後悔しない転職するための方法と考え方すべて!

後悔しない転職するための方法と考え方すべて!

転職したいと思いつつも、”転職してから後悔しないだろうか・・?”、”転職に失敗しないだろうか・・?”と不安に感じている方は少なくありません。またすでに内定をもらっているのに転職へ前向きになれないという方も中にはいます。後悔しない転職のためにはどのことに気をつけたらいいでしょうか?

転職に成功する人もいれば失敗する人もいる!

後悔しない転職

転職したいと思いつつも、”転職してから後悔しないだろうか・・?”、”転職に失敗しないだろうか・・?”と不安に感じている方は少なくありません。またすでに内定をもらっているのに転職へ前向きになれないという方も中にはいます。

実際、転職後、転職に成功したと感じる人もいれば、その一方で転職に後悔し失敗をしたと感じている人がいることも事実です。

では、多くの方は転職後、どのようなことに後悔を感じているのでしょうか?後悔しない転職をするために今できることは何でしょうか?

転職を後悔するケースとその対策

How could i let her go. Hipster regretful face in front of couple in love. Hipster feels jealous and regretful. She should be mine. Man regret not asked her go out. Now she dating with another guy.

ケースその1:内定した時と条件が異なる場合

内定が決まった時と条件が違う・・と入社してから後悔する方の多くは、どこでもいいから早く内定をとりたい!と思いが急いでいた方や、面接時にきちんと条件を確認したから大丈夫!と安心している方に多くみられるケースです。

実際、このような失敗をしている方がいます。

(失敗例)

”入社してみたら、面接の時に聞いていた労働条件と給与額が違っていました。特に給与額があまりにも低くて後悔してます”(男性・20代)

”いざ働き始めてみたら、まったく条件が違っていてびっくりです”(男性・30代)

なぜ内定時と採用時の条件に違いが生じてしまうのでしょうか?

それは、採用された段階で、細かな条件について確認していなかったことや、労働条件通知書をしっかり確認していなかったことが考えられます。

そもそも多くの企業が面接の場では、給与などの待遇などの条件については触れません。なぜなら、応募者の働き方や、入社時期などで待遇が変動する可能性があるからです。

このような失敗を防ぐために、内定後から入社するまでの間に受け取ることができる「労働条件通知書」をしっかり確認することが大切です。

・労働条件通知書の確認は必須 勤務地や業務内容、給与、休暇、残業などについて記載されています。これを交付することは、雇い主である応募先企業の義務となっていますので、内定者は必ず受け取るものです。

特に中途採用の場合、今までの経験やスキルによって給与額が変動するものです。なので、入社後に給与額が少ない・・と後悔する前に、しっかり給与額を含め、労働条件をしっかり確認をしておきましょう。

もし労働条件通知書の内容と面接で聞いた内容が異なっていたなら、すぐに応募先企業に確認するか、もしくは転職エージェントを利用しているならキャリアコンサルタントにその旨を伝えるようにしましょう。

それでも相違があるようなら、たとえ内定後だとしても、入社することをやめることもでき、それはキャリアにカウントされない、つまり、マナー違反とはなりません。

入社後に後悔するよりも、内定を取りやめたほうが本人にとってはもちろんのこと、相手の応募先企業にとってもベターな選択となるでしょう。

ケースその2:思っていた仕事内容と違った場合

入社後、思っていた仕事と違う・・と後悔する方の多くは、応募先企業ややりたい仕事に対して高い理想を抱いている方に多くみられるケースです。

実際、このような失敗をしている方がいます。

(失敗例)

”前からやってみたいと思う仕事に転職したが、収入が大幅に下がってしまった”(男性・30代)

”前からやってみたかった仕事内容に惹かれて転職したのに、自分が思っていた仕事内容ではなかった”(女性・20代)

”デザインの仕事がしたくて転職したのに、デザインとは関係のない仕事ばかりしている#(女性・30代)

転職を考えている方の多くは、現状に対して不満や愚痴、つらさなどを感じています。そのため、他の企業がとても理想的にみえます。

またやりたい仕事があると理想だけがドンドン膨らむという傾向もあり、厳しい部分や努力すべき分野などが目に入らずに失敗してしまうことが考えられます。

思っていた仕事内容と違う・・という状況を避けるために、すでに応募先企業で働いている人から生の声を聞いたり、可能なら職場見学をお願いしてみることができるでしょう。

インターネット上のサイトでも、企業に対してのリアルな口コミを知ることができるものもあります。またすでに取引をしている転職エージェントのキャリアコンサルタントに、社風や現実の労働環境などリアルな点を質問してみることもできるでしょう。

・食い違いが無いように1日のスケジュールを把握しよう さらに面接の段階で、すでに社員として働いている方の1日のスケジュールについて聞いてみることもできます。

さまざまなところから応募先企業の情報を収集することができたら、自分がしたい仕事内容と同じかどうかを確認し、転職をするかどうかを判断することができるでしょう。

ケース3:人間関係で後悔している場合

Multiracial african and caucasian colleagues disputing having disagreement at work blaming each other in mistake, diverse coworkers arguing about project, having conflict fight at workplace concept

