【教育関連の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

【教育関連の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

教育関連の仕事には、予備校や塾、通信教育など教育サービスの提供をする仕事が含まれています。講師として仕事をしたり、講師のサポートをしたり、事務の仕事を担当する場合もあります。教育に関する仕事は子供たちがいる限りなくなることはないので安定した職業といえますし、講師として有名になれば人並み以上の収入を得ることも可能になるでしょう。では、そんな教育関連の仕事についての詳細をさらに取り上げてみましょう。特徴や求人の探し方について紹介していきます。

教育関連の仕事の種類や特徴について

education, high school and people concept - happy smiling young indian woman or teacher in glasses over classroom background

教育関連の仕事には、予備校や塾、通信教育など教育サービスの提供をする仕事が含まれています。講師として仕事をしたり、講師のサポートをしたり、事務の仕事を担当する場合もあります。

予備校の講師は、自分の担当する科目の授業をわかりやすく教えるように努めます。勉強のやり方を教えたり、進路についての相談を受けたりすることはあるかもしれませんが、学校の先生とは異なり、基本的には生活指導を行なうことはありません。いかに志望校に合格させるための受験指導を上手に行なえるかが問われる実力主義の世界であると考えられます。

塾の講師も、もちろん、受験対策のために教える場合があります。しかし、それだけではなく、学校の授業について行くための予習や復習の補習をサポートする場合もあります。とりわけ、補習のために塾に通う生徒さんたちは、学習へのモチベーションを培うところからサポートして行く必要があります。

学習への関心がほとんどないお子さんと向かい合って行く可能性もありますので、予備校の講師ももちろんそうですが、塾の講師には高い人間性が求められることもあります。子どもの心を動かし、学習意欲を高めて行くことは容易なことがではありません。辛抱や忍耐が求められる場合があります。

予備校や塾では、講師以外の仕事もあります。例えば、模擬試験の問題を考えたり、答案を採点したり、データ入力を行ったりする場合もあります。生徒さんの勉強をサポートしたり、受付業務を行ったり、教材作成を手伝ったりと、様々な仕事があります。

通信教育の分野でも多岐にわたる仕事が行われています。例えば、人材の研究サービスを提供する仕事があります。社会人を対象にして、ビジネススキルを高めることを目的として提供されます。管理職を対象にした講座を通して、経営スキルの向上を目指したり、新入社員を対象にした講座によって、問題解決能力を高めたりする場合もあります。

さらに、キャリアップや生涯学習のための資格の取得を支援する仕事もあります。仕事で役立つビジネス系の資格や語学系の資格の取得を支援する講座を提供したり、アートや健康、美容などの教養や趣味のための資格の取得を支援する場合もあります。

学校での通信教育に関わる事業もあります。実際に通信制の大学や高校を運営するケースもあります。ひとりひとりにあったペースで学習することができるので、病気を抱えながらも学ぼうと思っている方や、社会人になってから改めてきちんと学びたいと思っている方に学びの環境を提供できます。さらには、通信制の学校での学習をサポートする、通信制サポート校を運営する仕事もあります。

通信教育の分野には企画職や開発職もあります。講座や教材、研究などの内容を企画、開発する仕事です。人々のニーズや時代の流れを掘り起こして行かないと、採算が取れない内容になってしまいますので注意が必要です。

教育関連の分野で有名な会社3選

学習

教育業界で売上が高い会社にはどのような会社があるのでしょうか。幾つかの会社の特徴に注目してみましょう。

株式会社ベネッセホールディングス

この企業は、通信教育講座、予備校・学習塾事業、子ども向け英語教室事業、中国・台湾での幼児向けを中心とした通信教育事業、グローバル人材教育事業などの事業を展開しています。通信教育では最大手の企業です。

2009年10月に持株会社に移行し、ベネッセコーポレーションから現在の会社名に変更になりました。「進研ゼミ」などを展開しています。

ベネッセホールディングスは、学歴は伏せた状態での選考情報にによる採用が実施されると言われています。画期的なアイデアを持っているほうが有利なようです。

株式会社学研ホールディングス

この企業は、学研教室事業、学習システム事業、塾教材開発事業、出版事業、IT・デジタルメディア事業、通販事業などの事業に取り組んでいます。

ヒューマンホールディングス株式会社

この企業は、ロボット教室、英語教室、こどもプログラミング教室などの児童教育事業、ヒューマンアカデミービジネススクール、ヒューマンアカデミーカルチャースクールなどの社会人教育事業、ヒューマンアカデミー法人向けサービスなどの法人向けビジネス研修事業などの事業を行っています。

教育業界も、少子高齢化の影響から逃れることはできないようです。生き残りをかけた再編も行われています。買収をしたり、業務資本提携、連結子会社化が行われています。他にも、一部の校舎を閉鎖する動きも出てきています。

