【新聞にかかわる仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

【新聞にかかわる仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

新聞業界の仕事の種類や特徴は様々です。中でも「日本の5大紙」と言われているのが、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、日本経済新聞です。全国紙の代表的な新聞で、誰でも聞いたことがある新聞ではないでしょうか。 一般社団法人の共同通信社は、新聞社ではないものの、自社で取材したニュースを世界中に配信しています。新聞業界にも、様々な仕事があります。

新聞業界の仕事の種類や特徴とは?

news paper

www.flickr.com

新聞業界の仕事の種類や特徴は様々です。全国紙、地方紙、スポーツ紙、業界紙などがあり、それぞれ個性があります。

中でも「日本の5大紙」と言われているのが、

・朝日新聞 ・毎日新聞 ・読売新聞 ・産経新聞 ・日本経済新聞

です。全国紙の代表的な新聞で、誰でも聞いたことがある新聞ではないでしょうか。

全国紙

政治や経済、社会的なニュースが掲載されており、社説やテレビ番組表など、様々な情報が載せられています。

また、複数の地域で発行している「ブロック三紙」と言われている新聞もあり、北海道新聞や西日本新聞、中日新聞が挙げられます。各都道府県で発行されている新聞を「地方紙」と言われており、新潟では、新潟日報新聞などがあります。地方紙は、北海道から沖縄までの各地で発行されています。

地方紙

自分が住んでいる地域の情報をより詳細に知ることが出来るため、場所によっては、全国紙より地方紙のほうが人気があります。

そして、農業や工業、通信業といった業界の情報が載せられている新聞が業界新聞と言われており、日刊工業新聞、石油化学新聞、日本農業新聞、日本情報産業新聞などが挙げられます。また、スポーツ報知や日刊スポーツなどをスポーツ紙と言われており、野球やサッカーなどのスポーツの試合や、選手に関する特集が載せられている新聞です。

さらに、一般社団法人の共同通信社は、新聞社ではないものの、自社で取材したニュースを世界中に配信しています。これらの新聞を作るために、様々な仕事があります。

新聞記者やカメラマンの仕事

取材

新聞記者やカメラマンの仕事は、新聞業界の花形と言われており、現場に出向くことが多い仕事です。新聞記者の仕事は、正確な情報を分かりやすく伝えるために、質の高い文章力などが求められるでしょう。新聞社に入社する方のほとんどが、新聞記者を志望します。

新聞記者

新聞の記事を作成するために、取材や写真撮影、記事の執筆、編集などの仕事を行います。大手の新聞社の場合、撮影をする写真記者と取材と執筆をする取材記者に分かれることがあります。新聞記者が扱う記事の内容は、政治や経済、事件やスポーツに関するものなど、幅広いことでしょう。取材内容によって各部に分かれており、経済部は社会経済を担当し、文化部は音楽や文芸を担当し、運動部はスポーツを担当します。

全国紙の記者

海外に駐在することがあります。新聞記者によって取り扱った記事は、大きな影響力を与えるため、正確な情報を伝える重大な責任があると言えるでしょう。

カメラマン

事件や事故などの話題になるスクープの瞬間を逃すことなく、カメラにおさめることが求められます。

整理編集や校閲

新聞作成

www.flickr.com

整理編集の仕事は、どの記事をどのページに掲載するかを考えるなど、紙面のレイアウトを考えます。また、記事の中で載せられる現行の内容が正しいかを確認したり、漢字や用語に間違いがないかを確認するのが校閲の仕事です。

新聞はほぼ毎日発行されるため、印刷に間に合わせるために締め切りに追われながら働くことが求められることでしょう。

営業

営業力

新聞記事を製作する仕事だけでなく、営業を担当する仕事があります。営業の仕事は、「広告営業」と、「販売営業」の2種類の仕事があります。広告営業とは、新聞の広告が紙面に掲載されていますが、広告スペースを広告代理店に販売するのが仕事です。

広告主や広告会社に合わせて広告の提案をしていきます。広告会社の中には、会社だけでなく、団体や機関、官公庁などがあります。新聞社の中には、ある特定の業界を専門で担当するところもあります。そして、販売営業とは、地域で販売している新聞の部数を伸ばすために、新聞のPRをしたり、新聞をお店に置いてもらうために、交渉をしたりするといった仕事をします。

販売営業は相手側と交渉をする仕事のため、新聞業界についての知識が必要になります。販売営業は、イベントやシンポジウムなどを実施することもあるため、台本の製作やキャスティングが必要となる場合があるでしょう。広告営業も販売営業も、新聞社の収益に直結するため、新聞が存続していく上で、とても大切な仕事と言えるでしょう。他には、新聞社主催のイベントを企画し、運営する事業部の仕事などもあります。