転職先の人間関係は、実際に入社してみないと分からない部分です。そのため、多くの方が、転職後の人間関係に悩まされています。

実際、転職後に次のような経験をしている方もいます。

(失敗例)

”転職した会社は、社長がワンマンだった。営業成績が悪いとすぐに辞めさせられてしまうため、毎日振り回されている”(男性・30代)

”転職先の企業は、社員同士の仲が悪く協力性が全くないため、雰囲気がとても悪い”(20代・女性)

”希望先の企業に転職することができたが、社内の雰囲気がすごく悪いため、離職率も高い”(男性・30代)

転職先の人間関係は、面接や内定の段階では分かりにくいものです。実際、入社してみたら雰囲気が悪かった・・ということもあることでしょう。

しかし、自分の態度はどのようなものか?と自己吟味してみることができるかもしれません。もしかすると前職のやり方やルールなどを転職先でも行っているということはないでしょうか?

まず自分の行動や振る舞いを自己吟味し、自分を変えてみましょう。そうすることで人間関係を良好にすることができるはずです。

転職活動をしている最中なら、すでに応募先企業で働いている人から生の声を聞いたり、職場見学をお願いしてみることができるかもしれません。またインターネット上のサイトでも、企業に対してのリアルな口コミを知ることができます。

またすでに取引をしている転職エージェントのキャリアコンサルタントに、社風や人間関係などリアルな点を質問してみることもできるでしょう。

面談の際の採用担当者のやり取りから、職場の雰囲気を探ってみることがもひとつの対策と言えるでしょう。

後悔しない転職をするため、転職前にすべきこととは?

Positive Attitude and Happy Concept. Hand Drawn A Smile Face And Sad Emotion on Sticky Note Background.

1、転職に対しての心構え

転職で後悔する人は、自分本位の傾向を持っているという特徴があります。

そのようなタイプの方は、面接の際にその企業に入社したい理由ではなく、前職を辞めた理由や現職の不満、辞めたい理由などについて話します。このような自己本位の思考ではなく、応募先企業がどのような人材を求めているのか相手の目線で転職活動を行うなら、転職に成功し、入社後に後悔する・・という状況を回避することができるでしょう。

2、転職の準備の仕方

転職に後悔する人の多くは、転職サイトに載っている情報しか見ていないというパターンがとても多いです。それでは情報が不十分で、入社後に思っていたのと違う・・と感じるのも当たり前のことです。

一方、転職に成功している人は、転職サイトという基本的な情報に加え、あらゆる手を尽くして応募先企業の情報を収集しています。応募先企業をしっかりリサーチしないなら、転職に後悔するでしょう。

3、口コミサイトを利用する。

Woman talking with alphabet letters coming out of her mouth. Communication, information, intelligence concept

転職で後悔しないために情報を収集することについて上記で触れましたが、そのひとつとしてWEB上の口コミサイトを利用することができます。無料のユーザー登録が必要となりますが、応募先企業の情報をしっかり収集することができます。

口コミを書き込んでいるのは元社員なので、自分では知ることができない内部のディープな事情を知ることができます。

また情報の信頼性もあるので、入社後のギャップを避けることができるでしょう。

4、面接の際に給与などの待遇についてしっかり聞く。

多くの採用担当者が、面接の際には給与などの待遇についてあまり話そうとしなかったり、曖昧な返答をしたりする傾向がありますが、入社後に後悔しないためにも、譲ることができない点はしっかり確認することができるでしょう。

しかし、直接ストレートな言い方で質問すると失礼にあたり、ビジネスマナーがなっていないのでは?と判断されてしまう可能性もあるので、自分と同じ中途採用で活躍している人の状況について知りたい、と聞いてみることができるかもしれません。

5、内定後、「内定明示書」や「労働条件通知書」を交わすこと。

内定後、必ず取り交わす「内定明示書」や「労働条件通知書」の内容を、必ずしっかり確認するようにしましょう。

面接の際に話していたことや、募集要項の内容と異なっている場合もあります。

もし内容に間違いがあるなら、すぐに応募先企業に確認しましょう。

6、会社見学をお願いしてみる。

Company visit

企業によっては、職場の環境を見学させてくれる場合もあります。現場の雰囲気や、人間関係なども探りをいれることができます。

入社後、後悔しないためにも、会社見学はお願いしてみることをおすすめします。

7、転職エージェントを利用して転職する。

入社後、転職に後悔しないリスクを低めるために、転職エージェントを経由して入社することができます。その中でも大手で信頼することができる転職エージェントなら、企業の審査をしている場合もあるので、入社後に大きな問題が生じることを回避することができます。

またすでに入社してしまった後でも、転職に後悔しているなら、転職エージェントでアフターサービスをしてくれるので、相談を自由にすることができます。

8、自己分析を第三者にお願いする。

自分を客観的に見る自己分析は、転職する際の重要なポイントとなります。しかし、多くの方が苦手とする分野でもあります。なので、自分で自己分析をするのではなく、第三者に自己分析をお願いし、客観的に判断してもらうことができます。

