履歴書で魅力的な自己PRを書くには?

履歴書で魅力的な自己PRを書くには?

履歴書の自己PRとは、応募先企業に自分を採用するメリットを知ってもらうためにアピールすることができる文章です。転職活動の際は自己PRもより応募する企業やその業態、ポジションにあわせて書いてあることが理想です。今回は転職活動での自己PRをどう考えればいいかまとめました!

履歴書の自己PRとは?

自己PR

履歴書の自己PRとは、応募先企業に自分を採用するメリットを知ってもらうためにアピールすることができる文章です。面接の際は言葉で採用担当者に自分をPRし伝えることができますが、履歴書は面接する前の段階である応募書類として提出するので、採用担当者に”会ってみたい”と思わせるような分を作成することが求められています。

多くの採用担当者は、履歴書の自己PRに目を通して、応募者がどのような人で、どのようなスキルをもっているのかとイメージをします。ですから、自分が応募先企業にとって魅力的な人物であることを伝えることはとても大切な事となってきます。

自己PR欄が2ヵ所ある場合は?

応募先企業への提出応募書類には、たいてい履歴書と職務経歴書の2種類があります。そのため、ケースによってはどちらの書類にも自己PRを書かなければならない場合もあります。

そのような場合、自己PRの内容が重複してしまっても、特に問題はありません。しかし、2つの書類で異なる点を自己PRするなら、かえって信用度が下がってしまう恐れもあります。

このような事態を避けるためにも、自分でフォーマットを選ぶことができる履歴書は、自己PR欄などがないものを選ぶことができます。

自己PR欄などがない履歴書が優れている理由

Negative positive thinking good bad thoughts attitude business concept decision decide choice

履歴書を選ぶ際に、自己PR欄などがないものを選ぶなら、履歴書を記入する際に、自己PR欄に何を書こう・・と悩まなくて済みます。それに加え、書類選考の多くは、職務経歴書に基づいて行われています。そのため、履歴書は、採用後に人事情報として保管することが主な目的です。

また、履歴書は、限られたスペースの中で情報を伝えなければならないので、マイナス評価とならないことがとても大切なこととなってきます。そのため、自己PR欄がない履歴書を使用することで、マイナス評価をとるリスクを減らすことができます。

ですから、履歴書を選ぶ際には、もし可能なら自己PR欄などがないものを選ぶことができるでしょう。

履歴書の自己PRを記入する際のポイントとは?

Businessman offer positive thing (such as profit, benefits, development, CSR) represented by plus sign.

履歴書の自己PRがない履歴書を選ぶなら自己PRを書く必要はありませんが、もし応募企業側から指定された履歴書に自己PR欄があるなら、以下のポイントを抑えながら記入することができるでしょう。

読みやすいボリューム

履歴書の自己PR欄は、あまりスペースはありません。そのため、最適な自己PRの文字数は、おおよそ200〜250文字程度と言われています。もちろん、200〜250文字ピッタリにする必要はありません。しかし、アピールしたいことが沢山あるからといって、小さな文字で無理矢理書き込むことはNGです。履歴書だけでなく、応募書類すべてに言えることですが、一番大事なことは採用担当者に目を通してもらう、ということです。

ですから、沢山伝えたいことがあっても、パッと見た際に、すぐに何が書いてあるのか分かる程度の文字サイズにしないなら、読んでもらうことができず、書類選考に通過することが難しくなってしまうことでしょう。なので、読みやすい文字サイズで書くなら、200〜250文字程度の適切なボリュームとなると言えるでしょう。

また、1つの文章が長くならないように注意しましょう。主語と述語が離れすぎてしまうと、何を伝えたいのかが分かりづらくなってしまいます。なので、1文は60〜100文字程度を目安に作成することができます。

1、長すぎる自己PRはNG 自己PRは短すぎるよりも長い方がよいのでは?と思われる方も中にはいますが、長すぎる自己PRはNGです。なぜなら、採用担当者は限られた時間内ですべての応募者の書類に目を通す必要があるからです。そのため、もし目安の文字数よりも多いなら、流し読みをしてしまい、何の印象も与えることができないまま終わってしまう可能性もあります。

また、必要な情報を簡潔に伝えることができるビジネス能力が低いと判断されてしまうこともあります。多くのアピール要素を取り込むなら、文章にまとまりがなくってしまい、文字数が増えてしまいます。このような事態を避けるためにも、自分が明確に伝えたいことをよく考え、要点を絞りだしてから書くことができるでしょう。

2、短すぎる自己PRはNG 文章が短すぎると、具体性に欠けてしまい、自分の伝えたいことを十分に伝えきることができない場合があります。また、自分の魅力を最大限にアピールする意欲がないと判断されてしまい、マイナス評価となってしまう恐れもあります。

