【家電メーカー業界の仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

【家電メーカー業界の仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

家電メーカー業界の仕事には、日常毎日のように利用する家電の製品を開発したり、生産や販売する。多岐に渡るという特徴があります。家電以外の電気製品、スマートフォンやパソコン、電池なども含まれます。 家電メーカー業界への転職や就職を考えている人、興味を持っている人の役に立てればと思います。

家電メーカー業界の仕事の種類や特徴とは?

tvなど家電

家電メーカーは、洗濯機、冷蔵庫、テレビなど、暮らしに近い家電の製品を開発したり、生産や販売をする会社のことです。家電に加えて、家電以外の電気製品、例えば、スマートフォン、パソコン、電池などを扱っている場合もあります。

総合電気メーカーなどが、電車などの電動輸送機器、産業用ロボットなどの産業用電気製品、航空宇宙用の電子機器など、幅広い領域に関わる場合もあります。

家電メーカーにはどんな業務がありますか?

家電メーカーにはどんな業務があるでしょうか。製品を作ったり、製品を販売したり、会社を支えたりする業務があります。

具体的に大きく分けて考えると、事務系の仕事と技術系の仕事に分かれています。事務系の仕事には、財務、総務、営業、資材、経理、人事などの業務があります。例えば、マーケティングを行ってニーズをとらえ、売り上げに貢献して行きます。また、資材や部品の調達を通して、販売を支えて行きます。海外での事業展開をサポートする場合もあります。営業では、家電メーカーの製品をお客様に購入していただけるよう努力を払います。

事務系の仕事を行う場合には、本社や営業所などで勤務するのが一般的です。

技術系の仕事には、生産技術、品質管理、設計開発などの業務があります。具体的には、新しい製品を開発するための基礎研究が行われたり、環境技術の研究や開発、素材、成分の探索や開発などが行われます。エンジニアによって、プログラム言語を活用した回路設計、開発設計が行われる場合もあります。さらには生産ラインを設計したり、物流管理や生産企画の仕事もあります。

こうした技術系の仕事を行う場合には、本社ではない研究所や工場で働くことが一般的となっています。

家電メーカーでの仕事もやり甲斐のある仕事です。事務系の仕事であっても、技術系の仕事であっても、冷蔵庫やテレビ、エアコンなど、まさに生活に身近な製品の「ものづくり」に何らかの形で関わることになります。自分が携わった製品が店頭に並んでいたり、実際にその製品を人々が使ってくれている様子を見る時、喜びの気持ちが湧き上がりますし、自分自身が社会に貢献しているという実感を得ることもできます。

家電メーカーの場合、新卒の採用ですと、技術系、事務系などの総合職として採用され、入社した後に、適性などに応じて配属先が決まり、入社後も新しい部門へ異動を重ねて行くケースもあります。それで、様々な仕事を通じて自分の幅を広げ、キャリアを重ねて行くこともできます。

基本的に日本の家電メーカーは海外でも高く評価されてきましたので、中には、海外に事業を置く企業に勤めることもあるでしょう。そのような場合には、海外赴任の機会が訪れる可能性もあります。海外での勤務経験を通し、自らの人間性を高めて行ける場合もあります。

家電メーカーで働く人は、提供する商品によって、人々の生活を豊かにし、社会に貢献して行きます。そこで、自分の力を用いて、世の中を豊かにし、支えて行きたいという思いを持っている方は、家電メーカー向けの方であると考えられます。またチームプレーを意識できることも大切です。商品を送り出すに当たって、企画する人、開発する人、売る人など、それぞれの役割をしっかり果たしつつも、互いに協調して働く必要が生じるからです。

自分はいつも一人が好きという個人プレータイプの方よりも、仲間と一緒に働くことも苦にならない方のほうが向いているのかもしれません。家電メーカーの中でも部署異動が行われ、別の部門に配属が変わるというケースもあることでしょう。こうしたことを考えますと、自分はこの部署でないと絶対に嫌だというタイプの方よりも、新たな種類の仕事であったも積極的に取り組んで行けるタイプの方の方が、家電メーカーの中でより成長できるのかもしれません。

家電メーカーで働くにはどうすれば良いのでしょうか?

