。

大阪府の大規模病院

大阪府での求人は多くありますが、最新医療を学んだり給与の高さを重視する場合はやはり大病院が狙い目です。大阪府の大規模病院の求人情報をいくつかご紹介しましょう(参照:ナースリンク)。

大阪大学医学部附属病院

大阪大学医学部附属病院

www.hosp.med.osaka-u.ac.jp

大阪大学医学部附属病院は30以上の診療科を持つ大規模病院です。国際医療センターも設置されていて、医療のグローバル事業における拠点病院のひとつになっています。海外から治療に来る患者もいて、今後は地域だけでなく世界的な病院としての機能も期待されています。呼吸器センターやCCU、GCUなどもあり看護部全体の質向上に努めています。求人や待遇情報は以下の通りです。

給料 新卒初任給(平成27年1月現在・地域手当を含む。) 給料(初任給) 看護大卒 基本給 224,672円 看護専門卒 基本給 214,256円

各種手当 通勤手当 なし 住宅手当 なし 扶養手当 なし

その他 昇給 年1回(1月)

賞与 ?賞与は年2回(6月期及び12月期年間で基本給の約4.0ヶ月分平成26年度実績) ただし、支給対象期間の在職月数等によります。

退職金制度

勤務体制 二交替制 日勤:8時30分~17時15分 病棟夜勤:15時45分~翌日9時30分 手術部夜勤:15時15分~翌日9時00分 ※夜勤回数は毎月4~5回程度(平成26年度実績) 三交替制 日勤:8時30分~17時15分 準夜勤:15時15分~24時00分 深夜勤:0時00分~8時45分 ※準夜勤・深夜勤は毎月合わせて9回程度(平成26年度実績)

休日・休暇 所定休日 4週8休制、国民の休日、年末年始等 年次有給休暇 4月採用の場合は初年15日、翌年は原則として20日 残日数は、20日(前年付与日数の範囲内)を限度として翌年に繰越可能 特別休暇 (有給) 夏季 休暇(3日間)、結婚休暇(5日間)、ボランティア休暇、小学校就学前の子の看護休暇(年5日以内)、介護休暇(年5日以内)、産前産後休暇等 その他 育児休業(子が3歳に達するまで取得可)、介護休業、短時間勤務制度(子の養育・家族の介護)、自己啓発休職 被服 貸与

その他 国家公務員共済組合及び労働保険(雇用、労災)に加入

大阪市立大学医学部附属病院

大阪市立大学医学部附属病院

www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp

大阪市立大学医学部附属病院は内科系では11科目、外科系では10科目を有しています。他には新生児科や女性診療科などの専門的な科目もあります。また先端予防医療部や医薬品・食品効能評価センターなども設けられている他、64列マルチスライスCTも導入していて先進医療に触れる事ができます。がん診療連携拠点病院や認知症疾患医療センター、肝疾患診療連携拠点病院にも指定されています。求人や待遇情報は以下の通りです。

給料 大学 基本給:195,000円 医務手当:12,000円 ※助産師業務従事者:25,000円 計:207,000円

短大・専門学校 基本給:191,200円 医務手当:12,000円 ※助産師業務従事者:25,000円 計:203,200円

夜間看護手当:準夜勤務3,900円/回・深夜勤務:6,000円/回 住宅手当:10,000円/月 通勤手当:自家用車利用:距離に応じて支給 ・但し13,000円/月を限度 交通機関利用:実費を支給・但し37,000円/月を限度

各種手当 通勤手当 自家用車利用:距離に応じて支給 ・但し13,000円/月を限度 住宅手当 10,000円/月 扶養手当 なし

その他 昇給 年1回

賞与 年2回(7月・12月) 概ね基本給の5ヶ月分程度 ※ 参考:平成23年度 下期賞与実績570,000円 ※ 支給の条件:支給対象期間に在籍し、支給日に在籍している事

退職金制度 あり 本学退職金支給規程により支給 勤務体制 (交替制) 【2交替】日勤8:30~17:00 / 夜勤16:30~9:00 【3交替】日勤8:30~17:00 / 準夜16:30~1:00 / 深夜0:30~9:00 休日・休暇 年間休日 117日(平成24年度) 被服 貸与 社宅・寮 独身女性用寮

託児所 託児施設有り(病児保育)

その他 健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災 / 財形

大阪医科大学附属病院

大阪医科大学附属病院

hospital.osaka-med.ac.jp

大阪医科大学附属病院は900以上の病床や29の診療科目を持つ大規模病院です。14の中央診察部門も有する特定機能病院としても機能しています。他にも30あまりの指定を受けています。がんの治療にも力を入れています。がん相談支援センターや患者専用のサロン、化学療法センター、緩和ケア外来も設置されています。求人や待遇情報は以下の通りです。

給料 主要手当は夜勤手当4回、住宅手当(独居独身)の概算額

給料(初任給) 看護大卒 基本給 220,970円 手当75,000円 合計295,970円 看護専門卒 基本給 214,490円 手当75,000円合計 289,490円

