好印象を与える履歴書の写真はこうやって撮ろう!気をつけるべき点を解説!

履歴書は応募書類として採用担当者が一番最初に目する書類でもあります。無機質な白黒の中で、写真はひと際目立ち、印象を判断する材料となる大切なものです。写真の撮り方はもちろんのこと、貼り方によっても印象が変わりますので、必ず注意して作成しましょう!

履歴書の写真は印象を決める!!

履歴書の写真

転職活動で欠かすことができない「履歴書」の作成には、証明写真が不可欠です。誰もがキレイで好印象を与える写真を貼りたい!と望んでいることでしょう。

実際、履歴書は応募書類として採用担当者が一番最初に目する書類でもあります。その中でも写真はひと際目立ち、印象を判断する材料となる大切なものです。写真の撮り方はもちろんのこと、貼り方によっても印象が変わります。

では、まず証明写真の基本的なマナーについて確認してみましょう。

知っておくべき証明写真の基本的なマナーとは?

写真のサイズ

履歴書の証明写真貼付枠はたいてい、縦4cm×横3cmで構成されています。ですから、その枠内に綺麗に貼ることができるように証明写真のサイズは、縦4cm×横3cmの縦長方形を選択することができるでしょう。

証明写真は、サイズが合っていればよいというものでがありません。スナップ写真を切って証明写真代わりに貼り付けることはNGです。

カラー撮影

証明写真は、カラー撮影、もしくは、モノクロ撮影のどちらかを選択することができますが、転職面接の履歴書で使用する場合は、カラー撮影が望ましいです。

なぜなら、採用担当者は、カラー写真を通して、応募者の雰囲気や印象を見たいと思っているからです。それを伝えるためにも、カラーで写真撮影をするようにしましょう。

背景

写真館では、背景色を選択することができるので、どれにしようか?と悩む方もいます。しかし、転職面接の履歴書で使用する証明写真は、白かブルー、または、薄いグレーが望ましいです。

ブルーを選ぶ場合は、濃い青色ではなく、薄い水色の背景色にすることで、顔の色や表情が分かりやすい写真仕上がりとなります。

白は、最もプレーンな印象の写真仕上がりとなります。しかし、その分人物がくっきり浮き出てしまったり、明るくなりすぎてしまうこともあります。もしそれが気になるようなら、薄いグレーを選ぶことでキレイな仕上がりとすることができるでしょう。

撮影時期

証明写真は、3ヵ月以内に撮影したものを使用することがマナーです。なぜなら、ヘアスタイルや体型などの印象が変わっている場合があるからです。

印象の相違がないよう3ヶ月以内に撮影しましょう。ただし、3ヵ月以内に撮影したものであっても、印象が変わるほどの変化が分かる場合は、もう一度撮影しなおすことをお勧めします。

証明写真裏面に名前を記載

応募先企業の採用担当者は、多くの応募者の書類を扱っています。そのため、写真が剥がれてしまう、ということもあります。

ですから、写真の裏面に自分の名前を油性ペンで記載するようにしましょう。

貼り方

証明写真を履歴書に貼り付けるときは、糊両面テープを使用しましょう。もしセロテープで貼り付けるなら、浮き上がってきてしまい見栄えが悪くなってしまい、印象も低下してしまうので控えましょう。

社員撮影をする際の服装やヘアスタイル

写真撮影に行く前は、だれでも身だしなみを整えることでしょう。特に、転職面接の履歴書で使用する証明写真は、それに適した好印象を与えることができる服装やヘアスタイルで撮影に臨むことができます。

基本的には、面接に臨むような服装で撮影をすることができます。

では、どのような服装やヘアスタイルをしたら適切な写真へと仕上げることができるのでしょうか?

男性の服装やヘアスタイル

(スーツ)

男性の場合、スーツを着用して写真撮影をすることは必須ですが、その際、注意したいのがスーツの色です。淡い色のスーツは、顔周りがぼやけた印象になってしまいますので、濃い色のスーツを着用することで見栄えをよくすることができます。座った状態で証明写真を撮影する場合は、スーツの一番下のボタンは外しましょう。そうすることで、シワを予防することができます。

(ネクタイ)

男性の服装で唯一カラーをプラスすることができるアイテム・ネクタイは、着用する色により全く異なる印象に仕上がります。青系は清潔感、赤系は情熱感、黄色系は元気でパワフルな印象、ダークカラー系は落ち着いた印象を与えることができます。また、ネクタイの結び方、ゆがみなどにも気を付けましょう。

(シャツ) 基本的なことですが、しっかりアイロンがかかっている汚れのないものを着用しましょう。シワやシミはもちろんNGです。色は、基本白色です。

(ヒゲ)

ヒゲはきれいに剃り、清潔感を演出しましょう。

(ヘアスタイル)

髪の毛が顔にかからないように注意し、清潔感を意識したヘアスタイルにしましょう。テカリがあるジェルタイプの整髪料を使用すると、フラッシュ効果でヘアスタイルがテカテカになってしまう場合があるので注意しましょう。

