履歴書の志望動機ってどうすればいいの?魅力的な志望動機

履歴書の志望動機ってどうすればいいの?魅力的な志望動機

新卒採用とは全く異なる転職活動での面接では、履歴書の「志望動機」や「志望理由」はより具体的なものが求められます。新卒時のような曖昧なものは採用担当には刺さりませんので、注意して作成するようにしましょう!

履歴書の「志望動機」とは?

志望動機

新卒採用とは全く異なる転職活動での面接では、履歴書の「志望動機」や「志望理由」を重視して合否を判断します。たくさん存在している企業の中からどうして当社を希望したのか?、具体的にどのようなことをしたいのか?、入社したいと考える理由は何なのか?といった点から、求めている人材像とフィットするか見極めたいと考えています。

ですから、志望動機には、応募先企業が求めている人材像にフィットするような内容を文章で作成することが大切です。

履歴書の志望動機欄がない履歴書が優れている理由

履歴書の志望動機とは、応募先企業に自分を採用するメリットを知ってもらうためにアピールをすることができる文章です。面接の際は言葉で採用担当者に自分の志望動機をアピールすることができますが、履歴書は面接する前の段階である応募書類として提出をする必要があります。

そのため、書類選考に通過することができるよう、採用担当者に”会ってみたい”と思わせるような文を作成することが求められています。

しかし、書類選考の多くは、職務経歴書によって行われています。なぜなら、履歴書の本来の目的は、採用後に人事情報として保管する資料だからです。

なので、履歴書の限られたスペースの中でしか伝えることができない志望動機は、マイナス評価とならないためにも、志望動機欄がない履歴書を選ぶことでそのリスクを減らすことができます。

履歴書の志望動機を記入する際のポイントとは?

マイナス評価のリスクを減らすためには、履歴書に志望動機欄のない履歴書を選ぶことが一番ベストですが、もし履歴書に志望動機欄があった場合は、以下の点に注意しながら作成することができるでしょう。

志望動機の中に自己PRをプラスする。

履歴書の志望動機記入欄にはスペースの限界があるので、その中で内容をコンパクトにまとめながら要点が際立つものとしなければなりません。そこで、志望動機を記入する際に上手に自己PRをすることができます。

次の点を踏まえながら、志望動機を作成することができます。

1、応募先企業に惹かれている理由について書く。

志望動機を書く際に、自分が応募先企業に惹かれている理由について書き出してみましょう。”○○職種や○○業界に興味がある”と表現しても、そのような企業は多く存在しているので、応募先企業ならではの魅力に触れることが大切です。

なので、たくさん存在している同業種や同業界の中から、なぜそこの企業を志望しているのか?具体的にその魅力について触れることで、採用担当者の目に留まることでしょう。

2、事業やポジションに惹かれている理由について書く。

応募先企業の魅力の次は、事業やポジションに惹かれている理由について書くことができます。現職では満たすことができなかったやりたい仕事を、応募先企業でどのように実現することができるのか、具体的な内容を書くことで志望動機から自己PRへと上手につなげることができます。

3、応募先企業に貢献することができる根拠について書く。

最後に志望動機を自己PRとしてつなげることができることとして、応募先企業や事業、ポジションにどのように貢献することができるか、その根拠について書くことができます。

それには、自分が今まで経験してきた仕事で身につけた知識やスキルなどの強みをどのように生かすことができるか、ひとつだけに絞りアピールすることができます。たとえ未経験分野の職種や業界への転職だとしても、そこで必要とされている強みをアピールするなら、自分が応募先企業で貢献できること志望動機とし自己PRすることができるでしょう。

転職理由を思い出す。

志望動機と転職理由はもちろん別のものですが、転職理由を思い出すなら、志望動機がスムーズにでてきます。もし応募先企業の志望動機が見つからない・・という場合は、転職の目的がずれてしまったことが考えられるでしょう。今一度、転職理由に立ち返ってみましょう。

具体的な経験を思い出す。

自分の具体的な経験に基づいた志望動機にするならリアルティがあり、採用担当者に熱意を伝えることができます。この会社に○○だから入社したい、と志望動機を記入しても、多くの採用担当者は”なぜそのように思うのか?”といった点を知りたいと思っています。

ですから、一歩踏み込んだ具体的な内容が好まれます。

ストレートな思いを書く。

多くの採用担当者は、応募者の経験や考えに基づいた志望動機を知りたいと思っています。応募者の中には、模範解答をまるでコピーしたような志望動機を作成する方もいます。

しかし、何かからコピーした志望動機は、採用担当者にはバレるものです。もちろん、それらを参考にして記入することはできますが、完璧にコピーすることが控えるようにしましょう。

そして、自分が応募先企業で活躍したい!、長く勤めたい!というストレートな思いを文章として作成することができるでしょう。

例文に頼る志望動機はNG!