各種手当 通勤手当 片道の通勤距離が2Km以上の職員に支給されます 交通機関等利用者:運賃等相当額を支給(最高55,000円) 住宅手当 家賃額に応じて最高27,000円まで支給されます 扶養手当 なし

その他 昇給 年1回(4月) 賞与 年間4.6ヵ月+4.7万円(2014年度実績) 退職金制度 あり 2年以上勤務より支給 勤務体制 原則、2交替勤務 (8:30~17:00・16:30~9:00) (一部、3交替勤務) 休日・休暇 休日 4週8休制、国民の祝日、年末年始(6日間)、創立記念日(6/1) 休暇 年次有給休暇(初年度10日)、夏期休暇(5日)、慶弔休暇(結婚・服喪等)、リフレッシュ休暇、子の看護休暇、介護休暇、産前産後休暇、その他育児休業、介護休業他 被服 貸与 社宅・寮 ●法人マンション 徒歩圏内に4棟あり(1棟借り) 入居期間は1年11ヵ月 個人負担約4万円 託児所 大学の敷地内に0?3歳児を対象にした保育所完備 (平成26年4月新築)

その他 私学共済 全国の保養所、宿泊所を契約し、格安で利用可能 チケットの斡旋、貯金事業(年利0.6%)、貸付事業

大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センター

www.osakacity-hp.or.jp

大阪市立総合医療センターは約25年ほど前に設置された比較的新しい病院です。365日24時間体制で稼働していて、地域医療の要となっています。

1000以上ある大規模病院で診療科目は57もあります。がんと心疾患、脳血管疾患の三大疾患への高度医療を提供しています。看護師として最先端治療に触れたい方にはおすすめです。求人や待遇情報は以下の通りです。

給料 通勤手当・扶養手当・住居手当・期末勤勉手当、免許取得後に病院等での業務経験がある場合は、規定により本給に加算、超過勤務手当、期末勤勉手当4.1月程度(平成26年度年間実績・勤務評定が標準の場合。また、採用初年度は規定により満額の支給にはなりません) 給料(初任給) 看護大卒 基本給270,120円 看護専門卒 基本給264,360円

各種手当 通勤手当 月額55,000円まで 住宅手当 賃貸月額28000円まで、(大阪市内居住者の特例限度額月額30,500円まで) 扶養手当 なし

その他 昇給 年1回(1月) 賞与 年2回(6月、12月)

退職金制度 あり 6か月以上勤務者

勤務体制 3交代制(日勤→深夜の勤務はありません)

休日・休暇 4週8休(土・日・祝・年末年始相当日数)、年次有給休暇(年間20日付与(採用月により比例付与)、20日を越えない範囲で翌年度に繰越(最大40日))、夏季休暇5日、結婚休暇5日、忌引休暇(配偶者7日(その他親族についても規定により付与))、生理休暇(職員が請求した期間(有給の期間は年間13回以内) )、ドナー休暇(必要と認める期間)、妊娠障害休暇(1回の妊娠を通じて連続した7日間)、産前・産後休暇(16週間(本給・地域手当・扶養手当・住居手当全額支給))、育児時間休暇(子が1歳6か月に達するまで1日2回合わせて90分以内)、子の看護休暇(単年度5日以内)、育児休業(子が満3歳に達する日までの間において必要な期間(内1歳に達するまでは本給の半額程度を手当金として支給))、部分休業(子が小学校就学の始期に達するまで勤務時間の始め又は終わりに1日2時間以内)

被服 ユニフォーム貸与、ナースシューズ支給

社宅・寮 都島療、梅田療が病院近隣に設置されています。駅へのアクセス良好、オートロック・冷暖房完備、家賃22000円(別途、共益費・水道料金等が必要) 託児所 院内保育所、夜間保育(準夜・深夜)、一時保育、日曜保育、院内保育利用者は自家用車での通勤が認められています。

その他 大阪市職員共済組合、地方公務員災害補償基金、選択型福利厚生事業、資金貸付、各種保険取扱・貯金取扱事業、会員制施設や特定割引施設、妊娠中の職員の通勤緩和(勤務時間の始め又は終わりに各々30分以内)

大阪赤十字病院

大阪赤十字病院

www.osaka-med.jrc.or.jp

大阪赤十字病院は24の診療科を有する病院で、がんなどの重疾患にも対応しています。大阪府指定災害拠点医療センターや大阪府地域周産期母子医療センターにも指定されています。

国内だけでなく海外での災害時活動に力を入れています。看護部には800人以上もの看護師が在籍していて、7:1体制で患者のケアに当たっています。夜間においては3,4人体制で動いています。求人や待遇情報は以下の通りです。

給料 注:(1)上表は、平成23年度日本赤十字社給与の実績により、それぞれの資格取得後を 基準として算定してありますので、就職時の金額と多少異なります。 注:(2)主要手当は2交替、月4日夜勤制の推計額でありますので、多少の変動があります。 注:(3)助産師の初任給は3年制短大卒者が助産師学校を卒業した場合のモデルです。 注:(4)上記学卒初任給に職務経験を加算して決定します。 給料(初任給) 看護大卒 基本給234,485円 手当36,316円合計 270,801円 看護専門卒 基本給228,045円 手当35,756円 合計263,801円