(表情と姿勢)

男性の場合、笑顔はNGです。笑顔は見下している印象を強く感じを与えてしまうので注意しましょう。背筋をしっかり伸ばした際には、顎を少し引きます。それと同時に、目を大きく開くなら、キリっとした表情の写真を仕上げることができます。この時に注意したいのが、顎の引き具合です。真顔で顎を引きすぎてしまうと、暗い印象になってしまいますので気を付けましょう。

(その他)

もしメガネを着用しているなら、メガネのかけ方にも気を付けましょう。また、唇が荒れているときは、リップクリームを塗ることができます。

女性の服装やヘアスタイル

(スーツ)

女性の場合も男性同様、スーツ(またはジャケット)を着用して写真撮影をすることは必須ですが、その際、注意したいのがスーツの色です。淡い色のスーツは、顔周りがぼやけた印象になってしまいますので、濃い色のスーツを着用することで見栄えをよくすることができます。

(シャツ)

首元がスッキリした白シャツやカットソーを着用することで顔周りをスッキリさせることができます。胸元が開きすぎているデザインは、だらしない印象を与えてしまうのでNGです。

(メイク)

ナチュラルなビジネスシーンに適したメイクを心がけましょう。ファンデーションは少し厚めに塗り、口紅は自然で落ち着いた色にすることができるでしょう。また、目元はアイシャドウは薄く明るめの色にし、アイラインを細くはっきりいれることで目元がはっきりとした印象を与えることができます。ノーメイクや、濃すぎるメイクはNGです。

(アクセサリー)

ネックレスやピアスなどのアクセサリーは着用を控えることが望ましいですが、どうしても着用したい場合は、ワンモチーフなどのシンプルなデザインのものにしましょう。

(ヘアスタイル)

髪の毛が長いなら、後ろで束ねて、耳を出して撮影しましょう。結んでキリっとさせることで清潔感を演出することができます。前髪やサイドの髪が顔を覆ってしまうと暗い印象になってしまいますので注意しましょう。

(表情と姿勢)

女性の場合、少し笑顔で撮ることができます。また、姿勢は背筋をしっかり伸ばし、顎を少し引きます。それと同時に、目を大きく開くなら、キリっとした表情の写真を仕上げることができます。この時に注意したいのが、顎の引き具合です。真顔で顎を引きすぎてしまうと、暗い印象になってしまいますので気を付けましょう。

スピード写真で撮る場合

転職活動の場合、仕事が忙しくて写真屋さんに行く時間がない・・という方も少なくないことでしょう。

そんな方に便利なのが、スピード写真です。手軽に利用することができ、低コストなので人気があります。そんなスピード写真は、使い方次第でキレイな写真を仕上げることができます。では、上手な使う方法をみてみましょう。

ボックスでの準備

ボックスに入ったら、カーテンをしっかり閉めて、外からの光が入ってこないかしっかり確認しましょう。足元にストロボがある場合は、荷物を邪魔にならない位置に置くことが必要です。(足でもふさがないように注意しましょう。)

そして、正面のガラスの確認をします。ガラスには汚れや指紋などがついていることもあるので、ハンカチなどで汚れを拭き取りましょう。

椅子の高さ調節

撮影に入る前に椅子の高さを調節する必要があります。適当に調節して撮影するなら、余白が不自然にあったり、姿勢が悪く見えたりする写真が出来上がってしまうので、椅子の高さ調節はとても大切です。

ですから、撮影前には、必ず椅子の調節を行いましょう。

まず背筋をしっかり伸ばし、椅子に座ります。次に、レンズを少し見下ろすくらいの高さに調整することで、アゴが自然と引けて、キリっとした良い表情で撮影することができます。

白いハンカチをひざの上に置く

スピード写真ではストロボの光で顔に影ができてしまうことがあります。それを防ぐために、ひざの上に白いハンカチを広げて写真を撮影することができます。

こうすることで、ストロボの光が白いハンカチに反射し、顔の下からも光をあてることができるので、女優ライトのような効果を得ることができ、キレイに撮影することができます。

質の高い証明写真が撮れる証明写真機

証明写真機には種類があるます。その中でも、キレイな証明写真を撮影することができると評判の証明写真機をいくつかご紹介しましょう。

「富士フィルム証明写真ボックス」

富士フィルム証明写真ボックスは、その名前の通り、日本の写真を代表する富士フィルム株式会社が運営をしている証明写真機です。写真の仕上がりは高画質なので、美肌で、しかも、肌を若々しくきれいに見せることができる仕上がりとなっています。1回700円から利用することができ、1回まで撮り直しが可能となっています。プリント時間は、約18秒というスピード写真と言えるでしょう。