技術が求められる

タブレット

www.flickr.com

現代社会では、インターネットが普及しており、新聞の電子版で情報を発信する時代になりました。電信版の新聞は、紙と比較して印刷や配達費用が抑えられるため、利益率が良くなります。

また、広告価値が向上し、有料会員を増やすことも可能です。電子版の新聞は、新聞社にとって新たな収入源になることが期待されているため、電子版の新聞システム管理の仕事が必要になってきました。インターネットで情報を発信するためには、特殊な技術が求められます。また、アプリの開発の技術を担当する仕事もあります。そして、新聞社内のネットワークや、コンピューターシステムを担当する仕事があります。

インターネットに関する仕事は、新しい技術についていかなければならないため、日々勉強しなければならないでしょう。さらに、新聞を印刷する仕事があり、印刷する機械などを整備するなど、技術が求められる大切な仕事がありますが、いずれも大切な仕事と言えるでしょう。

新聞業界の仕事のやりがいとは?

世の中の発信

新聞業界の仕事のやりがいには、何が挙げられるでしょうか?新聞を通して、情報を発信していき、世の中のために仕事をしていくことではないでしょうか。毎日、新聞を読む方に、世の中の事実やメッセージを伝えていく大切な仕事です。

そのメッセージを読んだ方から「役に立ちました」、「興味深かった」などの声があると、更にやりがいを感じることでしょう。また、他の新聞社が取材していないスクープを記事にして新聞に載せることは特にやりがいを感じるものです。政治家の裏金問題や、いじめ問題などのセンセーショナルなスクープを記事にするならば、世の中から注目を浴びることになるでしょう。

BREAKING NEWS!!!

しかし、スクープをとるためには、新聞記者の取材交渉能力や、撮影チャンスを逃さないスキルなどが必要になるでしょう。スクープを連発するならば、新聞社から一目置かれるようになり、自由に取材させてもらうことが出来るでしょう。そのためには、情報収集力や、分析力などが求められます。また、間違った情報を掲載しないために、情報の裏付けをきちんと取ることや、誤解を与えるような言葉を使用しない注意が必要です。

新聞は、影響力が大きいため、入社してからの年数が多くても、毎日自分の記事をチェックすることは大事と言えるでしょう。新聞は、経済状況や政治、スポーツの分野、生活情報など様々なジャンルを取り上げます。そのため、新聞社に勤める方は、世の中のことに関心を持つ方が向いていると言えるでしょう。また、情報を収集し、分析する能力がある方も向いていると言えます。

新聞業界の給与

一般企業で勤めるよりも給料が高いようです。例えば、一般企業の初任給が20万円弱のところがほとんどですが、朝日新聞の場合、大卒の初任給が25万円以上になります。また、賞与や昇給、家族手当や通勤手当がつくことがあるため、やりがいを感じる一つになるでしょう。しかし、大手新聞社と地方新聞社では平均年収は異なることでしょう。

地方の中小新聞のケースでは、年収は低くなることが予想されます。新聞業界の仕事は職種によっても異なり、新聞記者の給料は高いと言われています。早朝や深夜に取材に出かけたりするため、出張手当や残業代が支払われるからです。新聞業界の事務職の場合、残業が少なく、休日も休めるため、新聞記者の収入よりも、少なくなることでしょう。

新聞業界の仕事をする上で役立つ資格とは?

資格

新聞業界の仕事をするためには、何か資格が必要なのでしょうか?特別に必要な資格はありませんが、新聞社として働くうえであると役立つ資格があります。それは、TOEIC英検などです。

取材をする上で重要なこと

取材をする際に、語学力が求められることがあるからです。また、運転免許証を取得することが求められる新聞社もあります。そして、記事の校閲に役立つ漢字検定があります。誤字や漢字の間違いを防ぐことができるからです。さらに、フィナンシャルプランナーや気象予報士といった資格を取得するならば、仕事も信頼して任せてもらえる可能性も出てくるでしょう。

しかし、資格よりも文章力や取材力が必要になるでしょう。なぜなら、短時間で多くの情報から整理してまとめなければならないからです。取材に行く前に、取材に関する資料を勉強してから取材先に行くことになります。取材に関すること学び、理解した上で、聞きたいことや自分の意見も言えるようにならなければなりません。

そのため、新聞業界の仕事に就きたい方は、入社前に多くの新聞や本、雑誌を読み、内容を自分なりにまとめてみることや、分からないことや、疑問点を書く練習をしてみると良いでしょう。そうすれば、文章力や取材力のスキルを磨くことができます

新聞業界の会社を見てみよう!

