未経験のからエンジニアを目指すための転職サービスとその使い方!

未経験のからエンジニアを目指すための転職サービスとその使い方!

人によって転職を考えるきっかけとなる理由はさまざまですが、それがどんな理由だとしても、転職は自分の人生を左右しかねない重要な決定や転機となります。一般的に、転職適齢期は30代前半、タイムリミットは35歳が限界であるとも言われています。つまり、年齢がどんどん上がるにつれ、採用される確率もどんどん低くなっていくということです。

転職を考えている方のために

DISCRETION

転職は誰にとっても、自分の人生を左右しかねない、重要な転機となることでしょう。転職を考える理由は人それぞれだと思いますが、どんな理由であるにしろ、その転職によって何らかのステップアップができることを期待するに違いありません。

でも、いざ転職活動をスタートしようと思っても、どこから手を付けたら良いのか、本当に自分にとってプラスになる企業をどのように見きわめたら良いのか、悩む方も多いはずです。転職経験がない方にとっては特にそう言えるでしょう。

実際、転職したものの職場の環境が合わなかったり、仕事内容に不満を感じて、転職が「失敗した」と感じている人もいるようです。つまり、転職が必ず成功に至るという保証は誰にもないとも言えるということです。

では失敗しないためにも、転職を成功させるための“5つのポイント”を押さえておくことにしましょう。

転職を成功させる5つのポイント

Businessman showing hand sign thumb up and five star symbol to increase rating of company, The excellence of the business or service concept

秘訣①転職する理由や目的は明確にする

転職活動を行なう前に、転職することが本当に自分にとってメリットになるのかどうか、いまの会社にとどまって頑張る方が良いのではないかということも含めて、転職の目的や理由をはっきりさせておくのは良いことです。

これまで積んできた経験や実績をふいにして、また初めからスタートするわけですから、「何となく」とか「楽しそうだから」「冒険してみたい」というような軽い気持ちで転職してしまうと、次もうまくいかなかったり、長続きしない可能性も出てきます。

忘れてはいけないのは「自分の希望すべてが叶うことを期待してはいけない」、ということです。

「キャリアアップ」「やりがい」「待遇」「収入アップ」「社内の人間関係」など、すべてを満たしてくれる会社や企業を探すことはまず難しいです。

すべてを欲張ろうとすると、それだけ転職にかかる時間やエネルギーを無駄に費やしてしまう事にもなりかねません。転職しなければよかった、と逆に後悔だけが残ってしまう事もあり得るのです。

転職したい優先順位を明確にし、ほんとうに自分が求める条件を明確にしぼって見きわめることが大切になります。

秘訣②転職先の社風や環境は事前にチェックしておく

これまでに働いていた職場とは、まったく社風や環境が違い過ぎて馴染めなかったということが、転職した人の失敗パターンとして多く見られるようです。

それぞれの会社や企業によって、社風やモットーとしていること、働いている人や社内環境も違うということを忘れてはいけません。

それで転職を決める前に、口コミサイトなどで希望する転職先の社風や環境をチェックしておくのは良いことです。

いま現在その企業で働いている人や、以前に働いていた人が載せている情報を知れるので、“リアルな”評価やホンネを聞くことができます。

その会社の評判や社風、人間関係なども分かりますし、自分のスキルや経験を活かせるところかどうかも知れるでしょう。

秘訣③自己分析をしておく

転職する前に自分をよく分析しておくことは大切です。そのためにまずできることは、「過去を振り返る」ことです。

自身の積んできたキャリアやスキルを思い返し、会社にどのように貢献できたかを分析します。そうすることで、次の転職先で自分を活かせる分野を、積極的にアピールすることができます。

次にできることは、「いまの自分を知る」ことです。

「いま何をしたいのか」「何ができるのか」を分析します。身に着けた専門的なスキルや資格、キャリアをいまどのように生かせるかを考えるのです。コミュニケーション能力や、人をまとめるマネージメント能力もアピールのポイントとなります。

そうした分析をすることで、「いまの自分の強み」を自信を持ってアピールできるようになります。

最後にできることは、「将来を見据える」ことです。

社会人としてのキャリアだけでなく、転職がプライベートの充実にもつながる将来になるかも考慮できます。「今後どんな未来を描いていきたいのか」をよく考えて決めるのは良いことです。

秘訣④いまの仕事を続けながら転職活動をする

先に仕事を辞めてから転職活動をしたほうが、気持ちを落ち着けてゆっくりと探せると思うかもしれませんが、ほとんどの人はいまの仕事を続けながら転職を進めています。

すぐに条件に合うところが見つかって採用してもらえるかどうか分かりません。その間にも生活にかかる費用はかかっていくわけですし、なかなか決まらないと焦りも出てくることでしょう。