それには転職セミナーやイベントに参加して相談してみたり、WEB上の適性診断を利用してみたり、転職エージェントを利用するなどのさまざまな方法があります。

9、転職の軸となる譲ることができない条件を決めておくこと。

何かひとつ、転職をする上で譲ることができない軸を決めておくことができます。

それには人間関係や給与、残業の有無など自分が譲ることができないものを軸にすることができます。そうすることで、自己分析した点をしっかり根強くすることができ、転職後、後悔するようなことがあっても軸がしっかりしていることで乗り越えることができるでしょう。

10、キャリアが積み直しになることを覚悟して転職すること。

今まで数多くの実績や経験を積んできたとしても、新しい転職先では新人としてスタートから始めることになります。

それには自分よりも年下の人の指示に従うことも含まれます。ですから、プライドを捨てる覚悟で転職に臨む覚悟をすることが求められます。

後悔しない転職をするために転職エージェントを利用しよう!

Handsome smiling businessman over blue banner background.

個人で転職活動をするよりも、転職エージェント経由して転職をするほうが、転職を成功させる確率をアップさせることができます。つまり、後悔しない転職をする確率も高めることができます。

しかし、転職エージェントが沢山存在しているため、どこのエージェントを利用したらよいのか?と悩んでいる方も多くいます。

基本、転職エージェントは同時に複数利用することで効率よく転職活動を進めることができます。そうすることで、複数のキャリアコンサルタントの質を比較することができるからです。質の良いキャリアコンサルタントを選ぶことができれば、転職に後悔することを回避することができるでしょう。

では、どのように質の良いキャリアコンサルタントを見極めることができるでしょうか?

質の良いキャリアコンサルタントを見極める方法とは?

質の良いキャリアコンサルタントを見極めるためには、自分と相性が良く、信頼できるかどうかにかかっています。

信頼できるキャリアコンサルタントなら、自分の悩みをすべて打ち明けることができるので、デリケートな話でも躊躇なく相談することができ、それは転職の成功へとつながりるでしょう。

一方、質の悪いキャリアコンサルタントが担当になるなら、入社後後悔することになるでしょう。

信頼できる質の良いキャリアコンサルタントには以下のような特徴があります。

しっかりアドバイスをくれる。

Executive middle aged businesswoman sitting at desk in front of laptop and doing some paperwork while giving sales advice to her young assistant. Brainstorming at the office.

質の良いキャリアコンサルタントは、しっかりとした適確なアドバイスをくれます。

特に面接対策のサポートでは、どのような質問をしてくるか、過去の事例などを通してアドバイスしてくれるキャリアコンサルタントもいます。

また優秀なキャリアコンサルタントは転職希望者を客観的に分析する能力にも優れていので、転職希望者本人が考えてもいない職種や業種を勧めてきたり、強みを発見してくれたりします。しっかりとした明確な理由のもとに勧めてくるのならアドバイスを受けることができるでしょう。

ダメな場合は、はっきり教えてくれる。

優秀なキャリアコンサルタントは、応募しても受かる見込みがないような場合には、はっきりと教えてくれます。

また、実際に不合格だった場合もその理由や改善点をはっきり教えてくれます。不合格になった理由や評価なども包み隠さずに述べ、教えてくれるなら、次の面接へと活かすことができるので転職希望者にとってはプラスとなるでしょう。

企業と転職希望者のそれぞれの希望・要望を確認しフィットさせることができる。

キャリアコンサルタントの役割は、企業側の要求や応募条件と転職希望者の要求を確認して、双方がマッチするように紹介することです。

ですから、双方のヒアリングをしっかりできる人は優秀なキャリアコンサルタントです。そして、転職希望者に、ただ求人案件を紹介するだけでなく、キャリアプランの相談にものり、将来性も見越したアドバイスをくれます。

転職希望者が志望する職種や業界に精通している。

自分が希望する職種や業界に関する専門的な知識や経験を積んでいるキャリアコンサルタントなら、的確なアドバイスをすることができるでしょう。

それには自分では情報を収集することが難しいことも教えてくれます。

内定後、無理強いをしない。

転職エージェントは、転職希望者を就職させることで企業側から年収の約30%という高額な報酬をもらうことができます。

そのため、内定がでたらすぐにでも就職させようとするキャリアコンサルタントも中にはいます。しかし、優秀なキャリアコンサルタントは、本人の意思を一番尊重してくれるので、内定が出ても無理強いするようなことはせず、サポートしてくれます。

まとめ

入社してから転職したことを後悔しないために、事前に応募先企業についてしっかり調査するなどの時間をかけて準備することはとても大切です。

準備をするかしないかで、転職に成功するか、失敗するかが決まると言えるでしょう。転職を成功させるために、事前にしっかり準備をし、後悔することがないようできることは全てしましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事