【建設機械関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【建設機械関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

建設機械関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、建設機械関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。初めて建設機械メーカーという言葉を聞かれた方も、建設機械関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

建設機械業界について知る

Asian Vehicle fleet with construction machinery of building or mining company

建設機械業界とは、建設現場で使用される機械を作る企業によって形成される業界のことを言います。

たとえば、クレーンやショベルカー、ブルドーザー、ロードローラー、ダンプ、フォークリフト、コンクリートダンプ、ローラー、高所作業車、林業機械など、大型のものから小型の機械に至るまで建設現場で使用されている機械が含まれます。

世界レベルの日本の建設機械

日本の建設機械業界は、世界的に見ると高いシェアを誇っており、近年においては中国や東南アジア諸国、北米などの海外において需要や拡大がさらに見込まれています。

グローバルに活躍する企業が多い建設機械業界ですが、建設機械に関わる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、建設機械業界の仕事の種類や業務内容、さらには平均年収やおすすめ企業などについてご紹介していきたいと思います。

建設機械業界の仕事の種類と特徴

建設機械といっても、働き方や仕事内容はさまざまあります。持っている資格やキャリアに応じても働き方は変わってきます。ここでは3つの種類に分けて、それぞれ業務内容や特徴を取り上げていきます。

メンテナンス

Construction machine(メンテナンス)

現場で使用する機械は繊細ですから、定期的なメンテナンスや点検が必要です。もし機械にトラブルが生じていれば、それが電気系統なのか、ジョイント部分なのか、油圧系統なのか…と原因を探っていかなければなりません。

メーカーによっても機械の特徴やクセが異なるので、修理やメンテナンスには高い技術力や知識が求められる作業になります。

しかし特別な資格を持っていない未経験の人であっても、働きながら技術を習得していける職業でもあるので、特別な技術を何か持ちたい人にはおすすめです。

建設機械オペレーター

建設機械オペレーター

オペレーターは建設機械を実際に操作して、工事作業を行なう職業です。建設機械にもさまざまな種類がありますから、機械を扱う技術を身につけることで、働き方の幅は広がっていくことでしょう。

建設機械オペレーターになるためには、講習を受ける方法が一般的です。講習には労働局認可の元で機関が行なう「技能講習」と、事業主が行なう「運転特別教育」というものがあります。

労働局認可の機関としては、自動車教習所や建設の専門学校に通う方法があります。技能講習の内容や受講時間、費用はそれぞれ異なるので、自分が身につけたい機械に応じて受講することをお勧めします。

建設機械施工技士

Engineering is checking around gas turbine power plant

建設機械施工技士になると、機械を動かすだけでなく、現場の責任者になって施行の監督ができたり、主任技術者として施工管理に携わることができます。

業務内容としては他にも、施工計画書の作成を行なったり、工程や品質の管理、安全管理などがあります。

建設機械施工技士は国家資格になっており、1級と2級があります。建設機械オペレーターとして実務経験を積んだなら、ぜひこの試験を受けるようにしましょう。それにより、キャリアアップにつながるだけでなく、待遇や給与アップにもつながります。

建設機械関連の企業では、この建設機械施工技士の資格を有している人を積極的に採用するようです。資格をすでに持っている方であれば、転職や就職には有利に働くと言えます。

建設機械業界で働く人たちの平均年収

business man writing question about 2014 on graph

上記で取り上げた職業の人たちは、それぞれどれくらいの平均年収を得ているのか取り上げてみたいと思います。

メンテナンススタッフ

業界での経験やスキル、年齢によっても異なりますが、およその平均年収は300万円~400万円前後が一般的のようです。

大手の企業に就職した場合や、何らかのキャリアや役職に就いた場合だと、さらに給与や賞与はアップしていきます。

建設機械オペレーター

建設機械の運転作業は専門性の高い仕事なので、一般的な建設作業員の給料と比べるとやはり割高になるようです。

どの機械を動かす仕事かによっても年収は変わってきますが、およその平均は300万円~500万円となっています。これに経験やスキルの要素が加わると、さらに年収アップを期待できます。