「Ki-Re-i美肌+」

Ki-Re-i美肌+は、株式会社DNPが運営している証明写真機です。写真スタジオのライティングを採用しているので、写真スタジオのような高画質の撮影が可能となっています。スマートフォンに画像を転送して保存することができる”withスマホ”というサービスも提供しています。1回700円から利用することができ、1回まで撮り直しが可能となっています。プリント時間は、約12秒という高速スピードとなっています。

「プロ写真館」

プロ写真館は、三吉工業株式会社が運営している証明写真機です。1回500円という低価格で利用することができるので、証明写真料金を少しでも安く抑えたい方にお勧めです。画質は、上記の証明写真機と比較すると若干落ちますが、何度でも撮り直しをすることができるので、自分が納得する写真を撮ることができるでしょう。

写真店で撮る場合

写真はプロに撮ってもらうのが一番キレイです。履歴書写真を一番キレイに撮ることができる確実な方法と言えるでしょう。しかし、お店によってプロの腕に差があるのも事実です。

ですから、すべてカメラマン任せにすることは避けましょう。写真を撮られる本人が気を付けなくてはならないこともあります。どんなことでしょうか?

写真店の選び方のポイント

数多く存在している写真店の中から選ぶ際のポイントは、撮り直し撮影が可能か?修正は可能か?という点です。もちろん、撮影料金を確認しておくことも大切ですが、その2点が可能な写真店なら、自分が満足する写真を撮影することができるでしょう。

また、最近の写真店のほとんどは、オプション料金を支払うなら、写真のデータを購入することもできます。念のために購入しておくなら安心でしょう。

撮影中

撮影中は、カメラマンの指示に従っているなら問題はありません。撮り直しが可能なお店なら、自分が納得するまで撮影してもらうことができるでしょう。撮影後は、撮れた写真を見せてくれます。もし気に入った写真がなかったなら、もう一度撮影をお願いするようにしましょう。

自分で撮る場合:デジタルカメラ編

最近は、自分で証明写真を撮影する方もいます。もちろん、質の良いデジタルカメラが必要となります。転職活動の履歴書で使用する写真なので、自分で撮ることはあまりお勧めではありませんが、もしどうしても自分で撮りたいというなら、以下の点に注意して撮影することができるでしょう。

撮影場所

撮影場所は、もちろん家の中になりますが、白やベージュなどの壁を背景にすることが大切です。部屋にある電気をすべてつけて、明るい状態で写真を撮影するようにしましょう。家具などの一部が写真に入ってしまうことはNGです。

姿勢

背もたれのない椅子で、カメラから1m程度離れた位置に座ります。椅子がないなら、立ち膝で撮影することができます。カメラは、自分の顔の位置に合わせて三脚で固定しましょう。

カメラ

カメラは、自動モードで撮影することができます。少し離れているように感じるなら、ズームにして撮影することができるでしょう。

プリンター

印刷をする際には、一番高画質なモードを使用しましょう。そして、用紙は光沢紙で印刷しましょう。プリンターがないなら、データをSDカードなどに保存し、コンビニエンスストアなどで印刷することもできます。

自分で撮る場合:スマートフォン・アプリ編

最近は、スマートフォンのアプリを使用して撮影をしている方もいます。写真屋やスピード写真機で撮影するほうがキレイな仕上りとなるのでお勧めですが、どうしても時間がない方は、アプリで撮影することができるという情報を知っておくと便利かもしれません。

アプリでの写真撮影は気軽に行うことができますが、画質は落ちるでしょう。それらを踏まえた上で、履歴書の証明写真を撮影することができるアプリをご紹介しましょう。

「履歴書カメラ」

履歴書カメラは、無料で利用することができます。スマートフォンで撮影した写真を、セブンイレブンで印刷することができます。

「らくらく_証明写真」

らくらく_証明写真は、無料で利用することができます。スマートフォンで撮影した写真を、自宅やセブンイレブンで印刷することができます。

出来上がった写真のチェックポイント!

撮影後は、必ず出来上がった写真をチェックしましょう。では、どのようにベスト写真を選ぶことができるでしょうか?次の点をひとつづつチェックしながら選びことができます。

(目)目つきは悪くないか?パッチリと目を開いているか?目力が出ているか?

(表情)笑いすぎていないか?無表情になっていないか?口角が下がりすぎていないか?

(顎)顎はしっかり正面を向いているか?上がりすぎていないか?もしくは、引きすぎていないか?

(肩)両肩が水平になっているか?首が傾いていないか?

(ヘアスタイル)寝ぐせがないか?整髪料目立っていないか?

(姿勢)背筋はしっかり伸びているか?猫背になっていないか?

上記の点をチェックして、ベストな写真を選びましょう。

まとめ

転職活動の履歴書の写真は、採用担当者に第一印象を植え付ける重要なものです。ですから、きちんとした好印象を与える写真を使用することはとても大切です。

写真の撮影方法は、上記でみたように何種類かありますが、写真館でプロに撮影してもらうなら一番ベストな写真を撮ることができるでしょう。

また、撮影する際には、服装やヘアスタイル、表情などにっも注意し、好印象を与える写真を撮影しましょう。