【放送業界の仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

【放送業界の仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

放送業界の仕事には、企画、撮影、編集をするだけでなく、作成する映像物が多くの視聴者に見られるようにするための告知宣伝なども含まれており、多岐に渡るという特徴があります。 放送業界への転職や就職を考えている人、興味を持っている人の役に立てればと思います。

放送業界の仕事の種類や特徴とは?

ブロードキャスト(放送)

放送法によると、放送とは「公衆によって直接受信されることを目的とする電気通信の送信」と定義されています。放送は、基幹放送と、一般放送に区分されており、無線電波を使用する放送を基幹放送、それ以外のものが一般放送となります。

送信方法の違いによって分類されますが、地上テレビ放送の中には、NHKや、民間地上テレビ放送があります。衛星放送は、BS、CS放送があり、有線放送は、ケーブルテレビ、CATVがあります。そして、IP放送は、IPTVがあります。地上テレビ放送の一つであるNHKの収入源のほとんどは、受信料で賄われています。

民間放送は、5つありますが、その中には、日本テレビ放送、フジテレビジョン、TBSテレビ、テレビ朝日、テレビ東京があります。日本テレビは讀賣新聞、フジテレビジョンは産経新聞など、テレビ放送業界においては、新聞社との結びつきが強いものがあります。近年、放送業界はテレビやインターネットなどにより、環境が変化してきました。

これからは、定額動画配信サービスにより、放送業界の競争が激しくなることでしょう。テレビ放送局の仕事は、放送部と技術部、それ以外の部署に分かれています。放送部は、番組を企画するディレクター、プロデューサー、アナウンサー、記者が所属しています。放送部は、テレビ番組制作の仕事のため、忙しいですが、やりがいを感じることができる仕事と言えるでしょう。

技術部は、カメラマンや音声スタッフ、照明スタッフなどテレビ番組を放送するための技術的な仕事をするのが仕事です。それ以外の部署の中には、営業の仕事もあります。営業は、スポンサーになってくれる会社を探し、交渉するのが仕事です。NHKの場合、受信料を支払う方や団体と交渉することが求められるでしょう。

また、編成の仕事は、放送のタイムテーブルを作成します。また、一般企業と同様、人事や経理、広報といった部署で仕事する方もいることでしょう。

テレビプロデューサーの仕事

テレビプロデューサーは、番組の最高責任者であり、ディレクターを監督し、すべての決定権を持っています。テレビ制作の予算の設定や管理、スポンサーの交渉、出演者の交渉など仕事が広範囲にあることでしょう。

テレビ番組を製作する際は、テレビプロデューサーは、ディレクターなどと一緒に会議を開き、企画を検討します。その後、プロデューサーにより番組を管理する部署や、上層部の方たちに企画を提出します。承認が得られれば、製作が始まります。民法放送の場合では、番組にスポンサーがつくことにより収入が得られ、予算内にお金を配分しなければなりません。また、スポンサーに納得させる番組企画でなければならないでしょう。

そして、放送作家や演出家との打ち合わせも欠かせません。さらに、タレント事務所に出演交渉も行います。このように、テレビプロデューサーは、全体をいつも把握し、ディレクターと番組を作り上げていくことになるでしょう。テレビプロデューサーの仕事は、多くの方たちとコミュニケーションをしながら自分の番組を作り上げていくため、コミュニケーション能力が求められます

テレビディレクターの仕事

テレビディレクターは、テレビ番組作りを進めていく役割があり、製作現場における責任者です。テレビ番組を作成する際は、企画会議をし、台本や出演者を決定したり、脚本家や放送作家と打ち合わせをします。

演技指導やカメラ割り、照明や音響、美術、小道具や大道具などの製作スタッフを指揮していくことになるでしょう。自分のイメージに合わせてスタッフに指示を出して番組作りをしていきます。ドラマの場合は、役者への演技指導も行っていくことになります。そして、収録した後の編集にも携わります。

私たちが目にするテレビ番組ですが、テレビ番組企画は、ディレクターによって異なる番組に仕上がります。カメラのアングルや、照明の当たり方などにより、印象が変わるからです。このように、テレビディレクターは、テレビ放送によって重要な役割を果たします。

テレビディレクターを補佐する「アシスタントディレクター」は、ディレクターの手足となって動きます。電話やお弁当の手配、素材探しなど、あらゆる雑用をこなします。ディレクターひとりでは、スタッフの細かな指示をすることができません。そのため、アシスタントディレクターは、ディレクターの手の回らない仕事をします。

優秀なアシスタントディレクターは、スタッフや出演者が困っているならば、すぐに気が付き対応します。そうするならば、ロケをスムーズに進めることができます。ですから、アシスタントディレクターは、周りをよく観察して気が付いた点があれば、その場で臨機応変に対応できる方が向いていると言えるでしょう。

