【学習塾の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

【学習塾の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

あなたの街にも学習塾がいくつかあるかもしれません。子供たちがいる限り学習塾の需要がなくなることはありません。それでだれしも一度は学習塾での求人募集を見たことがあることでしょう。学習塾での仕事は、子供たちが育っていく姿を間近で寄り添って見ることができるのでとてもやりがいの多い仕事だと言えるでしょう。この記事では実際に学習塾での仕事に就くとどのような仕事をすることになるのか、求人を探すためのオススメのポイントについても紹介していきます。

学習塾の仕事の種類や特徴について

Portrait of happy teacher in classroom

学習塾の仕事には、講師の仕事やその他の仕事があります。

はじめに、講師の仕事についてですが、塾の講師は受験対策のために教える場合があります。中学や高校や大学の合格を目指して教えて行きます。それだけではなく、学校の授業について行くための予習や復習の補習をサポートする場合もあります。とりわけ、補習のために塾に通う生徒さんたちは、学習へのモチベーションを培うところからサポートして行く必要があります。

学習への関心がほとんどないお子さんと向かい合って行く可能性もありますので、塾の講師には高い人間性が求められることもあります。子どもの心を動かし、学習意欲を高めて行くことは容易ではありません。子どもの性格に合わせて、時に対応の仕方に変化をつける必要もあるでしょう。

授業には集団授業や個別授業といった形態があります。集団授業では講師一人に対して、生徒さんは多数ということになります。複数の生徒さんへの気配りが必要となります。講師の側には、生徒さんが集中できるように、はっきりと聞き取りやすい声で授業を行なう必要があるでしょう。

授業をどのように進めて行くのか、授業前によく準備し考えておく必要があります。長い時間集中し続けるのが難しい生徒さんたちもいることでしょう。楽しく生徒さんたちを話に引きつけつつも、要点がしっかり伝わるように教えて行くためには工夫も必要となります。気持ちを若々しく保つようにし、学生さんたちが興味を持ちそうな適切な話題に通じておくことも必要でしょう。

保護者や生徒さんとの面談を行なう場合があります。説明会の実施を行なう場合もあるでしょう。生徒さんや保護者の思いを汲み取るためのコミュニケーション力が必要です。

生徒さんたちが受験しそうな学校の情報に通じておく必要もあります。生徒さんが志望する学校の過去の問題の傾向や受験のシステム、面接があるなら例年どのようなことを聞かれるかなども把握し、無駄のない的確な指導ができるようにしておく必要もあるでしょう。講師の側には努力が求められます。

学習塾では、講師以外の仕事もあります。例えば、模擬試験の問題を考えたり、答案を採点したり、データ入力を行ったりする仕事があります。他にも、生徒さんの勉強をサポートしたり、受付業務を行ったり、教材作成を手伝ったりと、多岐にわたる仕事があります。塾によっては、こうした仕事を講師が行なう場合もあるでしょう。

学習塾の分野で有名な会社3選

Bottom view of modern skyscrapers in business district in evening light at sunset with lens flare filter effect

学習塾の分野で定評のある会社にはどのような会社があるでしょうか。幾つかの会社とその特徴に注目してみましょう。

東京個別指導学院

東京個別指導学院は、ベネッセグループの学習塾、個別指導塾です。全国で200以上の教室があります。オリコン日本顧客満足度ランキング、高校受験、個別指導塾、首都圏で5年連続第1位を獲得しています。

他にも、オリコン日本顧客満足度ランキング、大学受験、個別指導塾、現役、首都圏で2年連続で第1位を獲得しています。東証一部上場企業です。本社は東京都新宿区にあります。

無料で教室見学や体験授業ができますし、その機会に入塾を決める必要もありません。体験した後に家族で検討することができるようになっています。講師の中から、目標や学力、性格に合った講師を相談のうえ選ぶことができるようになっています。選ばれるような講師になる努力が求められます。

早稲田アカデミー

合格実績戦略を基本戦略とし、難関校への合格実績を築き、ブランド力を向上させてきました。難関校に行くなら早稲田アカデミーという評判ができるようになりました。

一部の優秀な生徒だけではなく、校舎の近所から通う普通の生徒の成績を伸ばし、合格へと助けて行く、そうしたいわゆる普通の学力の子どもを育てて難関校へと合格させるシステムが強みとなっています。

小学6年生の難関中学受験対策のためのNN(何がなんでも)志望校別コースでは、それぞれの学校を分析している専門のスタッフが、テキスト、そしてカリキュラムを開発し、さらに、授業も直接担当してくれます。同じ志望校を目指す生徒たちが集まって、切磋琢磨しつつ学力を伸ばしてゆきます。このNN(何がなんでも)志望校別コースを受講するためには、選抜試験で合格基準に達することが必要となります。

難関校への指導を行なう機会がありますから、講師の側にもやる気が必要になるでしょう。

日能研

長年中学受験対策に取り組んでいる大手の学習塾です。

子どもたちの成長に応じて、学ぶと共に学ぶ仲間と出会うステージ1、未来へつながる学び方に親しむステージ2、学び方の視点や知識を広げるステージ3、自分の学び方や考え方を深めるステージ4、合格力を徹底的に鍛えるステージ5というステージ制を採用しています。子どものやる気を維持させながら質の高い学習を行うことができる講師が豊富という評判です。

そのため、講師の側にも、高い能力が求められることでしょう。

学習塾の仕事の転職事情は

Young handsome businessman in light modern office with carton box. Last day at work. Upset office worker is fired.

