東京でおすすめ転職エージェント7つと転職活動のポイント!

東京でおすすめ転職エージェント7つと転職活動のポイント!

東京には、新宿、渋谷、池袋、丸の内などの地域が存在します。事業所が存在する企業数も圧倒的に多く、大手企業や業績の安定した優良企業、東京に本社を置く企業、大中小様々な規模の企業求人や幅広い業界の求人があり、幅広く活躍の場を求めることができます。

転職エージェントを賢く選ぶための3つのポイント

東京でおすすめの転職エージェント

転職を考えている人をサポートし、転職が成功するように手助けしてくれるのが「転職エージェント」の存在です。

求人を探してもらえたり、再就職が決まるまでのさまざまな面倒な手続きをサポートしてもらえたり、プロの目線から相談に乗ってもらえたりと、転職エージェントが果たす役割は非常に大きいと言えます。

しかし、どこのエージェントでも良いというわけではありません。変なところに登録してしまったために、逆に転職を後悔する羽目になった…という失敗例もあるのです。

ですからおススメの転職エージェントはどこか、賢く選んで活用するようにしていきましょう。ここではまず、転職エージェントの賢い選び方として、3つのポイントを取り上げます。何を重視すべきかが分かるでしょう。

その① 求人の量と質を見る

転職エージェントには、大手のエージェントや地元に特化したエージェントなど、さまざまな会社が存在します。しかしどこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているかというと、ピンからキリまでエージェントごとに全く違うんです。

たとえばあるエージェントでは10万件保有していても、別のエージェントではわずか1000件の求人数というところもあります。

ハイクラスに特化した大手企業や、優良中小企業ばかり保有しているところもあれば、給与や待遇などがあまり良くない、質の低い求人ばかり、というエージェントもあるのです。

もし求人量や質の良くないエージェントを選んでしまうと、自分の希望する条件にかなった案件を期待することは難しいでしょうし、なかなか仕事が決まらないということにもなりかねません。

そのエージェントがどれほどの案件を持っているか、質の高さはどうか、公式サイトや口コミでよくチェックしてから選ぶようにしましょう。

その② 担当するアドバイザーの質が良いか

エージェントに登録すると、自分を担当してくれるアドバイザー、つまりコンサルタントが必ず付くことになります。

再就職先が決まるまで、その担当者と何度も面談を繰り返し、自分の能力やスキルに見合った業種は何かを見きわめ、転職活動をサポートしてもらうことになります。

しかし中には、担当アドバイザーの質が低く、提案力が弱かったために、望む企業に就職できなかったり、逆に何度も落とされてしまうという場合があります。

いわゆる“ハズレ”を引いてしまわないように、口コミなどをよく見て「担当者が優秀だった」という評価の多いエージェントを選ぶのが賢明でしょう。また、同じエージェントの中でも担当を変えてもらうということも可能です。

その③ サポート体制が良いか

転職活動はやらなければならない手続きがたくさんあります。いまの仕事を続けながらの転職準備に踏み切る方の方が多いと思いますので、スケジュールの管理や調整など、何かと忙しくなることでしょう。

求人探しから書類の作成、面接対策まで、転職に関わるいろんな面倒な手続きをエージェントが代わりに行なってくれるわけですが、そのサポートがエージェントによって雑だったり、ビジネスライクなところもあるようです。

せっかく登録するので、丁寧で親身になってくれるサポートを期待できるエージェントを選ぶことが、転職を成功させる近道になると言えるでしょう。

東京でおすすめの転職エージェントとは

転職エージェントは全国規模で展開している大手のエージェントと、それぞれの都道府県で地元に特化したエージェントが存在します。

しかし東京の場合は、大手のエージェントが東京に本店を持ち、東京での求人に特に力を入れているため、東京だけに特化したエージェントで、おすすめのところはあまりないようですが、ほとんどの大手転職エージェントは東京や一都三県の求人は充実しているので、問題は全くありません。

それで東京に本店を持っている大手のエージェントの中から、上記で挙げた3つのポイントが特に評価が高い、おすすめの4つのエージェントをご紹介していきたいと思います。

おすすめ第1位: リクルートエージェント

リクルートエージェントはこの業界の中でも、国内最大手と言われている会社です。求人の案件総数や内定決定数も業界1位で、サービスもトップレベルと言われています。

第二新卒からハイキャリアに至るまで、幅広いタイプ層から支持を集めているエージェントでもあります。面接対策も充実しており、登録しておいてまず間違いのないところと言えるでしょう。

