【専門学校の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

【専門学校の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

専門学校とは、高校卒業程度以上の人が通う人を対象とした専門課程の学校であり、専修学校の一種です。1976年に専修学校制度が発足してから専門学校の学生数が増え続け、1993年になると約70万人が在籍したほどでした。そんな現在でも需要の高い専門学校の仕事の業種は、教育機関になります。勤務先は通常の会社とは異なり、学校法人になります。仕事内容は、先生として担当専門科目の授業をする人や、専門学校の受付事務の仕事をする人もいます。この記事では、専門学校の仕事の特徴や求人の探し方を詳しく紹介していきたいと思います。

専門学校の仕事の種類や特徴とは?

young apprentice with professional metallurgist

専門学校とは、高校卒業程度以上の人が通う人を対象とした専門課程の学校であり、専修学校の一種です。1976年に専修学校制度が発足してから専門学校の学生数が増え続け、1993年になると約70万人が在籍したほどでした。

専門学校のほとんどは、仕事で役立つ知識や技能を習得するためのものになり、語学系や商業系、医療系、ビジネス系などの資格の取得を目指すことになることでしょう。専門学校では、職業を体験することができるインターンシップ制度を取り入れているところもあります。

専門学校の仕事の業種は、教育機関になります。勤務先は通常の会社とは異なり、学校法人になります。仕事内容は、先生として担当専門科目の授業をする人や、専門学校の受付事務の仕事をする人もいます。

専門学校の先生の仕事はどんなことをするの?

Teacher with students in mechanics working on bike

専門学校の先生の場合、学生に対して生活指導や進路相談をします。また、就職指導のために、履歴書添削や面接指導、進路アドバイスを行います。他にも、勤務する専門学校の紹介や模擬授業など、広報活動を行うこともあるでしょう。

専門学校は資格取得が目的で学生が通っていることがほとんどですから、資格や検定に合格させるような授業をすることが求められます。学生の検定合否の結果は、担当する教員の評価に影響を与えることでしょう。

そのため、検定試験前の時期や、合格が難しそうな生徒がいれば、補講をすることもあります。専門学校のほとんどは、クラス担任制のため、先生の朝の仕事の場合は、クラスで朝の出席を取ることから始まるでしょう。学校を欠席している生徒がいれば、自宅に電話または携帯電話に連絡することになるでしょう。

専門学校の学生の中には、様々な事情を抱えている人がいるため、普段から声をかけたりしてコミュニケーションする能力が求められます。学生が勉強している資格試験は、自分の学校の教室で実施されることが多いため、土日でも業務で出勤するケースがあります。

専門学校の事務の仕事はどんなことをするの?

専門学校で働く事務の仕事は、学校の備品調達、教材の管理、発注といった総務関連の仕事や、経費精算、教職員の給与計算、各種証明書の発行、施設管理、福利厚生、窓口の受付業務など、様々な仕事をするという特徴があります。

また、学校事務の仕事は、新年度の入学試験の準備もしますし、学校説明会の準備もあることでしょう。学校に入ってくる新入生の入学手続きなどもするため、先生たちと連携しながら仕事を進めていくことになります。

専門学校によっては、学生の学籍管理や広報業務、学生の生活をサポートするなども行います。専門学校の事務の仕事は、受付業務などで人と接する仕事が多いため、きちんとコミュニケーションがとれる人が向いています。

外部の方からの問い合わせなどに対応しますが、学校事務に携わっている人の応対によって、学校の評価と直結することもあり得ます。専門学校の事務をしている受付の印象によって、学校の印象が決まると言っても過言ではありません。丁寧に対応したりするなど、言葉遣いにも気を付ける必要があるでしょう。

他にも専門学校の事務の仕事に向いている人は、パソコンのWord、Excel、PowerPointなどを使いこなせる人です。一般の会社の事務作業でも必要なものですが、専門学校の事務の仕事でも、やはり必要なものと言えるでしょう。学校事務の仕事は、事務室で作業することになりますが、正確さや几帳面さも求められます。責任を持って仕事を果たせる人が向いていると言えるでしょう。

専門学校の分野ではどんな会社などがありますか

専門学校の運営している会社や財団には、どのようなところがあるのでしょうか。幾つかの会社の特徴に注目してみましょう。

学校法人日本教育財団

学校法人日本教育財団は、東京・大阪・名古屋・フランスパリ市で10校の専門学校や、1校の通信制大学を運営している学校法人のことです。2016年4月に法人名を学校法人モード学園から変更しました。

株式会社修友社

株式会社修友社は、各種専門学校や私立学校の必要に応えている会社です。教育機関の運営や教育に関する企画、調査やコンサルティング業務、各種のイベントやセミナー企画、運営や受託、留学生受け入れ支援に関する事業、学校食堂や売店運営支援事業、自動販売機運営事業などを展開しています。

