手に職を付けたい!どんな職業や求人があるのか知りたい!

手に職を付けたい!どんな職業や求人があるのか知りたい!

子どもの頃や学生の時に、親や先生から「手に職を付けておくと将来役立つよ」とか、「手に職のある仕事に就きなさい」なんて言われたことはありませんか?「手に職を付ける」とは、「職業あるいは職能を自分のものとすること。あるいは仕事に就くための技能や資格を獲得すること」となっています。つまり専門的な技術やスキルを身に着けて、それを役立てられる仕事のことを、「手に職のある仕事」と言うということです。では実際に、「手に職を付けておく」ことにはどんなメリットがあるのでしょうか。実際におすすめな職業と求人の探し方を紹介したいと思います。

手に職を付けるってどんな意味?

Teacher And Pupils Using Wooden Shapes In Montessori School

子どもの頃や学生の時に、親や先生から「手に職を付けておくと将来役立つよ」とか、「手に職のある仕事に就きなさい」なんて言われたことはありませんか?

「手に職を付ける」というワードはよく見聞きするものですが、実際にどんな意味があるんでしょうか。

辞書を開いて調べて見ると、「手に職を付ける」とは、「職業あるいは職能を自分のものとすること。あるいは仕事に就くための技能や資格を獲得すること」となっています。

特に、世間や企業から必要とされ、自身の仕事に活かすことができる技能や資格を持つという意味で用いられることが多いようです。つまり専門的な技術やスキルを身に着けて、それを役立てられる仕事のことを、「手に職のある仕事」と言うということです。

では実際に、「手に職を付けておく」ことにはどんなメリットがあるのでしょうか。

手に職を付けることのメリット

Craftsman Artist Pottery Skill Workshop Concept

なんの資格やスキルを持っていなくても、誰でもできる仕事というのは、それほど報酬も高くはありませんし、昇進に影響する率も高くはないでしょう。

しかし、他の人は持っていない、いわゆる「手に職を付けた」専門的な資格やスキルを持った人であれば、その人にしかできない、より専門的な仕事を任されることも多いですから、報酬もその分高くなりますし、就職や転職の際の雇用にも有利に働きます。

手に職を持っていれば、引き抜きや昇進といったチャンスにも恵まれる機会は多いでしょうし、企業にずっと勤めていなくてもいずれ独立して開業するチャンスもできるでしょう。

経済状況がどんどん不安定になっている世の中で、手に職をもって少しでも安定した仕事に就いておきたいとか、より高い年収を得たいと考える人は増えてきています。

では、「手に職のある仕事」にはどんなものがあるでしょうか。また自分の持っている資格やスキルを役立てられる仕事をどのように探したら良いでしょうか。ここでは、そうした点を取り上げていってみたいと思います。

手に職を付けたい方のために☆おすすめの職業4選

手に職と言っても、職種や業種はさまざまです。技術を必要とする職業もあれば、専門的な知識を要する仕事もあります。人と関わり、生活により密着した職業もありますし、命に関係した仕事もあるでしょう。

それらすべてに共通していることは、仕事の種類がどんなものであれ「資格がないと就くことができない」ということかもしれません。

資格を取るというのは半端な気持ちでできることではありませんから、もし手に職を付けようと考えているのなら、自分の能力や性格なども考慮しながら、自分に本当に合っている仕事を探すというのは大切なことです。

それでは、手に職を付けられるおすすめの仕事を、いくつかの特徴で分けて取り上げてみたいと思います。

その① 癒し系の仕事

Female beautician in her new modern beauty and massage salon. Smiling and proud

誰もがストレスを抱える時代の中で、人の心を癒し、リラクゼーションを提供できる仕事の需要はますます増えてきています。全部を取り上げられませんが、安定性や需要の面を考えて特におすすめできる職業をご紹介します。

○エステティシャン・マッサージ師

男女関わりなく、健康な体作りや心身の癒しに関心を持ち、マッサージやエステを受けに行く人は増えています。

マッサージといっても指圧や針灸、あん摩マッサージなど、種類はさまざまですが、いずれも自分の体一つあればできる仕事なのでトライしやすいですし、技術や経験を積むことでいずれは独立もしやすい職業でもあります。