各種手当 通勤手当 限度額 50,000 円 住宅手当 15,000円 扶養手当 なし

その他 昇給 年1回 賞与 年2回(6月・12月)年間支給月数3.95ヶ月(平成25年度実績 退職金制度 あり 当院退職金規定により、正規職員として3年以上勤務した場合支給

勤務体制 二交替勤務(平日4人夜勤) 日勤8:30~17:00および8:30~18:20夜勤16:30~8:40 三交替勤務(標準は3・3夜勤) 日勤8:30~17:00準夜勤16:10~0:40夜勤0:20~8:50

休日・休暇 週休2日制祝日創立記念日(5月1日)年末年始(12月29日~1月3日) 但し、交替勤務者については振替制です。 年次有給休暇:年間21日以内但し、初年度は採用日による 夏季休暇:3日間(平成25年度実績)特別有給休暇:結婚、出産、忌引等 被服 貸与 社宅・寮 看護職員向けの病院借り上げマンションあり。 託児所 保育園(0歳~就学前児)※夜間保育あり

その他 各種社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険) 育児休業制度、育児短時間勤務制度、介護休暇制度、永年勤続功労表彰、財形貯蓄制度 日赤グループ保険、日赤積立年金 「院友会」レクレーション(立食会・旅行)、保養・宿泊及び生活支援サービス 他各種厚生活動

大阪府での看護師のオススメ転職サービス

大阪府に看護師として転職する場合は、転職サイトに複数登録しておくことがポイントです。転職サイトにはキャリアアドバイザーがいて、転職に必要な情報を詳しく教えてくれます。

例えば給与や休暇だけでなく病院の内部情報を教えてくれます。人間関係や休暇や給与の実態、離職率とその理由など自分では知る事のできない事が分かります。さらに待遇の交渉も代行してくれます。キャリアアドバイザーのサポートを受けるかどうかで転職の成功の可能性が変わります。

「ナースではたらこ」

まずはナースではたらこというサイトの紹介です。このサイトは日本最大級の転職サービスで、東証一部上場企業が運営しています。全て無料でサービスを提供していて、求人の紹介はもちろん、面接対策や円満退職のためのアドバイスもくれます。年収やボーナスや残業、有給など聞きづらい事はすべてキャリアアドバイザーが確認してくれるため安心です。ユーザーの口コミとしてはこんなものがあります。

<口コミ> 「こちらを利用させてもらってからはコンサルタントの女性が、おすすめの病院を紹介してくれたので、あとは病院の情報を見て自分で選ぶだけだったので楽チンでした。無料で探してくれるので、対応の質が悪いのでは?と思っていましたけど、コンサルタントの女性はそうでは無かったです。電話がかかってきたときに毎回体調の心配をしてくれたり、仕事は続けていけるかなど聞いてくれました。そういった心がけが嬉しいですね。」

「面接でどうしたら上手くいくのかっていうコツや履歴書の正しい書き方から教えてもらえたんで、不安の要素が一つ一つなくなったような気がします。本当に転職しようかなって困惑した時も、親身になって話を聞いてくれたりもしました。夜勤があったり、早出があったり時間が不規則だったので、あまり連絡を取り合うことはできなかったんですけど、電話が繋がった時にはようやく………って感じも全くしなかったです。転職するまで働いていた病院での鬱憤や愚痴も聞いてくれて、担当の人は友達みたいでした。私と同じくらいの年齢だったので、気があったのが一番よかったです。」

「マイナビ看護師」

マイナビ看護師は2年連続で認知度No.1のサイトです。全て無料で利用でき、非公開求人も多数あります。面接対策も実施している他、応募書類や面接で伝わらない優れた特性や人柄も採用担当者に伝えてもらえます。さらに給料や入社時期なども転職希望者の代わりに調整してもらえます。ナースではたらこと合わせて登録しておくと良いでしょう。ユーザーの口コミは以下の通りです。

<口コミ> 「マイナビ看護師は会員情報を登録しなくても色々な病院の給与や賞与情報、キャリアアドバイザーさんからのちょっとした情報なども閲覧でき、会員登録をしなくてもとりあえず保存というのが出来るのが嬉しいです。 サイトのページもピンク系で可愛いし見やすいので気に入っています。」

「マイナビさんはテレビのCM(こちらはマイナビ転職さんだったと思いますが)で見かけたことがあったので信頼できると思い、こちらに登録することにしました。 利用して感じたことですが、画面がスッキリ(色合い、構成)していて見やすいと感じました。求人案件も豊富で、現在の勤務地(比較的都市部)以外にも自分の出身地(どちらかというと田舎)の求人案件も多く、比較検討できて良かったです。」

「マイナビ看護師を利用させてもらった結果、今勤めている病院では残業がほとんど無く、子どものお迎えにもすぐに行ける様になりました。病院内でママさん看護師も数多くいるので、お迎えのことや姑のことを話せる仲間もできて利用してよかったなーって思っています。」

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事