そのように、金銭的にも精神的にも余裕が無い中で焦って転職先を決めようとすると、妥協してしまったり、自分の条件を満たしていない企業でも手を打ってしまうことになりかねません。

余裕のある転職活動を行なうためにも、いまの仕事は続けながら行なうことをおすすめしたいと思います。

秘訣⑤転職サービスを利用する

転職を失敗させないために「情報収集」は欠かせません。では、どのように効率的に求人を探していくことができるでしょうか。

業界ごとに仕事内容や働き方は違いますし、企業の規模によっても給与や待遇も含め、働き方や条件は変わってきます。

それで自分の求める条件や希望に見合っている企業か、資格やキャリアを本当に活かせる業界かどうかをよく見きわめることは大切です。

そんな時に役立つのは、「転職サイト」と「転職エージェント」といった、転職支援サービスを使って求人を探す方法です。

転職サイトと転職エージェントの違い

そもそも「転職サイト」や「転職エージェント」、この二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

転職サイト

African man browsing work opportunities online using job search computer app, black jobless seeker looking for new vacancies on website page at laptop screen, recruitment concept, rear close up view

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用する。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の総合転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一定の職業に特化している転職サイトもあります。働きたい職種内容が決まっているのであれば、特定の職に特化しているサイトを利用したほうが転職への近道になります。

もし自分のやりたい仕事の業種や職種がはっきりしている場合や、早く就職先を決めたい、転職のやり方はよく分かっているから大丈夫といった方は、転職サイトの利用だけで十分かもしれません。

転職エージェント

Male real estate agent with clipboard on grey background

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーが就職や転職をサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーがプロの視点から、人材を募集している企業に対して、求職者の経験やスキル、給与などの労働条件などを確認したうえで、お互いのニーズにマッチングしている会社を紹介をしてくれるというわけです。

どんな業界や職種が良いか相談に乗ってもらえますし、転職がスムーズにいくためのノウハウをすべて教えてもらい、サポートしてもらうこともできます。

さらには、履歴書や職務経歴書が採用担当者の目に留まりやすいように、書類の上手な書き方も教えてくれます。面接が決定したなら、面接日の調整や、面接の準備なども手伝ってくれたり、企業との条件交渉まで代わりに行なってもらえることもあります。

内定が決まってからも、入社するまでの準備や書類の手続きまで、最後までしっかりとサポートしてくれるのです。

自分の資格や経験を必要としてくれる会社を独自で見つけるのはなかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用しましょう。

転職サイトを利用するメリット

転職サイトの中には就職に役立つたくさんのサービスがあります。そうしたサービスを積極的に利用しながら、スマートな求人探しを行なっていきましょう。

それぞれの転職サイトによって多少違いはあるものの、大まかにどんなサービスがあるかをご紹介します。

<① WEB履歴書の添削を無料で利用できる>

転職サイトにも書類作成のノウハウを教えてくれたり、キャリアアドバイザーがWEB履歴書を無料で添削してくれるところもあります。

具体的な改善点などをアドバイスしてもらえるので、利用することで書類選考も通過しやすくなることでしょう。

<② 条件に合った求人情報がメールで届く>

希望する条件を設定しておくだけで、その条件に合った最新の求人情報が、週に1日か2日メールで更新されて届くので、求人情報を逃さずに済みます。

<③ 検索リストにリマインドしておける>

検索リストに気になった求人をリマインドしておくだけで、忘れずにチャンスをモノにすることができます。それにより、円滑かつスピーディーな応募が可能となります。

<④ スカウトサービスを利用できる>

WEB履歴書を登録しておくと、あなたのスキルや経歴、キャリアを必要とする企業から、直接スカウトのオファーが届くのが「スカウトサービス」と呼ばれるものです。

匿名で利用できるので安心ですし、うまくいけば条件の良い企業に就職できる可能性も開けるので、積極的に活用しましょう。

<⑤ 転職に役立つサービスが満載>

転職するのに役立つセミナーやイベントを随時開催している転職サービスがたくさんあります。そうしたイベントでは、転職に役立つノウハウをコンサルタントから無料で教えてもらえます。

転職エージェントの賢い活用方法ススメ

では、プロのコンサルタントにサポートをお願いできる「転職エージェント」を、どのように上手に活用することができるでしょうか。5つのオススメの活用方法をご紹介していきます。

