【技術者派遣会社の仕事】求人の探し方や給料・待遇を見てみよう!

【技術者派遣会社の仕事】求人の探し方や給料・待遇を見てみよう!

派遣雇用の中でも技術派遣は、専門的な知識を持った人が働ける職種です。派遣雇用で働くには派遣会社に登録して、仕事を紹介してもらう必要があります。派遣先企業と直接雇用契約できず、派遣会社と派遣先企業が労働者派遣契約を結びます。

技術者派遣会社での仕事の特徴と種類

In System Control Center Technical Support Specialist Speaks into Headset. His Colleagues are Working in the Background in a Room Full of Screens.

技術派遣の仕事内容は多岐に渡りますが、IT系の会社でシステムの開発に携わるシステムエンジニアやサーバーやネットワークの構築や管理に携わる仕事、CADなどがあります。技術派遣の雇用はIT業界で大きく拡大しています。どの会社も人材確保に必死ですから条件の良いところを選ぶことができるでしょう。

特にIT業界の特徴としてプロジェクトベースで仕事が行われます。技術派遣は短期間で雇用することができるため、雇う会社にとってもメリットがあります。技術派遣の仕事は、需要の高まりから賃金が高くなり、短期間で高収入が得られる仕事として魅力があると言えるでしょう。

技術派遣は自分に合った職場を選ぶことができます。自宅から近い場所で通勤時間が短い場所、勤務時間も希望を伝えることができるためフルタイムで働くことが難しい人とっても柔軟に対応してくれるため働きやすいと言えるでしょう。

そして、仕事内容もある程度選ぶことができるため得意分野を活かして働くことができます。正社員に比べて自由度の高い仕事ですから、いろいろな会社で仕事をして技術面でスキルアップすることも可能です。同じ仕事を長期行なう正社員に比べて大きなメリットと考えることができます。

また、短期間で多くの会社に雇用されることによって人脈を広げることができます。多くの人と知り合えることによって、なにか困ったときには相談することもできます。技術系の仕事は人脈が広いと有利になりますから、メリットの多い働き方ということができるでしょう。

また、契約締結を行なった労働条件が実際に異なっていたり、契約外の新しい業務が依頼されるケースは少なくありません。なるべく穏便に対応したいと思ったとしても、個人で企業と交渉するのはなかなか難しいですが、トラブルの対応を会社に任せることができますし、困ったときには相談することも可能です。

派遣雇用と聞くと何だか不安定なイメージがありますが、各派遣会社が手厚いサポートをしてくれます。ただし、若いうちは気軽に働けて好都合ですが、ある程度年齢を重ねると正社員の方が魅力的になるケースもあります。技術派遣を続けていくならキャリアを積んで高収入のエンジニアを目指すようにしましょう。

正社員型派遣という就業形態もあります。正社員として他社に派遣される業務形態です。これは派遣社員の3年縛りに対応するために派遣会社が考えたもので、派遣会社の正社員になって他社への出向という形で働くことになります。正社員になれるので、派遣よりも安定感がアップして安心して働くことができるでしょう。

派遣先からいきなり解雇されたとしても派遣会社の正社員なので、給料をもらえるという安心感があります。余裕をもって次に職場を探せるメリットのあるでしょう。福利厚生も充実していますから、結婚後も安心して働くことができます。しかし、一社に没頭して長く務めることはできませんし、派遣先の経営状況によって打ち切りになることもあるでしょう。

派遣業界の約2割を占めていると言われている技術派遣の最大のメリットはリストラがないことです。正社員で働いていても、会社の経営状況が悪くなれば何百人単位でリストラされます。もし、派遣先の会社がリストラを行なったとしても、技術派遣なら別の会社に移動して働くことができます。

多くの仕事を手掛けることになりますから、最先端の技術を学んで活かせると評判がいいでしょう。ただし、キャリアアップをしていかないと年収が少なくなったり、待機時間が長いと生活が困難な状況になってしまいますので、向上心をもって仕事に取り組む姿勢が求められています。

派遣会社をきちんと選び、契約を終了したらすぐに仕事が始められる環境で技術派遣の仕事ができるようにすることが望ましいでしょう。しかし、スキルや経験が評価されるだけでなく、人となりやコミュニケーションスキルなど「人間力」も求められます。周りとの円滑な関係を取ることにも努力をしていきましょう。

必要な価値あるノウハウに加えて、複合的な技術領域をカバーすることによって、プロジェクトにマッチした人材として評価されるのであれば、数多くの企業からのオファーを受けることも可能になるでしょう。

技術派遣の平均年収・給料

A man and a women hands hold a money bags in the public park for loans to planned investment in the future concept.