学習塾業界は、異業種からの転職は多い状況と考えられます。ただ、中途採用の場合、正規雇用ではなくまず契約社員で採用する企業が多いようです。正社員になる場合には、過去の実績やアルバイト経験が重要な採用状況になると思われます。経験者であれば、これまで取り組んできた経験を採用の際に、伝えてみましょう。

異業種から学習塾業界に転職する場合、独特の構図に慣れる必要があるでしょう。上司のみならず、生徒、そして保護者とも良好な関係を保つ必要があります。日頃からコミュニケーション能力を磨いておく必要があるでしょう。

転職の際に留意すべき別の点は、学習塾の仕事の中にもブラック企業があるということです。例えば、時間外労働への手当を支払わない企業もあるようです。また、授業の時間については給料を支払うものの、授業時間外の作業には手当を払わない企業もあり得ます。そうした傾向がないかどうか、事前に十分にチェックすることが必要です。

学習塾の就業形態は、週休1日制が多い状況です。さらに、子どもたちは放課後や週末に塾に通うのが一般的ですので、平日の出社時間は比較的遅めで、帰宅時間は遅くなる傾向があります。

学習塾の仕事を探すには

Young beautiful woman working at the modern office workplace. Horizontal. Blurred background

もちろん、求人誌などで学習塾関連の仕事を探すことができますが、もし、インターネットを活用できるなら、学習塾関連の仕事を探す場合にも便利です。例えば、次のようなサイトも活用できます。

塾講師ナビ

塾講師ナビは、サイブリッジグループ株式会社が運営しているサイトです。路線からの求人検索ができるようになっていますし、地図から探すこともできます。

さらには、特徴からの求人検索もできるようになっており、例えば、指導形態について、個別指導、集団指導、チューター・自習補助、試験監督、事務スタッフなど、雇用形態については新卒正社員、中途正社員、契約社員、派遣社員、FCオーナーなど、検索の絞込みができるようになっています。

同じく、指導対象についても、小学校低学年、小学校高学年、中学生、高校生、浪人生など、特徴については、服装自由、昇給制度あり、掛け持ちOK、第二新卒歓迎、転勤なし、育児・介護休暇あり、補習・予習が中心、他業種の転職歓迎(営業)、社宅あり、校舎運営のみ、I・Uターン歓迎、長期休暇あり、中途入社5割以上など、たくさんの検索の絞込みができるので、特徴からの求人検索は親切な検索システムとなっています。

塾講師仕事ガイド、塾講師Q&Aといったページもあります。塾講師ガイドでは、学習塾業界研究という目を引くページも掲載されています。さらに、集団・個別指導の違いについても情報が掲載されており、自分にとってどちらが合うのか判断する上で役立ちます。面接について役立つ情報も掲載されていますので、塾での面接を受けるにあたって参考になります。

塾講師Q&Aのページには、他の業種からの転職が可能かどうかとか、長期の休みをもらえるのかどうかといった質問についての、塾側からの回答が寄せられていますので、情報収集を行なう上で役立ちます。

indeed

indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用することもできます。indeedとは何でしょうか。2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンのことです。indeedは登録をしなくても各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することが可能です。

indeedは掲示板の役割を果たしてくれるサイトとなっています。掲載日から何日が経過したかも記載されます。それで、その情報を用いて情報の鮮度のチェックをすることもできるでしょう。学習塾関連の仕事についても、日々チェックすると鮮度の高いものを見つけることができるでしょう。indeedは、スマートフォン、タブレット、パソコンにも対応していますので便利です。

検索の仕組みはシンプルで使いやすくなっています。キーワードや勤務地を入力し、検索することができます。例えば、キーワードに学習塾と入力し、検索すると、学習塾に関するたくさんの求人を閲覧することができます。

「マイナビ転職」

マイナビ転職は第三者機構評価NO.1に選ばれるほどの正社員の転職情報を持っています。マイナビ転職でしか見ることができない求人情報が載っていることがあります。常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトですので、学習塾関連の仕事の求人も探すことができることでしょう。

マイナビ転職には、転職マイコーチというコンテンツも用意されています。専任のアドバイザーがついてくれます。そして、個別のサポートを行ってくれますので助かります。具体的には希望に合った求人を紹介してくれて、面接のアドバイスをしてくれます。さらに、履歴書の添削も行ってくれます。

プロの視点が入りますので、もしかすると、自分ではこれまで考えたことのなかったような適性のある仕事の情報を教えてくれるかもしれません。添削もこれまで知らなかった書き方を指導してもらえる可能性があります。面接についても、想定される質問を教えてくれたり、質問の意図を解説してくれるなら、自信を持って面接に臨むことができるでしょう。

このように、インターネットを活用すれば、学習塾関連の求人が手軽に見つかるようになっています。自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用することもできることでしょう。この機会に、こうしたサイトにアクセスし、検討してみることができるでしょう。希望通りの学習塾関連の仕事を見つけられるかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事