その① 複数のエージェントに登録する

エージェントによって、得意とする業界や職種も異なりますし、担当するアドバイザーの視点やアドバイスもそれぞれ変わってきます。

複数のエージェントに登録して、さまざまなコンサルタントからのアドバイスをもらうことで、自分にほんとうに合った職種や業種の企業を見つけることができます。視野も広がるので、思ってもみなかった分野に進んで、成功する場合もあるかもしれません。

その② 担当のアドバイザーに条件をきちんと伝える

担当してくれるアドバイザーには、自分がこれまでに培ってきた経験やスキルやキャリアを踏まえて、今後どういった仕事に就きたいのか、どんな人生設計プランを考えているのかを伝えましょう。

もしかすると、プロの視点から、自分が思ってもみなかった業界や職種での仕事が合っているとアドバイスを受けることもあるかもしれません。

また、勤務場所や年収の希望をきちんと伝えておくことで、アドバイザーに代わりに企業と交渉してもらうことも可能となります。

その③ 連絡はこまめに取る

エージェント側は、企業から依頼を受けると、データベースの中から条件に合う人を探していきます。その際にデータベースに表示される順番は「更新日」の順なのです。

つまりどういうことかというと、閲覧が更新されている日付が新しい人から順に優先的に紹介していくということです。なぜなら、ずっと更新していない人は「もう転職が決まったのだろう」とエージェント側は判断するからです。

ですから連絡を怠ってしまうと、案件の紹介メールも後回しになって次第に届かなくなってしまう可能性があります。連絡はこまめに、特にスカウトメールを希望している場合はなるべく2週間に1度は確認するようにしましょう。

その④ 年齢別やキャリアで特化したエージェントを選ぶ

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

20代の新卒や第二新卒に強いところもあれば、正社員採用や転職初心者向けに強い会社もあります。

大手の総合エージェントであれば幅広い業界や年齢層の求人を保有し、全国展開していますし、特定の業界だけに特化していたり、ハイクラスやエグゼクティブ向けの案件だけを取り扱っているエージェントもあります。

その⑤ 担当アドバイザーが合わなければ変える

自分を担当してくれるキャリアアドバイザーとどうしても性格やうまが合わないとか、質や提案力、サポート力に不安や不満があるという場合も出てくるかもしれません。

自分が志望している特定の専門業界への知識レベルが低いと感じ、もう少し詳しい人に依頼したいという場合もあることでしょう。

そうした時には「担当を変えて欲しいと言ったら気を悪くされるのではないか」と遠慮するのではなく、早いうちに替えてもらうようにしてください。

もし変更しづらいという場合は、別のエージェント会社に依頼することもできます。自分の人生がかかった転職ですから、絶対に失敗しないためにも“こちらの側から担当アドバイザーを選ぶ”というくらいの強い気持ちを持つことが大切です。

転職エージェントのチェックポイント

Cropped image of businesswoman writing on checklist

エージェントはどこを利用しても同じサポートを受けられる、というわけではありません。

ではたくさんある転職エージェントから選ぶ時には、どんなポイントを押さえておくと良いでしょうか。いくつかのチェックポイントをご紹介します。

■求人の量と質

転職サービスであればどこでも同じ量や質の求人数を持っているわけではありません。あるところでは10万件保有していても、別の会社ではわずか1000件の求人数しかないということもあります。

また、どんなに求人数の量は多くても、質が良くない求人ばかり紹介されるというパターンもあります。給与や年収、待遇が良くない求人しか取り扱っていなかったり、サービス残業が多すぎるとか、労働時間があまりに多い、いわゆるブラック企業を紹介されるのです。

もし求人量や質の良くないエージェントを選んでしまうと、自分の希望する条件にかなった案件を期待することは難しいでしょうし、なかなか仕事が決まらないということにもなりかねません。

エージェントの求人量や質の高さを、公式サイトや口コミでよくチェックしてから選ぶようにしましょう。

■サポート対応の良さ

転職活動はやらなければならない手続きがたくさんあるので、現在の仕事兼ね合いやスケジュールの管理など何かと忙しくなることでしょう。

転職エージェントを利用する人は、求人探しから書類の作成、面接対策や内定に至るまで、転職に関わるさまざまな面倒な手続きを、担当のアドバイザーに代わりに行なってもらうことができます。

しかしそのサポートが、アドバイザーによっては雑だったり、質が低いとか提案力が弱いという場合があったり、ビジネスライクな時もあるようです。

口コミなどをよく確認して、「担当者が優秀だった」という評価の多いエージェントを選ぶのが良いでしょう。せっかく利用するのですから、丁寧で親身になって相談に乗ってくれ、サポートしてくれるエージェントを選ぶことが、転職成功に役立つ秘訣と言えます。