技術派遣の平均年収や給料は400~500万円の間位と考えられます、年収や給料はキャリアや職種によって大きく変わり、年収1000万円以上稼ぐ人もいれば400万円に届かない人もいることでしょう。専門性の高い分野で働く人は、派遣料金が高くなる傾向がありますが、馴染みやすい職種は平均年収が低くなるという傾向にあります。

また、同じ職種でも一般派遣よりも特定派遣の分野が年収が高いでしょう。年収が高くなると責任も重くなりますが、やりがいを感じることができる技術派遣の仕事に就くことができるのは意欲につながります。ステップアップを目指して転職を繰り返すこともできるのが技術派遣のメリットでしょう。

効率よく年収をアップさせるには、技術派遣の中で得意分野を見つけることです。より専門的な分野にチャレンジすることによって専門性の高い職種で働き、チームリーダーとして人をまとめる能力を持ち合わせているのであればより活躍することができるでしょう。

派遣エンジニアとして取得しておくと良い資格

技術派遣で働く人はキャリアの長いエンジニアを思い浮かべますが、大学を卒業したばかりの新入社員も技術派遣の道を選びます。技術派遣ですので、「3次元CAD」「組み込みソフトウェア技術」「CAE]「インバータ」「高周波回路」の技術力に力を入れていくと良いでしょう。

複数の派遣エンジニアからの応募があった場合は、スキルや経験に大きな差がなければ資格保有者を優先的に受け入れる企業が多いです。また、企業が仕事の入札を行なう場合は、要件に特定の資格を持っている人がプロジェクトのアサインされていることが含まれていることも多くあるでしょう。

資格を持っていると正社員雇用されやすくなったり、フリーランスとして独立したときに応募できる案件も増えるので、エンジニアが資格を取得することには大きなメリットがあります。エンジニア向けの国家資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

基本情報技術者試験(FE)

young it engeneer business man with thin modern aluminium laptop in network server room

はじめてエンジニア向けの国家資格にチャレンジする方は、まずはこの基本情報技術者試験からチャレンジしてみましょう。試験名に「基本」とついていますが、なかなかあなどれません。基本情報技術者試験の対象者像は「高度なIT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者」とされています。

ITエンジニアとしてのキャリアスタートに位置づけられた試験です。エンジニアが持つべき知識を広くカバーしており、合格率も2~3割となっていますので、それなりの難易度を誇っていると言えるでしょう。

応用情報技術者試験(AP)

基本情報技術者試験の次に受験する方が多いのが、この応用情報技術者試験です。基本情報技術者試験と比べて難易度が大幅にアップしている原因としては、記述式の試験があるところです。マーク式ならなんとなく覚えていて正解することができますが、記述式では本当に理解できていなければ答えることができない難しい問題が多く出題されます。

応用情報技術者試験は広く浅く問われる内容となっており、広範囲の知識が問われるまさにSE向けの資格ということができるでしょう。入札条件などに役立つ場面も多い資格ですので、合格率は2割ほどですがもっておくと有利な資格と言えるでしょう。

システムアーキテクト試験(SA)

最近特に重視されている、システムアーキテクトの知識と技能に特化した試験です。システムアーキテクトは情報システムや組み込みシステムのグランドデザインを設計し、完成に導く上級システムエンジニアのことです。

合格率15%以下とかなりの難易度ですが、システムアーキテクトは現在非常に需要が多いため、本資格を持っている方は高単価の仕事を狙いやすいと言うことができるでしょう。

ネットワークスペシャリスト試験(NW)

Job Search Career Recruitment Occupation Career Concept

こちらはネットワーク技術に特化した試験となっています。企業のITインフラに欠かせない、ネットワークに関する企画や要件定義から構築、保守運用まで幅広くカバーされており、そのスキルだけで高収入を得ている方も多数存在します。

ネットワークスペシャリスト試験はかなりの高難度の試験となっており、独学での合格が難しい方のための講座や通信教育が多数開講されていますので、活用することもできるでしょう。合格率は10%を切っていることからも難易度が高いことが分かりますね。

データベーススペシャリスト試験(DB)

すべてのITサービスに欠かせない技術である、データベースに特化した試験です。かつてはほとんどがRDBMS(リレーショナルデータベースマネジメントシステム)に関する出題ばかりでした。

しかし、近年ではNon SQLデータベース(近年登場したSQLを使用しない高速のデータベース)に関する出題もされるようになってきており、その奥深さは増しつつあります。合格率も10%程度となっていますので、難易度が高いことが分かるでしょう。

転職技術派遣会社人気ランキングTOP3

技術派遣会社はとても多いですが、中でも人気があるトップ3をご紹介します。どのような特徴があるのかを見ておきましょう。

第1位「パーソナルテクノロジースタッフ」

パーソナルテクノロジースタッフ

persol-tech-s.co.jp

テンプスタッフグループのエンジニア専門の派遣会社です。約8割のエンジニアが月収40万円以上もらっており、中小のベンチャーやスタートアップ企業地、未経験でも働ける求人が充実していることが特徴です。