エステティシャンという職業は、ボディケアやフェイシャルケア、脱毛や痩身といった、身体すべての美容に携わる職業です。美容に関心を持っている方にはぜひおすすめしたい仕事です。

どちらも、平均すると年収300万円~400万円ほどと言われていますが、経験を積んだり、独立開業することで収入アップは必ず見込める仕事でしょう。

○セラピスト・アロマセラピスト

セラピストは、治療院やサロンなどで、治療や療法を目的とした癒しを与える仕事です。アロマセラピストは、香りによるリラクゼーションを提供し、ストレス解消を促していく療法です。

どちらも民間の資格だけにはなってしまいますが、特に専門学校や大学に行かなくても、通信講座などを利用して気軽に取得できる資格ですし、自宅で開業することもできるので、なにか手に職を付けたいと考えている方におすすめできる仕事となっています。

その② 技術職の仕事

beauty salon, the girl makeup and styling in the salon, hairdressers and make-up artist, Concept for personal care and beauty

技術職というのは、一つのものや事を作り出していく職業、と大まかに言えるでしょうか。代表的なものを取り上げてみます。

○美容師・理容師

どちらもヘアカットや、パーマカラー、シャンプーやヘッドスパなど、頭部に関係する施術を行なう職業です。

美容師や理容師は、仕事内容や時間を考えると、手に職のある仕事の中ではそれほど収入の良い仕事ではありません。年数や技術力が収入に大きく影響する職業でもあります。平均すると月20万前後、年収にすると250万円ほどとも言われています。

それでも人に感動や喜びを与える、夢のある職業として根強い人気がありますし、昇格や階層のある職業ですから、収入アップも頑張れば見込めます。一定の技術や経験を積んで、独立してお店を持つ人も多いです。

国家資格になるので資格を取るためには、美容の専門学校に行くなどして国家試験を受ける必要があります。

○医師・薬剤師・看護師

人の生命にかかわる、より専門的な知識を必要とする職業でもありますし、技術はもちろんのこと、特に医師や看護師はコミュニケーション能力も重要になってくる仕事でもあります。

すべて国家資格となっており、国家試験に合格しなければ就けない仕事です。薬剤師であれば、薬学部などの大学で6年の養成課程を修了することが必須ですし、医師になりたいなら医学部で資格を取得する義務があります。

知識も技術も必要とする、手に職のある仕事の中でも誰でも就ける職業ではありませんが、それだけやりがいと高収入も望める仕事でもあります。

その③ ウェブ・IT関連の仕事

Program development concept. Young man working with computer

ネット社会になり、IT関連の仕事の需要はどんどん増えています。また、ネットやパソコンなど、仕事環境さえ整っていれば、自宅でも気軽にできるので、会社勤めが苦手だという人などにも人気です。

○ウェブエンジニア・プログラマー

ウェブエンジニアというのは、ウェブサイトのアプリケーションの開発を行なったり、ウェブサイトの設計や運営、管理に携わる職業のことを言います。それに対しプログラマーは、プログラム言語を使ってプログラムを作成したり、システムを開発します。

詳しい違いは素人にはよく分かりませんが、IT系といっても仕事内容にそれぞれ違いがあるようですね。

IT業界はどんどん進歩しており、技術はどんどん進歩していきます。それに合わせて、より新しい情報や技術を開発する人が必要とされています。

あると役立つ資格の中には、「基本情報技術者試験」とか「応用情報技術者試験」「ITパスポート」といったものがあります。

より高い年収を見込める業界で、企業によっても違いはありますが、新卒でも500万円以上を見込める企業も少なくないようですよ。

○ウェブデザイナー・グラフィックデザイナー

ウェブデザイナーは、サイトやホームページを作成したり、デザインを考えるのが仕事です。専門学校で学ぶ人もいますし、通信講座などを活用して独自で資格を取得することも可能です。

企業に勤める人もいますし、フリーランスで働くこともできます。もちろん仕事を安定してもらうまでに時間はかかるとは思いますが、その分仕事のやり方を自分で決められるので、女性にも人気の職業です。