しかし担当アドバイザーによって質にムラがあり、メールのレスポンスが遅いとか、対応力が低いという評価もあります。アドバイザーによってはサポート力が変わってくると言えるかもしれません。

それでは3つのポイントに分けて、実際に利用したがどんな評価をしているか、みてみることにしましょう。

○求人の量と質

「他のエージェントでは断られたけど、リクルートエージェントでは30件以上の案件を提示してもらえた。結果として総合職に就職できた。」

「非公開求人の保有数は他とは比べ物にならない。登録しておいて間違いのないエージェントだと思う。」

リクルートエージェントは東京だと9万件以上の求人数を保有しています。そのうち優良企業や待遇の良い企業を期待できる、非公開求人は7万5千件以上にものぼります。

求人量が多いということは、それだけ希望にかなった企業を選びやすいメリットがあるのでおすすめです。

○アドバイザーの質・提案力

「メールの連絡が遅かった。結果、内定承諾書の通知が遅れる結果となった」

「先方への面接日時や、設定メールの送り忘れがあった」

「内定後、とにかく早く入社するように急かされた」

「営業っぽさが出ていて、親身な対応ではない印象を感じた」

担当者によっては対応力が低かったり、しつこさや強引さが見られる人もいるようです。

リクルートエージェントは大手ということもあり、担当者一人あたりの仕事量も多く、その分細かい仕事が雑になったり、抜けてしまう事が要因と考えられます。

担当者が若かったり、あまりに忙しそうな時は自分でも確認漏れがないかどうか、チェックする必要もありそうです。

○サポート体制が良いか

「過去の面接質問例をくれたり、電話での面接練習にも付き合ってもらえた」

「履歴書や職務経歴書の添削の修正指導や、こちらの希望をじっくり聞いたうえでのキャリア指導をしてもらえた。会社の面接の傾向や、対応方法のアドバイスをしてくれた」

「無料で参加できる面接セミナーがあり、何を聞かれるか、どういう人が面接を突破するか教えてもらえる」

「一度落ちた企業でも、別部署での交渉をしてくれた」

「給与条件の調整も間に入ってくれたので、スムーズに物事が進んだ」

丁寧かつ親切なサポートが定評のようですね。企業との交渉力が高く、内定が決まりやすいことや、就職が決まった人のうち実に62,7%は収入アップを実現できたなど、実際にサポート力が結果に現れていることからも安心できます。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

おすすめ第2位: DODA

DODAはパーソナルキャリアが運営する、業界ナンバー2の大手エージェントです。求人案件数や、内定決定数もリクルートエージェントに匹敵するほどの優良エージェントであると評価されています。

