山形のおすすめ転職エージェント3つと転職活動のポイント!

山形のおすすめ転職エージェント3つと転職活動のポイント!

山形エリアには、山形市、鶴岡市、米沢市、酒田市などの地域が存在します。大手企業や業績の安定した優良企業の事業所など、大中小様々な規模の企業求人や幅広い業界の求人があり、幅広く活躍の場を求めることができそうです!

転職エージェントって??

地元で、または地元に戻って働きたいと考えていますか?山形での転職を考えている人は、転職エージェントを利用することをおすすめします。この記事では山形の求人に強い、おすすめ転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの場合、担当するキャリアアドバイザーとの相性も重要ですが、エージェントによって、「求人の量や質」、「サポート体制」、「アドバイスの質」が異なります。そのため、どこの転職エージェントを選ぶかということは転職活動の重要なポイントです。

山形でおすすめの転職エージェント

山形

山形は都市部とは異なり、求人の数が限られているので転職エージェントを活用することが欠かせません。活用できる転職エージェントを3社ご紹介します。どのエージェントも無料で登録することが出来るので、幾つかのエージェントに登録することをおすすめします。

『リクルートエージェント』ー転職成功実績No.1

規模・実績ともに業界トップクラスのリクルートエージェント。

拠点数:16カ所(札幌、仙台、宇都宮、大宮、千葉、東京丸の内、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)

山形県の公開求人は約252件、非公開求人は366件と求人数でも最大の転職エージェントと言えるでしょう。求人数が多いので、転職先の選択肢が多くなり、希望に合った企業が見つかる確率も高くなります。山形県内にリクルートエージェントのオフィスはないので基本的には電話での対応となります。電話で面談を行うことが出来るので安心して利用できますね。

リクルートエージェントでは、平日20時以降や土曜日・日曜日の面談にも対応しています。在職中の人にとってはとても助かるサービスですね。

『DODA(デューダ)』ー転職業界No.2

パーソルキャリア株式会社が運営するDODAは、業界規模No.2の転職エージェント。

拠点数:10カ所(札幌、仙台、東京丸の内、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡)

山形県の公開求人は約596件。非公開求人は公開されていませんが、公開求人だけをみてもリクルートエージェントよりも多くの求人があります。山形にはDODAのオフィスはありませんが、電話やメールでのカウンセリングが可能です。

『Spring転職エージェント(アデコ)』ー優良企業の非公開求人が80%

世界60の国と地域に拠点があり、スイスに本社を構える世界最大の総合人財サービス企業。

山形にオフィスはありませんが、東北エリアに5つのオフィスがあります。『リクルートエージェント』や『DODA』と比べると求人数は少ないですが、「きめ細かいサポート」、「本当に自分に合った求人が見つかった場合にのみ連絡をくれた」という口コミがあるように質の面では評判の良いエージェントです。

面談拠点のない大手総合エージェントに登録すべき理由

面談拠点のある地元に特化した転職エージェントに登録することももちろん出来ますが、面談拠点が無くても上記で紹介した大手転職エージェントにも登録することをおすすめします。

(1)「転職ノウハウ」が圧倒的に違う

転職のプロであるキャリアアドバイザーの客観的視点とこれまでに転職をサポートしてきた経験は、転職を成功させるための鍵となります。転職に関するノウハウを共有してもらえることこそ、大きなメリットとなります。

大手の転職エージェントは全国に拠点を持っているので、年間に転職を決めている数が、山形に特化しているエージェントと比較すると圧倒的に違います。

(2)非公開求人を狙える

全国展開している企業で山形が勤務地となる求人など、大手転職エージェントだからこその求人案件があります。

非公開求人の情報を得るには、転職エージェントへの登録が必要です。最高の求人に出会うためにはぜひ、登録しましょう。

【ポイント】転職エージェントは3社を併用して登録する!

転職活動を進める際に同時に複数の転職エージェントを利用しても全く問題はありません。複数の転職エージェントを利用するなら、サポート内容や担当キャリアアドバイザーを他社と比較出来たり、あなたに合ったキャリアアドバイザーと出会うことが出来ます。

1社にしか登録せずに転職活動を進めてしまうなら、相性が合わないキャリアアドバイザーや優秀ではないキャリアアドバイザーの元で転職活動を進めることになり、我慢や妥協をしたりしてしまうことになるかも知れません。

また、転職エージェントの最大の魅力は、一般に公開されていない非公開求人を紹介してもらえることです。それぞれのエージェントによって持っている非公開求人は異なります。それで、複数の転職エージェントに登録するなら、より良い求人やあなたに合った転職先が見つかる可能性が広がります。

スケジュール管理の面からも転職エージェントへの登録は3社がベストと言えるでしょう。

地元の転職に特化したサイトには、マイナビ転職が手がける『JIMOQ(ジモキュー)』や『はたらいく』などのサイトもありますのでぜひチェックしてみてください。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットを知り、十分に活用することが大切です。

・あなたに合った求人を紹介してくれる

・応募先の実情や職場環境などを知ることができる

・履歴書や職務経歴書の添削や面接アドバイスが受けられる

・面接のセッティング(日程調整等)を代行してくれる

・給与交渉をしてくれる

転職エージェントを200%活かすためのポイント

転職エージェントはあなた以外にも多くの転職希望者を抱えているので、積極的であることが大切です。転職エージェントを使う際のポイントを知り、転職を成功させましょう。

スカウトメールをお願いした場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり日々追われています。アドバイザーとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