上記でも少し触れましたが、採用担当者に受ける志望動機を作成したい、という思いから、WEBサイトに掲載されている例文に頼る方も少なくありません。実際、WEBサイトには数多くの例文が掲載されています。しかし、例文をそのままコピーしたり、正しい書き方を守らずに利用するなら、書類選考に通過することは難しくなるでしょう。

では、例文に頼りすぎることがNGなのはどうしてなのか、具体的な理由についてみてみましょう。

例文のコピーはすぐ採用担当者に見破られてしまうから。

WEBサイトの例文を使用してもバレることはないだろう・・と多くの応募者の方が考えていますが、採用担当者や転職エージェントのキャリアコンサルトは、すぐに見破ることができます。

特に自社の応募する志望動機を数多く読んでいる採用担当者は、自社の良さや魅力をしっかり把握し認識できている志望動機と、WEBサイト上の例文から引用している志望動機では、明らかな違いが出ているのですぐに見破ることができます。

ですから、例文を参考にすることはもちろんできますが、それをそのままコピーするようなことはくれぐれも避けましょう。

志望動機は転職面接でも質問されるから。

書類選考に通過することができたなら、面接へと進むことができます。その際に採用担当者は、すでに提出した応募書類を手にしながら質問を投げかけてきます。その際に、作成した志望動機と、口頭で述べている志望動機に違いがあるならマイナス評価となることでしょう。

ですから、自分の志望動機は何なのかをよく分析してから作成することは大切です。

WEBサイトの例文は魅力的でなく質が悪いから。

WEBサイトの志望動機の例文は、質があまり良くないので、魅力的ではありません。なぜなら、転職面接に関するノウハウを知らずに例文を作成しているからです。素人が作成している例文もあることでしょう。ですから、それらをそのままコピーすることはやめましょう。

履歴書の限られたスペースの中で志望動機を作成するには?

履歴書の志望動機欄は、スペースが限られています。そのため、重要な内容をそのスペースの中に上手にまとめる文章力が求められています。

そこで以下の点を参考にしながら、作成していくことができるでしょう。

履歴書の志望動機でまとめるべきこと。

履歴書の志望動機欄は、上記で触れた㈰応募先企業に惹かれている理由、㈪事業やポジションに惹かれている理由、㈫応募先企業に貢献することができる根拠、について簡潔にまとめることができます。

もしスペースがなければ、この中のひとつに要点を絞り、ピンポイントで志望動機をまとめることができるでしょう。

読みやすいボリューム

履歴書の志望動機欄は、限られたスペースしかありません。そのため、最適な志望動機の文字数は、おおよそ200〜250文字程度と言われています。もちろん、200〜250文字ピッタリにする必要はありません。

しかし、伝えたいことが沢山あるからといって、小さな文字で無理矢理書き込むことはNGです。履歴書を含めすべての応募書類に共通して言えることですが、一番大事なことは採用担当者に目を通してもらう、ということです。熱意を伝えることはできるかもしれませんが、読みにくい文章は、内容を簡潔にまとめる能力が欠けている、と判断されてしまいますので注意しましょう。

また、1つの文章が長くならないようにすることも大切です。主語と述語が離れすぎてしまうと、何を伝えたいのかが分かりづらくなってしまうことでしょう。ですから、1文は60〜100文字程度を目安に作成することができるでしょう。

それに加え、余白が多すぎることもNGです。余白が多いと、採用担当者に熱意を伝えることができずマイナス評価となってしまいます。志望動機欄の約8割は埋めることができるよう、文章のボリュームを意識しながら作成することができるでしょう。

バランスのとれた文字サイズ

履歴書全体の文字サイズがキレイに整っているなら、履歴書の見栄えがよくなります。なので、文字サイズをキレイそろえて、斜めにならないように注意しながら書くようにしましょう。

その際に、漢字に対してひらがなやカタカナを7〜8割程度の大きさにすることで、文字配分をキレイに整えることができます。

履歴書の添削に力をを入れている転職エージェントの選び方とは?