家電メーカーの社員になるには、一般的には社員採用試験を受験することになります。大手のメーカーでは新卒採用を中心に行っています。

定期的に新入社員が採用されています。多い場合には、事務系と技術系を合わせて1年で500名から1,000名ほどを採用する場合もあります。学歴の条件についてはたいていの場合が大卒以上となっています。事務系も技術系もまずは一括で採用されて、その後入社してから適性や本人の希望などを踏まえ、配属先が決定して行くことが多いようです。その時の会社が何を必要としているか、会社の状況というものも、配属先の決定に関係してくることでしょう。

事務系で入社をすれば、総務、人事、営業などの業務に携わって行きます。技術系であれば、研究開発や設計開発、品質管理などの業務に携わります。

家電メーカーの中で、開発や研究を行ってゆく部門であれば、機械系や、電気、情報、電子などの電気系の学部出身の方が、有利になる可能性があります。研究の分野では、大学院で専門的な研究をしてきた人が採用される場合もあります。商学系や経済経営系の学部出身の方であれば、流通の分野の知識を用いることができるかもしれません。他の学部で学んだ事柄も、企画や営業などの部門で活かせる場合があります。

もちろん、特定の学部を出ていれば、必ず採用してもらえるという保証はありませんので留意しておく必要があります。常に大切な人間性や行動力などを向上させておくことができます。

家電メーカーの今後はどうなるの?

家電メーカーの今後の課題ですが、他国の家電メーカーとの間の競争の激化が予想されています。国内のみならず、国外にも競争があります。たとえ技術力が高くても、簡単に商品が売れるとは限りません。

商品が売れるためには、高い技術に裏打ちされた機能や品質も確かに大切ですが、安い商品で競争をしかけてくる国に競争力で劣ることがないよう、価格についても重視する必要があります。時代の流れや人々のニーズに合わせて、どのような商品を展開して行くのか、しっかり考えて行く必要があるでしょう。

家電メーカー業界にはどんな会社がありますか

家電メーカーには、例えば、どんな会社があるでしょうか。幾つかの会社に注目してみましょう。

株式会社東芝

はじめに、1875年に、日本で最初の電信設備メーカーとして田中製造所が設立されました。田中製造所は、1904年には株式会社芝浦製作所になりました。次に、1890年に最初の白熱灯の製造会社として白熱舎が創設されました。この会社は1899年に東京電気となりました。

1939年には、その芝浦製作所と東京電気が合併し、後に東芝となる、東京芝浦電気株式会社になりました。原子力発電などを手がける電力や社会インフラ、半導体事業のある電子デバイス事業という強みがあります。

変革を重視する社風があります。個人面接があり、希望する部署や役職に応じて、面接官が決定されることがあるようです。過去には、企業の悪い面についても面接で質問されたことがあるようです。選考ステップの中で英語のテストを課される場合もあります。

社員の教育についてですが、東芝グループの研究制度には、東芝人教育や職能別研修があります。東芝人教育で共通のベースが築かれ、職能別研修でキャリアの段階に応じたスキルを身に着けて行きます

三菱電機株式会社

設立されたのはは1921年です。産業メカトロニクス、重電システム、電子デバイス、情報通信システム、家庭電器などの販売、製造を目的とした企業です。工場での生産工程の自動化システムという強みがあります。そして、家庭用電器も主力事業です。

堅実な組織重視の社風があります。一次面接の時間が短いという特徴もあります。10分から15分という短い時間で自分をアピールしなければならない場合があります。第一印象や話し方もポイントになってくるかもしれません。

社員の教育についてですが、入社後3年間は基礎的育成期間とし、先輩社員がマンツーマンで教育担当をしてくれます。

株式会社日立製作所

創業は明治43年(1910年)、久原鉱業所日立鉱山付属の修理工場としてスタートしました。大正9年(1920年)には、日立・亀戸の両工場を擁して、株式会社日立製作所として独立しました。情報通信システムや、産業用機器、エレベーター等が関係した社会・産業システムの分野での成長が見られています。

人材教育を重視し、個々の意志が発信できるような社風が見られます。選考過程では、自分の意見を押し通すのではなく、周りの意見を聞いたり、リーダーシップや協調性を知ってもらう必要があるようです。

社員の教育についてですが、日立グループでは、入社1年から2年目は、Off-JT(全体集合など)とOJT(導入教育、実習など)を同時に行うことになります。3年目以降になりますと、自分の仕事に合わせた研修がなされます。全体では20種類もの研究が用意されており、能力を伸ばし活躍できるようサポートがなされています。

家電メーカー業界の転職事情はどうなっていますか?