また、転職の目的を明確に伝えましょう。「年収を上げたい」「正社員になりたい」「昇進したい」など、目的は人それぞれですが、目的が明確でないと担当のキャリアアドバイザーは「何のために転職をしたいのだろう」と行き詰まり積極的に動くことが出来ません。

転職意欲があり、転職の目的も明確であるならあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

合わなければ担当のキャリアアドバイザーを変更する

転職エージェントを複数利用しているなら、サポート内容や担当キャリアアドバイザーを他社と比較することが出来るので、サービスの質や自分との相性の良し悪しが分かります。

それが分かると、より自分に合っている転職エージェントをメインで使うことが出来たり、相性が合わなかったり対応に不安を感じる担当キャリアアドバイザーに関しては変更をお願いするなど、状況に応じて適切に対処できます。

キャリアアドバイザーによっても、持っている知識や経験には差があり、考え方も異なるので、変更を願い出来ることは可能です。遠慮せずに変えてもらいましょう。

担当変更メール文面例 いつも大変お世話になっております。 現在転職の支援をして頂いている○○と申します。 現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、 転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。 もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と 一度お話をしたく考えております。 大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・という話です。

この場合、虚偽報告を行う信用できない人としてエージェント側は紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当のキャリアアドバイザーはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないアドバイザーの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

キャリアアドバイザーとの面談の際にもネガティブな情報は伝え過ぎないようにしましょう。推薦文の中で転職理由を書かれることが多いので、ネガティブな転職理由がそのまま書かれてしまうこともあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

同じ案件に複数のエージェントから応募しない

複数の転職サイト・転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。なぜなら、企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまうからです。

すると、企業・担当のキャリアアドバイザー両者に不信感を与えることになり、場合によっては破談となってしまいます。

複数の転職エージェントから同じ企業を紹介された時は担当のキャリアアドバイザーにそのことをきちんと伝え、より信頼できる1つのエージェントに絞って申し込むことができます。

転職エージェントで希望の求人が見つからない場合はハローワークへ

山形のハローワークも、掲載料金が無料なので転職エージェントでは保有していない企業の求人も多数あります。

転職エージェントのようなサポートは期待できませんが、『就業相談窓口の担当者は親切な方が多い』と評価されているので、転職エージェントで希望する案件が見つからない場合や面談時あるいは面談する前に、転職エージェントの方から断られるケースもあるので、その時はハローワークへ行くことができます。

マナーを守って礼儀正しく対応する

時々、横柄な態度を取る方がいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

感謝を伝え、マナーを守って礼儀正しく対応するなら、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

転職エージェント利用の流れ

それでは、転職エージェントをどのように利用するのか、流れを確認しましょう。

①転職エージェントに登録する

それぞれの公式ページからインターネット上で登録することが出来ます。登録時にプロフィール、職務経歴、希望条件などを入力しますが、丁寧にきちんと入力することが大切です。その後、登録した情報を元にしてキャリアアドバイザーとの面談日程などが調整されます。

②電話がかかってくる

登録すると、転職エージェントから数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

準備をする必要はありませんが、登録した情報を元に転職希望時期や希望する職種や業界などについて大まかな質問を受け、キャリアアドバイザーとの面談日程の調整を行います。

③キャリアアドバイザーと面談をし、求人の紹介を受ける

電話でカウンセリングを受けることもできる転職エージェントもあるので、近くに出向くことのできる場所が無いという人でも、安心して利用できます。

初回面談の主な内容は下記の事柄です。

・あなたのこれまでの経歴やキャリアの棚卸

・PRポイントの整理

・転職するべきかどうかやタイミングについて

・業界動向や求人傾向を踏まえ、転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか

・どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか

・転職についての要望や不安につて相談

転職活動を進めていく中で、キャリアアドバイザーとの面談は考えをまとめたり転職活動の目標を確実にする点で役立ちます。

面談中に求人を紹介してくれることもあれば、面談後に面談内容をまとめて最適な求人を電話やメールで紹介してもらえます。求人を紹介してくれるだけでなく、その企業の雰囲気や採用のポイントとなることなどの情報も教えてもらえます。

④職務経歴書の添削

職務経歴書などの応募書類作成をサポートしてくれます。自分をよりアピールできる職務経歴書の書き方を教えてもらうことができます。

⑤応募する

選考書類が完成したら、エージェントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。転職のプロであるキャリアアドバイザーの視点からあなたの人柄や魅力を推薦状に書いて応募してくれます。

⑥面接対策を受け、企業との面接を行う

書類の添削や面接対策などを受けることが出来るので、安心して企業との面接に臨むことができます。

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

面接日程調整などのスケジュール調整も担当のキャリアアドバイザーが行ってくれるのでとても心強いですね。

⑦内定をもらったら、入社までに条件面の確認をする

内定をもらったらそれで終わりというわけではなく、あなたからは言いにくい給料や待遇などの条件面の交渉も担当のキャリアアドバイザーに行ってもらうことができます。

また、現職の退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど大手エージェントであればノウハウを持っているので、相談することができます。

さいごに

転職エージェントとは最終的に担当キャリアアドバイザーとの相性ですが、どの転職エージェントを選ぶかによって成功の確率を大きく上げることができます。

ぜひ、今回ご紹介した転職エージェントに登録して、自分にぴったりのキャリアアドバイザーに出会い、最高の転職を実現しましょう。

『リクルートエージェント』ー転職成功実績No.1

『DODA』ー業界規模No.2の転職エージェント

『Spring転職エージェント(アデコ)』ー優良企業の非公開求人が80%

あなたの転職が成功することを願っています。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事