また、正規雇用者の場合だと、資格手当や工業手当といった特別手当が会社から支給されるところもあるようです。

建設機械施工技士

国家資格を取得することや、建設機械オペレーターとして一定の実務経験を積むなければこの建設機械施工技士にはなれないことなどから、それに準じて平均年収も高くなります。

一般的な平均年収は400万円~500万円と言われてはいますが、ベテランにもなると800万円以上を得ている人もいるようです。さらに大手の企業であれば給与の水準はさらに上がりますし、資格手当も支給されるのでさらに収入は上がります。

特に1級の資格を持っていると転職の際には有利に働くようですよ☆

建設機械業界のおすすめ企業

国内にたくさんある建設機械の企業の中で、売上高や経常利益が高い企業順に、ランキングでまとめてみました。

それぞれの企業の平均年収も一緒に載せていますので、転職を考えている方は参考になさってみて下さい☆

第1位:コマツ(平均年収:711万円)

コマツ

home.komatsu

第2位:クボタ(804万円)

kubota

www.kubota.co.jp

第3位:豊田自動織機(778万円)

豊田自動織機

www.toyota-shokki.co.jp

第4位:日立建機(646万円)

日立建機

japan.hitachi-kenki.co.jp

第5位:神戸製鋼所(565万円)

神戸製鋼所

www.kobelco.co.jp

建設機械関連の求人探しに役立つサービス

建設機械業界へ転職をしたい時に、求人をどのように探すと良いでしょうか。建設機械業界といっても、企業によって仕事内容や働き方が違いますし、給与や待遇も含め、どこでも同じような条件で働けるというわけではありません。

企業の規模によっても違いますし、自分がそれに見合ったスキルや能力を持っているかによってもどこが合っているかは変わってきます。それで自分の求める条件や希望に見合っているか、資格やキャリアを本当に活かせる企業かどうかをよく見きわめることは大切です。

転職サイトと転職エージェントを利用する

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思います。ここでは簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

・転職サイトを使った方が良いタイプ

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人

・転職エージェントが合っているタイプ

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

転職サイトを有効活用するために

自分で求人を探すとは言え、転職サイトの中には就職に役立つたくさんのサービスがあります。そうしたサービスを積極的に利用しながら、スマートな求人探しを目指しましょう。

気になる求人にはどんどんアプローチしよう

たとえ未経験の業種や職種でも、あるいは特に資格を持っていないとしても、自分で気になる求人があるなら積極的にアプローチしてみてください。

求人情報は気軽に検索できますし、会員登録も手軽にできるようになっています。サイト上に職務経歴や、自己PR、志望動機などを登録することで、複数の気になる求人にすぐにアプローチできます。

WEBから転職ノウハウに役立つ情報を得よう

転職エージェントのように、キャリアコンサルタントと直接対面してアドバイスをもらうことはできませんが、履歴書の添削や面接対策に役立つノウハウを、ウエブサイトから知ることができます。

ノウハウを知ったうえで、自分で就職対策ができますし、書類選考の通過率アップにもつながるので、積極的に活用してみてください。

転職エージェントの賢い選び方

Real Estate: Confident Agent With Home Sellers Behind

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、建設機械業界に特化しているエージェントや、ハイクラス案件だけを取り扱うエージェントに登録することで、自分のキャリアや条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できるので、より転職への近道となるに違いありません。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

まとめ

企業によって働き方や求める人材はそれぞれ違います。自分の今持っているスキルや能力、キャリアに応じて、最大限に活かせる企業を上手に選んでいくようにしましょう。

「資格や技術を持っているのだけれど、自分の適性やスキルに合っているか決めかねている」「どこの会社が良いか判断に迷う」「キャリアアップできる企業を見つけたい」こうした方は、自分だけで決めるのではなく、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事