専門学校も、少子高齢化の影響から逃れることはできないようです。コンピューターやビジネスなどの資格を取得できる専門学校は多くありますが、それぞれの学校は、就職実績や、資格検定の実績、学校設備が良いなどの差別化を図っており、生き残りをかけた再編も行われています。

専門学校の仕事の転職事情は

Promoted woman ready to change her job

専門学校の仕事は異業種からであっても、比較的転職しやすい業界であると言えるでしょう。学歴があれば優遇される場合もあります。

専門学校に異業種から転職する場合、学校独特の構図に慣れる必要があるでしょう。上司のみならず、生徒、そして保護者とも良好な関係を保つ必要があります。日頃からコミュニケーション能力を磨いておく必要があることでしょう。

転職の際に留意すべき別の点は、専門学校の授業の時間については給料を支払うものの、授業時間外の作業には手当を払わないところもあり得ます。そうした傾向がないかどうか、事前に十分にチェックするようにいたしましょう。

専門学校の先生を希望する場合には、今までの仕事の経験やスキルをきちんと伝えるようにしましょう。同業他社への転職の場合には、前職経験者である旨をはっきりと伝えましょう。募集されている職に合った自分の長所を伝えましょう。

専門学校の事務の仕事をしたい場合には、経験者であれば、これまで取り組んできた事務仕事を通し学んだ事柄でいかしたい点があれば、その点を伝えてみましょう。事務系の資格を持っているならそのことに触れることもできるでしょう。

専門学校の仕事を探すには

Business desk concept - JOB SEARCH

もちろん、求人誌などで専門学校の仕事を探すことができますが、もし、インターネットを活用できるなら、専門学校の仕事を探す場合にも便利です。例えば、次のようなサイトも活用できます。

「求人ボックス」

求人ボックスは、カカクコムが運営している求人検索エンジンです。カカクコムは、価格ドットコム・食べログといった情報集約型のメディアサイトを運営している企業です。求人ボックスは、日本人が使いやすく設計されているため、求人数や利用者数が増えてきています。

条件検索がしやすく、求人情報を無料で掲載できるため、新着求人数は日本最大級と言えるでしょう。求人ボックスで検索するならば、専門学校の仕事を探すことが可能です。

「indeed」

具体的には、indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用することもできます。indeedとは何でしょうか。2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンのことです。indeedは登録をしなくても各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することが可能となっています。

indeedは掲示板の役割を果たしてくれるサイトです。掲載日から何日が経過したかも記載されます。それで、その情報を用いて情報の鮮度のチェックをすることもできるでしょう。専門学校の仕事についても、日々チェックすると鮮度の高いものを見つけることができるでしょう。indeedは、スマートフォン、タブレット、パソコンにも対応していますので、安心してアクセスし、情報を検索することができます。

検索の仕組みはシンプルで使いやすくなっています。キーワードや勤務地を入力し、検索することができます。例えば、キーワードに「専門学校」と入力し、検索すると、たくさんの求人を閲覧することができます。

「はたらこねっと」

「はたらこねっと」とは、社員や派遣、パートの仕事を探すことができる求人サイトのことです。様々な雇用形態と職種の仕事を掲載しており、求職者と求人企業を繋いでくれる日本最大級の求人サイトと言えるでしょう。

全国60,000件以上の仕事情報を1時間ごとに更新されます。はたらこねっとでは、職種や特徴、人気の条件、一発検索など高い検索軸が充実していますし、「キニナル機能」という独自機能があります。キニナル機能とは、匿名で気になる仕事にレジュメ情報を送ると、採用担当者とコミュニケーションを取ることができます。

さらに、仕事情報に表示される「ねこバロメーター」は、勤務先の年齢層、仕事の仕方、男女比、職場の様子が表示されます。そのため、専門学校の職場のイメージがしやすいことでしょう。

このように、インターネットを活用すれば、専門学校の求人が手軽に見つかるようになっています。自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用することもできることでしょう。

専門学校の仕事を探すなら「転職エージェント」

Above view of young consultant shaking hands with customer

求人サイトに登録することにより、転職することは可能ですが、転職エージェントを活用することをおすすめします。「転職エージェント」とは、人材紹介会社と呼ばれることもあり、無料で登録できます。

転職エージェントに登録するならば、求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートし、アドバイスしてくれることでしょう。また、転職エージェントは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。

転職エージェントは、転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在します。そのため、自分が希望する専門学校の仕事について公開されていない職場も教えてくれることでしょう。「転職エージェント」を利用することにより、自分一人で転職活動をするよりもより満足した転職活動をすることが可能です。

転職エージェントはそれぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することが大切です。転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録すると良いでしょう。まずは、自分のスキルアップを目指して登録してみるのはいかがでしょうか?希望にぴったり合った専門学校の仕事を見つけることができるかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事