履歴書の志望動機欄の作成についてみてきましたが、それでも自分で作成することに不安を抱えている方は、転職エージェントを利用することができます。

しかし、数多くの転職エージェントが存在しているため、何を基準として転職エージェントを選んだらよいのか?と悩んでいる方も少なくありません。たいていどこの転職エージェントでも履歴書や職務経歴書の添削は提供しているサービスに含まれています。ですから、採用担当者の目に留まる魅力的な履歴書を作成するための添削を受けることができるかどうかは、担当者となるキャリアコンサルタントにすべてがかかっていると言えるでしょう。

実際、どこの転職エージェントでも優秀なキャリアコンサルタントと質の悪いキャリアコンサルタントが在籍しています。また、自分との相性という問題もあります。そのため、自分と相性が悪いキャリアコンサルタントが担当になってしまったら処置をとる必要がでてきます。それには担当を変えてもらうことを申し出るか、もしくは、別のエージェントに移動することなどをしなければならないでしょう。そのような状況になってしまうなら時間と手間の無駄となってしまいます。

そこで、そのような問題が起きることを想定し、転職エージェントを利用する際には、1社だけ登録して利用するのではなく、複数のエージェントを同時に登録し、利用することが基本となっています。同時に複数のエージェントを登録すると忙しいのでは?と思われる方もいることでしょう。

しかし、複数のキャリアコンサルトを同時に比較することで、どのキャリアコンサルトが丁寧で質の良いサービスを自分に提供してくれているのかを比較することができます。そして、質の良いキャリアコンサルトを見極めることができたなら、他のエージェントは続けて利用する必要はありません。つまり、最終的には1社だけに絞ることができます。

このように複数のエージェントを登録し比較し、質の良いキャリアコンサルトを選ぶなら、転職を成功させることができます。

履歴書の添削に力を入れているお勧めの転職エージェント

ではここで、履歴書の添削に力を力を入れている転職エージェントをいくつかご紹介しましょう。

「パソナキャリア」

パソナキャリアは、キャリアカウンセリングをはじめとし、履歴書や職務履歴書の添削、面接対策、求人案件紹介、給与や年収の交渉、面接日程日や入社日の調整、そして、アフターサポートまで転職を成功させるために手厚くサポートしてくれる大手転職エージェントです。

特に、採用担当者の目に留まる魅力的な履歴書や職務履歴書の作成に力を入れています。パソナキャリアは、利益よりも社会貢献を重視しているため、転職希望者一人一人に親身になって徹底的なサポートを提供しています。ですから、転職活動がはじめてという方でも安心して利用することができるでしょう。

また、履歴書などの応募書類の書き方が分からない方や、面接に不安がある方でも安心サポートを受けることができます。

「DODA」

DODAは、キャリアカウンセリングをはじめとし、履歴書や職務履歴書の添削、面接対策、求人案件紹介、給与や年収の交渉、面接日程日や入社日の調整、そして、アフターサポートまで転職を成功させるために手厚くサポートしてくれる大手転職エージェントです。

大企業、中小企業、そして、ベンチャー企業までの幅広い求人案件を数多く持っています。すでに成功させてきた数多くの転職成功例や経験を分析しながら、応募先企業が求めている履歴書や職務履歴書の作成をサポートしてくれます。

また、多くの異なる職種や業界出身者のキャリアコンサルタントが在籍しているので、自分では情報収集することができない応募企業先の情報を入手することもできます。

「マイナビエージェント」

マイナビエージェントは、キャリアカウンセリングをはじめとし、履歴書や職務履歴書の添削、面接対策、求人案件紹介、給与や年収の交渉、面接日程日や入社日の調整、そして、アフターサポートまで転職を成功させるために手厚くサポートしてくれる大手総合転職エージェントです。知名度の高い大手マイナビが運営している転職エージェントなので初めての方でも安心して利用することができるでしょう。

マイナビエージェントは、履歴書や職務履歴書の書き方や添削に特に力を入れているので、書類選考通過率を確実に上げることができることで知られています。

また、各業界に通じているキャリアコンサルタントも数多く在籍しているので、さまざまな情報を収集することも可能となっています。将来の方向性を見据えたキャリアカウンセリングを受けることができるので、自分の将来性に不安を感じている方や、どのような方向性で進んだら良いのか悩んでいる方に特にお勧めのエージェントとなっています。

まとめ

転職活動の書類選考に通過するためには、採用担当者の目に留まる魅力的な志望動機作成することが大切です。

上記でみた点を踏まえて、志望動機欄を作成するなら書類選考に通過することができるでしょう。また、転職活動に欠かせないツール・転職エージェントを上手に活用していきましょう。

もし自分で履歴書を作成することに不安を感じるなら、履歴書の作成や添削に力を入れている転職エージェントを利用し、サポートを受けることができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事