■利用者目線の口コミや評価

運営側のサイトでは良い文句ばかり並べられていたので利用してみたら、実際は書かれているようなサービスは受けられなかった…という声を聞くこともあります。

実際にそのサイトやエージェントを利用したことのある人の“リアルな”評価や感想を、口コミなどを調べて知ることが大切です。

口コミや評価を事前にチェックしておくことで、自分が実際にそのエージェントを利用した時のイメージをしやすいというメリットもあります。

■独自で展開しているサービス

転職サービスを行なう会社は、他のサービス会社との差別化を図るため、独自のサービスを展開しているところがたくさんあります。

たとえば転職のノウハウを紹介していたり、自己分析に役立つツールや履歴書や職務経歴書の書き方を教えてくれるサービスがあります。

他にも就職に役立つイベントやセミナーを開催していたり、スカウトサービスを設けていることもあるので、チェックしておきましょう。

では数ある転職サービスの中で、未経験者向けに「IT業界教育プログラム」を行なっている転職サイトやエージェントについて取り上げていきたいと思います。

【未経験向け】IT業界教育プログラム付き転職サポートサービスのおすすめ

スマホやタブレットが普及し、ネット社会が進む現代において、国内でのエンジニアの需要はますます伸び続けています。しかもエンジニアとしての収入は他業界や他職種と比較するとかなり高い収入を見込むことができますし、フリーランスとして独立して活躍することも可能です。

こうした現状を踏まえて、これまでにIT業界での仕事の経験がないが、将来的にも安定した収入や需要を期待できるIT業界への転職や就職を考えておられる方もいることでしょう。

そうした未経験者向けに、IT業界で働くためのスキルや知識を身につけるのに役立つ教育プログラムを実施しているサポートサービスをご紹介していきます。

テックアカデミーキャリア

キラメックス株式会社が運営するテックアカデミーキャリアは、プログラミングやアプリ開発に関するスキルや知識を習得しながら転職活動を行える転職サービスです。

受講はビデオチャットを使ってオンライン上で受けられるので、現在の仕事と並行しつつ学ぶことが可能です。

第一線で活躍している現役のプロがマンツーマンで指導してくれ、分からないことは何度でも教えてもらうことができるため、確実にスキルを習得していくことができます。

テックアカデミーキャリアで保有している求人案件のほとんどは、IT業界で成長が著しいベンチャー企業ばかりです。テックアカデミーで受けている学習状況は、そうした成長企業やコンサルタントに共有されるので、好条件が期待できる転職を行えるメリットもあります。

テックアカデミーキャリアの受講料は、他社と比較すると格安で受けられますし、取りあえず試してみたいという方向けに、一週間のプログラミング無料体験も実施しているので気軽に始めることが可能です。

Web Camp PRO(ウェブキャンププロ)

Web Camp PRO(ウェブキャンププロ)

エンジニアがあなたの仕事になる!

ウェブキャンププロは、申し込む人の90%以上は未経験からのスタートで、しかも利用した人の転職成功率は98%と、確かな実績を持っている転職・就職保証のプログラミングスクールです。

プログラミングスクールでは転職先ですぐに即戦力となれるよう、高い専門スキルや知識を身につけることができます。しかもその期間はわずか3ヶ月という短期間で、高いエンジニアスキルを身につけることが可能です。

その上、受講が完了した後で3ヶ月以内に転職や就職ができなかった人には、受講料を全額返金しているということですから、確かな成功に自信を持っているサポートサービスであることがお分かりいただけると思います。

自分の好きな時間に好きなだけ通って学習することもできますし、自宅でオンライン上で学ぶこともできます。「通い放題」「質問し放題」で確実にスキルを習得していき、IT業界への転職を成功へと導いています。

テックエキスパート

テックエキスパートでは、未経験からプロのエンジニアとして稼げるプロフェッショナルな人材を育成する、短期集中プログラムを行なっています。

即戦力として活躍できるスキルを身に着けた人材を育てることで、確かなキャリアを期待できる企業へと転職できるようサポートしています。

「最高品質の教育プログラム」を提供し、満足のいく転職の斡旋を行なうことで、クライアントである企業からも求職者からも信頼と満足を得ている、実績のある会社です。

まとめ

今はネットで簡単に求人を探せるたいへん便利な時代です。転職に役立つたくさんのサポートサービスも充実していますから、上手にそうしたサポートを活用しながら転職活動を行なっていきましょう。

特に「この業界で働いてみたいけれど、自分の資格やスキルで大丈夫か自信がない」という人や、「どこの会社を選べばよいか迷う」といった方がいるなら、一人で悩まずに、就職のプロに相談しながら決めることをおすすめします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事