主に紹介予定派遣、特定派遣を取り扱っていますのでエンジニア未経験でも働きやすいように説明会を開いて受け入れています。エンジニア派遣に力を入れている会社なので、非公開の求人を求めて3,000件以上の取り扱いがあります。

また、パーソナルテクノロジースタッフは、報酬の高さに定評があり高額時給の仕事を紹介してもらえてうれしいとの口コミもあります。福利厚生も充実しており、資格試験に合格すると最高9万円の補助を受け取ることもできます。

第2位「パナソニックエクセルスタッフ」

パナソニックエクセルスタッフ

persol-hrpartners.co.jp

パナソニックグループの人材派遣会社です。一般派遣、紹介予定派遣、エンジニア派遣があります。中でも、1年更新型エンジニアは、通常は県と異なり契約が終了しても期限内であれば、給与が保証される新しい派遣スタイルです。一般派遣と異なって交通費の支給もあります。

また、福利厚生やスキルアップの支援制度も充実しています。パナソニック健康保険組合に加入することができ、通常より大幅に安い保険料でサポートしてくれます。各種優待施設の割引利用や、技術系の講習集会受講料が最大24万円までキャッシュバック可能です。

資格取得一時金も支給されますから、登録したらどんどん活用してスキルアップを目指していきましょう。大手の派遣会社ですから、技術派遣者が働きやすい制度が最も整っているでしょう。

第3位「アデコエンジニア派遣」

アデコエンジニア派遣

www.tbrain.adecco.co.jp

世界最大級の人材総合サービス企業です。アデコのエンジニア部門では一般派遣も扱っていますが、エンジニア未経験者の派遣も積極的に受け入れています、初めて技術派遣で働く人におすすめです。

テクノブレインが、技術派遣で働く人のサポート体制が整っています。スキルアップをできるように、資格取得時には一時金が支給されたり、キャリアアップスクールもあります。そして、福利厚生も充実した内容で、健康診断やフィットネスなどの優待もあります。

仕事に悩みがあるときには、サポートダイヤルやキャリアカウンセリングを利用して話を聞いてもらうことができます。技術派遣でも安心して働くことを望んでおられる人におすすめの会社と言えるでしょう。

技術派遣会社への転職事情や求人の探し方

African man browsing work opportunities online using job search computer app, black jobless seeker looking for new vacancies on website page at laptop screen, recruitment concept, rear close up view

派遣で仕事を探すうえで注意しておきたいことは、派遣社員は正社員よりも雑に扱われやすいということは覚悟しておく必要があるでしょう。福利厚生やその他の優遇を大切にしたいと考えているのであれば、転職先を選ぶ前に注意して評判などを調べておくことができるでしょう。

また、登録サイトのスタッフとのコニュニケーションも大切です。自分が希望する転職先の条件を細かく整理しておき、スタッフに正確に伝えることができるかによって自分に合った仕事を探せるかどうかが変わってきてしまいます。

どんなに案件数が豊富でもサポートがしっかりしているサイトに登録できたとしても、自分の意思をしっかり伝えなければ、登録先を選んだ意味がありません。「自分が何を優先したいのか」「どのような働き方がしたいのか」きちんと考えてから転職先を探すことができるでしょう。

技術派遣を続けていくことによって高収入を得ることを考えるのであれば、登録会社いついてよく調べることや自分に合った職種を見つけていくことが大切と言えるでしょう。先程、派遣登録会社を3つご紹介しましたがそれぞれの会社の求人には必要な資格や経験についても載せられていますので、よく精査してみることをおすすめします。

その他にも、スタッフサービス「エンジニアガイド」は大手の派遣会スタッフサービスグループで、IT系に特化した国内最大級の派遣会社です。

リクルートグループの一員なので、取引先は上場企業&優良企業が中心で安心です。人気の残業月10時間以内案件や時給2,500円以上、長期、紹介予定派遣、時短など好条件な派遣求人が多いのが特徴です。コーディネーターへの口コミ評価も高く、IT・エンジニア・技術者の派遣にはお勧めの派遣会社のとして挙げられていますので、ご覧になってみてください。

ヒューマンリソシアはヒューマングループの運営する大手総合人材派遣会社です。エンジニア、技術者向けの派遣に強く、三菱電機、日立、NTT、ソフトバンクなど、メーカー・通信系大手に強いことが特徴です。スキルアップ支援が充実していて、奨学制度、講座が充実しています。

資格や技術を効果的に活用してさらにスキルアップを図り、自分にあった仕事を見つけてより多くの人と接する機会を通してコミュニケーション力を向上させるなら、さらに自分にあった求人を登録スタッフから紹介していただけることでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事