教育関連の仕事の転職事情は

Portrait of happy teacher standing in classroom with students in background

教育業界は異業種からであっても、比較的転職しやすい業界であると言えるでしょう。学歴があれば優遇される場合もあることでしょう。大手の学習塾では、即戦力を求めている場合もありますので、未経験者よりも経験者が優遇される場合があります。

教育業界に異業種から転職する場合、独特の構図に慣れる必要があるでしょう。上司のみならず、生徒、そして保護者とも良好な関係を保つ必要があります。日頃からコミュニケーション能力を磨いておく必要があることでしょう。

転職の際に留意すべき別の点は、教育関連の仕事の中にもブラック企業があるということです。例えば、時間外労働への手当を支払わない企業があるようです。また、授業の時間については給料を支払うものの、授業時間外の作業には手当を払わない企業もあり得ます。そうした傾向がないかどうか、事前に十分にチェックするようにいたしましょう。

また教育業界の場合、例えば、予備校や塾で仕事をしていますと、異業種では休日になるような土日に出社したり、平日の出社時間は遅いものの、帰宅時間が遅くなる傾向があります。家族を持っている方は、意識して時間を作るようにしないと、家族とのふれあいの時間を持ちにくいと感じることもあることでしょう。工夫が必要です。

予備校や学習塾の講師を希望する場合には、会社側に今までの仕事の経験やスキルをきちんと伝えるようにしましょう。同業他社への転職の場合には、前職経験者である旨をはっきりと伝えましょう。募集されている職に合った自分の長所を伝えましょう。

予備校や学習塾、通信教育の事務の仕事をしたい場合には、経験者であれば、これまで取り組んできた事務仕事を通し学んだ事柄でいかしたい点があれば、その点を伝えてみましょう。事務系の資格を持っているならそのことに触れることもできるでしょう。

教育関連の仕事を探すには

Businessman Internet Online Job Search application Concept

もちろん、求人誌などで教育関連の仕事を探すことができますが、もし、インターネットを活用できるなら、教育関連の仕事を探す場合にも便利です。例えば、次のようなサイトも活用できます。

indeed

具体的には、indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用することもできます。indeedとは何でしょうか。2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンのことです。indeedは登録をしなくても各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することが可能となっています。

indeedは掲示板の役割を果たしてくれるサイトです。掲載日から何日が経過したかも記載されます。それで、その情報を用いて情報の鮮度のチェックをすることもできるでしょう。教育関連の仕事についても、日々チェックすると鮮度の高いものを見つけることができるでしょう。indeedは、スマートフォン、タブレット、パソコンにも対応していますので、安心してアクセスし、情報を検索することができます。

検索の仕組みはシンプルで使いやすくなっています。キーワードや勤務地を入力し、検索することができます。例えば、キーワードに教育と入力し、検索すると、たくさんの求人を閲覧することができます。

「マイナビ転職」

マイナビ転職とは、常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトのことです。第三者機構評価NO.1に選ばれるほどの正社員の転職情報を持っています。マイナビ転職でしか見ることができない求人情報が載っていることがあります。教育事務関連の仕事の求人も探すことができることでしょう。

マイナビ転職には、転職マイコーチというコンテンツがあります。専任のアドバイザーがついて、個別に、サポートを行ってくれます。具体的には希望に合った求人を紹介してくれて、面接のアドバイスをしてくれます。他にも履歴書の添削も行ってくれます。

プロの視点から、自分ではこれまで考えたことのなかったような適性のある仕事を見つけてくれるかもしれません。添削も自分では気付かなかった書き方を指導してもらえる可能性があります。面接についても、想定される質問を教えてくれたり、質問の意図を解説してくれたりするなら、面接に向けての不安な気持ちが和らぎ、自信を持って面接に臨むことができるでしょう。

タウンワーク

タウンワークのサイトも活用できるでしょう。タウンワークは、リクルートグループが運営しているサイトです。それで、安心感があります。検索についても、職種やエリアから探すことができる検索機能もあります。

例えば、職種から探す場合には、「教育」というくくりのなかに「塾講師」、「家庭教師」、「その他教育・人材関連」といった項目もありますので、その項目をクリックして探すこともできます。タウンワークの情報が更新されるのは毎日朝7時です。その頃にアクセスすれば、新鮮度の高い求人を見つけられる可能性があります。

このように、インターネットを活用すれば、教育関連の求人が手軽に見つかるようになっています。自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用することもできることでしょう。この機会に、こうしたサイトにアクセスし、検討してみるのはいかがでしょうか。希望にぴったり合った教育関連の仕事を見つけることができるかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事