【学芸員の仕事】求人の探し方や給料・資格・待遇なども徹底解説!

【学芸員の仕事】求人の探し方や給料・資格・待遇なども徹底解説!

学芸員は、博物館などの文化施設で資料の収集や保管などの業務を行う人たちのことを言います。博物館と言っても、歴史、芸術、民族、産業、自然科学など様々な分野がありますから、仕事内容も様々です。ですから、博物館の扱う分野に関して深い専門的な知識を身につけていなければなりません。学芸員として仕事をする為には、何か特別な資格が必要なのでしょうか?詳しく調べてみました。これから学芸員を目指そうと思われている方たちの参考になれば嬉しいです。

よくテレビや新聞などで目にするこの「学芸員」とはどのような仕事なのでしょうか?学芸員として仕事をする為には、何か特別な資格が必要なのでしょうか?詳しく調べてみました。

これから学芸員を目指そうと思われている方たちの参考になれば嬉しいです。

では早速、学芸員の仕事についてみていきましょう。どのようなものがあるのでしょうか?

学芸員のお仕事

A young museum curator acquiring collection items

簡単に言うと、学芸員は、博物館などの文化施設で資料の収集や保管などの業務を行う人たちのことを言います。博物館と言っても、歴史、芸術、民族、産業、自然科学など様々な分野がありますから、仕事内容も様々です。ですから、博物館の扱う分野に関して深い専門的な知識を身につけていなければなりません。

具体的な仕事内容についてみてきましょう。

「資料の収集」

博物館のテーマに沿った資料を収集していきます。その中には、個人所蔵の物、他の博物館にある物などがありますから、借り入れができるのかどうか交渉して輸送の管理も行います。

「資料の整理と保存」

収集した資料の目録、図録を作り、ラベルを貼り付け、デジタルによるアーカイブ化などを行い資料を分かりやすいように整理していきます。標本や複製を作ったりもします。また傷んでいる資料があるなら、それを修理し、修復したりして保存します。

そうした資料というのは埃や虫、湿気などに弱いものが多いですので、十分注意しながら適切な保存をすることが求められます。自分たちで直すのには限界がある場合には、修理や修復を専門家に依頼したりもします。

「展示の準備」

資料が博物館の利用者に分かりやすいように展示します。例えば、説明パネル、写真を使ってもっと具体的な説明を加えます。収集物をどのように、どう展示するか、どんなコンセプトの展示にするかなどの企画も行なっていきます。

計画が決まっていくと、実地での設営や展示物の搬入、どのパネルや展示物をどのように置けばいいかなどの会場作りも行います。このような展示を行いますといった広報資料も作成し、広めていきます。

「資料の公開や展示」

展示されている物の解説を行なったり、案内したりします。観察してみて、分かりにくい箇所や人気があまりない所には、時には資料を入れ替えたり、展示に関する説明をもう少し加えたりしていきます。必要なら、学習会や講演なども開きます。

展示期間中は資料の状態に細心の注意を払い、利用者の方に展示を楽しんでもらえるようにサポートしていきます。

「後処理」

展示が終わったからと言って仕事も終わったわけではありません。展示が終了したら、展示物を点検して、修復や修理の必要な箇所はないかどうかを確認していきます。点検が終わると、梱包して保存します。外部からの借り入れ物に関しては、相手先まで配送に付き合っていくこともあります。

全てが終了すると、反省点や良かった点などを話し合い、今回の作業を次回どのようにつなげていけるかを分析していきます。

「専門分野の研究や分析をする」

展示や館内実務だけでなく、研究や分析といった研究も行なっていきます。各分野の専門知識に基づいて、作業の補助員や実務職員などと協力しながら知識を深めていき、研究を進めます。博物館やまた担当している分野によっては、現場に長期間留まり、分析したり研究したりする必要もあります。

そうした研究や分析によって得た知識は、学術論文や書籍にまとめたり、解説書や目録などにして博物館の質の向上につなげていきます。新たに発見した物はもちろんのこと、すでに収集されている物に対しても研究や分析によってさらに多くの知識を深めれるように努めます。

「教育、普及活動」

博物館というのは、自分だけでなく一般の方達が教養を深めていただき、文化振興に貢献する役割を果たす施設でもあります。ですから、学芸員の仕事の中には講師として講演をしたり、レクリエーションを通して知識を深めていけるように様々な工夫をすることも含まれています。

例えば、大学構内や市民のカルチャーセンターなどで、説明会を開いたり、新しく発見されたことについての講演会を行います。一般の人にも分かりやすく説明できるようにパンフレットを作ったり、参考文献や書籍によって研究の成果の普及にも努めます。