自己PR欄の記入を短くする人の中には、面接の際に自己PRをすればよいと考えている方もいるかもしれません。しかし、職務経歴書の自己PRが短いがために、面接で会いたいと思う気持ちを採用担当者に抱かせることができず、書類選考で終わってしまう方も中にはいます。

ですから、文章が短くならないように具体的な内容も織り交ぜるようにしましょう。

バランスのとれた文字サイズ

履歴書全体の文字サイズが整っているなら、見栄えがよくなります。なので、文字サイズをそろえて、斜めにならないように注意しながら書くようにしましょう。その際に、漢字に対してひらがなやカタカナを7〜8割程度の大きさにするなら、文字配分をキレイに整えることができます。

文字サイズを意識しながら、読みやすい文字を書くことを意識することで、どの年代層の採用担当者でも読むことができるように心がけましょう。

自己PRすべきことは「入社意欲のモチベーション」と「応募先企業にとってのメリット」

採用担当者の多くは中途採用をする際に、応募者の入社意欲のモチベーションと、一緒に働くことで企業にメリットとなる人材か、という点を知りたいと思っています。

ですから、限られているスペースの中で、応募先企業のどのようなところに惹かれているのか?、応募先企業でどのような戦力として働くことができるか?といった点を文章で上手に伝える必要があります。そのように自分の強みが応募先企業にとって魅力的であることを、根拠とともに伝えることで、説得力のある自己PRを作成することができます。

自己PRの作成の方法

Portrait of fair-haired beautiful female student or customer with broad smile, looking at the camera with happy expression, showing thumbs-up with both hands, achieving study goals. Body language

自己PRでアピールしたいことが分かったけどどのように書いたらよいのか分からない・・という方も少なくありません。そのような方は、以下の方法を参考にしてみることができるでしょう。

1、応募先企業側が求めているスキルや強みを分析してみる。 応募先企業側が求めている人材の人物像をイメージしてみることができます。そのために、応募先企業の求人情報や採用サイト、ホームページなどから、経営方針や経営理念などを読み、どのような人材を採用したいと考えているのか分析することができます。そして、人物像をイメージするだけでなく、その人物象に必要とされているスキルや能力などまで分析するようにしましょう。

たとえば、”前向きな人材を求めている”と述べているなら、意欲がある人、もしくは、常に目標を持ち達成に向けて努力している人などを憶測することができるかもしれません。このように人物像をイメージすることで、応募先企業が必要としているスキルや強みを分析することができるでしょう。

2、今までの経験やスキル、実績などから得た強みを見つけてみる。 何を自己PRしたら良いのか悩んでいるなら、まず今までしてきた仕事の経験をすべて挙げてみましょう。その際には、仕事の成果や結果、実績なども一緒に書きだすことができます。そして、それぞれの仕事からどのような強みを得ることができたか洗いだしてみましょう。

どんな些細な点でも自己PRとしてアピールすることは可能です。その際には、具体的なエピソードや数字を含めることができます。そうすることで内容に説得力を増すことができ印象を残すことができます。

履歴書の志望動機の中で自己PRをする方法

PR, Public Relations concept, miniature people staff help building color wooden letters forming word PR on white background with copy space, spread of information from organization to the public.

履歴書の記入欄にはスペースがあり限界があるので、その中で内容をコンパクトにまとめながら要点が際立つものとしなければなりません。そこで、志望動機を記入する際に上手に自己PRをすることができます。次の点を踏まえながら、志望動機を作成することができるでしょう。

1、応募先企業に惹かれている理由について書く。

志望動機を書く際に、自分が応募先企業に惹かれている理由について書き出してみましょう。”○○職種や○○業界に興味がある”と表現しても、そのような企業は多く存在していることでしょう。

なので、たくさんある同業種や同業界の中から、なぜそこの企業を志望しているのか?具体的にその魅力について触れるなら、採用担当者の目に留まることでしょう。

2、事業やポジションに惹かれている理由について書く。

応募先企業の魅力について書くことができたら、次は事業やポジションに惹かれている理由について書くことができます。現職では満たすことができなかった自分のやりたい仕事を、応募先企業でどのように行うことができるか、具体的に書くことで、志望動機が自己PRへとつなげることができます。

もし自分のやりたい仕事が明確に定まっていないなら、どのような方向性に進みたいのか、時間をとって考えてみることができるかもしれません。

3、応募先企業に貢献することができる根拠について書く。

最後に自己PRできる点として、応募先企業や事業、そして、ポジションに貢献することができる根拠について書くことができます。それには、自分が今まで経験してきた仕事で身につけた知識やスキルなどの強みをどのように生かすことができるかについてアピールすることができます。