放送作家・シナリオライターの仕事

放送作家は、台本や脚本、ナレーション原稿等、番組全体の台本を書くのが仕事です。放送作家は、構成作家とも呼ばれます。テレビ番組のドキュメンタリーや、バラエティー、音楽番組などには、台本があります。

その台本やナレーションを書いているのが、放送作家です。台本やナレーションを書くためにまず、企画を考えます。その企画をプロデューサーやディレクターと一緒に参加し、企画会議で提案します。

それから、会議で決まったことを企画書にまとめます。そして、台本を書きながら制作現場のスタッフと打ち合わせをし、番組の場面設定やセリフ、ナレーションを考え、台本を完成させていきます。放送作家は、面白いと思ってもらえるような台本を書くことが求められるため、発想力がある方が向いていると言えるでしょう。

アナウンサーの仕事

アナウンサーは、世の中で起きている情報を言葉で分かりやすく伝えるのが仕事です。ニュース番組は、準備されている原稿を正確に読み、扱っている内容が視聴者に伝えることが求められます。

そのためには、読む原稿をよく練習をし、内容を把握する必要があることでしょう。アナウンサーの仕事は、イベントの司会やレポーターの仕事、試合の状況中継などを務めることがあります。収録する時もあれば、生放送の時の時もありますので、その時に応じて時間内に番組を進行することが求められます。

特に生放送の場合、失敗できないため、緊張感を感じる中で仕事をすることになるでしょう。アナウンサーの採用試験は、毎年数千人も応募する方がおり、難関と言われています。アナウンサーは、テレビ放送局に勤務する方や、フリーで活動する方がいます。

放送業界に転職するのに必要な資格とは?

放送業界の社員になるために必要な資格は特にありませんが、学歴など応募条件があるため、確認すると良いでしょう。

ディレクターなどの場合、経済・金融に関連する資格があるならば、得意分野を活かした仕事をすることが可能です。技術系の仕事の場合、無線技術士などの資格が必要になる場合がありますが、転職後に試験を受けることが多いようです。

また、アナウンサーの仕事の場合、TOEICや英検など語学力を証明する資格や、漢字検定が役に立つことがあります。そして、正しい発音で朗読できるスキルなどのアナウンス能力は大切なため、アナウンススクールや研究会などで勉強すると良いでしょう。

放送業界の会社を見てみよう!

放送業界

放送業界の会社にはどんなところがあるのでしょうか? 私たちの身近なテレビ放送の中でも有名な会社を見ていきます。放送業界に転職する前に、放送業界の情報を収集するならば、役立つことでしょう。

NHK

NHK(日本放送協会)は、公共の福祉のために良質の放送を全国に届けることを目的としており、収入の大半が受信料で成り立っています。NHKは、番組制作費が多く、子会社・関連企業も多くあり、日本のメディア放送の中心的な存在感があります。

スポーツ系の放送に特化しており、独自の撮影スタイルが存在します。

日本テレビホールディングス

日本テレビホールディングス株式会社は、日本の認定放送持株会社の一つです。2012年10月に日本テレビ放送網が商号変更、会社分割しました。日本テレビは、1953年に民放テレビ局として初めて放送を始め、今に至っています。

東京放送ホールディングス

株式会社東京放送ホールディングスは、日本の認定放送持株会社であり、TBSグループの統括会社です。東京放送の前身は、首都圏の地域のラジオ局のラジオ東京です。1955年に開局しました。

フジ・メディア・ホールディングス

株式会社フジ・メディア・ホールディングスは、日本のメディア・コングロマリットのフジサンケイグループの事業を統括する持株会社になり、日本で最初に認定放送持株会社になりました。フジテレビは、ラジオ局のニッポン放送や文化放送が中心となって設立し、1959年に開局しました。

テレビ朝日ホールディングス

株式会社テレビ朝日ホールディングスは、日本の認定放送持株会社の一つです。2014年4月に株式会社テレビ朝日が商号変更、会社分割をして改組しました。テレビ朝日は、日本テレビやTBSの後の1959年に開局しました。

WOWWOW

株式会社WOWWOWとは、日本を放送対象地域とした衛生基幹放送事業者のことです。1990年、日本で初めて有料放送をする民法衛星放送局として開局しました。フジ・メディア・ホールディングス、東京放送ホールディングスの持分法適用関連会社になります。

放送業界の仕事の転職事情と求人の探し方

放送業界の転職事情を見てみましょう。テレビ放送局の採用は、新卒採用が中心ですが、最近では中途採用をしているところもあります。地方局で働いていた方が、キー局の中途採用で転職する方がいます。また、民法放送局の方がNHKへ、NHKから民法放送局へと転職するケースも出てきています。

さらに、新聞社、出版社で働いていた方などが中途採用で転職する方も多くあるため、キャリアアップを目指すことができます。近年、異業種からの転職も受け入れているテレビ放送局もあります。幅広い知識や発想力を必要としているからです。そして、テレビ放送局は、インターネットで動画を配信するサービスを展開しています。

そのため、放送業界が未経験だとしても、IT関係の仕事をしている方は、転職しやすいかもしれません。

「マイナビ転職」

マイナビ転職

掲載されている求人の80%以上が マイナビ転職のみに登録されているので、競争率の高い若手の転職希望者にオススメの転職サイト!