新聞業界

新聞業界の会社にはどんなところがあるのでしょうか?大手の新聞業界の会社を見ていきましょう。

株式会社朝日新聞社

朝日新聞を発行する新聞社になり、創立は、明治12年1月8日になります。日本国内の本支社数は5社、印刷拠点は24ヶ所、取材拠点は293ヶ所、日本国外機関は34拠点あります。

新聞の他にも雑誌や書籍の出版、芸術作品の展示や公演なども行っています。新聞販売名店の名前は「ASA」になります。従業員の数は、約78,000人おり、日本全国で約3,000か所あります。2018年7月の総販売部数は、朝刊が約584万部になります。

株式会社日本経済新聞社

日本経済新聞社は、日本経済新聞を発行している新聞社になり、創立は、明治9年12月2日になります。新聞の他にもデジタル媒体の運営や、出版、放送、文化事業などを行っています。社員数は、2017年12月末時点で約3,000人ほどになり、国内支局は全国54ヶ所、海外拠点はニューヨークやロンドンなど37ヶ所あります。

株式会社毎日新聞社

毎日新聞社は、毎日新聞グループホールディングス傘下の毎日新聞社が発行しています。毎日新聞は、新聞紙面上に取材した記者の名前が記載されます。新聞協会に加盟している全国紙の中で日本新聞界の権威ある賞である、編集部門の新聞協会賞を多く受賞しています。

株式会社産業経済新聞社

産業経済新聞社が発行しているのが産経新聞になります。産業経済新聞社は、フジテレビジョンや扶桑社を傘下にするフジサンケイグループです。日本工業新聞から誕生し、日本工業新聞は大阪新聞の僚紙として1933年6月に創刊されました。

新聞業界の仕事の転職事情と求人の探し方

転職情報

新聞業界の仕事の転職事情はどうなっているのでしょうか?転職で新聞社の営業や経理の仕事を目指す場合、専門技術があれば、前職は問題になりません。しかし、新聞社の取材や編集の仕事を目指す場合、前の職場でどんな仕事をしてきたかが大切になってくることでしょう。

新聞業界は、前職で出版業界やマスコミの仕事をしてきた方が好まれる傾向があります。そして、地方の新聞社で働いていた方が、全国紙の記者を希望したり、全国紙の記者が地方の新聞社の記者を希望するケースが多くあります。しかし、未経験の採用も受け入れる新聞社もあります。そのため、新聞社のホームページに、学歴や年齢制限の条件が載せられているところもあるため、応募資格を見てみると良いでしょう。

別の業界で培ったスキルを活かして、新聞業界に転職することにチャレンジすることができる新聞社もあります。インターネットで新聞業界の仕事求人を探すならば、多くの求人情報を見つけることが可能でしょう。

「ハローワーク」

ハロワ

www.flickr.com

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している職業安定局のことを言います。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、新聞業界の仕事を探している人に最適です。

現在では、ハローワークインターネットサービスを行っており、家にいながらハローワークの求人情報を検索することが可能です。

「マイナビ転職」

マイナビ転職

tenshoku.mynavi.jp

マイナビ転職とは、常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトのことです。マイナビ転職には、転職マイコーチというコンテンツがあり、専任のアドバイザーがついてくれて個別にサポートをしてくれます。自分の希望に合った求人を紹介してくれ、面接のアドバイスをしてくれることでしょう。

さらに、履歴書の添削も行ってくれます。マイナビ転職は、第三者機構評価ナンバーワンに選ばれるほどの正社員の転職情報を持っています。マイナビ転職でしか見ることができない求人情報が載っていることもありますので、自分の希望に合った新聞業界の仕事の求人も探すことができることでしょう。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

next.rikunabi.com

リクナビNEXTは、転職者8割が利用している転職サイトです。リクナビNEXTでは、Web上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや便利な機能が充実しています。

さらに、リクナビNEXTでは、求人検索や会社への応募ができるだけでなく、経歴を登録しておくならば、興味を持った会社などからオファーが届くこともあります。非公開の求人もありますから、新聞業界の転職にもおすすめです。

このように、インターネットのサイトを活用すれば、新聞業界の求人は手軽に見つかることでしょう。

新聞業界の仕事を探すなら「転職エージェント」

転職エージェント

求人サイトに登録することにより、転職することは可能ですが、転職エージェントを活用することをおすすめします。「転職エージェント」とは、人材紹介会社と呼ばれることもあり、無料で登録できます。

転職エージェントに登録するならば、求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートし、アドバイスしてくれることでしょう。また、転職エージェントは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。

転職エージェントは、転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在します。そのため、自分が希望する新聞業界の仕事について公開されていない会社も教えてくれることでしょう。「転職エージェント」を利用することにより、自分一人で転職活動をするよりもより満足した転職活動をすることが可能です。

転職エージェントはそれぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することが大切です。転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録すると良いでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事