家電メーカーに転職したいと考える方は多いことでしょう。日本のものづくりを代表するような大手企業もありますし、知名度も高く、世界的に見てもブランド力も高いです。海外展開をしている企業があるのも魅力の一つです。中堅や大手の企業で人手を必要としている企業は多くあります。

家電メーカーに転職するためには中途採用の試験を受験することになります。新卒採用とは異なり、定期的に行われるわけではなく、採用は不定期となりますので、日頃から中途採用情報をチェックしておくことができるでしょう。中途採用の場合には、前職でどのような経験をし、どんなスキルを持っているか、どんな言語を話すことができるかが影響を与えることでしょう。しかし、時に営業の仕事の場合、未経験でも受験できる場合もあります。

中途採用の場合は、技術などを持っていない状態だと、正社員雇用ではなく、契約社員や委託、アルバイトからのステップアップも一つの手と言えます。

どんな経験やスキルが求められているかについても、受験する前にしっかりと確認しておきましょう。その他、留意しておきたい点として、中には新卒採用の枠が広い企業もあります。例えば、最終学歴後、3年未満であれば、新卒採用の枠で募集ができる場合もあり得ます。中途採用で応募するのか、新卒採用の枠で応募するのか、こうした点もよく調べて考えておく必要があるでしょう。

家電メーカー業界の求人を探すには

求人誌などで家電メーカーの仕事を探してみるのも1つの方法であると言えるしょう。しかし、インターネットを活用できる環境にあるならば、仕事を探す場合に大変便利です。次のようなサイトを活用して、求人を探してみることもできます。

indeed

indeed

求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しているので圧倒的な求人数を保有する求人サイト!

例えば、indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用する方法があります。indeedとは、2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンのことです。

indeedは登録しなくても、各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することができるの手軽であると言えます。indeedは、2012年にはリクルートに完全子会社化されました。

indeedは掲示板のような役割を果たしてくれるサイトです。掲載日から何日が経過したかも記載されます。そのため、情報の鮮度のチェックをすることもできるようになっています。家電メーカーの仕事についても、日々チェックするなら、鮮度の高いものを見つけることができるかもしれません。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは、取り扱っている求人数が業界トップクラスとなっています。そして、転職希望者に嬉しい幾つもの特徴があります。登録すれば、有用なサービスを活用できます。例えば、非公開求人が約10万件もある時もあります。

非公開求人の中には、公開すれば人事担当が対応できない位の応募が殺到するような案件などもありますので、魅力的な非公開求人を探してチェックしておきたいものです。

「AGENTREPORT」があります。仕事の環境や、求人の見方やポイント、現在活躍されている人材のスペックや選考基準、企業の内情や業界動向などの有益な情報をチェックすることができます。他にも、面接力向上セミナーに参加して、面接官が一体どんなところを見ているのか、どんな人が不採用になっているかなどについても学ぶことができます。

さらに、「レジュメNavi」を利用して、職務経歴書を作成することもできます。職種を選択すると、その職種に関連したテンプレートが選択されますので便利な機能です。応募書類の添削をしてもらうこともできるようになっています。

エージェントサービスを受けることもできるようになっています。キャリアアドバイザーが要望に合わせて転職活動をサポートしてくれるので安心です。面接日程、条件などの交渉もキャリアアドバイザーが行ってくれますのでとても助かります。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

「マイナビ転職」

マイナビ転職

掲載されている求人の80%以上が マイナビ転職のみに登録されているので、競争率の高い若手の転職希望者にオススメの転職サイト!

マイナビ転職は、掲載料金が比較的安いので、たくさんの求人が集まります。常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトとなっていますので便利です。第三者機構評価NO.1に選ばれるほどの正社員の転職情報を持っているという特徴もあります。

マイナビ転職でしか見ることができない求人情報を見つけることができるかもしれません。マイナビ転職の求人検索で自分の希望条件を複数登録し、検索結果を表示することができるようになっています。家電メーカーの仕事の求人も探すことができることでしょう。

マイナビ転職の転職サポートにも注目できます。例えば、「転職MYコーチ」というサポートがあります。これは、職務経歴書や履歴書を徹底的に添削してくれて、書類選考に通過する資料作りをサポートしてくれるという役立つシステムになっています。面談を繰り返し行い、取り入れた方が良い情報を書類に盛り込んだり、転職を目指す企業に特化したアプローチをすることも可能となっています。

この「転職MYコーチ」の面接練習では、なんと、転職希望先に合わせた質問対策を行ってくれます。とても親切なサービスです。各種セミナーも豊富に準備されていますので、自分にぴったりのセミナーが見つかるかもしれません。

役立つコンテンツが載せられています。例えば、就職活動中にやってしまいがちなルール違反や、面接におけるマナー、NG志望動機など、参考となる情報が収められています。動画やイラストも組み込まれていますので、わかりやすい内容になっています。こうした有益なコンテンツも参考にすることができるでしょう。

まとめ

こうしたサイトを活用すれば、インターネットで家電メーカー業界の求人を見つけることは難しくないでしょう。自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーの支援を受けることもできるようになっています。こうしたサイトにアクセスし、検討してみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事