他にも、学芸員志望者への講義、実習などの機会を設けたりと仕事はたくさんあります。

では、一般的な学芸員の1日をみてみましょう。

学芸員の1日

businessman looking at his watch on his hand, watching the time

博物館や分野によって仕事内容は様々なので、必ずしもこの皆同じとは言えません。参考程度にみてください。

まずは、開館の1時間前に出勤する事が多いです。博物館の開館時間は大体が10時頃なので、出勤時間は9時頃ですね。

出勤すると、開館の準備を行います。簡単な施設内の整理整頓、清掃を行い、メールをチェックしたり、ホームページを更新することもします。また、パネル作成、書籍の発注などの事務的なことも行なっていきます。

動物や植物が展示されている所では、世話を忘れずに行います。調子が悪そうな個体はいないかチェックしながら、水やりや餌やりを行なっていきます。変更が生じる場合には、開館までに調整できるようにします。

開館してからは、利用者への対応や案内をしていきます。時には、施設内のグッズや書籍などを売る担当になることもありますし、チケットの販売、パンフレット配布などの仕事も行います。

お昼には大抵1時間ほどの休憩時間をとってから、また仕事に戻ります。

昼間には他にも、新たな展示の企画を考えたり、自分の研究部門の文献調査、論文や資料をまとめたりします。対外的な交渉も行います。例えば、事業者への連絡、運搬に関する手続き、関係省庁や施設などへの連絡などです。

閉館後には、展示物の点検後片付け、次の日の準備をして、帰宅します。

大規模な展覧会が開かれる時には、来客数が多いですから、それだけ対応したり、品物を補充したり、後片付けなどに時間を要します。そのため、仕事も長引くこともあり、普段より帰りが遅くなってしまうということもあります。

では、学芸員に向いているのはどんな人でしょうか?

学芸員に向いている人、その適正

Nerdy scholastic young woman wearing geeky glasses standing thinking with her finger raised and a grimace of concentration in a humorous stereotypical depiction, over a dark background with copyspace

誰もが学芸員に向いているというわけではありません。どのような人が必要とされているでしょうか?

「勉強が苦にならない人」

学芸員は勉強や研究が好きでなければいけません。すでに収集されている物をさらに研究したり発見したりする必要があるからです。

また、博物館の職員には古文書を読んで研究したり、論文を書いてどこかに掲載されたり、著書を発行されたりしてる人もいます。そのような人たちと共に博物館を運営していくので、深い知識がないと続けていくことは難しくなる事でしょう。

展示をどのようにディスプレイするか、また来園者への説明など豊富な知識が求められます。そうした知識を日々深める為にも、学芸員になった後も研究していかなければいけません。そうした姿勢が学芸員に求められている特質です。

「社会性がある人」

研究や調査が多いので、イメージとしては社会性がなくても研究に没頭していればいいと思われる方も多いのではないでしょうか?しかし、博物館では多くの職員たちが働いています。そうした職員の方達、また調査や研究していく上でチームで協力して成果を出していく為には、どうしても人とのコミュニケーション、社会性が必要です。

また、博物園に来られる方に楽しんでもらえるように計画しなければなりませんし、展示の説明もしなければならないので、奥でひっそり研究しているというよりは表に出て対応する仕事も多いですので、コミュニケーションが苦手だと辛くなってしまうかもしれませんね。

「応用力」

大きい博物館なら、職員の人達と分担して仕事をできるかもしれませんが、小規模の博物館なら一人で様々な業務をこなさなくてはいけないこともあります。例えば予算をどのように使うか、敷地や建物の管理、交渉や報告書の作成など事務的なことも含まれていきます。

こうしたことをこなしていく為にはフットワークの軽さ、器用さ、応用力などが求められるでしょう。

では、ここまでで自分は学芸員に向いてると思ったら、どのように学芸員になる事ができるのでしょうか?次にその点を見てみましょう。

学芸員になる方法

Portrait of a pretty young woman studying while sitting at the table with laptop computer and notebook at home

学芸員として働く為には、まずは学芸員の資格を取得する事が必要です。では、どのように学芸員の資格を取得する事ができるのでしょうか?大きく分けると4つの方法があります。一つずつ見てみましょう。

「大学で必要な科目を履修する」

この方法が一般的です。大学で文部科学省令の定める博物館に関する科目の単位を修得した後、大学を卒業して学士の学位位を取得すると学芸員の資格を取得できます。必要な科目を履修できる大学は全国に297校あります。4年制大学は288校、短期大学は9校です。

博物館に関する科目の単位は、生涯学習概論2単位、博物館概論2単位、博物館経営論2単位、博物館資料論2単位、博物館展示論2単位、博物館教育論2単位、博物館情報・メディア論2単位、博物館実習3単位はです。

「単位+学芸員補経験」

大学に2年以上在学し、博物館に関する科目の単位を含めた62単位以上を修得して、3年以上の学芸員経験がある場合にも学芸員の資格が授与されます。

この学芸員補とは、学芸員の職務を補佐する職員のことです。博物館法では、学校教育法の規定における大学に入学出来る人は学芸員補となる資格を有していると定められているようです。高等学校を卒業した人なども学芸員補として働く資格があるといえます。