マイナビ転職とは、常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトのことです。マイナビ転職には、転職マイコーチというコンテンツがあり、専任のアドバイザーがついてくれて個別にサポートをしてくれます。放送業界など、自分の要望に合った求人を紹介してくれますし、面接のアドバイスをしてくれることでしょう。

さらに、履歴書の添削も行ってくれます。マイナビ転職は、第三者機構評価ナンバーワンに選ばれるほどの正社員の転職情報を持っています。マイナビ転職でしか見ることができない求人情報が載っていることもありますので、自分の希望に沿った放送業界の仕事の求人を探すことができることでしょう。

「BIZREACH」

BIZREACH(ビズリーチ)

通常の求人サイトと同じ機能に加え、登録することでヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる年収600万円以上のハイクラス転職に必須の転職サイト!

BIZREACH(ビズリーチ)とは、株式会社ビズリーチが運営している管理職や専門職向けのハイクラス転職サイトです。BIZREACH は、大手企業や外資系企業などの転職を目指す方向けの転職サイトと言えるでしょう。

BIZREACH は2009年から運営しており、経営幹部、幹部候補、次期社長などの募集の求人を扱っています。年収1,000万円以上の公開求人が1万件以上あります。テレビ放送や映像、音響などの転職情報も扱っています。

「エン転職」

エン転職(en)エンジャパン

5,000件を超える求人数があり、そのうちエン転職にしかない案件は約80%と独自案件も数多く取り揃えている高頻度で更新されるので情報の鮮度も高い転職サイト!

エン転職とは、日本最大級の転職情報数があるエン・ジャパンの転職サイトになります。毎週2回月・木曜日に更新されるため、情報も新鮮です。取材担当者が求人企業を取材し、口コミ情報や他の情報を掲載しています。

そのため、自分が希望する放送業界の求人を検索することができるでしょう。女性のための転職・求人情報を探すことができる「エン転職WOMAN」などもあります。会員登録するだけで、応募先企業の面接内容が事前に知ることが出来る「面接対策レポート」などのサービスを利用することが可能です。

「ハローワーク」

ハローワーク

www.flickr.com

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している職業安定局のことを言います。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、放送業界の仕事を探している人に最適です。

現在では、ハローワークインターネットサービスを行っており、家にいながらハローワークの求人情報を検索することが可能です。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

求人検索や企業への応募だけでなく、経歴を登録しておくと、興味を持った企業や400社を超える提携転職エージェントからオファーが届くこともある、転職活動におススメの転職サイト!

リクナビNEXTは、転職者8割が利用している転職サイトです。リクナビNEXTでは、Web上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや便利な機能が充実しています。

さらに、リクナビNEXTでは、求人検索や会社への応募ができるだけでなく、経歴を登録しておくならば、興味を持った会社などからオファーが届くこともあります。非公開の求人もありますから、放送業界の転職にもおすすめです。

これらのように、インターネットのサイトを活用すれば、放送業界の求人は手軽に見つかることでしょう。

放送業界の仕事を探すならば「転職エージェント」

リクルートエージェント

すでに30万人以上の転職を成功させた実績を持ち、その転職成功実績も業界第1位!常に10万件以上の非公開求人を保有している必須の転職エージェント!

求人サイトに登録することにより、転職することは可能ですが、転職エージェントを活用することをおすすめします。「転職エージェント」は、人材紹介会社と呼ばれることもあり、無料で登録できます。

一人での転職活動は、企業情報の収集や、待遇の交渉などに限界が生じます。自分が思い描いていた企業とは異なる可能性も生じることでしょう。しかし、転職エージェントであれば、それぞれのキャリアと意向に合わせて適した放送業界の会社をセレクトしてくれます。

転職エージェントの利点

転職エージェントに登録するならば、求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートし、アドバイスしてくれることでしょう。また、転職エージェントは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。

それぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することが大切です。転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録すると良いでしょう。転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在します。そのため、自分が希望する放送業界の仕事について公開されていない会社も教えてくれることでしょう。

自分一人で転職活動をするよりも、より満足した転職活動をすることが可能です。転職する際には、転職エージェントを活用してみるのはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで放送業界についてまとめてきましたが、異業種からの中途採用も積極的に募集している会社も増えてきています。

IT系に特化した転職サイトでも編集・ライターを募集しているところも増えつつあります。

テレビ離れが進んできている現状モバイル端末で見ることができるインターネットでの動画配信サービスを利用する所が増えつつあります。より良いサービスを提供する形は、放送業界の配信先を変更するだけで広いユーザー層に楽しんでもらえるものとなるようです。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事