もし未経験分野の職種や業界への転職だとしても、そこで必要とされている強みをアピールすることで自分が応募先企業で貢献できることを書くことで好印象を与えることができます。

4、応募先企業が求めているスキルや強みを、自分が持っているスキルや強みと結び付けること。

Hand with marker writing, Skill concept

応募先企業が求めているスキルや強みに共通することができるよう、自分が持っているスキルや強みを探して結び付けてみましょう。そうすることで、応募先企業が欲しい人材像へ自分を近づけることができるので、採用担当者の目に留まることができます。

自己PRする強みは1つだけ選ぶ。

Individuality concept(Only one)

沢山自己PRをしたくても、履歴書には限られたスペースしかありません。なので、一つに絞ることが大切です。そこで、多くの採用担当者が、「経歴」と「職種」という2つの観点で応募者を判断することを踏まえながら、自己PRをする自分の強みをひとつに絞ることができます。

一般的に自分の強みは3つに大きく分けることができます。それは

・㈰実績や経験 ・㈪資格やスキル ・㈫身についた力

の3つの強みです。この3つの分野から、自分が最もアピールしたい分野をひとつ選び自己PR欄に記入することができます。

では、具体的にその内容について確認してみましょう。

1、実績や経験

実績や経験をPRしたいなら、今まで経験してきたすべての仕事を振り返り、どのような成功や実績を収めてきたか?、経験をしてきたか?という点を思い出してみることができるでしょう。

そして、その時にどのような目標を持ち、どのように取り組んだ結果、どんな結果を出すことが出来たかをよく思い出し、整理してみることができます。そうすることで、たとえ環境が変わったとしても同じような結果や成功を出すことができる、という点をアピールすることができるでしょう。

2、資格やスキル

自分が身につけている資格やスキルをPRしたいなら、応募先企業が求めている人物像をイメージし、どのような資格やスキルを持っている人材を求めているのかをまず見極めることが大切です。その後、自分が身につけている資格やスキルと、応募先企業が求めているものがフィットしているならその共通する点を積極的にアピールすることができます。

しかし、その際には、資格やスキルを取得していることだけをアピールしすぎないように注意しましょう。すでに取得している資格やスキルを、どのように応募先企業で役立てることができかをアピールすることが大切です。

3、身につけた力

自己PRとして、今まで経験してきた仕事上で身につけた力をPRすることもできます。それには周囲をリードしながら仕事を進めていくという強みなど、自分で自己分析することで仕事で身につけた強みも含めることができます。

転職活動のツール、転職エージェントを利用してみよう!

Schedule Time Management Planner Concept

上記で見た点を頭では理解していても、まだ履歴書の自己PR欄の記入に不安を抱えている方も中にはいるかもしれません。そのような方は、転職活動には欠かせない転職エージェントを利用することができるでしょう。

その中でも特に、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削に力をいれているエージェントを選ぶことができます。

履歴書の添削に力をを入れている転職エージェントの選び方とは?

hand holding red pen over proofreading text in office

数多くの転職エージェントが存在しているため、どのように履歴書の添削に力をを入れている転職エージェントを選んだらよいのか?と悩む方も少なくありません。たいていどこの転職エージェントでも履歴書や職務経歴書の添削は提供しているサービスに含まれています。

複数転職エージェント登録で比較

ですから、魅力的な履歴書を作成するために添削を受けることができるかどうかは、担当者となるキャリアコンサルタントにすべてがかかっていると言えるでしょう。実際、どこの転職エージェントでも優秀なキャリアコンサルタントと最悪なキャリアコンサルタントが在籍しているのが事実です。また、自分との相性もあります。そのため、自分と相性が悪いキャリアコンサルタントが担当になってしまったら、担当を変えてもらうか、もしくは、別のエージェントに移動するなどの処置をとる必要がでてきます。

そのため、転職エージェントを利用する際には、1社だけ登録して利用するのではなく、複数のエージェントを同時に登録し、利用することが基本となっています。

同時に複数のエージェントを登録すると忙しくなりますが、複数のキャリアコンサルトを同時に比較することで、どのキャリアコンサルトが丁寧で質の良いサービスを自分に提供してくれているのかを比較することができます。

そして、質の良いキャリアコンサルトを見極めることができたなら、他のエージェントは続けて利用しなくても問題はありません。このように複数のエージェントを登録し比較し、キャリアコンサルトを選ぶことで、転職を成功させることができます。

まとめ

転職活動の書類選考に通過するためには、採用担当者の目に留まる魅力的な自己PR作成することが大切です。上記でみた点を踏まえて、自己PR欄を作成するなら書類選考に通過することができるでしょう。

もし自分で履歴書を作成することに不安を感じるなら、履歴書の作成や添削に力を入れている転職エージェントを利用し、サポートを受けることができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事