担当者の当たりハズレも少なく、第二新卒や未経験者、女性など万人におすすめとなっています。面接対策や、職務経歴書のテクニックの良さなどが高い評価を受けています。

一方で専門分野の企業に関しての知識レベルは低いという評価もあります。

○求人の量と質

「大企業だけでなく、中小優良企業の案件も充実しており、条件に合う求人を探しやすい」

「求人量には問題がないが、名前も知らない企業の募集ばかりだった。正社員でない求人数も多く、年収や待遇面で悪質なものもあった」

DODAでは非公開求人が8~9割を占め、求人量には問題ないものの、質が低い場合もあるという評価があるようです。

○アドバイザーの質・提案力

「求人情報を出し惜しみせず、どんどん提示してくれた。選択肢が広がり、結果として異業種での就職が決まった。仕事の内容も、収入がアップしたことも非常に満足している」

「求人説明が分かりやすかった」

「自分が探しているものと違う案件や大量のスカウトばかりで面倒に感じた。結果として年収が下がる転職になった」

「IT業界のことに関しては素人。技術職を希望するなら別のエージェントがおすすめ」

担当者自身には問題はないものの、専門的分野においては知識レベルが低い人もいることが分かります。

○サポート体制が良いか

「職務経歴書の書き方や、面接対策など、とにかくすぐに実践できるテクニックをたくさん教えてもらえた。内定をもらうことができた」

「電話でも対面でも面接練習をしてくれた」

「履歴書を使って面接を仕組む方法を教えてもらえた」

DODAでは、セミナーやイベントもたくさんあり、業界ではナンバーワンとも言われています。すべて無料で利用できるので安心してサポートを受けられます。

おすすめ第3位: JACリクルートメント

このエージェントは、ロンドン発祥の外資系転職エージェントで、特にハイキャリアの人におすすめの会社となっています。

外資系や国内企業のグローバルポジションについては、国内実績ナンバーワンで、JACでしか取り扱わない案件も多数保有しています。

車内の教育制度も厳しいことで知られ、あらゆる問い合わせ、あるいは書類選考や面接結果は原則24時間以内での対応報告を約束しています。

○求人の量と質

「外資系を中心に、給与など待遇がとても良い案件が多い」

「求人の質が非常に高い。しかしそれだけ企業から求められるキャリアレベルも高いし、専門的能力やスキルも求められる企業が多い」

JACはハイキャリアの案件については量も質も共にトップレベルの会社となっています。

それだけマネジメント経験や、海外勤務など、特定のキャリアやスキルを持っている人や、現在の年収が500万以上である人向けの求人を扱っているところでもあります。

○アドバイザーの質・提案力

「真摯に相談に乗ってもらえた。面接対策や、履歴書や職務経歴書の書き方も実体験に基づいた書き方の指導を丁寧にしてもらえた」

「これまでの経験を活かし、今後のキャリア形成に役立つポジションを提案してもらえた」

JACはハイキャリア案件に特化していることもあり、担当アドバイザーの質も優秀な人ばかりのようです。

○サポート体制が良いか

「年収500万円以下の人にはかなりドライな対応。紹介案件も数件で、どうでも良い求人ばかりパラパラと送られてきた」

「転職する意志が弱いと判断されると、途端にすぐ見限られてしまう。アドバイスやサポートも一切なく、職務経歴書の書き方のサポートをお願いしたが、してもらえなかった」

ハイキャリアの人には丁寧にサポートしてくれるようですが、それ以外には目を向けてくれないことがほとんどのようです。市場価値が低いとみなされた人へのサポートはかなりドライな対応をされ、案件を紹介してもらえないこともあるようです。

実際、年収600万円以上はないとJACでの転職は厳しいという声もありました。スキルや能力も求められる企業が多いので、20代の人には不向きなエージェントといえるかもしれません。

おすすめ第4位: パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣領域で業界ナンバーワンの「パソナ」が運営するエージェントとなっています。

求人数ではリクルートエージェントやDODAには劣るものの、そのサポートやフォローに非常に定評があるエージェントです。

実際に「利益より社会貢献」をモットーとして掲げているので、サポート体制の評価は他のどこよりも良いナンバーワンとなっています。それで転職が初めてという人や、第二新卒の人、あるいは女性におすすめしたいエージェント会社です。

○求人の量と質

「非公開求人の質が良いと感じた。大手の企業や、年収・福利厚生面で優れている企業が多い。しかし紹介される求人数は、他と比べて少なめと感じた」

「案件が他社と比べて物足りない」

パソナキャリアは東京の求人数だけを見ても、2万件ちょいと確かにリクルートエージェントと比較すると量は少なめとなっています。しかしその分、求人の質に高い評価を受けているようです。

○アドバイザーの質・提案力

「無理に転職を勧めてこない」

「超親身な対応をしてもらえた。アドバイスも的を得ていて、こまかく丁寧」

「連絡や対応が早く、しかも丁寧。電話やメールのレスポンスが早い」

「結婚や出産などを踏まえた提案など、女性の転職に役立つアドバイスをしてもらえた」

「技術系やweb系など、専門分野においてはアドバイス力が低いと感じた」

押しつけがましくなく、親身な対応をしてくれること、電話やメールの返信が早いことが挙げられています。実際にそのレスポンスの速さは、95%の評価を受けているほどです。

パソナキャリアでは、アドバイザー一人あたりが担当する求職者を少なくしていることが、丁寧で親身な対応につながっているようです。

また、「女性の転職ならパソナキャリア」といわれるほど、女性が活躍できる場を提案してくれることでも知られています。

○サポート体制が良いか

「面談のアドバイスから、先方との条件交渉まですべてを細かくサポートしてもらえた」

「履歴書や職務経歴書の添削、面接対策のサポートを丁寧にしてもらえた」

パソナキャリアは20代や30代だけでなく、転職には厳しいとされる40代の転職成功率が高いことでも知られています。サポート力の高さが実績に表れている証拠と言えるのではないでしょうか。

転職エージェントを200パーセント活かした活用ポイント6選

その① 複数のエージェントに登録して利用する

エージェントによって、得意とする業界や職種も異なりますし、担当するアドバイザーの視点やアドバイスもそれぞれ変わってきます。

複数の大手のエージェントに登録して、さまざまなコンサルタントからのアドバイスをもらうことで、自分にほんとうに合った職種や業種の企業を見つけることができます。視野も広がるので、思ってもみなかった分野に進んで、成功する場合もあるかもしれません。