グラフィックデザイナーは、主に新聞や広告、雑誌や書籍の表紙やポスターなどのデザインを手がけます。ネット上か紙面上かという違いですね。

広告代理店とか、商品開発部のある企業で働くことができます。資格は特に必要とされないものの、デザイン系の専門学校でスキルを学ぶ人が多いようです。

中小企業でも400万円前後の年収、大手になると1000万円以上の収入も見込める仕事です。

その④ 頭脳系の仕事

Scales of justice on wooden table and female lawyer on background

専門的な知識を学ぶ必要のある職業をご紹介します。医師や薬剤師もこちらにも適用できるかと思いますが、先ほど技術職で取り上げたのでここでは取り上げません。

○司法書士・行政書士

司法書士というのは、委託されて裁判所や、検察庁、法務局などに提出する書類を作成し、登記や供託に関する手続きを代わりに行なう人のことを言います。主に法律に関わる書類を作成する仕事です。

それに対し行政書士とは、法務局以外の官公庁に提出する書類を代わりに作成したり、提出手続きを行ないます。

会社や法人の設立や開業、遺言や相続に関する手続き、自動車関連の手続きなど、人々の生活全般に関わる重要な役割を果たします。

どちらも国家資格を要する職業で、それえぞれ司法試験の次に取得が難しい資格であると言われています。司法書士の合格率はわずか3%、行政書士は5%とも言われています。

それでも誰でも取るのが難しい資格でもあるので、それだけ収入は高くなります。司法書士は年収1000万円を超えている人もいますし、行政書士も平均500万円を見込めるようです。

○ファイナンシャルプランナー

最近よく聞かれるようになった職業ですが、どんな仕事をする人かというと、簡単に言うと「人々の暮らしとお金」に関する相談を受ける仕事です。

クライアントのライフスタイルに応じて適切な資金運用のプランを立て、その目標や計画を実現達成できるようにアドバイスを行ないます。家族構成、収入や支出、資産や負債、保険など、すべてのデータを元にプランニングを行なうのです。

ファイナンシャルプランナーの働き場所は色々あります。銀行や保険会社、証券会社、保険代理店、不動産やIT関連の企業などです。

どこで働くかによっても変わってはきますが、年収300万円~600万円が平均年収となっています。

「ファイナンシャルプランニング技能士」と呼ばれる国家資格が必要になります。司法書士や行政書士の資格取得に比べると、取りやすい資格として人気のようです。

手に職のある仕事の求人探しに役立つサービスとは

Ethnicity Business People Searching Job Search Recruitment Concept

「手に職のある仕事」といっても、さまざまな種類があることがお分かりいただけたと思います。いずれにしても、資格が取れたなら次は求人探しになってきますよね。

今は転職サイトなどを利用すれば、簡単に求人情報を見つけられる時代になってきました。そうした転職サイトを通して求人を探す方は多いことと思います。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

しかし、自分の持つ資格を必要としてくれる企業を独自で見つけるのは、なかなか難しいことです。自分の能力やスキルを客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。

そんな方にぜひおすすめしたいのは、「転職エージェント」と呼ばれるサービスを利用する方法です。

転職サイトの場合だと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでを、すべて自力で行なわなければなりませんが、転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいながら、求人探しを進めていくことができます。

では、転職エージェントをどんな手順で利用し、仕事を探していくことができるでしょうか。

転職エージェントの利用方法

Attractive African businessman in glasses and suit holding papers, showing presentation of his project to cheerful business partner, who smiling happily, supporting his idea with positive gesture

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験、スキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらいます。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい企業が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

手に職のある仕事は専門性の高い仕事が多いですから、大手の総合エージェントに加えて、ITやWeb業界、エンジニアやクリエイター専門など、自分の持つ資格に沿った仕事に特に特化しているエージェントに依頼することをお勧めしたいと思います。

まとめ

Montage about different professions

景気が安定しない現代社会の中で、企業から必要とされる人材になるために「手に職を付けたい」と願う人は増えています。そして、そうした手に職を必要とする職業の需要が増え、人気を集めているのも事実です。

自分に合った「手に職」を見つけて、それを仕事にしてみるのはいかがでしょうか。求人探しに役立つさまざまなサポートも積極的に活用してみましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事