「学芸員資格認定試験に合格する」

学芸員資格認定試験を受験する条件は、1,学士の学位を有する人。2,大学に2年以上在学し62単位以上修得した人で2年以上学芸員補の職にあった人。3,教育職員の普通免許を持ち2年以上教職員の職にあった人。4,4年以上学芸員補の職にあった人です。このいずれかを満たしていれば、受験する資格があります。

筆記試験は、必須科目である生涯学習概論、博物館概論、博物館経営論、博物館資料論、博物館資料保存論、博物館展示論、博物館教育論、博物館情報・メディア論の8科目に加えて、選択科目である文化史、美術史、考古学、民族学、自然科学史、物理、化学、生物学、地学の9つの科目から2科目を選んで受験します。

学芸員資格認定に合格後、一年間学芸員補として働いて学芸員の資格を得る事ができます。

「学芸員資格認定審査に合格する」

審査認定審査とは、今までの学識や業績の審査によって資格を認定するものです。博物館に関する学識や業績についての書類審査と、学芸員としての意欲や態度や向上心を確認する為の面接があります。

この審査を受ける条件は、1,修士または博士の学位、専門職学位を有する人で2年以上学芸員補の職にあった人。2,大学において博物館に関する科目(生涯学習概論を除く)に関して2年以上教授または助教授や講師の職にあった人。2年以上の学芸員補の職にあった人。3,次のいずれかに該当し、都道府県の教育委員会の推薦する人。学士の学位を有する人で4年以上学芸員補の職にあった人、大学に2年以上在学し62単位以上を修得し6年以上学芸員補の職にあった人、大学に入学することのできる人で8年以上学芸員補の職にいた人、その他11年以上学芸員補の職にいた人。4,その他文部科学大臣が前各号に挙げる人と同等以上の資格を有すると認めた人。

この条件の一つに当てはまれば、学芸員資格認定審査を受けることができます。

学芸員として働く為の、資格というのはあくまでも前提条件です。学芸員になる為には通常の就職活動と同じように、採用試験に合格する必要があります。しかし、学芸員の採用人数というのは非常に少ないので、学芸員の資格を取得したからといって必ず就職できるとは限りません。待遇の良いところや人気の施設では倍率が100倍を超えるということもあるようです。

どうしても、ここで働きたい!という施設が見つかったなら、学生時代からアルバイトとして働き職員と親しくなって信頼を得るとか、恩師の紹介や研究関係のコネクションを頼っていく事によって採用につながることもあるかもしれません。

先ほども述べましたが、知識だけでは学芸員として続けていくことは難しいです。ですから、採用にはコミュニケーション能力がどこまであるのかという点も大切となってきます。

では、次に気になる学芸員の給料についてもみていきましょう。

学芸員の給料について

Women hands hold a money bags and dropping on the top in the public park for loans to planned investment in the future concept.

学芸員の給料は一般的には月収、15万円から20万円、年収にすると平均250万円から400万円程です。一般的な会社員の平均年収と同じくらいの傾向にあります。財団法人や私立などでは勤務する博物館によって給料が決まりますが、公立の場合では公務員の扱いになり各自治体の給料体系に従って支給されます。国立博物館の館長クラスになると年収1000万円を超える人もいるようです。

しかし、最近では特に臨時職員や嘱託職員、アルバイトなどを採用して人材費を削ろうとする傾向にあるようです。

学芸員として働く人たちは、自分の好きな事に関われるという仕事の魅力があるので、たとえ給料が低くてもなりたいという方が多いです。たしかにやりがいの大きな仕事だと思います。しかし、金銭面を重視される方にはあまり望ましい仕事とはいえないでしょう。

学芸員のやりがい

front view of young woman standing and smiling in front of a psychedelic painting

では、やりがいはどのようなものがあるでしょうか?

何と言っても好きな事を仕事にできるという事だと思います。好きな事を仕事に持てる人は数少ない中で、自分の望む職に就けるというのは嬉しいことですね。多少辛い事があったとしても頑張って仕事を続けるモチベーションになることでしょう。

次に、直接資料に関わることができるという点も挙げれます。どんなに好きな事でも、趣味の範囲だけではテレビやガラス越しでしか見ることができません。しかし、学芸員であるなら直接触れることもできますし、研究調査の現場にいることができたり貴重な体験を積むことができます。

文化面での社会の役に立つこともできるでしょう。自分で計画しどうしたら利用者に喜んでもらえるか考えたものが、実際に形となり多くの人に見てもらい来館者から「ありがとう」とか「おもしろかった」とか言われた時は仕事の達成感や喜びに繋がるでしょう。

まとめ

A young museum curator acquiring collection items

学芸員になったらどのような仕事をするのか、どのようになることができるのか見ることができました。学芸員になるというのは狭き門だということも分かりました。しかし、学芸員の仕事にはやりがいがあるという事も分かりましたね。学芸員になりたくて頑張っておられる方は諦めずに是非頑張っていただきたいと思います!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事