ただし、一つ注意点があります。複数のエージェントに登録した場合、同じ企業に複数のコンサルタントを通して応募するのはやめましょう。

コンサルタントが企業に人材を紹介し、実際に就職が決まることで報酬が成り立っていることを考えると、複数のコンサルタントに同じ企業の紹介をしてもらうということは、あとあとトラブルの原因にもなりかねません。

その② 自分の希望条件を明確にし、担当アドバイザーにハッキリ伝える

エージェントに登録すると、ほとんどは担当アドバイザーと面談をして打ち合わせをすることになります。

自分がこれまでに培ってきた経験やスキル、キャリアをまずはきちんと伝えることです。就いていたポジションや役職、与えられていた業務内容、さらには保有している知識やスキルもハッキリ伝えておきましょう。

そのうえで、今後どういった仕事に就きたいのか、どんな人生設計プランを考えているのかを伝えます。もしかすると、転職のプロであるコンサルタントから、自分が思ってもみなかった業界や職種での仕事が合っていると言われることもあるかもしれません。

プロの視点から与えられる、冷静で客観的なアドバイスはきっと役立つことでしょう。

また、勤務場所や年収の希望がある場合もきちんと伝えておくことで、エージェントが代わりに企業と交渉してくれることとなります。

その③ 連絡はこまめに取る

エージェント側は、企業から依頼を受けると、データベースの中から条件に合う人を探していきます。その際にデータベースに表示される順番は「更新日」の順なのです。

つまりどういうことかというと、閲覧が更新されている日付が新しい順から優先的に紹介していくということです。なぜなら、ずっと更新していない人は「もう転職が決まったのだろう」とエージェント側は判断するからです。

ですから連絡を怠ってしまうと、案件の紹介メールも後回しになって次第に届かなくなってしまう可能性があります。連絡はこまめに、特にスカウトメールを希望している場合はなるべく2週間に1度は確認するようにしましょう。

その④ 年齢別に強いところを選ぶ

エージェントによって得意とする分野の企業は異なります。20代の新卒や第二新卒に強いところもあれば、正社員採用や転職初心者向けに強い会社もあります。

ハイキャリア向けや、専門的スキルを持った人に強いところもあるので、そうしたエージェントは30代や、40代といった実務経験や業績を積んできた人たちに向いていると言えるでしょう。

また、転職成功率の実績が高いエージェントを選ぶことも大切です。大手のエージェントであれば、それだけたくさんの求人情報も持っていますし、年齢別で採用されやすい企業や会社をたくさん保有していると考えられます。

その⑤ 女性であれば、女性へのサポートが厚いエージェントを利用する

女性の方であれば、育児休暇などを取らせてもらえるかどうか、残業が少ないか、週末の休みを確保できるかは、転職に当たって大切な要素となるに違いありません。

エージェントによっては、女性が働きやすい職場や、女性であっても年収やキャリアアップを目指せる会社に詳しい会社があります。女性の見方になって、女性へのサポートが手厚いところかどうかは、女性の方であればぜひチェックしておくべきポイントとなります。

その⑥ 担当コンサルタントが合わなければ変更する

自分を担当してくれるコンサルタントとどうしても性格やウマが合わないとか、コンサルタントの質や提案力、サポート力に不安や不満がある、という場合が出てくるかもしれません。

自分が志望している特定の専門業界への知識レベルが低いと感じ、もう少し詳しい人に依頼したい場合も出てくるでしょう。

「担当を変えて欲しいと言ったら気を悪くされるのではないか」と遠慮するのではなく、別の担当者に替えてもらうお願いは早いうちにしましょう。

もし変更しづらいという場合は、別のエージェント会社に依頼することもできます。自分の人生がかかった転職ですから、絶対に失敗しないためにもこちらの側から担当コンサルタントを選んでやる、というくらいの強い気持ちで臨むことも大切です。

まとめ

転職エージェントにもイロイロあります。どんなエージェントを選ぶか、どの担当アドバイザーにサポートしてもらうかによって、転職が成功するか失敗に終わるかも大きく変わってくる場合もあります。

特に東京は人が多く集まる大都市でもあるため、その分求人件数もたくさんあります。求人件数が多いからといって、すべてが優良企業だというわけではありません。きちんと見きわめることも重要になってくると思います。

東京の場合は、大手の総合転職エージェントが求人数、質、サポートや提案力においてやはり強いので、今日ご紹介した大手4つのエージェントも含め、いくつかのエージェントに登録して仕事を探してみることをおススメしたいと思います。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事